今週はこれにて無罪放免~(*^_^*)


今週の土曜日は仕事はお休み
なので昨日の金曜日、仕事を終えた解放感を味わいながら書店を徘徊して
いると。

またまた見つけました
銀色夏生 著  「セドナへのスピリチュアルな旅」

薄いなあと思いながらパラパラとめくると半分くらいは写真だし、立ち読みで
いいかとも思ったのだけど。
買ってしまいましたね。
やっぱり、持ち帰ってゆっくり読みたいし(*^_^*)

セドナというのはネイティブアメリカンの聖地らしく、有名なパワースポットなん
だそうです。
知らなかったなあ。
銀色さんのエッセイに時々でてくる編集者のスガハラくんとツツミさんと3人の
旅行記となっています。

写真を見ると、赤肌の岩場の多い、なんだかごつごつした感じのところですね。
そこをレンタカーを借りて3人で移動しているのだけど。
スガハラくんとツツミさんは方向音痴なのだそうで、運転しているスガハラくんに
銀色さんが
「ずっと北だから、太陽が左から当たってたら大丈夫だから」
と言ってあげたら
「そう言ってもらえると、わかりやすいです」
と喜ぶところ、笑いながらも深くうなずきましたね

そう、そんなふうに言ってもらえるとありがたいんですよね。
地図を読むのが好きで方向感覚のしっかりした人って、すぐに
「それは、東側?西側?」
なんて詰問調で聞いてきたり、
「簡単だって。駅から出たら北に向かって歩けばすぐだから」
な~んて言うんですよね
東西南北なんて、空中に標示が出てるわけじゃないんだからそんなにすぐ
わからないよ、と言ってマジで驚愕されたことがある私のような人間にしたら
ホントにありがたいことです

・・・って、そんなことはどうでもいいですが
歌手の相川七瀬が来たときには何かの声が聞こえたとかいうスポットに行って
も、なんにも感じない3人組(笑)
ヒーラーのセッションなども受けているのだけど、特に感じ入るようなことも
なかったようですね。
ただ、銀色さんはそのヒーラーに
「あなたのような人はあまりいないでしょう?仕事にしても、何にしても・・・、
あなたのような人、あまりいないでしょう?」
と、とても同情的にしんみりと言われたとか。
そう、孤独なんです、と銀色さん。
うん。そうだろうなあ。
たしかに似たような人はいなさそう。


そんな感じでゆったりと、マイペースな3人組の旅は続くのだけど。
最後の方で著者が言ってたことで印象に残ったことがありました。

人は、自分の人生を生きる。
他の人と出会いながら。
ここに今、生きている以上は、生きているという驚異に気づいていたい。
どこからでも、なにかに近づくことはできる。
どうせ生きるなら、すべてに心をこめて生きたい。


なるほど。
銀色さんの言ってることとはちょっとズレるかもしれませんが、私が最近よく
思うのは、生きていくということはなるべくいろんなドアを開けて、いろんな気持
ちを味わっていくということなんじゃないかなと。
ドアも喜びに通じているものばかりではないし、開けてはいけないドアを開け
ちゃったというようなこともあるだろうけど。
それでも、正負どちらの感情もしっかり味わって心に刻んでいく、というような
こと。
どうしても開けたいドアが開かない、ということがあっても。
その経験をも心に刻んで生きていくというか。

まあうまくは言えませんが、結局は銀色さんの言う、“心をこめて生きる”という
ことに繋がっていくのだと思います。
その結果何かを得られても得られなくても。
大事なのは結果だけではなく、その過程なんだなと。
・・・なんだ、こうやって文章にしてみると、ごくあたりまえのことですよね^^;

読後感は・・・、薄くてあっという間に読めてしまったなというのが正直なところ(笑)
それにしても銀色さん、最近よくお顔入りの写真を出されてますね。
人生のパートナーがいつ現れるか、などというようなことも気にされてたし、いろい
ろ吹っ切れて今後に意欲満々なのかな

私も、銀色さんよりスケールは小さいけれど、自分なりの過程を楽しんでいこ
うっと




セドナへのスピリチュアルな旅 (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
銀色 夏生

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

miyo
2009年09月06日 00:51
素敵な本ですね♪セドナって…最近誰かが行ったのをテレビで観たような…ん?テレビだっけかな?
日々のちょっとした事に幸せ感じたり、嫌な事があった時はその日にあった良い事を見つけて(些細でも)気持ちをプラスに向けていく生き方を心掛けて前向き思考にしてるのですが、『パワースポットは墓地です』と言うとそれは違うと言われます(´ω`)ヾ
2009年09月06日 12:20
いまだに 休みの前の日の うれしさ 味わってます  働くことの ウンザリ感 も 味わってます
2009年09月06日 13:17
miyoさん、こんにちは
私もmiyoさんがされてるようなことを日々気をつけながら過ごしています
鬱々と過ごしても、晴々と過ごしても同じ一日なら、なるべくなら気分よく暮らしたいですもんね。

>『パワースポットは墓地です』
う~ん。そりゃちょっと違うかも(笑)
宮崎の高千穂とか、いわゆるパワースポットといわれるところにも一度行ってみたいですよね。
たぶん、何も感じないだろうけど
2009年09月06日 13:21
seiziさん、こんにちは
私はその感覚を久しぶりに味わってます。おもに解放感の方を。
ウンザリ感を感じるほど長い時間、職場にいないもんで・・・。それも痛し痒しですが(笑)

この記事へのトラックバック