思えば遠くへ来たもんだ(*^_^*)




今日と明日は、西宮市門戸厄神(東光寺)の厄神祭です。

さっそく今日、お参りをしてきました


画像



例によってデジカメを忘れて携帯で撮ったのであまり写っていませんが、いつも
どおりお線香の煙がものすごくて、目が しぱしぱ しました

こぶた1号はこの煙の匂いが大の苦手で、毎年、正面の賽銭箱の前に行く
ときには息を止めて大廻りをしてます(^^ゞ


おおげさに煙をよけるその姿が、映画「オーメン」で悪魔の子ダミアンが教会に
洗礼にむかうときに大暴れして嫌がった様子と重なったことを、以前にこのブロ
グに書いたこともありましたが(笑)

かのダミアンは今日は仕事だったため、私ひとりでのお参りとなりました(^^ゞ



いつもどおり、“ご縁がありますように”の5円玉を賽銭箱に入れてお参りし、
さてやるべきことは済んだとばかり、あとは沿道の屋台へと急ぎました

お寺の境内や参道はもちろん、かなり離れた道路までも、屋台は延々と
続いていましたね(*^_^*)


画像



前回のえべっさんとは屋台の趣もまったく違っていて、『エビ釣り』などというの
があったので覗いてみると。

金魚すくい用の四角いたらいの底に、小さな川エビがうじゃうじゃ~

みんな物珍しそうに、
「ちょっと。エビ釣りやて」
なんて言いつつ覗いて行くのですが、やる人はいませんでしたね(笑)


とりあえずは、参門を出たところにあったビッグソーセージの屋台から、串ざし
を1本買って丸かぶり

ちょうどお昼時だったのでお腹もすいていたし、激ウマ~

たっぷりと辛子のかかったそれをぱくついていたら、少し行った先に托鉢の
尼僧がおられるのに気付きました。



ちょっと話は飛びますが(^^ゞ

こぶた2号が小学5~6年生のころ、離婚してまだ何年も経ってなくて、仕事は
幸運にもすぐに見つかって生計の心配はなかったとはいえ、不安でたまらな
かったころのこと。

気分転換に、こぶた2号とともに京都の嵐山に紅葉を見に行ったのですが、
そのときに橋のたもとに尼僧が立って托鉢をしておられるのに行き会ったん
ですよね。


こぶた2号が、あれは何?と訊くので説明してやったところ、尼僧が持って
おられるあの鉢に自分がお金を入れてくる、というので500円玉を1枚、
持たせてやりました。

こぶた2号は走ってその尼僧のところに行き、お金を入れたのですが。

大人の喜捨にはお辞儀だけをしていたその尼僧は、こぶた2号を見るとにっこり
して、背をかがめて優しく頭をなでて下さったんですよね。

ほっぺを赤くして、息を切らしながら走って戻ってきたこぶた2号は、
「頭、なでてもらった~」
と嬉しそうにしていました。

まあそれだけの、なんということもない光景なのですが。

笠をかぶったままお辞儀だけしていた尼僧が、顔を上げてこぶた2号を見た
ときに、その顔が思いがけず若くて(40~50代だったと思います)、いとおしそ
うににっこりしておられたのが長く心に残り、どういうわけかそのときに、頑張ら
ないとな、などと思ったりしたのを思い出したのでした。


そんなことを思い出していたらもういちど喜捨をしたくなったので、ソーセージを
食べ終わったあと身じまいをなおして、あの時と同じように500円玉を1枚、
入れさせていただきました。

尼僧が膝を深く折ってお辞儀して下さったので、同じように私も手を合わせて
お辞儀をして、その場を後にしました。


考えてみれば、あのときからもう10年ほどが経ったのですね。

早いもんです。

というか、遠くまで来たのだなあ、などと思ったのでした。



そんなこんなで、いつもとは違ってしみじみしつつ沿道を歩いていたら。

「オムレツソーセージ」と書かれた屋台があるのに気付きました。

近寄ってみると、さっき私が食べたのと同じソーセージが、卵焼きにくるまれて
おいしそうにケチャップとマヨネーズが掛かっていました。

ええーっと思い、値段を見たら、さっきのソーセージにプラス100円の値段。

たった100円の違いなら、こっちを食べればよかった。。。

ううう・・・失敗したなあ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年01月18日 19:37
こんばんは
なんかシビレたなぁ~
とっても良いお話。

ソーセージはオムレツの方が
美味しかったかも・・
でもマスタードたっぷりのソーセージも
捨てがたいですぜ^^V
2011年01月18日 19:48
これまでのキーブーさんのご苦労が偲ばれます。
立派にお嬢さん二人を育てられ、
今は毎日楽しくすごされていて、
本当に良かったですね。
なおみん
2011年01月18日 21:23
なんだか胸が熱くなりました。
いい話だ~。
京都にいたころは本当に団体で家々を回ってる
お坊さんがいらっしゃいました。
お金を準備してたら、ちょうど家の前からお経がアップテンポになり、コワくて出ていけなかったのを思い出しました。
オムレツソーセージ、お弁当ネタにいただき♪
2011年01月18日 22:28
尼僧さんは、娘さんとお母さんの気持ちがなんとなく分かったのでしょうか。そういう時って「ほっ」として救われた気分になってり、キーブーさんが書かれたように、がんばらなきゃなと思いますよね。

でも、いいお話にオチをつけなきゃ終わらないキーブーさんのお人柄はいいですね (^_^) そんなキーブーさんのお人柄やから、遠い道でも歩いてこれたのでしょうね。

私だったら、いじけて、へばってます(^_^;、私は修行が足りませんね。
2011年01月18日 23:29
私がよく行くショッピングセンターでも、たまに托鉢されてる方がいらっしゃいます。
でも、客層が若い家族連れ中心なので、気にかける人も少なく、「修行とはいえ大変だなぁ」といつも思います。
いつも思うけど、私も喜捨したことないです。
子供達が、「恵まれない子に~」ってやってるのには気軽に寄付できるんですけど、托鉢されてる方には、ちょっと気後れするというか、恥ずかしいというか。
勇気を出して、やってみようかな。
キーブー
2011年01月18日 23:36
ただチャンさん、こんばんは
そんな、別にたいしたことではないのですが
ただちょっと思いだしたので、書かせていただきました。今となってはいい思い出です(*^_^*)
マスタードたっぷりバージョンは、今日たんのうしてきたので、明日は卵焼きにくるまれたバージョンをいこうかと思ってます。こぶた1号にもリクエストされたことだし♪
キーブー
2011年01月18日 23:39
みいなさん、こんばんは
温かいお言葉をいただき、ありがとうございます
考えてみれば、あの不況の始まりの時期にしてはすんなり正社員で雇ってもらえて、生計の心配がなかっただけでも恵まれてましたね。
苦労なんぞと言われると、ちょっと面映ゆいです。たいしたこともしてないし(^^ゞ
キーブー
2011年01月18日 23:43
なおみんさん、こんばんは
ありがとうございます~
お経が急にアップテンポに?!
それはたしかに、怖いなあ(爆)
うちの母なんて、子どものころ托鉢僧が門づけにくると、電気を消して居留守を使ったりしたこともありました。考えてみれば、なんてバチ当たり。。。
キーブー
2011年01月18日 23:48
たかじいさん、こんばんは
尼僧は、ずっとうつむいてお経を読んでおられたので、たぶんこっちは見ておられなかったと思うのですが・・・どうでしょうね。笠の内から見ておられたのかな?
いい話にオチがついちゃってますか(爆)
まあでも、ほんとに後悔したんですよ、なんで卵焼きでくるんだのにしなかったのか、って(笑)
大した苦労もしないうちにこぶたたちは大きくなったし・・・勝手に育ったようなもんです、ホント(^^ゞ
でも、褒めていただいて、とても嬉しいです
キーブー
2011年01月18日 23:53
あずきねこさん、こんばんは
こっちの方でも、ショッピングモールでたまに見かけますね、そういえば。
私も同じです。気後れしちゃって、傍に寄れません(笑)
今回は参道のことでもあり、わりにみなさん気軽に喜捨しておられたんですよね。小さな鉢の中は小銭でいっぱいでした
京都のときも、土地柄か、けっこう入れ替わり立ち替わり喜捨する人が絶えなかったし。私もいい年して気が小さいので、そうでもないとできなかったと思います(^^ゞ
でも、お互いに手を合わせてお辞儀をしあったそれだけのことで、不思議に静かな気持ちになれますね
2011年01月19日 13:25
ダミアンちゃんと別行動でも 屋台は寄るのね(*^_^*)
私の町では托鉢僧は見たことないけど 新神戸で見たことある!
故郷を離れて暮らしてる人は 特に色々思うんだろうね~(私ずっとこの町だわぁ~)
さぁ~~ お参りもしたし 次回はエビ釣りしてね♪
2011年01月19日 16:38
まるおおさん、こんにちは
お祭りは、お参りより屋台がメインだからね。ダミアンなしでも必ず寄るさ~
まるおおさんの町で冬に托鉢なんぞしてたら命が危ないよね でもそのぶん、ハイパーな修行になりそう(誤爆)
エビ釣り、今日も人だかりはしてたけど、だーれもやってなかったわ(笑)
2011年01月19日 19:35
 “思えば遠くへ来たもんだ”ですか。たしかに、人生を旅とすれば、ある程度生きてくればそんな感慨をもつものだと思います。
 まあ、同じ年数を生きてきたとしても、旅をしてきた距離は違うかもしれませんけどね(^^ゞ。
 同じ距離だとしても、平坦なところを歩いた方もいるでしょうし、山や谷を乗り越えた方もいると思います。
 誰の人生も一篇の小説になるといいますから、誰にとっても“思えば遠くに来たもんだ”と感慨にふける時があるんでしょうね(~_~)。
2011年01月19日 19:56
こんばんは
今日はオムレツバージョン?
食べましたか^^V
キーブー
2011年01月19日 22:14
遊哉さん、こんばんは
私の場合は生まれ育った地を後にしてるから、なおさらそう思うのかもしれませんね(^^ゞ
一見、平凡な人生に見える人でも、中に入ってみれば山あり谷ありなんでしょうね。
なんだか昨日は、ガラにもなく感慨にふけってみましたが・・・やっぱり卵焼きにくるまれたソーセージが忘れられなくて、今日ちゃんと食べてきましたよ♪
キーブー
2011年01月19日 22:16
ただチャンさん、こんばんは
そう、オムレツバージョン、忘れられなくて、今日食べてきました~(*^_^*)
こぶた1号に話したら自分も食べたいと言うので、ふたつ買ってお持ち帰りにしました。たぶん明日の記事はこの話になると思います♪
2011年01月19日 23:16
キーブーさん、こんばんは。

ステキなお話ですね~。

屋台で売ってるものって何であんなに美味しそうなのでしょうか。屋台を見て回る子供たちは、何であんなに嬉しそうにはしゃぐのでしょうか。屋台の魅力を語り始めたら尽きません!
nao♪
2011年01月19日 23:30
こんばんは~♪
いいお話ですね~(*^_^*)キーブーちゃんの記事を読んで 私の時(離婚時)を思い出しました…少し
聞いてくださいませ~(笑)私が離婚した時は二女が幼稚園の年中でした。
4人の子をかかえて 私が大黒柱として頑張らなくちゃいけないんだと キーブーちゃんと同じように
思いましたよ☆子供達を育てるのに必死だった…ナンカ 思い出したら 涙が
出てきたわ…(-_☆)…今はまだ長男のことから…立ち直れないでいる私です…
それでもさ~これからも頑張らなくちゃねー☆
キーブーちゃんの楽しい記事を見させていただいて パワーをもらってますよん☆☆

2011年01月19日 23:55
こんばんは^^
お寺さんのお香って大好きなんです♪おばあちゃん子だったせいでしょうか^^ばぁちゃんの匂いがして懐かしいんですよね^^
屋台!やっぱり私は、こっちの方が・・あれもこれも食べたくなるんですよね^^;

川えび釣りに、興味津々な次男でした^^v
キーブー
2011年01月20日 19:49
kemochimeさん、こんばんは
屋台で売ってるものって、ほんとにおいしそうに見えますよね♪
夜だと特にそんな感じがします。
でも、だからといって持って帰るとそんなでもなかったり・・・不思議ですよね(^^ゞ
売ってるものも、ほんとにバラエティーにとんでいて、昔から見れば隔世の感があります(*^_^*)
2011年01月20日 19:52
こんばんは。
息を止めて大回り、、、で、オーメンのダミアンですか(^^)
かわいそうな例えですが、傑作です。
遠くへきたもんだ・・・・・の言葉に時間的な経過を遠くと表現することがすごく正しい、ふさわしいものに感じられました。
尼僧のエピソード、想像力を刺激しますね。
キーブー
2011年01月20日 19:54
nao♪さん、こんばんは
naoさんは子どもさんも4人だし小さいころに離婚されてるから、ほんとうにたいへんだったでしょうね。
長男さんは、亡くされているのですよね。その辺の詳しい事情はわかりませんが、それにしても私なんぞは足元にも及ばないくらいの苦労をされているんだろうな、といつも思っておりました。
私の拙いブログで元気になっていただけてるなら嬉しいです
私も、苦労をされているにもかかわらず、ふんわりとした雰囲気のnaoさんのブログで、いつも癒やされてます(*^_^*)

キーブー
2011年01月20日 19:58
ぶひさん、こんばんは
私も、そこはかとないお香の匂いは好きなんですが・・・でもここはいつもモクモクとすごい煙なんですよ(^^ゞ
屋台も、他のお祭りでは見られないものがいくつもありましたね。金魚すくいも1件だけでしたがあったし、ホタテのバター焼き専門店とかなんとか
エビ釣り~!私も、ほんと興味津々だったんですよ。なのでもう一度行ってます。それはまた、次の記事で。。。(*^_^*)
キーブー
2011年01月20日 20:03
moumou.h53さん、こんばんは
私もあまりの煙さに少々苦しかったですが、それにしてもあんなに嫌がってさけるのは、絶対何かあるに違いないです(誤爆)
まあでも、もしダミアンであっても私が生んだのは間違いないので、これまでどおり愛情を注いでいくつもりではおりますが(笑)
遠くというのは、時間的な意味も距離的な意味もありますが、境遇の変遷の意味合いも大きいですね
2011年01月21日 17:45
厄を払う系には飛びつく後厄女です(笑)
托鉢って、最近見ないな~。お寺に『今年の托鉢は金◯◯円集まりました』等と感謝の紙が貼られてたりするけどお坊さんを見ないよ(・0・)避けられてるのか。でもなぁ、昔テレビでお坊さんでもないのに托鉢してる人を観てからちょっと不信感があるんですよね(ーー;)拝んでもお坊さんじゃない人だったらさ…信心が大事なんだけど。でもお寺や神社にいる方達は安心して拝めるわ(笑)2号ちゃんの純粋な良い話が聞けて心が浄化されちゃったよ(^^)
キーブー
2011年01月21日 21:29
miyoさん、こんばんは
おっ、miyoさんは後厄ですか。それは気をつけなければいけませんね。私もついこないだ、厄を抜けたところです(嘘爆)
ええー!お坊さんでもないのにやってるヒトがいるってー!?それはちょっと・・・もしそんなのに騙されたらいやだなあ(~_~;)
小学生だったこぶた2号は、あのとき純粋に喜捨したいと思ったんではなく、珍しい「托鉢の鉢」の中にコインを入れたかっただけかも・・・ガシャポンをやるような気持ちだったのかもしれません(爆)

この記事へのトラックバック