「魅惑の吸血鬼」と「根拠のない死」



今日も朝から太陽がギラギラ

これは残暑などという生やさしいものではありませんね


画像



この暑さで、行動も内面も非生産的になっている自分に喝を入れようと、午後
からの銀行行きを自転車ではなく、往復で40分ほど歩いてみたのですが。

いやはや、無謀でしたね

あぶないとこで自宅に帰りついて、命拾いをしました(自爆)



さて。


週末、またまた「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」が放映されていましたね

これももう何度も観たのですが、やっぱり今度も観てしまいました(笑)

パーティーでのハーマイオニーのドレス姿、何度見ても驚きますよね。

いつの間にあんなに美しく成長したものか


それにしてもいつも思いますが、“ハーマイオニー”って、ホントにかわいい名前
ですよね(*^_^*)

なんだか甘いハチミツの匂いがしてきそうで

「マイ・ハニー」って感じで、抱きしめたくなるかわいさですよね(笑)


でも今回、この作品を観ていて初めて気づいたことがあったんですよね。

ハリーとともにホグワーツの代表に選ばれたセドリックという青年。

今まであまり目に留めてなかったのですが、よく見ると美形だなと思いつつ
見ていて、あれッと気づき、ネットで調べてみたら。

やっぱり。

そう、ロバート・パティンソンでした。

いま話題の『トワイライト』のシリーズにエドワードという吸血鬼役で出ていて、
人気沸騰中の役者さん


なんで今まで気づかなかったものか。

あのシリーズは大好きで2作とも映画館で観て、今度11月頃に公開される
新作も絶対に観に行こうと決めているくらいだというのに。

『トワイライト』、まだご覧になったことのない方は、機会があったらぜひご覧に
なってみて下さい。

吸血鬼やら狼人間やらが出てきて荒唐無稽ではありますが、耽美の世界
なんですよ(^^ゞ



それともうひとつ。

前記事の『人生問題』で、穂村弘さんが「根拠のない死」について話して
いましたが。

それの最たるものというか、印象的な死をみつけてしまいました。


テレビのニュースや新聞等で見られた方も多いかと思いますが、地下鉄の
ホームで、並んでいた人の列に酔漢がぶつかって、そのせいで年配の男性が
列車と接触して死亡するという痛ましい事件がありましたよね。

それだけでもじゅうぶん「根拠のない死」と言えるのですが。

後日、新聞でその事件に関する詳細な記事を読んでびっくりしました。

被害者の男性は、ある大学の学長さんとのことで、そこまでになるには
さぞかし学業にうちこんで研鑽を積んでこられたのだろうに、と気の毒に
思いつつ記事を読んでいたら。

何とこの方、詩人で小説家の佐藤春夫の長男だったんですね。

しかも、「細君譲渡事件」と呼ばれ世間を驚かせた一件の、あの谷崎潤一郎
の元妻であった千代夫人との間のお子さんであるとか。


うーん。

事実は小説より奇なり、かあ。

そんなドラマチックな誕生をした人が、こんな死に方をするなんて。

まあ考えようによっては、誕生のときと同じくらい世間を驚かせたとも言える
のかもしれないけれど。

でもこの死に方は、まさに「根拠のない死」ですよね。

その酔漢も、あとで事情を聞いて驚いただろうなあ。


なんだか、とても考えさせられた事件でした。




画像




上の写真は図書館で撮ったものですが。

雲の表情に少し、秋の気配がありますね(*^_^*)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

なんという・・・
2010年08月30日 19:31
稀有な人生ですね。
ほんと、びっくりです。
この事件はニュースで聞いて、痛ましい事故だなと気にはなっていたのですけど・・・
2010年08月30日 20:07
こんばんは
無謀な挑戦をしましたね・・
お疲れ様です。

売れる前の出演作って覚えてないですよ。
あぁそうだ!と気が付いたのを覚えているのは
アンジェリーナ・ジョリー。
ボーンコレクターに出演してましたが
デンゼル・ワシントンと共演してるなんて全く気が付きませんでした汗汗

痛ましい事故でしたね。
被害者の方の素性には確かに驚きました。

静かに天寿を全う出来たらいいなぁ・・
2010年08月30日 22:08
無謀な冒険!
キモチはわかりますが…ご自愛ください

売れる前っていうので思い出すのが、ブラピ。
「テルマ&ルイーズ」でなんてかわいいんだ
ろうって思ったんですよ。
2010年08月30日 22:28
は!そうだった!そういやハリーポッターでしたね^^
忘れていた・・。
いやホントにハーマイオニーべっぴんさんになっててビックリです★1章はあんなにキュートだったのが!
1枚目の太陽ギラギラの写真だけで暑くなりそう~
2010年08月30日 22:38
そうそう 北海道でもこんな感じの午前だったよぉ~
なんかね~数奇なうんめーな人じゃなくって良かったよ(^^ゞ 
そかそか あの「なんか残念な死に方しちゃった人」ってそーゆー人だったんだぁ…
2010年08月30日 22:57
なんという・・・さん、こんばんは
そして、いらっしゃいませ(*^_^*)
ほんとうに、おっしゃる通り、稀有な人生だと思います。
いったいどういう巡りあわせなのか、怖いような気がしますね。
2010年08月30日 23:03
ただチャンさん、こんばんは
はい、まったくもって無謀なことでした(^^ゞ
帰宅してドアを開けるくらいから妙な気分の悪さがあって、もう少し歩いてたらヤバかったかも

「ボーンコレクター」でのアンジーはほんとうに印象的できれいでしたよね。案の定、すぐにスターダムにのし上がりましたが。

新聞記事を読んで、本当に驚きました。気の毒としか言いようのない亡くなりかたですよね。。。
天寿を全うですか。そうですね。まあ早めに死ななきゃならないとしても、穏やかであっという間の死であってほしいです。
2010年08月30日 23:06
なおみんさん、こんばんは
はい、ちょっとばかり無謀でしたねこれくらいは何ともないと思っていたのですが・・・体は確実に年を取っていたようです(~_~;)
「テルマ&ルイーズ」は、私は観てないんですが。でも、デビューしたてのブラピはさぞかしかわいかっただろうなあ
これも機会があったら観てみようっと( ..)φメモメモ
2010年08月30日 23:11
ぴかりんちゃん、こんばんは
そう、『ハリー・ポッター』だったんだよ~(*^_^*)
ね!ハーマイオニーがすごくきれいになってたよね!(^^)!初作ではあんなにコドモコドモしてたのに。
写真、太陽ギラギラでしょう?歩いてる途中で一休みした公園で写したものです。ホント、あぶなかったわ。。。
もうしばらく、関西では注意が必要ですね(^^ゞ
2010年08月30日 23:16
まるおおさん、こんばんは
北海道もこんなだったんだ~でもそうはいっても、もう36度とかにはならないでしょう?関西はね、まだ酷暑なの(T_T)

ほんとにねえ。数奇な運命じゃなくてよかったよね。この亡くなりかたはあまりにも気の毒だし。
でも、相手の酔漢もあとで事情を聞いて、青くなっただろうね。それも考えただけで怖い。。。
2010年08月30日 23:46
こんばんは♪
ハーマイオニーがマイハニー♪に結びつく発想力に感服ですぅ笑。
人生、起こるべきことが起こっているだけ、
と聞いて、辛いときはこの言葉を思い出すようにしています。
でも・・・身内に同じことが起こったらと考えると、そんな悠長なことで逃れられる苦しみではないんでしょうね・・・
2010年08月31日 07:29
なんと、数奇なる運命!といわざるを得ませんね。

ねこのひげも、あれ?彼は美男子ではないか?と思っておりましたが、『トワイライト』のエドワードでしたか。
しかし、とかく脇役のほうが売れるようですね。
上戸彩さんも、たしか美少女大会の特別賞で脇役だったけど、グランプリの女の子より、いまや売れっ子ですからね。
ハリー・ポッターくんは、シリーズが終わったら大変そうですね。
次の役が大変そうで・・・・
かれは、小池鉄平くんに似てますよね。
2010年08月31日 12:35
トワイライトもその続編もDVDレンタルで観ました。
あり得ないどうでもいい話と思いつつも、何故か吸血鬼や狼男の話には惹かれるところがありますね。
変身願望があるのかも。(+_+)
遊哉
2010年08月31日 17:23
 「ハリーポッター」のやってる時間に、BSでマックィーンの「トム・ホーン」という西部劇をやっていました。開拓時代に活躍したガンマンのその後を描いた地味な映画でしたが、なかなか良かったです。
 「ハリー・ポッター」の最後の方を見ましたが、何度見ても面白いですね(~_~)。
 人間はいつ死ぬかわからないし、「根拠のない死」がほとんどじゃないでしょうか(^^ゞ。というか、「根拠のある死」というのがあるのかな? どうも、よくわかりません(~_~)。
2010年08月31日 20:26
じゅんころさん、こんばんは
そして、いらっしゃいませ(*^_^*)
そうですか?発想力というより、そもそも親はそのへんの語呂も考えて付けたのかな、なんて思ってたのですが(笑)
家族がああいう死に方をしたら、それは納得できませんよね。それにしても、誕生のいきさつといい、ホントにドラマチックな人生ですよね。なんだか怖いくらいです。こんなこともあるんですねえ(~_~;)
2010年08月31日 20:37
ねこのひげさん、こんばんは
数奇ですよね。いったいどんな必然性があったものか。。。神ならぬ身にはわからないですよね

私も何度も観てて、今回初めて気づいたんですよね
エドワードのときのほうが眉も濃いし、目力が違う感じですよね。
上戸彩ちゃんも、グランプリではなかったんですか
ミス○○、とかでも、たいてい1番の人よりも2番手3番手のほうがきれいだったりしますもんね(^^ゞ
ダニエル・ラドクリフは、すっかりハリーのイメージがしみついちゃった感じですもんね。脱皮がむつかしいだろうなあ。私生活の乱れもいろいろと取りざたされてるようだし
彼、小池鉄平に似てますか・・・うーん。どうでしょう。考えたこともなかったなあ(笑)
2010年08月31日 20:44
moumou.h53さん、こんばんは
『トワイライト』、ご覧になりましたか
そう、ストーリーはかなりどうでもいいというか・・・狼男まで出てきたときは正直ちょっと笑っちゃいましたが(^^ゞ
でも、エドワードは美形だし、ヒロインのベラもクラシックな感じの美人で若いのに落ち着いてて、物語の雰囲気に合ってますよね(*^_^*)
moumou.h53さんは、変身願望がおありですか。なるほど。狼と牛を足すとどんなふうになるのかなあ(笑)
2010年08月31日 20:52
遊哉さん、こんばんは
「トム・ホーン」は、私は観たことないですね(^^ゞ
西部劇といえば、母が「ララミー牧場」をよく見てたのを覚えてますが
「ハリー・ポッター」は何度観ても楽しいですよね。でも回を重ねるごとにハリーが苦悩することが多くなって痛ましい思いもありますが(~_~;)
「根拠のある死」・・・そう言われれば、ありませんよね。なるほど(自爆)死はいつでも「根拠のない死」かも。。。
あ、でも死刑囚は「根拠のある死」ですね(笑)あんな残虐な殺人を犯したらそりゃ死刑だよ、って(爆)あ、でも死刑も賛否両論だしなあ。。。生活習慣病とかはどうでしょう?若いころからあんな無茶な食生活してたらそりゃ死ぬよ、って(誤爆)
2010年09月14日 21:26
あぁ~。ジレンマに襲われるわ~。
沢山コメしたいけど、ハリーポッターも最初のころに比べると、大分大人になりましたね~。

根拠のない死・・・宿命といえばそれまでですが、なぜか腹がたつわ~。
なんか、せつなくなりますね~。
胸きゅんだわ~。
いつも気持ち玉有難う~! 
      
2010年09月14日 22:42
夕顔とひまわりさん、こんばんは
こちらこそ、いつもありがとうございます(*^_^*)

夕顔とひまわりさんのブログも、身近に起きた死について書かれてましたね。かなりショッキングな内容で、びっくりしました。夕顔とひまわりさんもさぞや驚かれたことでしょうね(~_~;)

この事件の原因となった酔漢は、昨日不起訴で釈放になりましたね。亡くなった方はほんとうにお気の毒ですよね。

この記事へのトラックバック