弘法大師さえ筆を折る、だそうです(^◇^)




図書館で、またまたおもしろいエッセイを見つけました

三浦しをん著 「ビロウな話で恐縮です日記」


三浦しをんは、「まほろ駅前多田便利軒」で直木賞を受賞し、「風が強く
吹いている」「仏果を得ず」
などでも知られた、1976年生まれの
作家ですが。

エッセイもまた、独特のおもしろさなんですよね♪


以前、「三浦しをんは面白スパイラル~!(^o^)」という記事でも
取り上げたことがありましたが。

小説以外にも、マンガをとにかくたくさん読んでいる人で、それもジャンルを
問わず読んでいて、いわゆるヤオイ系のものなどにも詳しいんですよね。

それらのマンガの主人公になりきって友人と会話をしたりしていて、それがまた
抱腹絶倒のおもしろさ(^◇^)

そういうのって、マンガだけ読んでてアタマが空っぽの人がやるとただイタイ
だけですが、彼女には知性の裏打ちがあるので、それもまた独特の味わい
があっておもしろいんですよね


この作品は、ネット上で書かれた著者の日記なのですが、まず、しょっぱな、
「はじまり」というタイトルの、1月1日。

あけました。正月は本宅に帰った。餅食った。以上。

“本宅”というのは両親と弟が住む実家のことで、著者がひとり暮らしをしている
アパートのことは“火宅”と呼ばれています(^◇^)


ほかにも、「あいつら」というタイトルの日は。

ついに来た。あいつらが本格的にやって来た。
さっきからの一時間で確実に百回以上くしゃみをしている。

やがて来る粒とはかねてききしかど きのうけふとは思はざりしを!



そのほか、「おまけコーナー」というのもあるのですが。

著者が弟と一緒にテレビを見ていたところ、大海原に櫓のようなプラットフォーム
を建設し、そこに住みこんで石油を掘る男たちのドキュメンタリーをやっていた
のだそうですが。

この男たち、来る日も来る日も、巨大な掘削機で深い海の底から石油を掘り
あげ続けるだけの毎日で、娯楽といえば魚釣りぐらい。

「へーい、ジョージ、見てくれよ、大漁だぜ」
「すごいな、トム。だがそれ、鮫じゃないのかい?」

などという会話が交わされ、獰猛そうな鮫がどんどんプラットフォームに釣り
上げられていくシーンなどもあり、最初のうちは「アメリカ版 プロジェクトX」
みたいな番組かと思って見ていたら、鮫釣りあたりからどんどん雲行きが
怪しくなってきて、ここで働く男たちが陽気なだけが取り柄のダメ人間の
寄せ集めであることがわかってくるのですね(^^ゞ


掘り上げた石油は、配管を通ってタンクに溜められるので、アンソニーという
配管部門の責任者は、夜のうちに配管を終えねばならないということで、部下
とともに必死なのですね。

汗を滴らせてパイプを繋いでいき、いよいよ、プラットフォームの左右からのびる
2本のパイプの、端と端を溶接し、管を開通させる局面を迎えるのですが。

そのとき、問題発生!

「ジーザス!」
とアンソニーは頭を抱え、
「左と右とで、ちがう太さのパイプを使っちゃってたぜ。これじゃあ、隙間から
石油が漏れちまう」

それを見ていた著者と弟とは、
「あほかー!」
と呆れるのですが(~_~;)

また徹夜して配管をいちからやり直し始めた男たちを見ながら、著者が、
「でもさ、きれいな海のど真ん中で、仲間と一緒に寝起きして働くなんて、男の
ロマンだね。気のいいヤツばっかりで、楽しそうだし。私も一度くらいは、石油を
掘削する仕事に就いてみたくなってきたよ」
と言ったところ。

弟は、
「甘い」
と一蹴するのですね。

「そりゃアンソニーはパイプの太さをまちがえるようなアンポンタンだ。だが、
そんなアンソニーでさえ引き締まった体つきをしている。やつらは屈強な猛者だ。
おまえみたいにたるんだ肉体の持ち主では、こんなハードワークは到底こなせ
ない」

ちなみに、著者はふだんから弟に「豚さん」と呼ばれているのですね(^^ゞ


姉弟でそんなやり取りをしていたところ。

画面上では、親方が癇癪玉を破裂させて、
「おい、新入りはどこ行った!今日も寝坊か!」

そこで、ジョージが急いで新入りを呼びに行くのですが。

「おーい、ピギー!親方が怒ってるぞ。ピギー!」

呼ばれて出てきたのは、ころころに太った若い男。

まさにピギー(子豚ちゃん)だったのですね(笑)

それを見た弟は、
「おまえでも大丈夫だ」
と前言を撤回し、
「さあ、絶海のプラットフォームへ行って来い。俺からのはなむけの言葉は、
『パイプの太さは確認しろ』だ」
と姉に向かって力強くうなずいてみせたのだそうな(^◇^)

これらはごく一部で、全編がこんな調子なのですが

最後の方で、「途中大幅に略」というタイトルの日があって、日記に大量の空白
地帯が生じたが、仕事したり母に全力で人格否定され大喧嘩したりしていた、
とありました(笑)

ちなみに、後者はわりといつものことなのだそうで、人生で81017回目くらい
の大喧嘩だったそうですが。

なんで、こんなハンパな数字?と思っていたところ。

欄外の注釈に、
“「ヤッチマイナ回目」と語呂合わせで覚えよう。歴史の試験に出るかも
しれない”
とありました


いやあ、三浦しをん、おもしろいです(*^_^*)

エッセイもさらにイキオイを増してきてるなあ(^◇^)




ビロウな話で恐縮です日記
太田出版
三浦 しをん

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビロウな話で恐縮です日記 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年06月29日 05:59
おもしろそうなエッセイというか人物もおもしろそうですね。
捜して読んでみます。(^^♪
きのうも暑かったですが、今日も暑くなりそうです。
というかもう外に立ってられない状態です。
熱中症に気をつけましょう。
2011年06月29日 08:26
お気楽作業員…
おもしろい人っておもしろいことが周りにあるようなカンジがします。それとも、同じことでも面白くカンジられるのかなぁ?
こういうテレビに出くわすのもひとつの才能ですよね!
弟君のキャラ、好きかも?
キーブー
2011年06月29日 17:20
ねこのひげさん、こんにちは
この人、ホント独特なんですよね。若さのエネルギーも感じさせるのですが、そのエネルギーを普通の若者が持って行くところではなく、独自の場所に持って行ってる感じです(^^)
今日の関西の暑さはもう、並みじゃないですね。夜勤明けで寝ているこぶた2号が死にそうになっていたので、3時頃からやむなくエアコンを入れました(~_~;)
キーブー
2011年06月29日 17:24
なおみんさん、こんにちは
ほんとにねえ、ミスといっても初歩の初歩ですよね、左右で太さの違うパイプを取りつけるなんて(笑)
おもしろい人って、同じことでもおもしろく伝える技術があるのかもしれませんね。
でもたしかに、こういうことにしょっちゅう出くわすのはある種の才能ですよね♪
弟さん、ほかのエッセイでも出てきますが、姉に勝るとも劣らぬユニークなキャラの持ち主です(*^_^*)
2011年06月29日 22:36
こんばんは
遅くなりんしたm(_ _)m
急遽飲み方で・・
チト焼酎に漬かってます脳味噌
明日また来ますから(--;
2011年06月29日 22:48
コメンテーター キーブーさん、やっぱり面白いですね。
読んで見たくなるじゃないですか!
こういう本を選ぶのは直感ですか、それともパラパラみて、選ばれるんですか?
面白い紹介されて、いつも感心してます(^_^)
キーブー
2011年06月29日 23:13
ただチャンさん、こんばんは
あらら、また美味しそうなお漬物になっちゃってますか~(^^ゞ
今日はもう、早寝をなさった方がいいかも。
暑い日が続きますので、あまりご無理をなさらずに。。。
キーブー
2011年06月29日 23:16
たかじいさん、こんばんは
いつもお褒めいただき、ありがとうございます(*^_^*)
そうですね。本屋さんや図書館で、出だしの文章を確認して、あと真ん中へんをパラパラやっておもしろそうなものを見つけたりしてます
三浦しをんのエッセイはホント、おもしろいです。お暇な折に、気分転換にどうぞ(^o^)
2011年06月30日 19:44
こんばんは
今日は久しぶりに梅雨らしい?天気・・
蒸します^^;
毎回ながらキーブーさんの解説は上手い!
焼酎が抜けた頭ならよ~く分かります^^V
キーブー
2011年06月30日 23:00
ただチャンさん、こんばんは
二日酔いはもう、よくなりましたか?(^^ゞ
お褒めいただき、ありがとうございます。
この本、おもしろいところが随所にあって、どこを紹介するべきか迷ってしまいました^^;
2011年07月01日 01:47
この人んちの弟も良い味だしてるよね~
ただ この2人が自分ちの子どもだったら絶対嫌だ~~!!
キーブー
2011年07月01日 18:15
まるおおさん、こんばんは
ほんとうに、姉弟でいい味出してるんだけど、お母さんとしてはいっぱい言いたいことがあるんだろうね(笑)
それで「全力で人格否定された」などと言われるような大喧嘩になるんだろうけどね~^^;
みいな
2011年07月02日 09:50
またまたまたまた・・面白そうなエッセイの
ご紹介 ありがとうございます。
早速、メモしておきました。
キーブー
2011年07月02日 22:27
みいなさん、こんばんは
みいなさんに教えていただいた大宮エリーもおもしろかったですが、三浦しをんも同じくらいおもしろいですよ♪
大宮エリーにオタク仕上げをしたような感じです(笑)
ひまわり
2011年09月19日 14:39
はじめましてキーブーさん
随分遅れてのコメントすみません。
「まほろ駅前」面白かったですね♪住んでいる町も近いので親近感を持って読みました。三浦しをんさんいいですね。
番外編も出ましたね。映画化されましたが見逃しました
映画や本のお話も楽しみに拝見しています(^^)
キーブー
2011年09月19日 16:42
ひまわりさん、こんにちは
そして、いらっしゃいませ(*^_^*)
こちらこそ、過去記事をも読んでいただけて、とても嬉しいです♪
三浦しをんは、私はまだエッセイしか読んでないんですよね^^;
この作家ならきっと小説もおもしろいに違いないと思ってはいるのですが。
これからも、よかったらまた遊びに来てくださいね。
ちなみに、もしブログをお持ちなら、次回はリンクを張っておいていただけると嬉しいです

この記事へのトラックバック