「ヴァン・ヘルシング」



こないだの日曜洋画劇場は、「ヴァン・ヘルシング」をやっていましたね

吸血鬼に狼男も出るとなれば、私のテンションはいやがうえにも上がろうと
いうもの(笑)


スティーブン・ソマーズ
 監督  「ヴァン・ヘルシング」


この作品を観るのは今回が初めてだと思っていたのですが、途中で、すでに
観たことがあるのに気づきました。

それでも、ヒュー・ジャックマンが出ていたのには今回初めて気づいたのですが(^^ゞ


画像



ロン毛の彼もなかなか素敵でしたね


あらすじとしては。

モンスター・ハンターのヴァン・ヘルシング(ヒュー・ジャックマン)は、ドラキュラ
を倒すために闘い続けてきた一族の末裔・アナを助けるためにトランシルバニア
に向かうのだが。。。



ヴァン・ヘルシングがトランシルバニアに着いたその日のうちに、すでにもう
化け物たちが次々と姿を現していましたね。

ドラキュラ伯爵に仕える女吸血鬼たちも、白いコウモリのような姿になって街を
襲い、人々を爪で引っ掛けて攫って行くし。

吸血鬼ものって、最初はなかなか姿を現さずにじらしていく感じの作品が多い
なか、その潔いまでの大盤振る舞いに俄然楽しくなってしまいました(笑)


それでもアナの兄は妹を助けようとして囚われの身となり、狼男にされて
しまったり、ラストも吸血鬼退治はやり遂げたものの、少しほろ苦いような
終わり方だったし。

荒唐無稽なだけの物語ではない感じでしたが。


でもそうはいっても、ドラキュラの城で実験装置みたいなものを作って働いて
いるゴブリンたちが不器用に動き回ってるのはなんだかコントみたいだったし

途中からはなんとフランケンシュタインまで出てくるわ、そしてそのフランケン
を使って吸血鬼の繭の中にいる無数の子どもたちに命を与える装置をゴブ
リンたちは作っているのですね(^^ゞ

しかも、ドラキュラ伯爵が、
「スイッチを入れろ!」
なんて号令をかけたのにはちょっとがっかり。

間違ってはないんですけどね。

たしかにスイッチを入れるんだけど(笑)

でもこれじゃせっかくの吸血鬼映画のロマンというか、おどろおどろしさが半減
しちゃうじゃないですか(~_~;)

そこそこストーリーはよくできていたと思うのに、なんだかカスカスな感じがする
のは、ロマンがなかったからだと今これを書いていて気づきましたね(笑)


ドラキュラ伯爵がヒュー・ジャックマンに対抗できるくらいの魅力的な人物で、
アナを取り合うような設定だったら、もう少し観てて楽しい作品になったんじゃ
ないのかな、なんて思ったり。

フランケンを出してきて、あんな実験装置を作ってそれをドラキュラ伯爵に
仕切らせたのがもう間違ってる感じ

いろいろ出してきて大盛りにしすぎたのかなあ。

でもまあ、それも楽しかったですが(笑)



ちなみに、この日はこぶた2号は夜勤だったのですが。

病棟で患者さんの血圧を測っていたら、ちょうどその患者さんがこの映画を
観ていたとのこと。

「もうね、話しかけても返事もせんと必死で観てはってん。よったんくらいの年の
おっさんやってんけどね。
家でよったんもおんなじようにテレビに食らいついて観とるんやろな、って思って
てん」
と笑ってましたが。

はい、当たりですね(笑)

「なんか暗いお城が建ってて、雪が降ってるシーンやったけど。
あれ、何の映画やったん?」
と訊くので、
「吸血鬼もの。あのお城はドラキュラ伯爵のお城やってん」
と言ったら、呆れておられましたが。


なんやあ、おっさんやおばさんは吸血鬼の映画を見たら
あかんのか~!!(自爆)









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年06月29日 23:02
私も見ようかと思ったよ(^^;
ごめんね こぶたちゃん…

相変わらず時間を合わすのが苦手で 見れて無いけどね~ あぁ 文化度下がりっぱ~~~
2010年06月29日 23:32
まるおおさん、こんばんは
まるおおさんはいつも忙しそうだもんね(^^ゞ
でも大丈夫。この映画は観なくても文化度が下がったりはしない映画だったから(笑)
いくつになっても吸血鬼やら幽霊やらにときめいてしまう困った私です。。。
2010年06月30日 00:09
えええ?
キーブーさん、ヒュージャックマンって主役じゃ
ないですか~
チョイ役で出てたのかと(笑)
こういう古典的なものは確かにロマンが必要って
いうのは賛成。その世界の中で人はいろいろ妄想
するのですから~
映画はそれを上回ってもらわないと!
2010年06月30日 13:34
こんにちは
あちらを少し彷徨ってきました
この年齢で9度は・・
バラバラです身体!

