サクラサク、ならぬ椿咲く、ですね(*^_^*)




昨日のこと。

以前の職場の後輩から、メルアドを変更したというお知らせメールが
届きました。

なので、携帯の住所録を変更しようとしたのですが。
なんだかうまくいかなくて、登録を全消ししちゃったんですよね


私が大騒ぎしているのを冷たい目で見ていたこぶた2号が、ため息混じりに、
「貸してみ」
と言って、変更をやってくれました。


まあったく。

年々、トロくさくなるなあ、私(~_~;)

それはいいのですが(・・・って、いいんかい!バシッ)


このメールをくれた彼女、私が会社を辞める代わりに入社したんですよね。

なので、私が仕事の引き継ぎをしたのですが。

私のそのときの仕事というのは、誰でもできる事務の仕事で難しいことは何も
なかったのですが、ただそれまでに辞めていった人たちのぶんも引き受けて
いたため、範囲が広くて煩雑だったんですよね。

なので一気に覚えるのはムリだろうと思い、マニュアルを作って、私がいなく
なってもそれを見ながらやればこなせるようにしようと思い、引き継ぎと同時進行
でマニュアル作成を必死でやっていました。


辞表を出してから半年ほど辞めさせてもらえず、その間は針のムシロというの
は大げさかもしれませんが、それなりに居心地の悪さを感じつつ、それでも
責任だけはきちんと果たそうと頑張っていたのですが。

毎日、朝から憂鬱で、自分を叱咤しつつ出社しておりました(~_~;)


そんななか。

お昼休みに一緒にごはんを食べていたときに、彼女がため息をつきながら、
「私、○○さん(私のこと)がほんとうにうらやましいです」
と言ったんですよね。

唐突だったし、いったいなんでまた、と訊いたところ。

彼女は、私が幸福な結婚生活を送っている幸せな人だと思い込んでいた、
とのこと。


その間違いがおかしくて、いやいや~そんなことは、ってカンジで事実を語った
ところ、彼女は、
「ええー!?○○さんもバツイチだったんですか!まったくそんなふうに見えん
かったし。いつも楽しそうで、幸せそうな人やなあ、って思ってました」
と心底驚いたふう。

また、
「女のヒトって、ちゃんと旦那さんに大切にされて楽しく暮らしてたら、あんな
ふうに幸せそうになるもんなんやな、って思って、悲しくなったりしてたんですよ」
とも言ったので、本当に驚いたんですよね。

実は彼女もバツイチで、保育園に通う女の子を頑張って育てていたので、
きっとそんなふうに考えたんでしょうね。

私としては、たんに辞める身が会社の不平不満を言って新人のやる気を失くさ
せてはいけないと思い、努めて笑顔でいようと思っていただけのことだったん
ですよね(^^ゞ


でも。

そういうふうに言われて、自分の努力もムダではなかったんだと思い、不眠や
憂鬱と戦いつつやっていた引き継ぎ仕事も報われたな、と思ったり。

それと、結局は人の本当の気持ちなどというものは、なかなか他人には
見えないもんなんだな、とも思いました。


毎日毎日、悲壮な気持ちで引き継ぎをしていた私ですが、そのときを境に、
気持ちがずっと楽になったのを覚えています


なので、彼女とは会社を辞めてからも食事したり連絡を取り合ったりしていたの
ですが。

今年の春先くらいに、彼女から、会社が無くなるという連絡をもらって、とても
驚きました。

それまでの話から、どんどん売り上げが落ちているというのも聞いていたし、
他にも問題がいろいろ出ていたようではあり、どうかなあと思っていたのですが。

やっぱり、もたなかったようです。

倒産するよりは、まだ余力のあるうちに会社を畳むという判断を経営陣が
したようですね。


その後、彼女の再就職など、身の振り方が気になってはいたのですが。

あまりこちらからいろいろ聞くのも悪い感じがして、気になりつつこちらからは
連絡をとらずにいたら。

しばらくして、彼女から連絡がありました。

看護学校に、社会人枠で入学しようと考えている、とのこと。

市内の看護学校に関する質問も2~3あったので、こぶた2号に聞いて、返信
したのですが。


先月、彼女からメールが届きました。

「○○看護学校に社会人枠で受かりました(泣)
一番近くて、学費も良心的やったから第一志望やったんです。
3年間頑張って、○○さんの娘さんみたいに親孝行できるようになりたいです」


よかったよかった(*^_^*)

ガンバリ屋さんの彼女のこと、きっといい看護師さんになると思います。



さて。
サクラサク、のお話でしたが。

今の時期に咲いているのは、この花ですね。

画像



椿です。

この花、色合いがあまり好きではないのですが。

でも、花の少なくなるこの時期、貴重ではありますよね。


花の色合いはイマイチでも。

蕾はけっこうかわいいし。

画像




最後に、蛇足ですが(^^ゞ

彼女の、メルアド変更のメールの最後尾に、
“Black berry from DoCoMo”
とあったので、んん??こりゃなんのことだ??とちらっと思い、まあそのまま
忘れていたのですが。

さっきふと思い出したのが、だいぶ前に読んだパトリシア・コーンウェル
検屍官シリーズのなかで、主人公のケイ・スカーペッタがメカに詳しい姪の
ルーシーに無理やり持たされていた携帯電話が、たしかブラックベリーと
呼ばれていたということ。

スカーペッタはどうにもこのブラックベリーをうまく扱えず、パスワードを解除した
まま使っていたのですが、それが野心家のニュースキャスターの手に渡って
しまい、大変なことになるのですね。


あのときは、
「アメリカにはブラックベリーなんていう名前の携帯があるんだなあ。シャレてる
なあ」
としか思いませんでしたが。


ちょっとワクワクしてきました(笑)

あとでネットで調べてみようっと♪







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ひまわり
2011年12月12日 22:37
私の勤めてた会社も事業仕分けにあって
消滅してるかも知れません。
隣の芝生は青く見えるものですね。
お仲間同士頑張っていきましょう!
miyo
2011年12月13日 05:23
辛い時だからこそ、辛さを見せない様にするその他人思いな所、尊敬します(o^∀^o)流石だわぁ。私なんてあまり感情が表れないらしく(無表情ではない)笑ってるかボケッとしてるかだから悩みなさそうと言われる始末ですよ(-_-#)
友人さん、受かってなによりですね(^_^)v社会人枠というのがあるなんて知りませんでした(・◇・)
私は赤い椿と白い椿が好きです(*^o^*)雪の上にボトボトと落ちる赤い椿という構図が和の美しさでウットリしちゃうなぁ。
2011年12月13日 07:17
素敵なエピソードですね。
新人の方に対する思いやり。
そして、その方のその後のがんばり。
朝からパワーをいただきました。
今日はキーブーさんを見習って、笑顔で頑張ろう♪
2011年12月13日 07:49
おはようございます。
引き継ぎだけの仕事の関係が
退社後も交流が続いてるなんて凄いなぁ
よほどキーブーさんの教え方が良かったんですね^^V
2011年12月13日 16:46
>○○看護学校に社会人枠で受かりました(泣)
頑張って欲しいわね。
何年かしたらあの時、頑張っておいてよかったと思える時が来ると思うわ
2011年12月13日 18:59
人間 自分の過去 全部背負って生活してたら つぶれちゃいますよ 忘れちゃったー! そうやって暮らすこと 大事だと思います
2011年12月13日 19:23
いい話を読ませていただきました。

師走の中、暖かくなりました。(*^。^*)

ブラックベリーは、もう検索されていたら、ご存じだと思いますが、スマートフォンです。
パソコンとか笑い機能を持ってます。
オバマ大統領が使用しているので有名ななりましたが、機密性が保てないのでは?という疑問があり、機密情報が漏れる危険があるため、現在では、個人情報以外での使用は禁止されているようです。
日本人が使っているスマートフォンでも、ウィルス対策をなにもしていない人が多くて、だだ漏れ状態ですけどね。
キーブー
2011年12月13日 21:45
ひまわりさん、こんばんは
事業仕分けですか~。でも、仕分けられたはずなのに、なぜか復活してる事業もあるみたいですよ(^^ゞ
ホント、人のことは実際のところは見えてないもんですよね。びっくりして、その勘違いにおかしくなりました(^o^)
キーブー
2011年12月13日 21:52
miyoさん、こんばんは
いやいや~~(笑)他人思いというよりは、とりあえずつつがなく引き継ぎを終えたい一心だったんですよね(^^ゞ
こぶた2号の看護学校にも、30代の方が数人おられたそうです。彼女もよい決断をしたなあと思いました。実習など、これから大変ですが、頑張ってほしいです。

椿って、キツイ赤だし、首からボトボト落ちるところもイマイチ好きになれませんでしたが。
雪の上かあ。そう言われれば、なるほどですねえ
キーブー
2011年12月13日 21:56
なおみんさん、こんばんは
私は、誰かが辞めるたびに少しずつその仕事を覚えてくればよかったのですが、彼女はそれを一気に覚えなくてはならなかったので、しんどかったと思います。ホント、よく覚えてくれたなあと思います。
工場のヒトたちも、朝から缶コーヒーを差し入れてくれたり。人の支えがあったからやってこれたんですよね。ありがたいことです
キーブー
2011年12月13日 21:59
ただチャンさん、こんばんは
普通は、引き継ぎって1~2か月のことだと思うのですが、このときは半年やりましたからね(笑)
おまけにバツイチで子どもがいるというのも同じだったし。彼女にしてみれば、いろんな意味で先輩と思えたんでしょうね(^^ゞ
キーブー
2011年12月13日 22:09
もうヘトヘトさん、こんばんは
これからが実習やらなんやらで大変だし、子どももいるしで、踏ん張りどころだと思います。
でも彼女ならきっとやり遂げるでしょうし。
10年のちには、万々歳でしょうね(*^_^*)
キーブー
2011年12月13日 22:12
seiziさん、こんばんは
この当時はホントしんどかったので、今でもときどき夢に見るくらいです。ふだんはもうすっかり忘れちゃってるんですけどね(^^ゞ
キーブー
2011年12月13日 22:17
ねこのひげさん、こんばんは
ありがとうございます。しょうもないことを今さら書いちゃいましたが、そう言っていただけると嬉しいです(*^_^*)
はい、一応検索してみたら、カナダのスマートフォンだと出てました。
あの頭の切れるスカーペッタでさえ扱いかねるなんて、よっぽど使いにくいのかなあ、なんて思ったりしましたが。
オバマさんが使ってるんですか~~
スマホにウイルス対策をするという考えそのものがない人の方が多かったりして。もちろん私もそのひとりですが(笑)
2011年12月14日 11:49
幸せそうに見えるのも大事だね^^

椿咲くか~~ ちょっと頑張らないとね♪
と、時々思い出すのに良い話題だったわ~~(^^ゞ
キーブー
2011年12月14日 22:44
あの頃は悲壮感でいっぱいで肩肘張っていたので、なんだあってカンジで一気にラクになったのを覚えてるんだよね。人は見てるようでホントのとこはわかってないもんだよね。
彼女、よく頑張ったなあって思ったし。いきなり会社を畳むと言われて、そこからすぐに立ち上がって。さすが、若さの賜物かな(*^_^*)

この記事へのトラックバック