キーブーの半径1km日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔のことを思いだしました(笑)

<<   作成日時 : 2018/04/25 22:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 16



さてさて。

テレビからは遠ざかっている日々だといいながら、またまたテレビで観たこと
について書きますが(笑)


例のセクハラの話。

あれはもう、どう見ても ちゃんと認めて謝るしかないでしょうに、かの お人は
職を辞しはしても、それだけはゼッタイにしたくないんですね。


裁判に持ち込むって・・・退職金も減額される公算が強い今、たいへんな思い
をさせた家族に対して、せめて してあげられることは何かと考えたときに、
裁判は どうあっても避けなければならないでしょうに(~_~;)


彼の根底には、このくらいのことで こんな目に遭わされる いわれはない、と
いう考えが あるんでしょうけど。


そんでまた、それは多かれ少なかれ、世の男性方の考えでもあるのかも
しれないけれど。




こないだ、テレビのワイドショーの女性コメンテーターが、自身の過去のセク
ハラ被害について語り、
「こういうことをする人って、自分の妻や娘にも 同じことをされて平気なんで
しょうか。その程度のことはあって当然なのだから、四の五の言うな、って
おっしゃるんでしょうか」

そう問いかけておられました。


これ、まさしく そのとおりだと 私も思っていて、数日前に こぶたたちに同じ
ことを言ってたんですよね。


自分の家族にされてイヤなことを、人さまの奥さんや娘さんにするんじゃない
よ、って。


セクハラに限らず、人間関係において大事なことといえば、人の嫌がることを
しない、まずはこれが基本ですよね。


職場で やたらに下ネタジョークなどとばし、女性がイヤな顔をしようものなら、
「職場の雰囲気を和らげるためにやっているのに。度量が狭い」
なんぞと言う人もいるけれど。

それがもう職場の雰囲気を悪くしているってことに気づいてないんですよね、
この手の人って。


そんでまた、ジョークが下ネタであっても面白いなら まだしも、まーーったく
つまんなかったりするし(笑)


職場は仕事をするところで、ニヤニヤしながらアホなことして人に迷惑をかける
場所ではないからね、みんな忙しいんだからね、って思ったりもするので
ありますね^^;




そんなことを考えていて、ふと思い出したのですが。


私も、若かりしときは、職場でセクハラっぽいことをされたこともありました。


OLになりたての頃。

もう○十年も前のことですが(笑)



いちおう、社名を言えば誰もが知っているような ちゃんとした会社だったの
ですが、そこでもセクハラは横行していたのでありますね。


でも、その当時はまだセクハラなんて言葉もなかったし、そういうのを賢く
いなすのもOLの仕事のうち、なんて思われてた時代だったし。


そうはいうものの、言葉だけならまだしも、後ろから抱きついて来たり、肩を
抱かれたりするのには本当に閉口したんですよね(~_~;)


彼らに悪気や下心があるわけではなく、その時代なりの考え方で 新人の
女の子と仲良くなろうとする手段のひとつであるのは わかってはおりましたが。


でもやっぱり、父親くらいの年齢のおじさんに そんなことをされて嬉しい
わけもなく(笑)


実際、同じ おじさんでも、人望のある人は やはりそんなことを まったく
しませんでしたしね。


なんかイヤだなあ、でも正面切って抗議するようなことでもないんだろうなあ、
ってモヤモヤしつつ、勤めていたのだけど。


ある日のこと。


ふだんから とくに私を かわいがって下さっていたA課長が、いつものように、
「きぃちゃん♪」
と呼びながら、後ろから抱きついてきたのに、プチンとキレたわたくし(笑)


振り向くなり、少し大きめの厳しい声で、
「A課長!」
と言ったところ。

「え?え?」
びっくり顔になった課長。


「気安くさわらないで下さい!」
そう言って、手の当たっていた肩のへんを、おおげさな仕草でパッパッと払って
やりました。

それから、とびっきりの笑顔でニッコリしてさしあげて、仕事に戻ったの
ですが(笑)


課長は、
「うわ、びっくりしたあ。もう、きぃちゃん怖いねん。でもボク、ますます好きに
なったなあ」
なんて言ってましたが、もう知らん顔。

だって、仕事、本当に忙しかったですから。いつまでも かまっちゃいられません
からね(笑)



そんなことがあってからも、A課長は変わらず 私をかわいがって下さいましたが。

セクハラまがいのことは、それからピタリと無くなりました。


A課長も ふざけてはおられましたが、やっぱりそれなりに ちゃんとした人
だったのでしょうね。

また、それが伝わっていたから、私もとっさにそんな言動が取れたのかも
しれませんが。



この話には 後日談がありまして。


その後、私は社内結婚をしたのですが。

夫の上司が、なんとA課長に(笑)


しばらくしてから、
「今日、課長から聞いたんやけどさ、ホンマに そんなことがあったん?」
帰宅してきた夫が言うので、
「ああ あったさ。それが何か?(笑)」
と答えた わたくし(笑)


そしたら、
「マジかいな。女の子はホンマ怖いもん知らずやな。A課長は あんなふうに
ふざけてるけど、すごい頭の切れる人やし、怒らせたら怖い人なんやで」
なんて言うので、
「知っとるわ、そんなこと。アホな人相手に そんなことするかいな。でもべつに
怒ってはれへんかったやろ?」

そう訊いたところ。

「ああ、ぜんぜん」
そう言って笑いながら、
「それどころか、『あの子は かわいくてオモロイ子やな。ワシ、大好きやねん。
大事にしたりや』 って言うてはったわ。課長もオモロイ人やな」
なんて言ってたんですよね。


ってことで、A課長!

私、ぜんっぜん大事にしてもらえませんでしたから。

アイツ、ボコボコにしてやって下さい!


次にお会いすることがあったら ぜひそう言おうと思っている私なので
ありました(^O^)



今回のセクハラの話で、こんな昔のことを思い出したのだけど。

いろいろあったけれど、頑張って なんとか生き抜いてきたんだなあ、なんて
思って、ちょっと感無量になりました(笑)


というか、どんなときにも、誰かの温かい目があったのだなあ、なんて
思ったりも。


ホント、感謝でありますね(*^_^*)



・・って。

また話がビミョーにずれたので、元に戻しますと^^;



ま、これは 私が うまくいなしたというよりは、たんに運がよかっただけの話
なのでありますが(笑)


この程度のことは、きっとあのセクハラ被害を受けた女性記者もやってみたに
違いないのに。

それでも効き目がなく、それどころか身の危険すら感じられるくらいに
しつこかったんでしょうね。


そうでなければ、大事な職をかけてまで表沙汰にするわけはないと思うし。



かのおじさんは、裁判に持ち込むというのだから、どっちにしても真実が
白日の下にさらされることになるんでしょうけど。


いちばん悲しくて情けない思いをしたのは、彼の家族なんだろうなあ。。。




最後に。


公園に咲いていた藤の花です。


画像



ベンチの頭上に咲いていたのですが。


買い物&ポケモンの帰り、ちょっと座って ひと息入れていたところ。


いきなり耳のそばでブ〜〜〜ンという音が聞こえてきてびっくり

蜂にしては かなり大きな音だと思ったので、急に体を動かさないように気を
つけながら、そのへんを目で探したところ。


なんと、大きなアブ? 蜂?・・・どっちにしても、今まで見たなかで 一番といって
いいくらいの大きな虫が、すぐそばを飛んでたんですよね



風圧で虫を刺激しないよう、ゆっくりと立ち上がり、後ろに下がって距離を
とったのでありますが。

危ないところだったなあ



ま、セクハラにしろ、何にしろ。

危機意識を いつもしっかり持って、何かあったときには冷静にしっかり対処
しなければなりませんね。


そんなことを思った、今日この頃であります(笑)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは

セクハラ
政治家もマスコミも
日本は男性社会
恥ずかしくないのだろうか
藤の花、色が濃いわね
もうヘトヘト
2018/04/25 23:43
おはようございます。
辞めた次官はともかく、家族は小さくなっているのでしょうね。少し前は大威張りだったのでしょうが。
藤の花にいるのは、熊蜂です。大人しい蜂のようですが、大きいので怖いですね。
へるぞう 
2018/04/26 05:35
片方の都合の良い情報しか
当たり前だけれど聞こえないけれど
多分キット
世間で語られている通りだと思う。
愚かなる
ハイパーエリートの驕り!が
最大の原因だとは思うけれど
財務省の事務次官と
たとえ取材だから断れない
のだとしても
サシで飲みに行ける
女子社員 女性記者 って
いったいどれほどのひとなんだろうか?
と 我が家では話しております。
とはいえ
トキオのY君と
全く同じ 単なるスケベおやじ
であることは 間違いないわなぁ…
 あーぁ 
ドイツこいつも
そんなことしている場合かって!!

└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2018/04/26 10:31
キーブーさんのカミングアウトに、目が釘付け。ほほ〜なるほど、そういうことがあったわけですか〜。で、課長との約束守らなかったんだな〜って・・・。(笑)

話題のセクハラおじさんですが、エリート街道を走ってきちゃった人に多いのかな、こういう傾向って。パワハラもセクハラも、一般企業よりも多いんじゃないかな、と個人的感想です。
単なる個人的感想ではありますが、身近に
「この勘違い野郎!」
っていうのがいますもので、この手の人の価値観は理解できます。賛同はしないけど、この手の人の思考回路は知っています。

偏差値高い国立大学を出て、そうそう誰もがなれるわけではない上級の公務員になって、周囲からチヤホヤされるのが当たり前の人の考え方というのは、家庭にあっても支配的で自分が正しいという基準しかないと考えています。(少なくとも私の身近の人は、そうです)だから、家族は常からパワハラ、モラハラを受けて生活しています。
で、何か自分に非があることが起こったとしても、決して認めません。謝りません。正当化します。相手のせいにします。

ってなことを、私は子供時代から見ていますので、この財務省やめたおっさんは、間違っても自分が悪いとは言いませんよ。認めませんでしょ。謝らないでしょ。
余談ながら、この方の奥さんの家系も、不祥事で辞めたという経歴のあるお家柄です。それほど落ち込まないと思います。(これも個人の感想です)
yu_mama
2018/04/26 15:52
どこに行っても
エライ人で通っちゃって
マヒしちゃうんだね 

家族だけじゃなく
お世話になったヒト
目をかけてあげた人
どんな思いなんでしょネ。

バカだね。
らん太郎。
2018/04/27 00:57
いや そうだよね
男の人は自分の娘がそうされたらって考えたら良いんだわ。
なかなか自分以外の気持ちってのはわからんし
置き換えてみたら良いんだな〜
娘の職場(?)も基本そっちは酷いものだから
結構気になる〜〜
まるおお
2018/04/27 10:10
もうヘトヘトさん、こんばんは
それでも、昔にくらべれば 格段に良くなってきてるとは思うのだけど・・まだまだなのかなあ(~_~;)
みんなが一生懸命に仕事をしている職場で、ちっぽけな権力をかさに着てセクハラするなんて・・ホント、恥ずかしくないんでしょうかね。自分の娘とかに その行動を見せられるのか?(~_~;)

この藤の花、半分 野生化してる感じで、あまり人の手が入ってない状態でした。だから色が濃いのかな?
キーブー
2018/04/28 23:31
へるぞうさん、こんばんは
旦那さまが財務官僚だったら、私でも きっと自慢してるだろうなあ^^;
それなのに・・家族はホント、いたたまれないだろうなあと思います。夫が職場でセクハラしてたなんて・・しかも、あんな音声までがテレビで流されて(~_~;)

熊蜂。いわゆるクマンバチってヤツですね?
はい、ちょっとびっくりするくらい大きかったです。羽音もすごかったし
刺激しないよう、ゆっくり動いてその場を離れました。
キーブー
2018/04/28 23:42
└|∵|┐高忠┌|∵|┘ さん、こんばんは
こういう話って、片方からだけ聞いたのでは 真相は つかめないとはいうものの・・はい、私も だいたい世間でいってるとおりのことだったんだろうなって思います。
真っ黒ですよね、あの人(~_~;)

サシで飲みに行けるっていうか・・家族もあるのに、夜中でも 電話一本で駆けつけなきゃいけないんですね。ちゃんとお化粧して(~_~;)
そういうことまでやらないと仕事にならないなんて、ちょっと信じられない世界ですよね

Y君のほうは、これはちょっともう どうしようもない感じですね。
問題がありすぎ。
お酒の問題だけでも解決が難しいのに、強制ワイセツって。しかも相手は未成年(~_~;)
そのくせ、依存症を認めようとはしないんですよね。退院当日に飲んじゃってるのに。。。
キーブー
2018/04/28 23:50
yu_mama さん、こんばんは
まあカミングアウトってほどのものでもないですけどね(笑)
会社勤めの女性なら、多かれ少なかれ経験のあることだと思います。

