映画「源氏物語 千年の謎」を観た!




今年も残りわずかとなってから、いろいろとおもしろそうな作品が公開になって
ますね。

そんななか、見てきた映画はこれ。

鶴橋康夫 監督  『源氏物語 千年の謎』


あらすじは。

平安時代。
時の権力者、藤原道長は帝の心を娘の彰子に向けさせるため、紫式部に
物語を書くことを命じる。
紫式部が書いた『源氏物語』は帝をはじめとして宮中の人々の心をつかみ、
彰子も みごとに男御子を生んで、道長の権力は盤石なものとなる。

そんななか、陰陽師の安倍晴明は、紫式部の様子に不穏な気配を感じ取り。。。



主演が生田斗真、藤原道長役が東山紀之とくると、なんだジャニーズ映画
かと思っちゃったりもしますが(^^ゞ

でも、紫式部役の中谷美紀をはじめとして、ほかにもけっこうな役者さんが
揃っていることでもあり、また、平安時代の装束などにも興味があって映画館
に足を運んだのですが。

行って正解でした(*^_^*)


物語の初めの方で、青海波(せいがいは)という舞を、まだ若い源氏と頭中将の
ふたりが舞うシーンがありますが。

若草色のその装束もとても雅で印象的だったし、ゆっくりと舞う源氏の様子も
まさに王朝絵巻そのものといった感じ。

いやあ、これらのシーンを大画面で見られただけでも、足を運んだ甲斐があった
というものです


でも、しずしずと舞う生田斗真の表情が大写しになると、少しだけ違和感が。

というのも、彫りの深いイケメンである生田斗真の顔は、実際にはこの時代の
貴公子の顔ではなかったでしょうし。

リアルな光源氏は、やはり皇太子さまみたいなお顔立ちなんでしょうね。

生田斗真は、例えば夕顔の急死のときに祓いの意味で弓弦(ゆづる)を
打ち鳴らしたという、滝口の武士とかの顔立ちなんだろうなとちらっと
思ったりもしました。



それはともかく。

光源氏を取り巻く女性たちの装束も、きらびやかな中にも品があって、
見ごたえのあるものでした。


例えば、この人。

画像



源氏の正妻、葵上。

左大臣家に生まれ大切に育てられた箱入り娘で、汚れのまったくない清らかな
お姫様ぶりは、多部未華子にぴったりでしたね(*^_^*)


それにひきかえ。

こちらは、教養も人生経験も豊富な貴婦人、六条御息所。

画像



この人を田中麗奈が演じると聞いたときは、荷が重いのではないかと
感じましたが。

それも杞憂だったみたいですね。

評判の貴婦人としての矜持と誇りが邪魔をして、源氏へのストレートな愛情表現
ができないぶん、屈折した愛情が歪んだ方向へ向かって、とうとう夕顔と葵上を
取り殺すまでになってしまう女性を、情念たっぷりに演じ切っていました。


このふたりの衣装を見てもわかるとおり、それぞれのキャラクターに合わせて、
十二単の色合いも工夫がされています。

その色の取り合わせがまた絶妙で、ほんとうに見惚れてしまいましたね



あと、私が密かに楽しみにしていたのは、安倍晴明。

京都にある晴明神社にも行ったことがあるし、お守りも持っているほどのファン
なんですよね(笑)

今回は、窪塚洋介が演じていましたが。

その涼やかな立ち居振る舞いは、まさに晴明そのものといった感じでしたね


この作品、絢爛たる平安朝の御所の風景を堪能できるというだけでも、
観る価値のある作品だと思います。

ストーリーも、架空の物語である源氏物語の世界と、現実世界がないまぜに
なっていて、そのへんもなんだか不思議な感じ。


今までの源氏物語を題材とした映像作品とは、また ひと味違った味わいが
ありました。


雅な王朝絵巻の世界をお正月に観るというのも、またオツなものかも
しれませんね





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年12月22日 23:42
映画なの?
そういうと、源氏物語の本なのか創刊号がどこかから最近送られてきていたわ。
探してみてみなければ
ひまわり
2011年12月23日 08:58
光源氏のイメージとちょっと違いますよね。
生田斗真は活躍ですね。彼はジャニーズの中で
は珍しく役者だけやってるという。
衣裳がまた華麗でしょうね!目の保養になります😍
2011年12月23日 11:55
この映画観たいんです~!
源氏物語が好きだし、絢爛豪華な十二単♪
のっぽの萌えモードをアップさせてくれます♪
(大奥も好きっ!なので。あの女性達の華やかさが)
今月いっぱいまで使える割引券を持っているのですが、今年は行けそうにない…(>_<)

生田さんもカッコイイのですが、のっぽは女性陣の方がとってもとっても気になります♪
2011年12月23日 18:45
すいません これは お金出してみるのは ちょっと辛いかもーー テレビ?やっぱり つらいかもーー
2011年12月23日 18:52
こんばんは
ウ~ン・・いつもの様に
WOWOWの放送待ちます^^;
miyo
2011年12月23日 20:05
気にはなってるけど、まだ観てないのよね。そして気がつけば終わっていて、DVDで観る事になるのかなぁ・・大奥の様に(^_^;) 生田斗真くんは、前にCMの話題で自分は濃い顔だから西洋の甲冑とかが案外似合うらしい。違和感が無かった。 とか言ってたし確かに違和感無かったから源氏をやると知った時はちょっと驚いたなぁ(笑)でも色男よね(o^∀^o)
再びひまわり
2011年12月23日 23:02
キーブーさん安倍晴明のファンですか!
窪塚洋介、華奢で時代劇にもあう顔立ちですよね。
前回は野村萬斎ではなかったでしょうか…?
お守りもご利益ありそうでいいですね😊
キーブー
2011年12月23日 23:14
もうヘトヘトさん、こんばんは
はい、映画です
増刊号ですか。源氏物語の雑誌なんですね。おもしろそう♪
そういう歴史ものの雑誌って、けっこう好きです。ピンポイントで解説が入っててわかりやすいし、挿絵もきれいでたくさん入ってたりするし。楽しいですよね(^^)
キーブー
2011年12月23日 23:19
ひまわりさん、こんばんは
お笑いコンビのアジアンの隅田さんが生田斗真の大ファンですよね・・・って、関係ない話ですみません^^;
衣装や御所のしつらえなど、ほんとうによくできていて、チャチなところは微塵もなし。堪能しました
ひまわりさんもぜひご覧になってみて下さい(*^_^*)
キーブー
2011年12月23日 23:25
のっぽさん、こんばんは
ホント、期待どおりの豪華絢爛さでしたよ
登場人物は女性が多いので、それぞれのキャラに合わせた衣装も見ものだし、動くたびに聞こえる衣擦れの音もリアルで上品だし。
せっかく割引券をお持ちなのに、残念なことですね。なんとか時間を割けるといいですね^^;

そう、光源氏もいいのですが、この場合やっぱり女性陣を見たいですよね。錚々たる女優さんが揃ってるし、皆さんそれぞれ個性的で、甲乙つけがたい美しさでした(*^_^*)
キーブー
2011年12月23日 23:27
seiziさん、こんばんは
あれれ~~
大画面で見る御所の様子、とても雅でよかったですよ。そうおっしゃらず、テレビで放映の際は、ぜひご覧になってみて下さいませ
キーブー
2011年12月23日 23:29
ただチャンさん、こんばんは
はい。いつものようにWOWOWの放送をお待ち下さいませ
きっと、平安の美を堪能できることと思います。お楽しみに♪
2011年12月23日 23:29
田中零奈さんって、思ったより演技派で驚いたことがあります。
平安時代の雅な世界。
お正月はこっちでひとりなので、優雅な世界に浸りにいこうかな。
よい情報ありがとうございました!
キーブー
2011年12月23日 23:35
miyoさん、こんばんは
ああ、なるほどね。たしかに生田斗真は西洋の甲冑向きかも。舞を舞っている彼の横顔は、きりりとしてよかったんだけど、平安の貴公子にしてはちょっとゴツイ感じがしたんだよね(^^ゞ
意外だったのは、東山紀之。道長役を好演してました
顔立ちも、昔で言うショーユ顔だから、平安の貴公子も違和感なかったしね。
ジャニーズ、けっこうやるなあ、なんて思っちゃいました(^^ゞ
キーブー
2011年12月23日 23:39
再びのひまわりさん、こんばんは
再度のお越し、ありがとうございます(*^_^*)
はい、安倍晴明のファンなんですよ~(笑)
窪塚洋介って、イメージじゃないなあ、なんて思ってましたけど、実際見たらとてもよかったです♪
野村萬斎で撮影された安倍晴明ものの2作品は、どちらも映画館で観ました。すごく堪能しました(*^_^*)
ドラマではスマップの稲垣くんが演じてましたね、NHKで。こちらもよかったですよ

キーブー
2011年12月23日 23:43
なおみんさん、こんばんは
そう。田中零奈さん、鬼気迫るほどの好演でした。すごかったですよ(*^_^*)
雅楽の音も、お正月にぴったりだと思います。
ぜひ、映画館に足を運ばれてみて下さいませ♪
2011年12月24日 09:10
嫌だ~~~!
コータイシみたいなリアル源氏なんて~~
時代考証なんてどうでも良いから そんな美男子は嫌だ~~(>_<)
あ~~ 映画で良かった♪
キーブー
2011年12月24日 18:50
まるおおさん、こんばんは
そうは言っても、安倍晴明の肖像画も下膨れであの系統のお顔だしね。お姫さまはみんな、黒田清子さんみたいだし(^^ゞ
まあ、品のある顔立ちであることは確かだよね。由緒正しい感じ。
でも、私の中の晴明様は野村萬斎さんで定着してて、断じてあんな下膨れのおっさんじゃないんだけどね^^;
2011年12月24日 20:57
高校時代、テストは全くダメでしたが、源氏物語を古文の先生が教えてくれて、特に六条御息所の話は私には刺激的でした。でも、六条御息所が一番、愛おしくなるのですが(^_^;
(それは変な趣味、、、ですか (^_^;)
キーブー
2011年12月25日 18:18
たかじいさん、こんばんは
六条御息所がお好きですか~(*^_^*)
きっと、たかじいさんは包容力がおありなのですね。
女性の立場からすると、彼女はとても気の毒ではありますが、ああいうふうにはなりたくないな~、ってカンジですね^^;
自分も廻りも、つらいことになっちゃいますもんね。。。
2011年12月28日 08:25
難しそうな内容ですね。硬派のオイラには千年かけても理解できそうにありません。(^^ゞ
キーブー
2011年12月28日 18:26
moumou.h53さん、こんばんは
平安時代の恋愛絵巻ということで、さほど難しい内容ではないと思います
ただ、この時代、平民たちは飢饉だの疫病だので苦しんでいたのに、貴族のいい年をした男たちは日々こんなことばっかりしてたんだなあと思うと、ちょっとイラッとしますけどね(笑)

この記事へのトラックバック

  • 映画「源氏物語 千年の謎」感想

    Excerpt: 映画「源氏物語 千年の謎」観に行ってきました。日本最古の長篇小説である「源氏物語」の誕生と、その作者・紫式部の謎に迫る歴史スペクタクル作品。原作である「源氏物語」からし... Weblog: タナウツネット雑記ブログ racked: 2011-12-24 11:26