「ノルウェイの森」における切なさと人生初の悲しみと。。。




日曜日恒例の食料品の買い出しに、こぶた1号と行ったときのこと。

映画「ノルウェイの森」の宣伝の、大きな垂れ幕が目に入りました。

松山ケンイチと菊地凛子がおでこをくっつけて寄り添っている、あれですね


その垂れ幕を見るやいなや、テレビCMできっちり洗脳されてしまったらしい
私の頭のなかでは、ビートルズの「ノルウェイの森」が流れ始めたのでした(^^ゞ


この作品、観に行こうかどうしようか迷ってます。

原作を読んだときにこのブログでも感想を書きましたが、そのときの感動も
かなりのものがあったし、そのうえ主演が松山ケンイチで、バックにあの曲が
鳴り響いたら、と考えると・・・かなり心を揺さぶられそうだし。

観に行くなら、それなりに心の準備が要りそうだなあ(^^ゞ



それはともかく。


ビートルズの曲って、独特の切ない雰囲気がある曲が多いですよね。

久しぶりに聴いてみたくなり、その晩、ブログのお返事コメントを入れたあとで
ユーチューブに飛んで、「ノルウェイの森」を聴きました。

ほとんどの曲が収録されたアルバムも持ってはいるのですが、それを出して
くるよりはパッとユーチューブを開いたほうが早いし、映像も見れますしね


数ある曲の中からこの曲をチョイスするとは、村上春樹さんはさすがだなあと
思いつつも、例えばほかの曲を選ぶとしたら・・・と考えてみた私。

イントロが印象的で雰囲気があって、バラード系で。。。

「Across the Universe」もいいんじゃないかなあと思ったり、「Girl」はいきなり
の歌い出しだけど切ない雰囲気という点ではなかなかのものだしなあ・・・イン
トロがいいといえば「In My Life」もだけど、これは切ない思い出にまつわる曲と
いう感じじゃないしなあ、なんて思いながらいろいろと聴いていたらあっという間
に2時間がすぎていて、真夜中になってしまっておりました(~_~;) 


結論としては、やっぱりこの場合、「ノルウェイの森」がベストなんだなと。

でもこの曲、初めて聞いたときはいかにもノルウェイの深い森が広がる感じだ
なあと思ったのに、アルバムを買って訳詞を見たときにその内容が男女の
ズルズルした感じの恋愛物語だったのに正直がっかりしたのを思い出しました。

そう感じたのは、まだ中学生だったからでしょうね。

大人になってからは、恋愛が始まるかどうかという時期の楽しくも心もとない
気分が、深いノルウェイの森に分け入っていく感じでもあるし、またそれを暗示
しているのかなと思ったりもしましたが。

タイトルのNorwegian Wood とknowing she would(彼女にその気があると
知っているのは)がかかっているというのを知ったのは、かなり後になってから
でした(~_~;)


それはともかく(^^ゞ

ビートルズを聴くのはほんとうに久しぶりでしたが、歌詞を覚えているもんです
ねえ。

夜中だったので小さく歌ってましたが、けっこうつっかえずに歌詞が出てくるの
に自分でも感心しました(笑)


中学の頃、習ってない単語ばかりなのでちゃんと辞書を引いて発音記号を
見て歌っていたのを思い出しました。

とても懐かしく、楽しいひとときでした(*^_^*)




さて。

話を元に戻しますが。

その、日曜日の買い出しのときにもうひとつ目についたものがあります。

それが、これ。


画像



毎年この時期になると売り出されますよね。

この横に、缶の大きなバッグに入ったお菓子もあったので、こぶた1号に、
「見てこれ。大きいなあ。今の子ってこんなん買ってもらうんやなあ」
と声をかけたのですが。

それに対するこぶた1号の返事にひっくり返りそうになった私


気のなさそうな、その返事と言うのが、
「ああ、これプリキュアやね・・・あたしはいらんわ」

誰が、二十歳をこえたいいオトナに買ってやるって言うもんですか

こぶた1号って、ときどきこんなふうなぶっ飛んだ返しをしてくるんですよね。

私の中の『こぶた1号語録』にしっかり記入して、あとでこぶた2号に教えて
差し上げました(笑)


それにしても。

毎年このブーツを見るたびに、幼いころにこれを買ってもらったときの嬉しさと、
中のお菓子を食べた後にこれを履こうとして壊してしまったときの悲しさとを
思い出します。


この悲しみ、けっこうな数の子どもが味わっていると思うんですが(笑)

人生の初期に味わう、かなりインパクトのある悲哀感ですよね。


悲しみ、切なさ、悲哀感。

あまり味わいたくはありませんが、人生における、なくてはならないスパイスの
ようなものかもしれませんね。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年12月20日 18:48
あぁ経験あります…。ブーツの件。
クリスマスの華やいだ残り香が消え、後悔とともに一気にきびしい現実が理解できる瞬間
「ノルウェーの森」キャスティングはいいと思うんです。でもおっしゃる通り心の準備派必要ですね。
村上春樹さんの作品は読んでる時は重さを感じないんだけど、心にずっしりというか、読後何かずっと残りますよね。あの空気感も映像化されてるのかな?
2010年12月20日 19:46
ダメです ちゃんと CDで 聞いてください パソコンじゃ ダメです ちゃんと スピーカーで聞いてください
2010年12月20日 20:55
1号ちゃん… おねいさんがペコちゃんのヤツ買ってあげるって言ったら 要るかな?

