キーブーの半径1km日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 平和が いちばんなのだけど。。。

<<   作成日時 : 2017/06/09 23:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 12




相変わらず、世界は激動を続けておりますが。

テロも、止む気配がないですね。


イギリスも、移民に対して国を閉じる方向へシフトし、テロを防ごうと
しましたが。

結果は、かくのとおり。

そして、選挙結果も 今になって あんなことになっておりますね。


それを尻目に、イギリスとは正反対といってもいい政策をとり 移民に対して
国を開いているカナダは、テロの対象には なっていないんですよね。


これについては、カナダでも いろいろ問題は起きているようだし・・・手放しに
この政策が成功を収めているとは いえないのかもしれないけど。


でも、テロに対しては、国を閉じても防げない、というのは明らかに
なりましたよね。



では、テロを防ぐには いったい どうすればいいのか。

ここ数日、この本を読みながら 考えたことでありました。


トム・クランシー著 『愛国者のゲーム』 上・下


この作品も、テロとの戦いがモチーフになっているのですが。

主人公のジャック・ライアンが、正式にCIAに入局するきっかけとなった事件が
描かれております。



ライアンは、もとは海兵隊員であり、妻の父に誘われて 株の仲買人なども
やったことがあり、その世界でも成功をしていたのですが。

金儲けが すべての世界に失望し、軍士官学校で歴史の教師をしています。

そんな彼が、休暇で訪れたイギリスでテロ事件に遭遇し、襲撃されていた
車を助けるのですが。

その車に乗っていたのが、なんとイギリス王室の皇太子一家だったのですね。


大けがを負った彼は、一躍 マスメディアのヒーローとなり、イギリス王室
からは 『サー』 の称号を贈られたりもするのですが。

テロ組織は、今度は 彼を標的にし、家族にまで魔の手を のばすのですね。




このお話の中でも、CIAやらFBIやらイギリス情報部やらが、懸命にテロ組織の
情報を集める努力をしていましたが。


現実世界では、その情報を アメリカの大統領ともあろう人が、いとも簡単に
漏えいしてましたよね


イスラエルから もたらされた情報だそうですが・・・となると、モサドですね。

血の滲むような努力というか・・ひょっとすると誰かの血と ひきかえくらいの
いきおいで つかんで来た情報に違いないのに。


そんで、漏えいしたことによって 組織に浸透していた工作員の命が危なく
なるなんてことは、素人の私ですら わかることなのに。


いやはや、いやはや(~_~;)


あまりのことに、言葉もありませんが、まあ、それはともかく。



作中で ライアンも言っていたことなのですが。

対テロ戦が難しいのは、彼らは もうなんでもありというか、なりふりかまわず
の攻撃を仕掛けてきますが。

それを受けるほうは、いちおう文明国であるからには 彼らと同じ振る舞いは
できないのであって。

自らは法に照らした動きしか できないというか、法によって がんじがらめの
状態といっても いいくらいなのですね。

そんでまた、彼らを捕まえても、法に照らして証拠を固めて裁判にかけて。

証拠不十分なら、放免しなきゃいけないですからね。


法治国家であることが、テロリストたちにとっても 有利に はたらいて
しまっているのですね。



そこまで読んだときに 私が思い出したのは、かのビンラディンの殺害事件。

オバマ元大統領が、
「はい、殺害しましたが、何か?」
みたいな会見をして、私は あのときは とても驚いてショックを受けたのですが。


そうは言っても、やはり あれくらいのことをしなくてはもう太刀打ちできない
のだろうなとも思ったことでありました。

あのとき、オバマ元大統領は、対テロ作戦を強硬策に切り替えたのでしょうね。



しかるに。

昨今のテロは さらに激しさと狂気を増した感があります。


世界を変えるという目的のために、なんでアリアナ・グランデのコンサートに
きた子どもを殺さなければならないのか。

もう さっぱりわからないし。


テロリストに対しては、見ず知らずの人の死は平気かもしれないけど、あれが
自分の家族や、あるいは自分自身であったら、って考えてみればわかること
じゃないかと思っていましたが。

それも、もう通用しなくなってますもんね。


自爆テロなんて・・・自分の命すら差し出す人間に、人の命の大切さを説いた
ところで通じるわけもなく。

家族は大切でしょう? って言いたいけど・・・赤ちゃんの哺乳瓶に液体爆弾を
仕込むような人に、それも通じませんよね。



テロリストに対して強い怒りを抱き、どうすれば家族や、ひいては無辜の人々
を守れるのかと悩むライアンに、激しく共感した私です。



そして。

テロリズムや独裁者のせいで大揺れに揺れる国際社会で、いまこのときに
手を携えて乗り切らなければならない指導者たちは、といえば。


かたや、ロシアとの不適切な関係を暴かれて、そのことで手いっぱいだし。

かたや、お友だちを優遇したスキャンダルが押さえても押さえても噴出して、
こちらも これで手いっぱい。


ホントもう、どうなるんだろ(~_~;)





最後に。


どうなるんだろ、といえば・・・このマーガレットも、どうなるんだろ

画像



どうなるんだろっていうか、枯れちゃってるわけですが^^;


