キーブーの半径1km日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 同じ、生きるのであれば。。。

<<   作成日時 : 2017/07/10 00:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 16




いやあ、驚きましたね、某女性タレントが YouTube に上げた あの動画(~_~;)

鬼気迫る、とはまさにああいうのを言うんだなあと、背筋が寒くなりました。

ホント、なまじなホラーよりも怖かったです(~_~;)



その前にも、某 落語家の元妻である女性タレントが、やはり驚きの会見を
開いたりしてましたよね。

もうかなり前に別れた元夫への恨みつらみを述べ、関係のない人たちまで
巻き込んで 訴えるの訴えないのって。


どちらの女性も、50〜60代の分別盛り。

酸いも甘いも噛み分けた、といわれる年代だというのに。



ま、でも。

かくいう私も、この年代に入るわけですが。


いろいろ経験してわかってきたこともありながら、更年期に突入する年代でも
あって、体調の良し悪しの波によって気分の浮き沈みも激しくなったり。

ついでに、年齢なりの頑固さも みられるようになって (自分のことを言って
ます笑)、ヒトの言葉に耳を貸さなくなりがちだし。


体が弱ったところへ、いろいろと不本意なことや悲しいことが重なった場合、
一歩間違うと ああなってしまうのかもしれませんね。




そんなことを考えていると、頭に浮かんでくるのは先日 亡くなった小林麻央
さんのこと。

彼女は、死の床にあっても、自分のことだけじゃなくて 家族や周りの人たち
への気遣いを欠かさなかったというし。

いまわの際にも 「愛」 を口にして、家族の心に温かい情愛を残して逝って
いるんですよね。


同じ女性 (というのも申しわけないですが) なのに、この違いは まったくもって
なんとしたことか。



これらを つらつら考えてみるに、ひとつだけ言えるとしたら。


受け止めきれないほどの悲しみに見舞われたり、逆境に投げ込まれたりした
場合でも、自暴自棄になったり、ましてや まわりに八つ当たりするような真似
は絶対に してはいけないと思うんですよね。

・・・ま、あたりまえのことですけど^^;


でも、えてして そんな場合、「もう私なんか、どうなってもいい」 とか、「毒を
食らわば皿まで」 とか・・・そんで、憎たらしいアイツに できるったけの
ダメージを与えてやろうとか、そんなことを考えてしまったりすることもあるかと
思うのだけど。


それ、ゼッタイやっちゃダメです(~_~;)

悪魔に魂を売り渡すとは、まさしく そういうことなのではないかと。


どんな環境に置かれても、少しでも良い方向へ行くよう、自分を大切にする
べきだと思うんですよね。

ネガティブな感情しか湧かないような関係は、勇気をもって断ち切って。


背筋を伸ばし、家族や まわりの人に愛情を示して温かい関係を築き、美しい
もの、楽しいものに心を向ける努力をすべきかと。


何があっても、幸福になることを諦めてしまってはいけないと思います。


同じ、生きるのであれば、恨みつらみで心をいっぱいにするのではなくて、
のびのびと明るい心で生きていきたいものだし。



自尊心を持つとは、そういうことなんじゃないかと思うんだけどなあ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
いち早く、記事アップを発見いたしました。ちょうどキーブーさんに頂いたコメントの返事を書きかけていて、もしや!?と、思って覗いた次第です。(笑)

おっしゃること、深いですねえ。
本当に、女性の生き様の両極端を見る思いがいたします。
命あって、明日も生きられることが当たり前と思っている私たちですが、明日は生きられるかどうかわからない不安を持ちながら、日々を人への愛で過ごした女性のことを思いますとね。。。
同じ土俵で考えてはいけないのでしょうが、命あること、健康であることにまずは感謝し、今までの愛をありがたく思い、これからの自分の生き方を見つめた方が良いでしょって思ってしまいます。

