映画「タイタンの戦い」を観た!



ここしばらく続いていた暑い日々とはうって変わって肌寒かった本日水曜日、
観てきた映画はこれ

ルイ・レテリエ監督 「タイタンの戦い」


3Dもやっていたのですが、前回の「アバター」で痛い目をみているので(笑)、
今回は普通の字幕版を観ることにしました(^^ゞ


あらすじとしては。

神々の王ゼウスと人間とのあいだに生まれたデミゴットのペルセウス(サム・
ワーシントン)は世界を滅亡の危機から救うため、冥界の王ハデスを倒す戦い
の旅に出る。
しかしハデスは強力な怪物クラーケンを解き放ち、なおかつゼウスの地位を
狙うのであった。。。


画像



この作品、監督は「トランスポーター2」の監督だし、主演はご存じ「アバター」
のサム・ワーシントン。

彼って、特にイケメンというのでなし、演技に味があるというのでもなし、ごく
フツーな感じだと思うのは私だけなのかなあ(^^ゞ
(あくまで私の好みと偏見です。ファンの方、ごめんなさい

今回はデミゴットのペルセウスの役ということで興味を持って観ていたものの、
たいして印象深くもなかったというのが正直なところなんだけど


彼が演じるところのペルセウスは、赤ん坊のときに漁師に拾われて、その
息子として愛情深く育てられるのですが、冥界の王ハデスにその家族を殺さ
れてしまうのですね。

その敵討ちの意味もあってハデスを倒しに行くのですが、その肝心のペルセ
ウスがなんだか弱々しいというか、力強さが感じられなかったですね

途中、巨大化したサソリのバケモノがたくさん出てきて戦うシーンなどもあった
のですが、もひとつ気迫が感じられないというか

主役が彼じゃなかったらもう少し楽しめたのかなあ、なんてちらっと思ってしま
いましたね


神様のほうも、ハデスは冥界の王らしく禍々しさに満ちていて見ごたえが
あったのだけど、神々の王であるはずのゼウスはさほど神々しくもなく、これ
またフツーのおっさんな感じだったし

ペルセウスのお相手役の女性も、きれいだけど・・・まあ、フツー?(~_~;)
むしろチョイ役だけど、クラーケンの生け贄にと言われたお姫様のほうが目を
ひく美しさだったなあ。
なんであのお姫様を相手役にしなかったのか不思議

サソリのバケモノやメデューサなどは動きもよくできていて、おおっ!て感じで
見入ってしまったし、クラーケンも知識としてはタコのバケモノくらいにしか思って
なかったのが、こういうヤツだったんだ~、なんて感心して観てたのですが。

そういう面では大画面で観られておもしろかったですが、それ以外ではわざわざ
映画館に来るほどでもなかったのかなあ、とも思ったり(~_~;)

まあ私がサム・ワーシントンのファンでないからそう思うのかもしれませんね。


これはリメイク版とのことですが、ストーリーとしてはよくできた冒険譚だったので、
オリジナルのほうも観てみたいです。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年05月12日 19:03
観ましたね(^^)ゼウスが嘘っぽくキラキラしてて胡散臭かったでしょ(笑)怪物好きだからこの映画好きだけど、それ外すとどうかと言われると「う~ん…」なんですよね(^^;)メデューサの人が1番綺麗だっと思います、私は。姫さんよりも美しかった!主人公のお供の若い兵士、素敵じゃなかったですか?お好みなんですよ~(-^^-)オッサン達も素敵だし、完全に主人公よりも強そう(爆)
オリジナルはかなり古い作品で、CGでなくストップモーションだから懐かしい感じがしますよ。内容の違いが面白いです♪
2010年05月12日 20:12
これ観たかったのに 既に夕方からの上映なので
みれないかも?
でも見逃しても惜しくないかも・・?
サム・ワーシントンは あまり個性がないから
どんな役にも染まるかも?
う~ん、私も好きでも嫌いでもないです。
2010年05月12日 20:54
エ~~っ
なんでまた今頃劇場で??
勘違い・・
リメイク版なんですね・・ホッ

タイタンの戦い
?タイタンの逆襲・・ってのもありませんでしたか?
これは観てないですぅ
2010年05月12日 23:36
miyoさん、こんばんは
はい、観てきましたよ~(^^♪
そう、怪物たちを除いたら、けっこうスカスカな感じかもしれませんね(笑)
メデューサ、死ぬ間際にそれまでの怪物顔から一瞬もとの顔に戻ったときに、あれ、意外ときれい、ってたしかに思いましたね。でも、お姫様よりきれいだったかなあ。うーん。。。私はお姫様に一票(笑)
んで、若い兵士でひとり光ってるのがいたよね(*^_^*)
私も主人公よりそっちを見てたかも(爆)
あ、あとmiyoさんがブログに書かれてた野良ペガサスもいたし。白いのが草を食べてましたよね(^^ゞ
2010年05月12日 23:39
みいなさん、こんばんは
サム・ワーシントンって、今のところその良さがよくわかんないんですよね(~_~;)
でも、出てくる怪物たちがけっこうおもしろいんで、できればそれは大画面で観たほうがいいかも。
公開からちょっと日にちが経つと、すぐに夕方からしか上映しなくなるのって不便ですよね。改善してほしいもんです。
2010年05月12日 23:43
ただチャンさん、こんばんは
そう、今回はリメイク版のようですね。オリジナルのほうも観てみたいです(^^♪
タイタンの逆襲・・・うーん、どうなんでしょう?ありそうな感じですが(笑)
怪物たちがけっこう奇想天外で楽しめるので、よろしかったらご覧になってみて下さいね(*^_^*)
2010年05月13日 09:04
こういう映画って 当の外国では時代劇みたいな感じなんだろうかね~
いつも そーゆー事考えて見てるさ(^^)
映画 行きたい!!←ちょっとお籠りでぶぅぶぅしてるの^^;
2010年05月13日 21:25
まるおおさん、こんばんは
日本人が平安時代の話を観るような感じで観てるんでしょうかねえ。なにしろ、紀元前の話だから、想像もつかないけど(^^ゞ
映画はほんと、気分転換になるよね。おもしろい作品を観たあとではすっきりとリセットされた感じで。
でも、期待ほどおもしろくなかったりするとかえってモヤモヤが増したりもするんだけどね(笑)

この記事へのトラックバック