「しゅるーんとした花影」




梅も桜もじっくりと観てないというのに、日にちだけは慌ただしく過ぎて行く
今日このごろ

まだ開いてない段ボールも数個あるし(開けなくても日常生活に支障がないと
わかった今、開けるのがめんどくさくなってそのまんま 笑)。

カーテンの長さの調整もまだ手付かず。


そんななか、通販で注文していたステップ台がやっと届き、高いところへ手が
届くようになったので、時計を掛けたり、吊り戸棚のいちばん高い位置に物を
入れたりできるようになりました

木製の脚立のようなツクリで、かーなり頑丈ですが。

一番上の段に上るのは、けっこう勇気がいりました^^;

でも、登る私よりも、それを見ているこぶたたちの方が怖かったようで、ひとりの
ときは使わないようにとのお達しが(°0°)

そうは言っても、さっさとやってかないと片付かないしねえ。


まあ、怪我のないよう頑張ります(笑)





さて。

そんなふうに、まだまだやらなきゃならないことが山積みだというのに、読了した
のがこの本(笑)

銀色夏生著 「しゅるーんとした花影」

エッセイのシリーズ、「つれづれノート」のなんと21冊目です


最近の「つれづれノート」では、銀色さんが迷走しているというか、新たな境地
を得ようとしてあがいているような印象を受けていましたが。

今回は、ちょっとそれが落ちついたのかなあという感じ。



銀色さんの今の心の中は『無』なのだとか。

虚無ではなく、しーんとした状態なのだそうで、過去に起きたことは過ぎて
いったことなのでないのと同じだし、これからのこともまだ実際に起きては
いないので、ないのと同じで、それらに捉われていない状態なのだそう。


過去のことと言えば、銀色さんは一時期活発に活動されていて、会社経営
にも乗り出されていたのですが。

シロウトにはやはり難しかったようで、うまくはいかなかったみたいですね。

撤退したあとには、1千万を超える赤字だけが残ったそうです


これまで、家も何度か建てたり借りたりして、今も宮崎に持ち家と、東京の
一等地のマンションを借りておられますが。

貯金の残高がこれまでにない低い数字になったとかで、将来のことを思って
落ち込んだりもされてましたね。

そんな毎日を、お酒を飲んでやり過ごすようにもなっていて、これじゃダメだと
自分で考え、禁酒しようとしてもなかなかうまくいかなかったり。

読んでいて、なんだか大変だなあ、大丈夫なのかなあと思ってしまうところも
ありました(~_~;)


それでも、子どもたちとごはんを食べたりお喋りしたりの、なんでもない日常の
ひとこまが楽しく綴られていて、ほのぼのする箇所もたくさんありました。

下の男の子、さくくんももう中学生。

小学生の頃、しばらくのあいだひとり暮らしを余儀なくされていたのですが、
中学からは再び東京に出て来て家族と同居しているようで、よかったなあと
思ったり(*^_^*)



それと入れ違いのように、大学に進学した長女のかんちゃんは、学校の近くで
ひとり暮らしを始めたのですが。

家族と暮らしていたときも自分の部屋はもちろんのこと、共有スペースである
リビングまで私物で散らかしてゴミ屋敷のようにしてしまっていたという
かんちゃん(~_~;)

ひとり暮らしの部屋も、そんなカンジになってしまっているみたいですね

あまつさえ、AKBなどのアイドルとの握手券を目当てに、10万円以上の
お金をつぎ込んで、同じCDを大量に買っていたり。

相変わらず奔放な生活を送っているようですね


母の銀色さんがトークライブを開く際に、お客様の前で歌ったりもしている
かんちゃんですが。

前回、CD録音のときにも、ろくに練習をせずにうろ覚えでスタジオに行って
プロのスタッフに叱られていたというのに、今回もまったく練習しないまま
ステージに立っていて、そのせいで自分でも気持ちが落ち込んでいたようだ、
と書かれていましたが。

こういうところに、毎回違和感を覚えてしまうんですよね(~_~;)


前回にも書きましたが。

親子関係はそれぞれで、他人に迷惑を掛けていなければいいのだとは
思いますが。

トークライブは銀色さんの仕事であり、お客さんはお金を払って見に来られる
わけで。

そこに、そういう態度はどうかなと。

銀色さんは芸術家らしく自分の仕事には自負を持っておられるのに、そこに
娘がそんな態度で関わってくることに怒りを覚えないのかなあと不思議に
思いました。


それ以外は、今回の「つれづれノート」は初期の頃のほのぼのした雰囲気が
随所で感じられて、読んでいてとても楽しかったです。

生きにくいこの世を、若くもなく、さりとて老い切れてもいないという難しい年齢で
生きている同世代として、今後の銀色さんの人生から目が離せないですね。


お互い頑張りましょうということで、エールを送りたくなりました(*^_^*)



しゅるーんとした花影 つれづれノート21 (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2012-03-24
銀色 夏生

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by しゅるーんとした花影  つれづれノート21 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年04月14日 00:39
引っ越しは、体力が必要ですね。
私が、引っ越しをした時一部屋が荷物置き場になっていました。
必要のないものも多いのに、捨てられない。
時間ができたら、捨てなきゃ。
と思いつつ新しいものを買ってしまう
ひまわり
2012年04月14日 01:25
うちなど2~3ヶ月はダンボール積んでありましたよ^^;
いまは地震が恐ろしくて割れ物などの調度品は逆にしまってます。高い所は幸い息子がやってくれるので助かっております。
その息子の本棚には銀色夏生の詩が並んでますよ。エッセイはないですが。私めも活字中毒みたいになって本が途切れると慌てて予約したりして。ミステリーやダークファンタジーが好きなので恩田陸の『光の帝国』など等読み漁ってます。また面白い作品があったら教えてください^^。
2012年04月14日 05:12
ねこのひげは、いまだにオフクロの部屋が片付いてません。
見ると、やる気をなくすんです。

ねこのひげの、ジャニーズの嵐の追っかけをしていた姪も今年就職で、デザイナーの勉強をしていたので、アパレル関係に就職活動をしているようです。

中途半端な年齢が一番困りますね。
服装なんかもあんまり若すぎるのもイヤだし、歳よりじみたかっこうもイヤだし・・・・
髪の毛も、完全に白髪ではないし、まだ黒髪が多いけど、薄くなっているし・・・禿げているわけではないし・・・・
なにもかも、中途半端でいやになります(--〆)
キーブー
2012年04月14日 17:49
もうヘトヘトさん、こんにちは
ほんとに、引越しは体力がいりますよね。あと、気力も(笑)
段ボールから出さなくても支障がないということは、いらないものだということですよね^^;
思い切って捨ててもいいようなものですが・・・捨ててしまうと、そのあとあれがあったらよかった、な~んてことにもなるし。難しいですね(^^ゞ
キーブー
2012年04月14日 17:54
ひまわりさん、こんにちは
地震、昨日もありましたよね。いつになったらおさまるのか・・・って書いてる今も、東北地方で震度3だし(~_~;)
そっか、割れ物は片づけた方がいいですよね。なのに私は昨日わざわざ時計を高いところに掛けたり。あれももうちょっと低いところでもよかったかも
息子さん、銀色夏生の詩を読んでおられるのですね。
私は、詩はあまり読まなくて、もっぱらエッセイばかり。このつれづれノートはいちおう全作、本棚に並んでます
恩田陸の『光の帝国』ですか~( ..)φメモメモ
時間ができたら私も読んでみようっと♪
キーブー
2012年04月14日 17:59
ねこのひげさん、こんにちは
亡くなった方の遺品の片づけというのもまた、進まないものですよね。そういう気分になるまで、しばらくはそのままというのもいいんではないでしょうか。

中途半端な年齢の悩みって、男性にもあるんですね。
いままで似合ってた服が似合わなくなったり、そう、髪の毛も白髪は増えてはきてるけどまだ黒髪の方が多くて中途半端だし。なんだか辛気臭い気分になりますよね(笑)
時代も生きにくい感じだし・・・って、どの時代にも人はそう言うんでしょうけど(^^ゞ
2012年04月14日 18:16
正直 あの 引っ越した後の 落ち着かない風景 あー 思い出しちゃった 過去の あの日々 キーブーさん がんばれ!
2012年04月14日 18:55
こんばんは
引っ越しの片付け・・
段ボール箱を視界から消します!
押し入れとかに入れるだけ入れて
後で・・忘れます^^;
2012年04月15日 14:25
あらら~~ ゴミ部屋女子って… 痛い目見ないと直らないのかな?
しかし…読んでも無いのに 私も若干の違和感が拭えないお方だなぁ~~

踏み台から落ちないようにね~~
2012年04月15日 18:07
引っ越しお疲れさまです。
私も転勤族なので、引っ越しは他人事ではなく、、、
私はこの時に必要なもの、必要じゃないものを分けて、リサイクルショップに持ち込んだり、(泣く泣く)廃棄したりします。。。でも、判断しんどんですよね。。。
2012年04月15日 23:16
うちの押し入れの中にも、開かずの段ボールが
数箱あります…
もうそのまま捨てるかなぁ。
キーブー
2012年04月15日 23:50
seiziさん、こんばんは
そう、落ちつかないというか、期待と不安が入り混じったような不思議な気分。考えてみれば、小5のときに少年自然の家に行って、初めて宿舎の部屋に入ったときと同じ気分だなと思ったり(笑)
でもこの家、なんだかよく眠れます。夜中に目が覚めることがほとんどないし
キーブー
2012年04月15日 23:54
ただチャンさん、こんばんは
はい。当初、段ボールは取り合えず押し入れに入れて視界から消しました。んで、今はそれを少しずつ取り出しては片づけております(^^ゞ
あと、本棚の本もまだ半分くらいしか片付いてないし。
先は長いです
キーブー
2012年04月15日 23:59
まるおおさん、こんばんは
この手のことって、ホント痛い目を見ないとわからないよね。とりあえずは親にしこたま叱られることだと思うんだけどね(~_~;)
エッセイは読んでておもしろいんだけど、子育ての部分はホント違和感を感じるところばかり。なんでそうなる?みたいな部分が多いかなあ
踏み台、気をつけなきゃね。
ひとりで使っててコケて倒れたりしたら大変だから、みんながいるときに使うように、って言われたし・・・わたしゃ子どもか?(-_-メ)
キーブー
2012年04月16日 00:04
たかじいさん、こんばんは
うちも、かなりのものを処分しました。だいぶん前から使ってて微妙に壊れてる家具とか(^^ゞ
こぶた2号も、着ない服などをリサイクルショップへ持って行くと言ってましたね。
まあいくらにもならないでしょうけど・・・捨てるよりもマシだし、エコだし
そう、判断が難しいです。エイヤッと決断して処分したものに限って、あとであれがあったらよかったのに、な~んてことになるのが不思議ですよね(笑)
キーブー
2012年04月16日 00:07
なおみんさん、こんばんは
開かずの段ボール、どのおうちにもあるもんなんですねえ(^◇^)
そのまま捨てるのもいいけど、ちょっと中身を確認してから・・・な~んてやってると捨てられなくなり、そのまんままた置いとくことになっちゃったりするんですよね(笑)

この記事へのトラックバック