自己愛の強い方なのですから、自尊心を失わずに冷静に!ということでしょうね。
yu_mama
2017/07/10 01:29
それぞれ自身が招いた 
それぞれの視界が広がって
それぞれの人生があるんでしょうねぇ。

 キーブーさんに
  座布団 5枚
    σ(゚ー^*)
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2017/07/10 09:44
あのおばさん 好感は もてません
笑っちゃうだけです
seizi05
2017/07/10 10:18
更年期で、不安定なのかな
夫婦の事だから、どちらにも。。。
こんなニュースがあって、昼間のワイドショーネタが多過ぎでしょうね
もうヘトヘト
2017/07/10 10:29
最初は話題作りでやっているのかと
思いましたが、相当な恨みをもっての
口撃なんですね。
この間の話じゃないですが、口からヘビや
カエルが出てきている様に見える(^_^;)
あそこまで暴露する必要ある?って感じに
なってきますね。
あのイメージが染みついて、今後の仕事にも
影響すると思うのですが・・・

麻央さんの気持ちを思うと、あの揉め事が
バカバカしくみえてきます。
マスコミも放っておけばええのに、取り上げ
るからアカンのですよね(-_-)
りーにん
2017/07/10 21:53
yu_mamaさん、こんばんは
はい、yu_mamaさんが一番乗りですよ♪
麻央さんと あのヒトたちを一緒にしては 申しわけないのだけど^^;
でも、同じ女性の生き方として、いろいろ考えさせられました。彼女たち、麻央さんよりずいぶん年上で、人生経験も豊富なはずなのに。

>今までの愛をありがたく思い、これからの自分の生き方を見つめた方が良いでしょ

私も そう思います。若い頃なら それがわからなくて、ただもう憎しみしかないというのもわかるけど・・・人生を半分も生きてきたのなら わかりそうなものだと思うんだけどなあ(~_~;)
自己愛が強いわりに、こんなことして世間の笑いものになるのは平気なんですよね。そのへん、よくわからないのだけど。。。
キーブー
2017/07/10 23:32
└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん、こんばんは
ほんとうに、そのとおりですね。
これまでの生き方が、今日の この事態を招いているんですよね
彼女たちにしか見えない景色。
さぞかし地獄のような景色なんだろうなあ。なんというか・・無残なことでありますね。これからの人生、決して長くはないのだから、もっと心安らかに生きるすべもあるでしょうに(~_~;)

座布団、5枚ですか!(^O^)
大盤振る舞いですね。ありがとうございます(*^_^*)
でも・・・バランスをとって座ってるのが難しそうです(笑)
キーブー
2017/07/10 23:37
seiziさん、こんばんは
たしかに、好感は 持てないですよね^^;
笑っちゃうというか・・・ここまで来ると もはや笑えない感じ。ホラーです
キーブー
2017/07/10 23:39
もうヘトヘトさん、こんばんは
更年期、影響あるでしょうね。私自身、なんだか怒りっぽくなったなあって思いますし^^;
はい、夫婦のことって、どちらかが100%悪いってことは あまり無いでしょうね。多かれ少なかれ、どちらも反省点はあるんだと思います。
あんなふうにネットでぶちまけても、共感は得られないでしょうに・・・それどころか、ワイドショーネタになるだけで。
でも、夫を とにかく貶めたいから それでいいんだということなら、何をかいわんや、ですね(~_~;)
キーブー
2017/07/10 23:44
りーにんさん、こんばんは
はい、ヘビやカエルが どんどん飛び出てましたね
きれいな挿絵の、かわいいお姫様の口から それらが飛び出す様子も、無残というかショッキングなものでありましたが・・・60歳の女性の、それもスッピンで、恨みに歪んだ泣き顔となると・・・

イメージダウンで仕事に影響するのが、まさしく彼女の狙いなのかなあと思ったり。自分は財テクなどで生きていくから それでも平気だけど、夫の方は そうはいきませんもんね。徹底的に潰す気なのかなあ

