懐かしい映画。




昨夜は、BSで『タワーリングインフェルノ』をやっていましたね

とても懐かしかったです(*^_^*)

画像



でも、始まる時間がちょうど晩ごはんの後片付けなどでちょっとバタバタする
時間帯だったので、もうちょっと騒ぎが大きくなってからでいいやと思い、
家事を優先しておりましたが。

ひと段落ついてテレビの前に座ったとき、不埒な不倫カップルが火の中に
取り残されたことに気づいて慌てはじめておりました。

おっ、グッドタイミング♪

ということで、そこからは腰を据えて観始めました。



この作品ももう何度も観ておりますが。

悲惨なパニック映画であるにもかかわらず、観るたびに懐かしくてほのぼの
した気分になります(笑)


考えてみれば、スティーヴ・マックィーンポール・ニューマンをはじめとして、
ここに出演しているほとんどの人がもう鬼籍に入っているんですね(~_~;)


画像



フェイ・ダナウェイも、妖艶でありながらきりりとしていて魅力的だし。

今さらではありますが、フレッド・アステアやらロバート・ボーンやら、
豪華キャストがあちこちちりばめられている作品でありますね


この大参事の原因を作りながらも責任感が皆無で、あまつさえ自分だけ
助かろうとした社長の娘婿が、救助用のリフトを横取りしようとしたのを、
数人の男性が阻止しようとして その時の事故でロバート・ボーンが転落死
するところ、何度見ても、
「ああ・・・ソロさんが死んじゃった」
って思うのですが(笑)


それにしても、あの娘婿、ほんっとわかりやすいクズ男でありますね

まあ結局は彼も天罰で悲惨な死に方をするわけでありますが。

鎮火したのち、妻である社長の娘が夫の死を嘆き悲しむシーンがありますが、
周りの目は当然のごとく冷ややかなものでありました。

当然と言えば当然ですね。

いっそみごとなくらいのクズっぷりだったというのに、あのお嬢ちゃんは
いったい彼のどこがよかったものか(~_~;)

200人もの罪のない人が亡くなっているというのに、その責任者の家族と
いう立場で、よくああも手放しに悲しむことができるよなあ、というのが正直
なところでありました



それにひきかえ、ふたりの主人公、スティーヴ・マックィーンとポール・ニュー
マンの爽やかでタフなヒーローぶりには、いつも胸がスカッとします(*^_^*)


ニューマンはただの設計士だというのに、逃げ遅れた子どもを背負って、
縦横無尽の活躍

マックィーンは消防隊のチーフだけあって、見るからに頼りがいがあるし、
実際次から次に起こる問題にひとつずつ冷静に対処するさまは、いつも
ながら惚れ惚れしますね(*^_^*)

画像



なのに、ラスト近く。

疲れ切った彼に上層部が、エラソーに決死の爆弾作戦を命令するシーン。

何度見てもアタマにきます。

自分にできないことを、ヒトにえらそうに命令するんじゃないよ


それでも彼は、それが自分にしかできないとわかると、黙って命令に従うの
ですね。

それを手伝いに行くニューマンもエライ!


でも。
爆弾の仕掛け方を淡々と説明したマックィーンが顔を上げ、
「わかったか?」
と訊くシーンでは、思わず画面に向かって、
「わからん!さっぱり覚えられんわ!図に書いてくれんと」
と叫んでしまった私(笑)

その後マックィーンは実際にニューマンの目の前で爆弾を仕掛けてみせ、
「どうだ?」
と再び訊くのですが。

うん。
あれならたぶん、私にもできるかな^^;

ちょっとホッとしました(笑)

私があの場にいて一緒に爆弾を仕掛けることになっていたとしても、さほど
足手まといにならずにすんだんじゃないかな(爆)


・・・まあでも、あんなところに居合わせたくはないですけどね(~_~;)







