付喪神(つくもがみ)、お会いしたいもんです(*^_^*)




図書館で借りていた本がまた一冊、読み終わりました

畠中恵著 「つくもがみ貸します」


畠中恵さんといえば、「しゃばけ」シリーズが有名で、ブロ友のねこのひげさん
にもお勧めいただいたことがありました。

おもしろそうなので、手持ちの本が一段落ついたら、文庫本を買って読もうと
思っていたところ。

例によって図書館をブラついていたときにこの本が棚にあるのが目にとまり、
我慢できずに借りてしまったという次第です(^^ゞ



さて、この作品。

タイトルからもわかるとおり、いわゆる“付喪神(つくもがみ)”が大活躍する
お話なのですが。

皆さんもうご存じとは思いますが、念のために付喪神について解説しますと。

付喪神とは、長い年月を経てきた道具類に、神や霊魂が宿ったもの。
人の言葉を話し、なかには足が生えて、自分で移動したりするものもいます(^^ゞ



時は江戸時代。

出雲屋という古道具を扱う店に この付喪神がたくさんいて、店先で道具どうし、
ぺちゃくちゃとお喋りをしているのですね。

もちろん人目もあるので、客が来ているときなどは店の中はしーんとしています
が、出雲屋を切りまわしている姉弟ふたりだけになったときに、付喪神たちの
お喋りが始まります。


この出雲屋、古道具を貸し出す“損料屋”と呼ばれる商売をしているため、
付喪神たちはあちこちの家やお店に貸し出されることになり、帰ってきたときに、
今までいたところの噂話などを披露しあうのですね


その噂話に、出雲屋のお紅・清次の姉弟が割って入っても、付喪神たちは
返事をしません。
人間ごときと言葉を交わすなど、誇りが許さぬとでもいわぬばかりに、
黙りこくってしまったり。

それどころか、
「ほらまた、お間抜け清次がうるさいことを言ってるよ」
などと揶揄したりもするのですね(^^ゞ


ちなみに、この姉弟。

実のきょうだいではありません。

お紅の父の弟、つまり叔父夫婦に子どもが無かったため、知り合いから
幼い清次をもらい受け、お紅とは仲の良いいとこ同士として育つのですね。

ふたりが年頃になったころ、お紅の実家が火事でもらい火をして焼けてしまい、
そのときに父親を亡くしたお紅は叔父に引き取られます。

そしてその叔父も亡くなり、ふたりは力を合わせて、ほそぼそと出雲屋の看板
を守っているのですね。


そんなふたりですが。

付喪神の怪異にももう慣れっこになってしまい、勝手に喋らせているのですが。

それでも、彼らのお喋りにときどき耳を傾けては、『蘇芳』という名の古い香炉
の行方を探っています。

この香炉と同じ俳号を持つ行方不明の男性を、お紅はずっと探しており、
清次は心配しながらそれをそっと見守っています。


そして付喪神たちは、とうとう香炉の蘇芳の手掛かりを掴むのですが。。。



さて、同じ蘇芳の俳号を持つ男性は、いまどこにいるのか。

お紅とはどういう いきさつがあるのか。

それを見守る清次は・・・。


あとは、読んでのお楽しみ。

ラストは、すっと胸がすくような思いでした(*^_^*)



つくもがみ貸します
角川書店
畠中 恵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by つくもがみ貸します の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年05月15日 23:23
>あとは、読んでのお楽しみ。
読んだ気がする本だけど
もう一度読みたくなるわね。
キーブー
2012年05月16日 17:14
もうヘトヘトさん、こんにちは
ヘトヘトさんはすでに読まれたことがおありでしたか
そう、読んでてほっこりする内容だし・・・何度も読み返してみたい本ですよね。
図書館で借りたりせず、文庫本を買っておけばよかったかも。。。
2012年05月16日 19:01
おっ!?読まれましたか。
ねこのひげも、なにかの拍子に、寝る前とかに、ふっと、本棚から取り出して読み返したくなりますね。
ほんわかほっこりとよい気分にさせてくれる付喪神さんたちです。(*^。^*)
ひまわり
2012年05月16日 19:46
江戸もの中でも畠中さんの作品は
漫画みたいにサクサク読めますよね。
「しゃばけ」は特に好きですね♪
妖怪が出てきたり不思議で楽しいー。
テレビでも放映されて手越君が若旦那
やってましたがうけましたよ (笑)




キーブー
2012年05月16日 23:30
ねこのひげさん、こんばんは
この付喪神さんたち、人間とはじかに口をきいてくれないし、なかなか手厳しいことを言ったりもしますが^^;
お紅・清次の姉弟を見守っている感じが、とてもあったかくてよかったです。寝る前とかにちらっと読み返したくなりますよね(*^_^*)
キーブー
2012年05月16日 23:34
ひまわりさん、こんばんは
ホント、さくさくと読めました。おもしろかったです
手越君、体の弱い若旦那の役をやってましたね。ぴったりな感じで、あれもおもしろかったです。
この人の作品、また今日も図書館で1冊借りて来てしまいました。ちょっとハマりそうな予感。。。
2012年05月17日 19:55
オラもこのシリーズは何冊かよんだゾ。
ちょっと怪しくて楽しい。でも中身はよく覚えていない(^^ゞまあ、いっか~(^^)/~~
キーブー
2012年05月17日 22:46
moumou.h53さん、こんばんは
moumou.h53さんも読まれたことがありましたか~
中身は覚えてなくても、怪しくて楽しい雰囲気が心に残っているのなら、読んだ甲斐があるというものですね♪
私もしゃばけの初作を読んだはずなのですが・・・よく覚えてないんですよね。なので、また初めて読むような楽しみを味わえて得なことだと思ってます(誤爆)
2012年05月18日 15:21
あれ?何かこの本の内容に聞き覚えがあるなぁ。でも表紙は覚えが無いし。付喪神のお話は他にもあるからゴッチャになってるのかな?
日本の物の怪の話は楽しいですよね(^^)妖怪って日本人には身近で愛嬌のある存在だし、怪現象も「幽霊」って言うと怖いけど「妖怪の仕業」と言うと不思議と恐怖感がなくなるな~。
キーブー
2012年05月18日 18:12
miyoさん、こんにちは
付喪神のお話って、けっこう他にもありますもんね。違う本を読まれたのかもしれませんね
うん。幽霊はもう恨みに凝り固まってて話が通じないけど、妖怪はまだしも何とかなりそうな気がするよね(笑)
それにしても、この本に出てくる付喪神たち。おもしろくて情もあって、こんな付喪神ならうちにもひとりふたり欲しいなあ(^^ゞ
2012年05月26日 10:35
こんにちは。
私も畠中恵さんの作品がスキで結構読んでます~。

つくもがみが、どいつもこいつもかわいいんですよね~、って感じるのは私だけでしょうか(笑)。
キーブー
2012年05月26日 16:45
kemochimeさん、こんにちは
kemochimeさんも、畠中恵さんの作品がお好きでしたか~
付喪神、おどろおどろしさがなくて、ホントかわいくておもしろいですよね♪
こういう妖怪なら、ぜひお友だちになりたいもんだと私も思います(^o^)

この記事へのトラックバック