「HACHI 約束の犬 」を観てしまいました。。。



映画館に行こうかどうしようか迷ったあげく、結局行かなかったこの作品、
昨夜の金曜プレステージで放映されていました


ラッセ・ハルストレム監督 「HACHI 約束の犬 」


私は、動物や子どもがつらい目に遭うこの手の作品が、昔っから大の苦手
なんですよね(~_~;)

犬や猫は大好きなので、「名犬ラッシー」などの海外ドラマも子どもの頃から
観てはいたのですが、たまに2回分の放送枠を使って、ラッシーが迷子になっ
ていろいろ苦労したあげくやっと家に帰りつく、などというストーリーだったり
するときがあり、それだともうダメで、迷子になった時点で観ていられなくなって
チャンネルを替えてしまい、その翌週は終わり近くになってやっとチャンネルを
合わせて、ハッピーエンドであるのを確かめてホッとする、などというふうだった
んですよね(^^ゞ

なのでこの作品も、最初のほう、かわいい仔犬のハチがパーカーに拾われて
楽しく過ごすところだけを観ようと思っていたんですよね。

観始めると、ハチとパーカーの楽しそうな様子に目を離すことができなくなって
きて、ヒヤヒヤしつつも観ていたのですが。

そのうち、いつもは仕事に出かけるパーカーを駅まで送っていくハチがその日
に限ってパーカーを引き留めるような仕草をはじめたときに、うわ、これはもう
危険だ!と思ったもののチャンネルを替えることができなくなって、結局最後
まで観てしまいました(笑)

それでも、なんとか涙をこらえていたのですが、最後の方でハチが年を取って
薄汚れて、よぼよぼと歩いているところをみたときにはもうダメ。

涙が止まりませんでしたね。



画像




パーカーが亡くなったあとは、娘さん夫婦がハチを引き取ったのですが、ハチ
がそこから脱走して、やっぱり駅でパーカーを待っているんですよね。


最終的には、ハチの好きにさせてやろうということになったようですが。


でもなあ。

私がパーカーの奥さんなら、もっとハチに心をかけて、暗くなったら駅に迎えに
行って、夜はパーカーの書斎で寝かせてやるだろうに、と思ったりもしましたが。


ちょうどパーカーのお葬式のあたりで、遅番だったこぶた2号が帰宅してきて
バタバタしていたこともあってよく観てなかったのでわからないのですが、なん
でハチを放っておいたのかなあ、と思いましたね。

まあでも、あんないい夫にいきなり死なれたら、自分自身が立ち直れるかどう
かさえわからないのに、そのうえ飼い犬までがふさぎこんで、毎日駅に夫を
迎えに行く様子を見なければならないのはキツイかもしれませんね(~_~;)


この作品、折々で画面がモノトーンになって、ハチの視界で廻りを見ている
ところがあって、それがとてもよかったと思います。

パーカーが亡くなったときも、家族の悲しみが全体的に抑えた感じのトーンで
表現されていて、それは娘さんに赤ちゃんが生まれたときもそうなのですが、
それがハチの深い悲しみと喪失感を一層際立たせていたと思います。

最後、パーカーがあれほど楽しみにしていたのにこの世で会うことがかなわ
なかった孫の男の子が、ハチにそっくりな仔犬を飼い、「ハチ」と呼びかけて
いたのを見て、温かい気持ちになりましたね(*^_^*)


観終わって涙を拭いていたら、こぶた2号が、
「来月のよったんの誕生日、犬を買えばいいやん。楽しいで」
と言ったのですが。

まあたしかにこれを観て、犬と暮らす楽しさを思い出しはしたのですが。

やっぱり、確実に訪れる別れを思うと二の足を踏んでしまいますね。

犬はあまりにも寿命が短すぎるし。


こぶた2号にそう言ったら、
「そんなこと言ってたらなんにも始まらんやんか」

たしかにね(~_~;)


苦しみを避けていたら、感動からも遠くなってしまいますよね。

それはわかってるんだけどなあ(>_<)


ぼんやりとそんなことを考えながら、片づけをしていたら。

「ねえ、これって、実話なん?」

こぶた2号が訊いてきたので、うん、と答えたら。

「ふうん。んで、どこの国の話~?」


えええー!!









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2010年08月07日 19:39
こんばんは
涙涙の忠犬ハチ公・・

小学校6年生の時、子犬を拾ってきて
たいがい怒られましたが粘り勝ち!
コロって名前にしたんです。
当時はまだ放し飼いで(笑)

寿命があるし
責任をもった飼い方って考えると二の足を踏みます。
かなり真剣に悩んでは止め止めては悩み・のここ数年です。
でも、あるブローガーさんが言ってくれましたよ
『それでも癒しの方が大きい』って

こぶた2号ちゃん
今日も絶好調!
さんちゃん
2010年08月07日 21:12
こぶた2号ちゃん、
疑問解消のお役に立てるなら、
ゴルハムが渋谷のハチ公銅像をご案内します。
「案外小さいなぁ。」とか「無愛想やなぁ。」
とかのコメントもお待ちしてます。(爆)
2010年08月07日 23:06
 この映画、見ようかどうか迷ったんですが、涙涙になりそうなので、同時刻にやっていた「サマーウォーズ」の方を見ました。よかったです(^^♪。
 忠犬ハチ公をこぶた2号さんは知らないんですね。なんだかとても年寄りになったようで、複雑な気持ちです(~_~)。
2010年08月07日 23:22
ただチャンさん、こんばんは
ただチャンさんも迷っておられますか(^^ゞ
いちど家族として迎えたからには、もう飼えなくなったと言って手放すわけにはいきませんもんね。
私も小学生のときに仔犬を拾ってきて、親を泣き落としてなんとか飼ってもらったことがあります。
名前は、コロちゃんは近所にすでにいたので、チルと名付けました。スピッツ系の雑種でしたね
その後、柴犬を買ってもらって、これは長く実家にいましたが。

こぶた2号はねえ・・・ホント、困ったもんです(~_~;)
2010年08月07日 23:27
さんちゃん、こんばんは
ゴルハムちゃんのガイドで。それはこぶた2号より、私が行きたいなあ(笑)
こぶた2号のコメントですか・・・「ちゃっちいなあ」とか「こんなんよりディズニーランドがいい」とか言うと思いますが(笑)
今なら、どこに連れて行っても「あっつぅ」としか言わないんじゃないかと思います(~_~;)
2010年08月07日 23:35
遊哉さん、こんばんは
はい、遊哉さんの予想通り、涙々となりました(^^ゞ
こぶた2号は忠犬ハチ公は知ってたようですが、それとこれが結び付かなかったようですね。
「だってガイジンがやってたからさあ」とのこと
しかも「このガイジン・・・ブラピ?」とも言ってたような(~_~;)もう聞き流しましたが(爆)
2010年08月08日 01:59
読んでいるだけでも涙が出てきました。
家の犬も猫も年をとってきているので
別れを思うと辛いです。辛いですが
彼らからは口では説明できないような
慰めをもらっていると思います。
2010年08月08日 09:25
我が家の先住猫も犬も歳なので、近々と思ってますけど。。。。
自分より長生きだと心残りであの世にいけませんよ。
エサをやりに化けて出たくなりますよ。^_^;
ただチャン
2010年08月08日 17:06
こんにちは(^-^*)/
今日も暑い(ι´О`ゞ)ッスね!
今しがた白のオッドアイって言うんですか?それと黒のジジが居たんです猫。
煮干し持ってカメラ構えてホフク前進‥
食べたらさっさと居なくなりました‥(-.-;)
トーマス君?オッド違いで(爆)には無視されました汗汗汗
2010年08月08日 20:26
Mariaさん、こんばんは
そうなんですよね、一緒にいるあいだにどれだけの慰めと楽しみを与えてもらえることか。私も犬を飼っていたことがあるのでよくわかるのですが。
でもいざ別れのときがきたら、と考えただけで怖い気がします。まあ動物だけではなく、人が相手でも必ず別れはくるんですけどね。こんな後ろ向きの考え方ではダメだよなあ、なんて思ったりもしますが(^^ゞ
2010年08月08日 20:31
ねこのひげさん、こんばんは
ああ~、そうですよね。あとに残される動物こそかわいそうかも
でも、それでもやっぱりかわいがってる犬や猫に先に死なれるのはかなわないなあと思ってしまう私。
これって結局、自分だけは悲しい思いをしたくなくて、自分が死んだあとのことは知らない、っていう勝手な考え方ですよね(^^ゞ
エサをやりに化けてでますか(笑)それは・・・私はいったんお花畑に行ったらもう、そこから出るのはイヤかもしれないです(自爆)
2010年08月08日 20:36
ただチャンさん、こんばんは
いつもたくさんの気持玉とコメントをありがとうございます(*^_^*)
炎の一眼レフですね
猫ちゃんたちも、ごはんをもらえるのなら少しはお相手をしてくれるのでは?・・・って、トーマスくんには無視されましたか(^^ゞ
まあこれから時間をかけて仲良くなったら、いいシャッターチャンスもあるでしょうし。またかわいい写真を楽しみにしております
2010年08月08日 20:54
おひさしぶりんこです
なんかね~見ようと思ってたら帰宅したらもうエンディングでショックだったよ~

DVD借りて見ようかな~。こういう感動系はどうも弱いんですよね~。
2010年08月08日 21:08

映画を見て・・・泣けてきたな・・・犬は人間が好きなのだ(*^_^*)
2010年08月08日 23:14
ぴかりんちゃん、こんばんは
はい、おひさしぶり~♪
あらら、終わっちゃってたのかあそれは残念。でもまたテレビ放映の機会はあると思いますよ
ぴかりんちゃんも感動系、弱いんですか。お仲間だ(^^ゞ
なんだかねえ、観たらおもしろいし感動するし、観てよかったって思うんだけど。観るまでが気が重いんだよね(爆)
2010年08月08日 23:16
バカボンさん、こんばんは
バカボンさんも泣けましたか(*^_^*)
はい、犬は純粋に飼い主が大好きなんですよね。とても嬉しくてありがたいことだと思います
2010年08月13日 17:35
見ましたよ。奥さんと二人で涙を流しておりました。
この手の話にはよわい。(~o~)
最後のこぶたさんのおち、最高でした。
2010年08月13日 21:04
moumou.h53さん、こんばんは
moumou.h53さんも、ご夫婦で観ておられましたか(*^_^*)
年を取って、薄汚れた姿で黙って駅に座っているところ、ほんとうにかわいそうでしたよね。
最後のこぶた2号のボケは、一気に感動を覚ますほどの威力がありました(~_~;)

この記事へのトラックバック