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年02月07日 00:26
懐かしい。
何十年まえの映画かな。
私も見ているもの
2013年02月07日 05:40
これは何十回も見てますね。
きのうは『ダイハード』もやっておりました。
若い!若い!
最新作では、モスクワで大暴れ。息子まで出てきますね~
どちらにしろ、あんな現場にはいたくないですね。
宍戸錠さんみたいに「放火だ!おれが捕まえてやる!」と怒鳴りたくなる気持ちもわかります。
ひまわり
2013年02月07日 10:35
これと「ポセイドンアドベンチャー」は
よかったですよね。
70年代の映画はすきですね。俳優も。
娘婿のリチャード・チェンバレンも
「三銃士」ではいい役だったのに…
ワルでしたねえ。
スティーブ・マックイーン。
寡黙で恰好いい。
2013年02月07日 14:57
うん よく見る映画だ^^
確かにこういうおなじみの映画は騒ぎが程よく大きくなった頃から見るのが良いね♪
キーブー
2013年02月07日 17:06
もうヘトヘトさん、こんにちは
これ、1974年作だそうですよ。そんな前だっけ、って私も驚きましたが(笑)
昔な感じはするけども、今でも充分楽しめる作品ですよね(*^_^*)
キーブー
2013年02月07日 17:11
ねこのひげさん、こんにちは
『ダイハード』、やってましたねえ
ウィリス、若かったですね。やっぱり時は確実に流れているのですね(^^ゞ
最新作、今から楽しみなんですよね♪
CMで「運の悪さは遺伝するのか~~!」なんて言ってて、思わず吹き出してしまいました(笑)
宍戸錠さん・・・お気の毒でしたよね。あれから報道を見ませんが・・・やはり放火だったのかなあ
キーブー
2013年02月07日 17:15
ひまわりさん、こんにちは
「ポセイドンアドベンチャー」もよかったですよね♪
あれもそういえば、最近観なくなりましたね。またやってほしいなあ(^^)
スティーブ・マックイーンはもう、不滅の役者ですよね
彼の出演作品ばかりを集めて放映するのもいいかも。「大脱走」とか、今でも視聴率を取れると思うのになあ(^^ゞ
キーブー
2013年02月07日 17:17
まるおおさん、こんにちは
まるおおさんにも、お馴染みなんだね、この作品は♪
うん。こういう何度も観たヤツって、ほどよく盛り上がってから観るので充分なんだよね(笑)
2013年02月07日 19:44
子供の時に、テレビでやっているのを父の隣で見てたような記憶が…でも、大人になって見たことないから、ちゃんとしたストーリー、よく知らないんです。
見れば良かったなぁ。
ついこないだやったばっかりじゃ、当分、テレビで放送しないですよね。
2013年02月07日 23:36
こんばんは
この映画・・中3でした^^;
2013年02月08日 10:22
懐かしい!!!
映画館に いきました、、、、
2013年02月08日 10:56
こんにちわ~♪
小学校の頃かな~。
この映画は見てないけど、スティーブ・マックイーンは大好きでしたよ~。
なんか男らしくってね~!
大脱走が印象強いですぅ~!
”鬼籍”って、もう忘れてましたね~。
さすが、キーブーさんだわ~!
なかなか出会わない言葉ものね~。
キーブー
2013年02月08日 18:42
あずきねこさん、こんにちは
そう、そんな感じ♪ 私も最初は、映画好きな母がテレビのロードショーで観ていたのを横で一緒に観たんですよね
ストーリーというほどのこともないんですよね。火事になって、タワービルだったために消化に難渋して・・・その間、当事者の事情や人生にスポットが当たって、みたいな(^^ゞ
退屈はしないと思うので、ぜひ次はご覧になってみて下さいね(^^♪
キーブー
2013年02月08日 18:44
ただチャンさん、こんにちは
おっ、ただチャンさんは中3でしたか~♪
私は小6です(*^_^*)
キーブー
2013年02月08日 18:46
バクさん、こんにちは
わあ、映画館で封切りを観られたんですね
いいなあ。この作品を観るたび、スクリーンの大画面で最初に観た人がうらやましいって思ってたんですよね~(*^_^*)
キーブー
2013年02月08日 18:50
夕顔とひまわりさん、こんにちは
スティーブ・マックイーン、決して甘いイケメンではないのだけど、表情に力がありますよね。好きな役者さんのひとりです(*^_^*)
『大脱走』、面白かったですよね。ジェームス・コバーンなんて出てたし・・・マックイーンは脱走を失敗して独房へ戻されても平気でキャッチボールをやってて、あの淡々とした感じが面白かったです
アリ・マッグローと共演した『ゲッタウェイ』なども、また観てみたいです♪
2013年02月08日 23:14
この映画は若い頃(相当に)見たことがあります。写真を見るとそうそうこれあったよと思い出すのに、ストーリーは全く思い出せません
キーブー
2013年02月09日 18:34
サヤ侍さん、こんにちは
サヤ侍さんもご覧になったことがあるのですね。さすがメジャーな作品でありますね。不朽の名作、というのはこういう作品のことなんでしょうね
ストーリーというほどのこともなく・・・まあ消火に手間取った挙句、二人の大活躍で鎮火、というところですね(笑)
でも最後の爆破作戦は、何度見てもすごいです(^^ゞ
2013年03月14日 12:27
懐かしいですね。この映画は雑誌「ロードショー」で知りました。当時小学6年生でしたが、夜な夜な映画(洋画)観ていました。その当時の俳優さんは個性的でしたね~!
キーブー
2013年03月15日 17:09
ぬえさん、こんにちは
あら!・・・ということは、ぬえさんと私はほぼ同い年ということになりますね♪
雑誌「ロードショー」「スクリーン」、懐かしいですね。今でもあるけど(^^ゞ
当時、私の身辺ではロバート・レッドフォードのファンが多かったような。。。

この記事へのトラックバック