あなたの座右の銘は?

今日は家事をすませてからマスクを求める旅に出たものの、収穫なしで

すごすごと帰宅しました

こぶたたちは職場でひとり1枚の配布があるのでそれでよしとしなければ

なりませんね

私はとにかく人込みをさけて手洗いとうがいを心掛けるとしましょう(~_~;)



さて、数日前から、寝る前のナイトキャップみたいな感じで読んでた本が読了

しました。


使える!いい言葉」 PHP研究所

歴史上の偉人からドリカムの曲の歌詞まで、心を打つ言葉を集めたものです。

以下、印象に残ったのをまとめてみました。



“私は、「四十にして惑わず」と言う言葉の裏に、四十は惑いやすい年齢である
という隠れた意味を認めたい”       

寺田寅彦    
 

「四十にして惑わず」はご存じ孔子の「論語」の中の言葉ですね。それについて

の寺田寅彦の見解とでもいうべき言葉です。

そうですよね。四十で迷ってたりしてたらアカンでアンタ、なんて言われた日には

もう、立つ瀬がありませんもの

寺田寅彦さん、よくわかってらっしゃる~(*^_^*)



“人は努力をする限り迷うものである”
ゲーテ「ファウスト」


これも、うなずけますよね。というか、迷っててもいいんだと思え、心強くなる

言葉です。

そう、努力してるんですものね



“すぐれた魂ほど、大きく悩む”
坂口安吾


これもいいな~(*^_^*)

なーんだ、迷いが多い私って、実はすぐれた魂の持主だったからかぁ。

なるほどね。そっかそっか。・・・な~んて(^^ゞ



“人事を尽くして天命を待つ”
胡寅


これは大好きな言葉。というか、私の座右の銘です。

やるだけのことをやったら、結果は良くも悪くも天の配剤。人たる身で

そこまでの心配はせんでよろし、ってことですよね。うんうん。

・・・でも、この言葉に対して、著者の感想が以下のとおり。

『人によってはたいした手も打たずにこのような心境に達してしまうこともある

わけで、このことわざを乱用することは慎みたい』


ううっ。み、耳に激痛が・・・

・・・気を取り直して、次にまいります(~_~;)



“乗りかけた船にはためらわずに乗ってしまえ”
ツルゲーネフ


・・・そうかなあ。私はけっこうこれまではそんな感じできたけど、ロクなことは

なかったような・・・

やっぱ、乗船前にはある程度考える時間を持った方がいいと思うんだけどな。

これに対しての著者の感想は以下のとおり。

『異動や栄転など、これから新天地への船出を控えた人を励まし、決然とした

行動を促すために使いたい言葉である』

うん。なるほど。それはとてもタイムリーな使い方ですね。

ビジネスシーンでは、さすがは部長ですね、な~んて言われそう



“運命は神の考えるものだ。人間は人間らしく働けばそれで結構だ”
夏目漱石「虞美人草」


はい。そのとおりですよね。これも“人事を尽くして天命を待つ”と相通じる

ものがあると思います。

漱石さんも苦労人だったようだし、行きつく境地はやっぱここだったんですね



さて。

最後にベランダの住人たち。

昨日ひとつだけ咲いた百合の花が、今日は3つになりました


画像




嬉しいな。

あと、ワイルドストロベリーの花も。


画像



早く赤い実をつけておくれ

はーちゃんが心待ちにしてるから


最後はおなじみ、ネギ坊主。


画像



ピンぼけしちゃいましたね

ネギ坊主っていちおう種だから、蒔いたら芽が出るって園芸の本に

書かれてたので蒔いてみます。


芽が出るといいなぁ








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年05月20日 23:43
かつて
「迷っているときは、答えがあるとき。」
と先生に言われました。

確かに思いました。

私の場合、
「どうしよう。」とか「どちらにしよう。」
というのは答えが出ていることが多いです。

答えがないときには
「どうしたらいいのかわからない。」
となります。
2009年05月21日 00:49
 “心を打つ言葉”といったものは、見方とか捉え方によって、いろんな意味を持ちそうです。寺田寅彦という人は、科学者としてもすばらしいですが、その他でもなかなか鋭いですね。文章も上手いです。
 高校の途中までは、“ゴーイング・マイ・ウェイ(我が道を往く)”が座右の銘でしたが、既成の道を往くんじゃ意味がないと思って、“わが道を造る”にしました(^^ゞ。
 が、未だに我が道をほとんど造れていないことに気づいて、愕然としてます(~_~;)。
2009年05月21日 10:48
わん太郎さん、こんにちは

>「どうしよう。」とか「どちらにしよう。」
  というのは答えが出ていることが多いです。

そうですよね。どっちかに迷ってるというときはなんとなく答えがでてるんだけども、もひとつ確信が欲しいようなときですよね。

>「どうしたらいいのかわからない。」

この場合はどうされるんでしょうか?
ほんとに生きてると日々迷いや悩みがありますよね。
年を取るといずれこういうのから解放されるのかなと思ってましたが、どうやらそう簡単にはいかないみたいですよね(~_~;)


2009年05月21日 11:02
遊哉さん、こんにちは
高校の時にすでに「ゴーイング・マイ・ウェイ」を座右の銘にしておられたんですか。すご~い
私が高校のときなんて、な~んも考えてなかったような・・・。しかもそれをよしとせず、さらに「わが道を造る」とされたのですね(*^_^*)
遊哉さんのブログを拝見する限りでは、まさにわが道を造って生きておられる方のようにお見受けしてましたが。ご自分では満足されておられないのですね。
うーん。志が高いですね。
私なんて毎日をただ決まった家事をして就活をして消化してるだけのようなもんです。これではいかんなあと思いながらも(>_<)
タイムリミットの日に、神様に「なんや、アンタはな~んも実になるようなことやっとらんやないか」なんて言われちゃいそうだ・・・
りぃー子
2009年05月21日 18:22
>“乗りかけた船にはためらわずに乗ってしまえ”
>・・・そうかなあ。私はけっこうこれまではそんな感じできたけど、ロクなことはなかったような・・・

あははは!!おんなじタイプデスね。
私もそういう生き方をしてきて、ずっと「選んだ事は後悔しない」ことを心がけてきたけど
なんだか最近、後悔する事を初めて覚えてしまいました・・・
具体的に何を後悔してるということでも無いけど
私も、もっと良く考えてから撰んできても良かったんじゃないかなあって事だけは、今になって思ったりしてます。

勢いや縁、好き嫌いだけで決めてきちゃったような気がしてマス。


2009年05月21日 20:31
りぃー子さん、こんばんは
またまたシンクロしましたか~
後悔してもしょうがないですもんね。
もしそのときに違う道を選んでいても、きっと後で、もう一つの方を選んでおいた方がよかったのでは、なんて思いそうだし。
でもまあ、考える時間がある場合には、じっくりと考えた方がいいとは思いますよね(~_~;)

私自身は後悔するようなことはそんなにないけど、ただひとつあるとすれば、もっとちゃんと勉強しとけばよかったなあ、って(笑)
ブログを書くようになって、自分の語彙の少なさと表現力のなさに脱力してるから

この記事へのトラックバック