私はビートルズはそんなんでも無かったけど ジョンが撃たれたニュースはちょっと覚えてるかな~?
キーブー
2010年12月20日 22:30
なおみんさん、こんばんは
クリスマスブーツを壊すのって、誰でも小さいころにいちどは経験してますよね。人生初の悲劇かも(^^ゞ
そうなんですよね。村上さんの作品って、読後にずしっとくるものがあります。それがこの映画で表現されているかいないのか・・・どっちにしても心の準備が必要ですね
主演は松山ケンイチだし。観に行きたいのはやまやまだけど、どうするかなあ(笑)
キーブー
2010年12月20日 22:33
seiziさん、こんばんは
そうですね、音はぜったいそっちの方がいいでしょうね。でも映像が見られるしなあ、なんて思いつつ野外コンサートのを開けたとたん「キャーッ」という、何万人かの雄叫びが!
夜中で周りは静かだったし、耳が壊れるかと思いました。。。
キーブー
2010年12月20日 22:37
まるおおさん、こんばんは
プリキュアはいらなくても、ペコちゃんならたぶん笑顔で「いる~!」って言うと思うわ。。。
私はビートルズのメンバーの私生活とかはまったく興味がなくて、楽曲だけを聴いてたんだけど。
でも、あの事件は衝撃的だったよね。あんなスーパースターに、あんな理不尽な死って。。。
2010年12月21日 00:19
 子どものころ、こんなお菓子の入ったブーツはなかったような気がします。あっても、知らなかっただけかもですが(^^ゞ。一度、穿いてみたかったです(~_~)。
 こぶた1号さん、買ってほしくないというよりも、単純にほしくない(食べたくない)ということだったんじゃないかなあ、と弁護したくなりますが、違うかな?(~_~)。
2010年12月21日 07:17
おはようございます。
ビートルズって実はあまり聴きません。
でも一応有名な曲は知ってるともりなんですが・・
個人的には「インマイライフ」が一番好きですが
記事に登場してるので驚きました・・曲の内容まで考えませんでしたが^^;
村上作品は読んだ事がないなぁ・・そう言えば!
2010年12月21日 12:42
こんにちは^^
ビートルズ♪
私はあまり聴かないのですが、主人が大好きです^^v

お菓子の長靴
先日、スティッチの長靴を見るや次男が
「お♪スティッチ♪欲しい♪」
思わず絶句しました・・^^;
昔、長男が殻の靴を両足に履いて、顔面からすっ転んだ事を思い出しました^^
小さい頃は可愛かった・・戻らないかな・・
キーブー
2010年12月21日 19:54
遊哉さん、こんばんは
今のブーツがどうなってるかよくわかりませんが、私が子どものころに買ってもらったものは穿いてみると足首のカーブが急すぎて、足を強引に入れると壊れてしまうようなものだったんですよね(~_~;)
ワクワクして足を入れてみたのに、壊してしまったときの驚きと絶望・・・今でも覚えてます(笑)
こぶた1号は・・・幼いプリキュアの絵のついた缶入りのお菓子だし、普通は「かわいいね~」くらいのリアクションではないでしょうか?(^^ゞ
欲しいか欲しくないかを訊かれたと勘違いをするというのがもう、こぶた1号のこぶた1号たるゆえんだなあと思ったりしました(^^ゞ
キーブー
2010年12月21日 20:00
ただチャンさん、こんばんは
「In My Life」は落ち着いたいい曲ですよね。私も大好きです(*^_^*)
村上春樹の作品は、けっこう紹介しづらいというか、これといった大事件がまったくないまま、現実と虚構の中を行ったり来たりするような作品が多いんですよね。
でもこの「ノルウェイの森」は、主人公にとって一生忘れられないような出来事が起こるのですが・・・読み終わってしばらくしてからじわじわと効いてくるような感動を覚えた作品でした(^^ゞ
キーブー
2010年12月21日 20:05
ぶひさん、こんばんは
ぶひさんはあまり聴かれないんですか?
印象的ないい曲が多いので、ご主人にレクチャーしてもらって聴いてみられてもいいかも。「ノルウェイの森」とか「The Fool On The Hill」も不思議な雰囲気のいい曲です(*^_^*)
長男クンも欲しがりましたか(笑)
意識下に追いやられた幼いころの記憶が、再びスティッチに反応したか・・・(誤爆)
うちのこぶたどもも、幼いころはかわいかったんですけどねえ。。。
2010年12月23日 10:24
こんにちは。
確かにノルウェイの森、気になります。。。ロケ地も見に行ってきたので、実際どう世界観を出しているのか、、、。それにしてもお菓子のブーツ、大きいのねだってかなりサイズダウンしたものに抑えられた思い出がありますね(^_^;、明日がもうイブですもんね。
キーブー
2010年12月23日 18:10
たかじいさん、こんばんは
そして、いらっしゃいませ(*^_^*)
ノルウェイの森のロケ地も見に行かれたんですか
そう、小説の中のあの空気感が出ているのかどうか、気になるところではありますよね(^^ゞ
ああ・・・私が買ってもらったブーツも、かなり小さめだったのかも。だから穿いたときに壊れてしまったのかもしれませんね。そうかあ、なるほど(笑)
はい、明日はもうイブです。クリスマスが過ぎると本格的に押し詰まってきますよね。気ぜわしいです(~_~;)
2010年12月24日 18:02
こんばんは。相変わらず、こぶたさんたちの話題は楽しくて笑わせていただいとります。(笑)
村上春樹は人気があるようですね。オイラあまのじゃくなもんで、下火になってから読もうと思っているんですが、上がる一方ですね。(^^)
キーブー
2010年12月24日 18:35
moumou.h53さん、こんばんは
私もmoumou.h53さんと同じであまのじゃくというか、ベストセラーの状態のときにはあまり触手がのびないんですよね(^^ゞ
でも村上春樹の人気はもう、どうやら不動ですね。すでに歴史上の人物って感じ。生きてるけど(笑)

この記事へのトラックバック