死の間際にも家族を愛情で包もうとする女性と、反対に、憎しみをぶつける女性と。
見ていて、笑いを通り越して悲しくなりました。
キーブー
2017/07/10 23:54
♪ こんばんわ
名前忘れたけどちょっとテレビで観た!
人に執着しすぎ!だと思った・・・
人なんて変えることなんてできないので
それに執着すると自分も自由になれない
恋人も夫婦も家族も兄弟も
みんな所詮は独りの存在のサークルなので
最初から切り離して付き合った方が
お互いに楽でイイ関係のままいける
ちょっと寂しい感じに聞こえるけど
元々寂しい関係が人同士なので
それを最初から理解することこそが
スムーズなイイリズムの日常になるのだと
bokuは思ってます☆
アメネコ
2017/07/11 22:23
「醜態」を具現化するとこうなるのかぁ、って思ってみておりました。
自尊心、きちんと持って生きたいものですね。
ミルテ
2017/07/11 23:04
アメネコさん、こんばんは
名前は、私も あえてここに書きませんでした。
そう、執着しすぎですよね。そんで、かわいさ余って憎さ百倍って感じで・・・その対象になる人は たまったもんではないですよね(~_~;)
彼女、人との距離の取り方が おかしいのかなあ。
いくら家族とはいっても、踏み込んでいいところと いけないところがありますし。
まあ そうはいっても、彼女としても裏切られて悲しい思いもさせられたんでしょうね。それはわかるのだけど。
でも、やり方があまりにも過激でエキセントリックで。
ついていけない感じではありますね(~_~;)
キーブー
2017/07/13 22:51
ミルテさん、こんばんは
はい、おっしゃるとおりだと思います。
自尊心とは、相手の非を あげつらって糾弾し、懲罰を与えることではないはずだし。
今後も 関係性を築いていきたい相手なら、もっと違うやり方で話し合うべきだし、そうではないのなら 距離を置くか関係を絶つほうがいいでしょうね。
執着しつつ、手段を選ばずに相手を貶めるというのは・・・なんかもう見てて怖いです
キーブー
2017/07/13 22:56
こんにちは。
今や時の人となっている松居一代さん。
昨年還暦だった私は彼女の動向に
感慨深いものを感じています。

怒りはもはや夫へにではないと
主張されていながらも
矢面に今度は別の方の手紙なる代物を
アップされているのを昨夜拝見し。
彼女のメンタル面を危惧しております。

あの美しいお顔。
瞳に張られてしまった妄想?の被膜は
剥離してくれないのでしょうか…
身近に親身になって話を聞いて下さる、
そんな方が彼女に一人でも居れば
ここまでくることはなかったかもと…
残念でなりません。

退行期パラノイア・妄想型、嫉妬型
と診ておいでになる医師の方の記述を
興味深く拝見しつつ、
この顛末に最悪の事態だけは
待っていないことを
お祈りするばかりです。
小枝
2017/07/14 14:24
小枝さん、こんばんは
そう、今度は 女性作家にまで とばっちりがいっちゃってますよね。その人のエッセーは破格に面白くて、私も ここで何度か取り上げたことがあります。
サバサバした気質の人のようだし・・・その手紙というのも詳細は知りませんが、たぶん友だち同士の おふざけのようなものだと思うのだけど。
旦那さんの方はまた、お詫び行脚に行かなきゃいけなくなりましたね(~_~;)

病名を付けた医師もいますか。なるほど。
だとしたら、たいへんですね。まずはカウンセリングを受けさせることが先決でしょうけど・・・親身になってくれる人が周りにいなさそう。面白がったり、お金儲けのためには集まってくるでしょうけど。。。
最悪の事態。
考えるだに怖ろしいですよね。
彼女も、子どもも いるんだから、自重してほしいなあ。そして、キッパリ執着を断ち切って、心を立て直してほしいです。
キーブー
2017/07/14 23:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
同じ、生きるのであれば。。。 キーブーの半径1km日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる