ちびまる子はいいねェ あたしゃ大好きだよ♪


先日、偶然図書館で「聖 まる子伝」と言う本を見つけました

「ちびまる子ちゃん」全16巻のなかで、人間の心理を突いたいいセリフを抜粋
し、それについての著者のコメントとともにまとめたものです。

「ちびまる子ちゃん」はうちにほぼ全巻揃ってます。
順を追って読んでいくと、絵柄が少しずつ変わっていくのがわかるんですよね。
最初の頃はのんびりした感じの線で、背景もフリーハンドでゆるい感じが全体
に流れていますが、段々線もびしっとしてきて、背景もアシスタントさんが描いて
いるのか、気の入った感じになってきて(笑)、スクリーントーンなどが多用され
ていたり。
まる子本人も、巻を追うごとに小さくなっているんですよね。

私としては、完成度の高い最後の方の巻も好きですが、初めのころの手作り感
満載の「ちびまる子ちゃん」も大好きです(*^_^*)


とりあえず面白いところを抜粋すると。

人生なんて、まぐれの成功する者の勝ちだ

もう少しでごほうびがもらえそうだったのに、姉の「まぐれな成功」のひとことで
だいなしになるところ。
まるちゃんがおじいちゃんに加勢を求め、おじいちゃんがいつものようにまる子
をかばってくれ、
「ほらごらん。おじいちゃんは我が家の法律だよ」
とまる子が言う場面があるのだけど。
“彼が法律ならば、まるちゃんの家は無法地帯である”
とのキャプションがついているのが笑えます。

さくらももこのコメントとしては。

”とはいうものの、ある程度の努力は必要だ。
でも、やたらと運の悪い人より、普通に運の良い人の方が成功率は高い”


お前の一生はなん回あるんだ

学校から帰る途中、まる子は空き地に捨てられている子犬を見つけ、家で飼い
たくて両親に許可をもとめるのだけど、そのやりかたというのが、閉められた
ふすまのむこうから声だけで
「おとうさん、一生のお願いにあがりました・・・」
と言うのですね
そこでおとうさんが
「おまえの一生はなん回あるんだ」
と答えるわけですが(笑)

さくらももこのコメントとしては。

“こどもは『一生のお願いだから』と軽々しく言う。
百円くれとかアイス買ってくれとか、そういうレベルでも『一生のお願い』と
言っている。
重々しい言葉なのに、安易に普及している決まり文句の一例だ”


ボロいボロいと思ってたこの家だって、百万円はするよね

なんでも欲しがるまる子が、図鑑で見た熱帯魚が欲しくなり、おかあさんにねだ
るのだけど聞き入れてもらえず、しかたなくおこづかいで買おうと思って水槽や
ポンプなどの値段を計算し始めます。
そこで、子どものお金では到底手の届かない額であることに気づき、
「魚の棲む家でさえ八千円もかかるのに、人の住む家はどんなに高いんだろ。
ボロいボロいと思ってたこの家だって百万円はするよね」
と言うのですね(笑)

さくらももこのコメントとしては。

“親に不満ばかり言っている子どもは、少しは親のえらさを考えるべきだ。
いくらボロい家でも、百万円はする。
ほとんどの場合、百万円の何倍もする”


これ以外にも面白い場面がいっぱいあります。

「ちびまる子ちゃん」は映画にもなっていますよね。
まだ小さかったこぶたたちを連れてよく観に行ったもんです。
親である私も、単なるお付き合いではなく、とても楽しめたのを覚えています

あれからもう十数年が経とうとしていますが、「ちびまる子ちゃん」は色褪せる
ことなく、今でもこぶたたちと日曜日の6時からのアニメを楽しみに観ています。

これからも長く続いてほしいですね(^^♪




聖まる子伝
集英社インターナショナル
さくら ももこ

ユーザレビュー:
思わず納得する部分も ...
『さくらももこ』とつ ...
まる子大好き!超スピ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年08月30日 00:36
 この本面白そうですね(^^♪。
 大学の専門課程の2年間を清水で過ごしましたが、ちびまる子ちゃんの舞台となったところの近くに住んでいたので、懐かしいのです。
 時代的には、漫画の方が3、4年後だとは思いますが(~_~)。
2009年08月30日 11:17
偶然にも 今 ビデオで 先週のテレビ ちびまるこ 見てます この 偶然の ショック!
2009年08月30日 13:56
マンガって描きやすいところに落ち着きますよね。ドラえもんも最初は小顔胴長だったし。
私も偶然 ドラマ版(森迫永依主演)を観ていました。原作の見事に再現していると思いますよ
2009年08月30日 16:22
遊哉さん、こんにちは
清水に住んでらしたんですね。やっぱりお茶はおいしかったですか?
この本は、既読のマンガではあるけれども抜粋されたセリフが読み直してみると面白いし、さくらももこのコメントも鋭くて、また違うまるちゃんワールドという感じですね。おすすめですよ(^^♪
2009年08月30日 16:24
seizi05さん、こんにちは
なんと!偶然ですねぇ(^^♪
seiziさんとはシンクロするところが多くて嬉しいです(*^_^*)
2009年08月30日 16:29
五十音ジュンさん、こんにちは
私はドラマは観てないんですけど、映画になったのはすべて観てますね。おもに付き添いとしてですけど
ドラえもんとか、こぶたが小さいときにせがまれてイラストを描いたりしたことがあったけど、単純なわりに以外に難しくて、描き上がりはとんでもないものだったりしましたね(笑)
2009年09月01日 10:22
私もテレビのちびまる子ちゃんを 毎週
楽しみに見ています。夕食を作る時間にかかって
しまうのがとっても残念。 ひんしゅくかうかも
しれないけどサザエさんと時間を交代して欲しいと
いつも思ってます。
2009年09月01日 13:44
みいなさん、こんにちは
うちは、だいたい夕食スタートがまるちゃんの時間になりますね。ほんとにもう何年、こうやって夕食を家族そろって食べながらこの番組を見たことか、って思いますね(*^_^*)
サザエさんと交代ですか(笑)
うちは別に、異論はないです。それでもOKですよ~(爆)
2009年09月07日 17:01
私もまるちゃん大好きで15巻まで原作持ってますよ!しかも、花嫁道具一式というほどでもないですが、結婚した時、永久保存漫画として持ってきました(笑)
そうそう、ちょっと前に16巻が出たんですよね。忘れてました。買いに行かないとだわ。


アニメも結婚するまでは見ていたのですが、だんなが全く興味なくて、結婚後は見れないんですよぉ…。

まるちゃんで一番のお気に入りは4巻の「まるちゃん、お化け屋敷に行く」なのですが、毎回ヒロシのアホ面に大笑いしているのですぅ~!(爆)
2009年09月07日 19:43
とろ♪さん、こんばんは
うちはいま本棚を確かめたら、12巻までしかありませんでした。たぶんそのあとを読んでないと思うんで、急ぎ確認して買い足さないと
お化け屋敷の巻、覚えてます。まるちゃん、腰を抜かしておばけに抱っこされてリタイヤするんですよね
どの巻も面白いけど、私が特に面白いと思ったのは、参観会のお話かな。
お母さんが怒って口パクで「ばか」って言うところや、まるちゃんがふざけて「いいじゃん、いいじゃん、プップクプ~」って言ってクラス全体が凍りつくところ。
何回読んでも愉快ですよね(^^♪

この記事へのトラックバック