これ、ほんのちょっと前までは咲き誇っていたんですよ。

それこそ、地面が見えないくらい、ピンクの花が いっぱいで。


写真を撮ったあとで何本か切って部屋に飾ろうと思いつつ・・・こないだの
季節はずれの酷暑の日に、水やりを忘れちゃったのでありますね

そうしたら、すぐにこの有様

結局、写真も撮ってないし。


仕方ないので、今日、枯れた部分を すべて切り戻しました。

花芽が出てくれるといいのだけど。。。



そのほかの花は、なんとか被害を免れました。


画像



画像



これの、赤バージョン。


画像



ワイルドストロベリーも、葉は かなり枯れてしまったけど、その葉に隠れて
いた下の方の実は なんとか無事でありました。


画像



ふー。

去年の今ごろに比べて、ベランダの花が少ないです。


気候も、テロ並みでありますね。。。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
日本は 平和ボケ状態だけど
テロ行為が
遠からず・・・現実の問題になるのか?
それとも
近所からミサイルが飛んでくるか!
諸外国をみていると
それなりに 備えあっても憂いダラケ
備えも何にもない 我が国って

うーん 微妙だ(-_-)

└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2017/06/10 12:36
ジャックライアンシリーズはまだ
続いているのですね。
私は映画で「パトリオットゲーム」
観ました。
だからジャック・ライアンのイメージは
ハリソンフォードなんですよね。
映画だと面白いけど実際起きたら
恐ろしいですね。
いまの日本はまさに
「今そこにある危機」という
感じですから。
ひまわり
2017/06/10 13:18
防衛は、難しい
>テロリズムや独裁者のせいで大揺れに揺れる国際社会
いやーーー
選挙の大切さを、世界に知らしめたか
ベランダ、お花でいちごで癒されるわね
もうヘトヘト
2017/06/11 00:45
♪ こんばんわ
テロって終わらない・・・地球外生命体が
侵略しに地球へと考えれば残念だけど無理
おそらく共存は考えてくれなさそうだし
もっと言えば突然変異の細胞は意思を持ち
自分の世界開拓のためにパワフルに動く
その様子はあたかも開拓者のごとく
開拓者は目標があり命をかけて動くので
先住者と当然殺し合いになってしまう・・
bokuたちは
人に恨まれるようなことをしなくても
気をつけるしかなくて
テロとの反対勢力の中にいるしかない☆
アメネコ
2017/06/11 22:03
└|∵|┐高忠┌|∵|┘ さん、こんばんは
そう、テロも心配だけど、いま一番 気がかりなのはミサイルですよね。あの国も、そういつまでも海に落としてばかりは いないでしょうし(~_~;)
テロに関しては、備えがあれば心配ないかというと そうでもないですよね。ってか、じゅうぶんな備えなどというものは ありえないし。
それらを考えたとき、カナダって上手に乗り切ってるなあ、って思ったんですよね。北風と太陽の童話みたいに(笑)
トルドー首相もイケメンですしね(^O^)

キーブー
2017/06/11 23:15
ジャック・ライアンのシリーズ、続いてるのかな? 私は最近読み始めたので よくわかりませんが、すごく面白いシリーズですよね。ライアンのファンに なっちゃいました
「今そこにある危機」、読みました。ひまわりさんが以前勧めて下さいましたよね
あれは、麻薬組織との闘いでしたよね。
ついこないだも、麻薬がらみで 芸能人が逮捕されてたけど・・・日本の麻薬汚染も、ずいぶん進んじゃってるんでしょうね。。。
キーブー
2017/06/11 23:21
もうヘトヘトさん、こんばんは
テロから国を守るのって、本当に難しいですよね。世界各地で起こる事件を見てると、防ぐのは不可能なんじゃないかとすら思ってしまうほど(~_~;)
それに加えて、ミサイルですからね。
いつまで 気ままにミサイルを撃たせとくつもりなのか(~_~;)
ベランダ、いつもなら 今ごろはもっと いろんな花が咲いてるはずなのに。油断して、水切れを起こしてしまったようです。。。
キーブー
2017/06/11 23:25
アメネコさん、こんばんは
地球外生命体、近くの星には いないって ずっと言われてたのに・・・案外近くに、それっぽい星があったって、こないだニュースになってましたよね^^;

今は、恨みなど買ってなくても、殺されたりする時代ですもんね。 「誰でもよかった」 なんて、よく言えるもんだと思います。誰でもいいけど、自分は 死ぬのはイヤだなんて・・・いったいどういう思考回路をしてるのか(~_~;)
キーブー
2017/06/11 23:30
とにかく テロリストには 共感できません
ひっぱたいてやりたいです
seizi05
2017/06/12 09:42
seiziさん、こんばんは
はい、私も同じ意見です。
「こらっ!」って、拳骨をお見舞いしてやりたいです
キーブー
2017/06/12 23:56
トム・クランシー暫く手を出していませんでした。彼、ジャック・ライアンによくそんな感じのせりふをいわせてますよね。テロはノールールだけれど、こちらは法律にのっとって戦う。時には法が足かせになる。と。
テロは日本ではサリン事件ぐらいなのかなぁ?でも自分を守ることと自国を守ることはイコールだという認識、日本人は低いんですよね。
先日「パトリオットゲーム」というボストンマラソンでのテロを扱った映画を見てきました。テロは無差別な分国と国の戦争より恐ろしいと思います。
ミルテ
2017/06/24 09:47
ミルテさん、こんばんは
はい、ジャックは よくその手のことを言ってますよね。そんで、大国アメリカが あんなテロリストごときに・・・って、口惜しさを滲ませてますね。
「パトリオットゲーム」 って、あのボストンマラソンのテロがモチーフになってたんですね。

はい、防ぐのが難しいうえに、彼らは あまりにも無分別というか 失うものがないぶん何でもアリですもんね。捨て身の人間ほど怖いものはないですね(~_~;)
キーブー
2017/06/26 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
平和が いちばんなのだけど。。。 キーブーの半径1km日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる