映画「バトルシップ」を観た!




昨日の水曜レディースデーは、ずっと観たくてたまらなかった大本命の作品
を観てきました

ピーター・バーグ 監督 「バトルシップ」



あらすじは。

ハワイ沖で、アメリカをはじめとする世界各国の軍艦が集結して大規模な軍事
演習が行われていた最中、沖合に突然姿を現した正体不明の巨大な物体。

それは、かねてから行われていた地球からの友好的な呼びかけに応じて
現れた、エイリアンの母船だった。

しかし、地球の意図とはうらはらに攻撃を仕掛けて来るエイリアンたち。

人類は滅亡の危機に陥る。。。


画像



自衛艦の指揮官ナガタの役で、我らが浅野忠信さんが出演していましたね

といっても、私は特に彼のファンというわけでもないし、昨今の彼の私生活に
関する報道にはどっちかというとちょっとがっかりしてもいるのですが(笑)

でもまあ、同じ日本人として、ハリウッド映画にこんな重要な役で出演されたと
いうことは、喜ばしいの一語につきます(^^)


この作品、ストーリー自体はそんなに語るべきところもない感じですが(^^ゞ

米海軍の優秀な将校である兄を持つアレックス・ホッパー(テイラー・キッチュ)
が、数々のやんちゃな行動のあげくに警察の手をわずらわせてしまい、
業を煮やした兄に、強制的に海軍に入れられてしまいます。

入ってすぐの大規模な軍事演習中に、また子どもっぽいトラブルを起こして、
軍事演習が終了次第、お払い箱になることが決定するのですが。

そこに、あの騒ぎが起こるのですね。


優秀で頼りがいのある兄はエイリアンの攻撃で亡くなってしまい、ふと気付けば
艦内の生き残りで一番階級が上なのは彼だったということで、否応なく司令官
にさせられてしまいます(笑)


この主人公に私はあまり好感が持てなかったですね。

なんというか・・・お兄ちゃんに甘えて世間をナメている感じ

冒頭の、彼のバカバカしい武勇伝と、ラストの彼の得意満面な笑顔に、かーなり
時間が割かれていましたが。

それにも、そこはかとなく反感を覚えました(笑)


ただやっぱり、軍事演習中に突然正体不明の巨大なモニュメントみたいな
ものが海から出てきたり、これまで見たこともないような武器で熾烈な攻撃
を仕掛けてくるエイリアンの船には、目が釘付けとなりました。


画像



エイリアンそのものも、どこか人間に似通っていて、これまでの映画でよく見る
ような、まるで仮面ライダーの怪人みたいなバカバカしさがなかったのがとても
よかったし(^^ゞ


ただ、アメリカ人から見た日本人って、いつもああいうステレオタイプだなあと
思った私。

高倉健のような、ストイックな感じというか。


まあそれでも今回は、ナガタはサッカーの日米親善試合でけっこうなラフプレー
をやって、主人公を挑発したりもしていましたが。

いやいや。
日本人はあんまりその手のことはしないでしょ?(^^ゞ


そのうえ、ふたりで力を合わせて戦うようになってからは、ホッパーはナガタに
対して、やれ孫子の兵法か、とかなんとか言って来るし。

それって中国じゃん、って思ったり(~_~;)


アメリカ人だって、祖先はイギリス人なんだし根っこは一緒でしょ、な~んて
言われてイギリスと一緒くたにされたら、けっこう心外に思うはずなのに。
そこらへん、わかんないのかなあ

同じアジアということで、中国とごっちゃに思われてる感じが、イマイチ不本意
でしたね(~_~;)

・・・って。
要点はそんなところではないですよね(笑)


この作品。

エイリアンと人類の、ダイナミックな戦いに目を奪われました。

ストーリーや登場人物のああだこうだよりも、ドーン!バーン!っていうのが
何しろ楽しい感じ(爆)


エイリアンの凄い兵器に対して、アメリカ海軍はまたレトロな・・・って、ネタバレ
になっちゃいそうなので、ここまで(笑)



この作品、大画面で観ると さらにおもしろいと思います(*^_^*)







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年04月26日 20:22
こんばんは
この手の映画大好きです!
が・・ン?イマイチですか・・・
まぁWOWOW待ちですけど^^;
miyo
2012年04月26日 23:11
アハハ~(・∀・)同じくレディースデーに観てきましたよ(笑)ストーリーとキャラがスカスカでしたね(^_^;)でも退役軍人さんと老兵の活躍は良かったけど。オールド戦艦での戦いはワクワクでしたね(≧∇≦)あの作戦は私の中で1番の見所かな。
2012年04月27日 06:39
ねこのひげは、昨日見てきました。
いま記事を書いているところです。
あした公開します。
レトロというかアナログというか・・・・
でも、人間ってこういうところに感激しますね。
ひまわり
2012年04月27日 11:52
アクションは好きですが最近は観なくなりましたねー^^;
テイラー・キッチュ、期待の俳優で、ウィキのPhotoでは
なるほどと納得できましたが映画ではどうですか?
主演が続いてますよね。浅野さんも活躍してますね。


キーブー
2012年04月28日 00:03
ただチャンさん、こんばんは
いえいえ、イマイチじゃないですよ~(^^ゞ
充分おもしろかったです
戦いのシーンは凄かったですが・・・ストーリーは・・・ってちょっと思ったりはするものの。
でもまあ、合格点(笑)
WOWOWをお楽しみに(^^)
キーブー
2012年04月28日 00:07
miyoさん、こんばんは
ストーリーとキャラがスカスカ!
やっぱmiyoさんもそう思いましたか~(^^ゞ
そう、ラストのおじいちゃんたちの活躍はよかったよね
それにしても、冒頭のアホなエピソード、テレビの「世界のおバカ映像」みたいなヤツは要らなかったよね。あんなのに時間を割くくらいなら、おじいちゃんと主人公に何か繋がりのある話を盛り込めばよかったのに、って思ったけどね(~_~;)
キーブー
2012年04月28日 00:10
ねこのひげさん、こんばんは
おっ、明日ですか~♪
それはぜひ読ませていただきますね(^^♪
あのエピソードは感動しましたよね。それにしても、あんなのがちゃんと動くなんて驚きました(笑)
キーブー
2012年04月28日 00:15
ひまわりさん、こんばんは
あらら、ひまわりさんはアクションものはあまり見なくなりましたか~(^^ゞ
私は、自分の体が少しずつ思うようにならなくなってくるのに比例して、アクションものがどんどん好きになっていくようです(自爆)
テイラー・キッチュ、甘やかされたアホなアメリカ青年を演じていましたが。
私はそういうタイプがあまり好きではないので、感情移入がうまくできませんでした(笑)
せっかくの浅野さんも、なんだかキャラが立ってなかったような。。。
2012年04月28日 06:52
キーブーさんの素直な感想が面白い
2012年04月28日 09:44
後の写真が海から出てきたモニュメント?
マヌケににこちゃん顔付いてる~~(ように見えるのは私だけ?)
た~くん すごいね~~外国映画にずいぶん出てるんだ!
2012年04月28日 20:23
これ ちょっぴり 見たい代物 でもなー どうも 体が 映画館に向かん ここ何年も向かん 困っておる はい
キーブー
2012年04月28日 21:52
もうヘトヘトさん、こんばんは
ありがとうございます(*^_^*)
そう、私としては素直な感想のつもりなのですが・・・客観的に見ると、要点からはずれたどーでもいい部分みたいですね^^;
キーブー
2012年04月28日 21:55
まるおおさん、こんばんは
ううん。あれは、そのモニュメントから出てきた戦闘機(笑)
海から出てきたのは、ずずーーんと高さのある壁のようなものだったんだけどね。すごかったよ~
た~くん、ハリウッド映画にずいぶん出てるし、写真誌にも・・・って、それはどーでもいいか^^;
キーブー
2012年04月28日 21:57
seiziさん、こんばんは
映画館って不思議なもので、足が向かないと何年も行かなかったりしますよね。反対に気が向くとずっと続けて行ったり
ゴールデンウィーク中は混むでしょうし・・・金曜の夜、会社がひけてから行かれるのも楽しいかもしれませんね(*^_^*)

この記事へのトラックバック