社会復帰します(笑)
また宜しくお願いします
2010年06月30日 16:33
なおみんさん、こんにちは
そう、ヒュー・ジャックマンはバリバリ主役ですよね。まったく、どこを見てたんだか(自爆)
でも、この作品が公開されたころは私もシングルママとしてフルタイムで頑張ってた頃なんで、映画とかは観てるようで観てなかったりするんですよね(^^ゞ
せっかく吸血鬼が出るのにロマンがなかったら意味なしですよね。実験装置を作ってスイッチ入れてる場合じゃないんだよ!って感じ(笑)
2010年06月30日 16:36
ただチャンさん、こんにちは
おっ、無事にご帰還ですねきれいなお花畑とか川とか見てきちゃったのかな?(爆)

冗談はともかく、高熱は体にこたえたでしょうね。しばらくは無理をされずにゆっくりなさってくださいね(*^_^*)
2010年06月30日 21:16
なるほど。そんな映画だったんですか。
なんか面白そうな映画ですね。見れば良かった。
吸血鬼にフランケンに狼男。
テレ朝さん、日テレの「怪物くん」にひっかけて、この映画セレクトしたわけじゃないよね。
2010年06月30日 21:51
この映画って、牛が飛んでたよね?
違ったっけ? どうも近頃健忘症に
磨きがかかっています。
ばかばかしいけど面白かったような。
筋とか忘れています。
2010年06月30日 22:22
あずきねこさん、こんばんは
はい、おもしろかったですよ。けっこう手に汗握って観てました(*^_^*)
ああ、日テレの「怪物くん」ですね・・・まあ、あそこまで幼稚な感じでもなかったですが(笑)って、どっこいどっこいだったかも(爆)
2010年06月30日 22:25
みいなさん、こんばんは
健忘症なんて、とんでもない(笑)
牛、たしかに飛んでましたよ。ってか、投げ飛ばされてましたね、女吸血鬼に(^^ゞ
荒唐無稽でおもしろかったですが、最後はちょっとほろ苦い終わり方でしたね。単純なハッピーエンドじゃなくて。
2010年07月01日 17:36
見ようと思ったんですけど半分過ぎてて内容が分からんチンだったから見るの止めちゃった。
でもキーブーさんの読んだから大体の内容は理解できたよ~
ただ、ヒュージャクマンだったのかぁ、見ればよかったっ笑
2010年07月01日 17:47
日本語吹き替えは初めて観たんだけど……こんなだったっけ?という印象でした。こんなにコミカルだったかなぁ??と。でも結構前に観たきりだしな(^^;)そして今気付きました。ヘルシングさんてヒュージャックマンだったんだ…(ーー;)写真観ると確かにそんな気がする(爆)
2010年07月01日 23:10
ぴかりんちゃん、こんばんは
観たいと思ってても、半分を観そびれちゃったらもうめんどくさくなりますよね(^^ゞ
ストーリーといっても、吸血鬼とモンスター・ハンターとくればもうだいたい内容もわかっちゃいますが(笑)
そう、ヒュー・ジャクマンだったんだよ~途中からでも観る価値があったよね(笑)
2010年07月01日 23:14
miyoさん、こんばんは
ね?!ヒュー・ジャクマンが出てたっていう印象がないよね、不思議なことに(笑)
でもよく考えれば記憶喪失のモンスター・ハンターだなんて、ちょっとウルヴァリンの設定と似てる気がしないでもないよね(^^ゞ
途中はコミカルな部分も多かったけど、最後はちょっと気の毒でした。んで、こんなラストだったっけ?って思ったんだけどね。忘れちゃってたし(笑)
2010年07月03日 09:38
最近、こぶた2号ちゃんが活躍してますね。
毎日が充実しての様子。いいですね(~0~)/
2010年07月03日 18:01
moumou.h53さん、こんばんは
ありがとうございます(*^_^*)
遊びに仕事に、忙しく楽しい毎日を送っているようです。若いっていいですよね。うらやましいくらい(笑)

この記事へのトラックバック