財務省は、とうとうセクハラの事実を認めましたよね。それで朝日に謝罪してるのに、当のご本人が まだ否定してるなんて(~_~;)
退職金の減額も、ごくごくカタチばかりの感じでしたよね。このまま幕引きで、自分は悪くないって一生思って暮らすんでしょうね
でも、このあと長い余生を どうやって暮らしていくのか・・お金の面もそうですけど、精神的にも、かなりキツイんじゃないかなあ、なんて思ったりするのだけど。
そっか、相手のせいにしますか。なるほど(笑)
それでも、家族は付いてくるのかなあ。
私が奥さんなら、こういう人はイヤだなあ。

キーブー
2018/04/28 23:58
らん太郎。さん、こんばんは
自分は何をしてもいいんだ、って思っちゃうのかな。そんで、仕事関係の女性に そんなことするなんて(~_~;)

ホント、まわりに顔向けできないですよね。
しかも、ちゃんと認めて謝ることも できてないし。
今後の長い余生を、いったい どうやって生きていくんでしょうね。付いてくる人、いるのかな(~_~;)

はい。偏差値は高いかもしれないけれど、アホだと私も思います。
キーブー
2018/04/29 00:02
まるおおさん、こんばんは
うん。こんな人でも、自分の娘は かわいいんだろうね。
だったら、他人も同じだし。
そういう想像力すら はたらかないのかね、頭、いいんだろうに(~_~;)

娘っちの職場も、そんな雰囲気があるの?
でもまあ、昨今は だいぶ変わって来てはいるよね。まわりの目もあるし。
基本的には、タッチとかイヤなことされたら、イヤという意思表示はした方がいいかも。笑顔で、きっぱりと(笑)
キーブー
2018/04/29 00:07
今は昔に比べ、セクハラ等のハラス
メントも守られる様になったけど、
お偉いさん達は、自分は関係ないと
でも思っているんでしょうね。
セクハラもいじめも、自分の親子供に
置き換えたら、誰も出来ないと思うの
ですが・・・

へぇ〜、キーブーさんも10年前に嫌な
体験されてたんですね。
パッと払った後のとびっきりの笑顔
これが一番効果あったと思います。

今年のフジの開花は早かった。
今日、散歩がてら見にいったけど、
もう遅く、何も無かったです(^_^;)

りーにん
2018/04/29 19:00
ボクの職場では、女の子のお尻を触るのは、挨拶代わりりでした。すれ違ってもお尻を触らないのは、挨拶しないのと同じでとっても失礼なことなのです。
子供の頃スカートめくりをして大人になった世代ですから。
女の子も「キャッ」とかいってるけど、「来るぞ、来るぞ」と待ち構えていたハズです。

男どもの一方的な思い込みだったのでしょうか?
ひま爺イヴ
2018/04/30 07:43
りーにんさん、こんばんは
ホントホント。セクハラもいじめも、根本は 他人を尊重してないってことだと思います。自分や家族にされてイヤなことを、人にしちゃイカンですよね。

私の体験なんぞは、そんな 大そうなものではないです(笑)
ほぼ忘れてたのを、今回の騒動で ちょっと思い出しただけで。
それでも、まだ若かったのに 一人でなんとか乗り越えたんだなあ、なんてちょっとしみじみしました。タイムスリップできたら、あの頃の自分を 抱きしめてあげたいです(笑)
藤の花、もうどこも咲いてないですよね。うちの近所でもここだけ。しかも花も そんなに たわわでもなくて^^;
野生っぽかったし、正確には藤の花ではないのかも(爆)
キーブー
2018/04/30 23:50
ひま爺イヴ さん、こんばんは
ひゃ〜、マジですか(笑)
はい。それは男の人の一方的な思い込みかも^^;
今の時代には通用しないというか・・麻生さんが同じことを言ったら、どんな目に遭うことか(笑)

ちなみに。
私が小学生の頃は、スカートめくりをする男の子も、女子のあいだでは評判悪かったですよ(笑)
キーブー
2018/04/30 23:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔のことを思いだしました(笑) キーブーの半径1km日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる