ハルマゲドンとは、このことだったのか?(^^ゞ




また1冊、読了しました

グラハム・ハンコック著 「神々の指紋」


この本はぜひ読んでみたいと思いながらそのまんまになっていたのですが、
ついこのあいだ、NHKでハンコック氏のインタビュー番組を放映しているのを
見かけました。

チャンネルを廻していたときに偶然見かけたもので、もう番組も終わり近く
だったのですが、それでもいろいろと興味深い内容で、これはやはり本を
読んでみたいなと思っていたところ。

偶然、図書館で上下ともに並んでいるのに出くわし、さっそく借りてきました(*^_^*)



『オーパーツ』という言葉がありますよね。

これは「Out Of Place Artifacts」の略で「場ちがいの加工品」という意味。

その時代にはありえないものや建造物などをさす言葉で、たとえばナスカの
地上絵やストーンヘンジなどもそうだと言われていますね。

けっこうその数は多いらしく、なかにはサンダルのようなもので踏まれた跡の
ある三葉虫の化石などもあるのだとか。


今回、この本の冒頭で取り上げられているのは、そのオーパーツのひとつ、
『ピリ・レイスの地図』

1513年に作成されているのですが、そこには1818年にはじめて発見された
はずの南極大陸の姿が詳細に描かれていたのですね。

そのうえ、地図にある氷に覆われていないクイーンモードランド地方の海岸図
も謎で、地質学上の証拠にしたがうと、氷のない状態でこの地方を調査できた
のは紀元前4000年よりも前ということになってしまうのだそう。

うーん。

わかりませんねえ。でもなんだかわくわくしますね


著者はこの話で読者の心をわしづかみにした後、世界各地に伝わる神話、
言い伝えの類を拾っていくのですが、これらにはかなりの共通点があるん
ですよね。

未曽有の大災害。

天変地異。

箱舟伝説。


もちろん古代の人々の言葉なので、地震だの火山噴火だのとはっきり言って
いるわけではなく、神々の怒りによって天から火が降ってきたとか、水が
あふれたとかいった類の言い廻しなのですが。

そして、その大災害で人類が大打撃を受けたあとに、人々を助け導く者が
現れるのですが、これが決まって白人であごひげをのばした背の高い男と
その従者たち、となっているらしいのですね。



そして、下巻ではおもにピラミッドについて書かれているのですが。

ギザの3つのピラミッドの配置は、信じがたいほど正確にオリオン座の三つ星に
対応しているというのですね。

しかもそれぞれの位置関係だけではなく、光度までも(建造物の大小を通して)
示しているのだとか。

さらにこの天空図は南北に広がり、ギザ台地のほかの建造物もやはり正確に
天体の位置を示すものとなっているのですね。

しかもさらに驚かされるのは、この天空図、エジプト第4王朝の紀元前2500年
の頃のものではなく、なんと紀元前1万450年頃のものなのだそうな


ピラミッドそのものにしても、大ピラミッドの底辺の長さの合計と、高さが2πの
関係にあり、このピラミッド自体が4万3200分の1に縮小された北半球の
『投影図』になっているのですね。

ほかにも、いろんな証拠から、このピラミッドを建てた人々は地球の歳差運動に
ついても熟知していたとみられるのですが、でも歴史上この現象を最初に発見
したとされるのは、紀元前150年頃のギリシャの天文学者ヒッパルコスのはず
なのですね。


・・・などとわかったふうに書いてみましたが、歳差運動は物理に弱い私の頭
ではイマイチ理解しきれてないんですよね(>_<)

地球の自転軸がコマの首振り運動のような回転をしているために春分点・秋分
点が少しずつずれてくる現象、ということくらいしかわからないのですが。

でもピラミッドを建てた最古の(紀元前1万450年頃?)人たちは、ちゃんと
これらを理解して、そして現代の技術を持ってしても難しいといわれるこの
ピラミッドを建ててるんですよね。



さらに著者は、地質学など、いろんな方面から考えたあげくに、人類の文明と
いうのはすでに何度も天変地異によって滅びた経験があるのではないかと
いう見解に達しているのですね。

その天変地異というのは地殻のずれによるもので、それが大ハリケーン、火山
の噴火、地震、大津波を招き寄せたのではないか、と。

そしてその太古の文明の大方のものは南極大陸にあり、今は氷に閉ざされて
しまっているのではないか、という説を立てています。

実際、南極大陸では、2~300万年前の落葉樹の森林の化石なども発見され
ているのだとか。

ということは、今は氷に覆われている南極大陸も、温暖な気候であらゆる生き物
が生息できた時代があったということですね。


その説で行けば、過去に優れた文明を誇ったというムー大陸やアトランティス
大陸などの伝説などがありながらも、実際にその大陸の痕跡が見当たらない
というのもこれで説明はつくことになりますね。



最後に。

最近では、科学者の間でも、大災害の到来が心配され始めていますが。

著者は、ピラミッドや、世界各地に伝わる人類滅亡の伝説は、これから未曽有
の危機を迎える私たちにそれを知らせようとしているのではないかという結論に
達しています。

マヤ文明に伝わるあの有名な暦もそうですが、生き残った人々がはるか未来の
私たちに向けて、警告を発しているのだというのですね。


あの暦もマヤの人々の手になるものではなく、たぶんもっと昔の、高度な文明
のものなのではないかとも言われていますよね。



まあでも、これらのことについても諸説あって、全否定をしている科学者もいる
ようだし、ほんとのところはわかりませんが。

でも私の感想としては、けっこうこれですべてのピースが嵌まったのではないか
という感じを持ちました(^^ゞ

少なくとも、宇宙人が来ていろいろ教えていった、という説よりは信憑性がある
のではないかと思ったりもしますが(笑)


ハンコック氏の推理が当たっていたとしたら、人類のほとんどには希望は残され
ていないことになりますね(~_~;)

つい最近、日本でもあんな大災害があったばかりだし。


若くもなく、社会に貢献できるような頭脳を持っているわけでもない私なんぞは、
間違っても箱舟には乗せてもらえないだろうし(爆)

とりあえずは、2012年の12月に破滅するという予測がはずれて、せめて自分
が生きているうちは天変地異が起こらないように祈るしかありませんね。。。



例によって長文になってしまいましたが、お付き合いいただいた方、どうも
ありがとうございました(*^_^*)





神々の指紋 (上) (小学館文庫)
小学館
グラハム・ハンコック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神々の指紋 (上) (小学館文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





神々の指紋 (下) (小学館文庫)
小学館
グラハム・ハンコック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神々の指紋 (下) (小学館文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年04月21日 20:54
こんばんは
同じ本なのか・・
確か平成の6~7年頃に「神々の指紋」って人気と言うか
話題になって上下買って読んだ記憶があります。
・・古代文明の不思議についての内容だったと記憶してますが・・
押入れ探してみよっと^^;
キーブー
2011年04月21日 23:47
ただチャンさん、こんばんは
たぶんそれ、同じ本だと思います。たしか初版発行が2006年だったんじゃないかな
そう、まさしく古代文明についての本ですね。人類は天変地異で滅ぶというのをすでに何回か経験しているのではないか、という趣旨のもの。
押し入れ、ぜひ捜してみてください(*^_^*)
2011年04月22日 00:04
キーブーさん、大丈夫です。ずーっと、娘さんたちと一緒に「今日、何食べよか?」「たこ焼きにする?」って会話もちゃんとされてます。
破滅してなるものか、私自身、絶対、生き残って日本ならず世界の素敵な写真を撮らないと破滅しないですよ(^_^)それに、エッセイストキーブーさんとして、デビューして、「ちちんぷいぷい」か「せやねん」に出て、レギュラーになって、定着するまでは破滅は許しませんぞ(^_^)
2011年04月22日 01:01
世の中には不思議なモノが多いもんね~
まぁ なるようになるさぁ~♪
取敢えず 明日の朝何を食べたら悔いが残らないか。そこが肝心~~
なおみん
2011年04月22日 12:01
ついに共通の本登場です。
ずいぶん昔に読みましたが…。
本当に神様が指紋を残したように、地球上に
点在するナゾの共通項。
ワクワクして読みました。
キーブー
2011年04月22日 16:18
たかじいさん、こんにちは
まあ、ノストラダムスも大ハズレしてますもんね^^;
それでなくともしぶとい人類が、そう簡単にはやられるはずはないとも思いますが(笑)
いつもお褒めいただき、ありがとうございます。とっても嬉しいです(*^_^*)
でも、「ちちんぷいぷい」も「せやねん」も、実のところ私はいつも観てなくて、裏番組の方にチャンネルを合わせてるんですよね(^^ゞ
この二つの番組、今度ちゃんと観てみます(^o^)
キーブー
2011年04月22日 16:22
まるおおさん、こんにちは
ホント、世の中には不思議なことが多いよね
ピラミッドについては、ほんとのところはどうなのか、吉村作治先生に聞いてみたいところだよね(笑)
箱舟には乗せてもらえそうもない身としては、せめて食べ物に対する悔いだけは残したくないよね。心して食事せねばね(^o^)
キーブー
2011年04月22日 16:26
なおみんさん、こんにちは
おおっ、なおみんさんも読んでおられましたか~♪
ほんとこれ、読んでてワクワクしましたよね。でも、物理関係の話がちょっと私の頭脳には難解で、そこのところだけぷしゅるる~って感じでワクワクがしぼんでいきましたけど^^;
ピラミッド、あんなすごいものがただの墓であるわけがないよなあ、って思いました
2011年04月24日 08:03
おはようございます。
早速、図書館の在庫状況を見てみましたが、全部借りられていました・・・。
キーブーさん効果でしょうか?!
こういう話も好きなので、買っちゃおうかなあと迷ってしまいます。
キーブー
2011年04月24日 23:09
kemochimeさん、こんばんは
あらら、図書館の本はすべて出払ってましたか。私がこんな記事を書いたばっかりに(誤爆)
そうですね。これ、文庫化されたら買うんですけどね。理解しきれてない部分も多いし、返却期限を気にせずじっくり読んでみたいです(*^_^*)
2011年04月29日 21:47
ナヌ? あと一年と八ヶ月で天変地異ですか。
まあ、そんなときはジタバタしても始まらないでしょうが。
とか言っても、そんなことにはなるはずないと思っているオイラです。
基本的にバカがつくほど楽天的なものですから(^^)
でも、太古の世界ではゴンドアナ大陸一つしかなかったものが、プレートに乗り、地球の誕生からみればわずかな時間で 現在の形になっているわけで、
そうした意味ではこの先大陸の形は大きく変わるのはあきらかですね。
排他的経済水域なんて主張してもなんかバカらしい気分ですね。
いかん、脱線しすぎました。おやすみなさい。
キーブー
2011年04月29日 23:03
moumou.h53さん、こんばんは
地殻のずれによって、これからかなりの大変動があるというのは確かなことのようですね。もし天変地異がおきたとしても、中途半端に生き残って恐怖と絶望をたっぷり味わったあとに死ぬ、などということのないようにしたいもんです(^^ゞ
ついこないだはアメリカで多数の竜巻が発生しましたよね。なんだか地球がおかしくなっているというのは肌で感じるところです。。。

この記事へのトラックバック