幽霊なんかいないと言い切る人に限って。。。(^O^)




本日、午後9時から、毎年恒例の本コワこと『ほんとにあった怖い話』
フジテレビで放映されますね

怖いもの好きな私としては、今から楽しみなのですが(*^_^*)

まあでも、こういうのって年々怖さが薄れてきてるというかマンネリ化してる
感じで、終わってみればいつも大して怖くなかったなあ、とがっかりすること
が多いです(~_~;)


それでも、こないだの『実録世界のミステリー』という番組は、ちょっと
面白かったんですよね。

椎名桔平さんがナビゲーターをしている番組で、以前にも不謹慎?!^^;
という記事で触れたことがあったのですが。

あのときは実際にあった凶悪犯罪を紹介していたのですが、今回は実話の
幽霊話をやっていました。



いくつかあった話のなかで面白かったのは、アメリカで家を買った一家に
襲いかかる双子の女の子の幽霊の話。

格安で買った大きな家(この時点ですでにアウトですが 笑)に、夫婦と
幼い姉妹の4人家族が引っ越してくるのですが。

初日の晩に、早々と出てくる双子の幽霊(笑)

このときは姉娘のグレースだけが目撃してパニックになり、両親は誰もいない
はずの1階から響いてくる子どもの笑い声を聞いただけだったのですが。


その数日後に母親も幽霊を目撃し、また、偶然 屋根裏から見つかった
古い写真にその双子が写っていたりなど、奇怪な出来事が相次ぐのですね。


母親はそれらを夫に訴えるのですが、ただひとり幽霊をじかには見ていない
彼は、引っ越したばかりで疲れてるんだとか言って、とりあおうともせず。

その様子を見て、なんだか腹が立ってきた私。


だいたい、これが屋根裏の写真を最初に見つけて、そのあとに起こったこと
だというなら、不気味な写真を見たことで恐怖感を覚え、そこに引っ越しの
疲れも加わって家族内ヒステリーみたいなことになっちゃったのかなあとも
思うけど。

いろいろとあった出来事の最後に写真を見つけ、双子の顔から服装から、
すべてが一致したというなら、もっとちゃんと論理的に考えてみるべきじゃ
ないのかなあ。


幽霊なんぞ信じないというのも、わかりますが。

それはそれとして、明らかに妻と娘たちが苦しんでいるというのに。
しかも、娘たちはまだ幼いし。


なんだコイツ。
こんなヤツ、アカンわ。
こんなのに限って、んじゃあ ひとりでこの家で夜明かししてみてよ、って
言ったら急にビビッて、それはムリや、なんて言うんだよね

そんなことをこぶたたちに言っていたら。

場面は展開して、とうとうお父さんがひとりで、幽霊の出没する子ども部屋で
夜明かしすることになっておりました。


ふーん。
まあ、このお父さんはまだ見どころのあるヤツかもしれませんね(笑)


さっさと娘のベッドで寝はじめたお父さんですが。

夜中過ぎ。
「ねえ、遊びましょうよ」
の声で目が覚めるのですね

「ねえ、遊びましょうよ・・・グレースは?グレースはどこ?」

声とともに、体をぐいぐい揺さぶられ、恐怖に引きつるお父さん(^O^)

その様子を見ていた私は、
「ほら見てみい。人の言うことをハンパに聞いてたアンタが悪いんや。
お嬢ちゃんたち、もっともっとやっちゃって下さいよ」
と、笑いがとまりませんでした(^◇^)

「やめてくれー!助けてくれー!」
というお父さんの絶叫が響き渡り、家族が駆けつけるのですが。

情けなさそうな半泣きの顔で、
「出たよ。出たんだよ、双子が。。。」

それを見て、留飲を下げた私(笑)

それはよかったのだけど。


その後の話として、この家が昔火事に遭っていたことがわかったり、
庭の木の下から女の子の焼け焦げた洋服が出てきたりとか云々。

ようするに、その後そのまんま住み続けてるみたいなんですよね


まあ幽霊が出るだけなら、気にしないで住み続けるのもアリかもしれない
けど。

姉娘のグレースは、双子はこの家がまた火事になるって言ってるよ、なんて
ことまで言っているのに。

よくまあ、引っ越さないもんだ(@_@)

私なら、こんな家、一日だって居られないけどなあ



さて。

怪談ということで、こないだ読了した『大阪怪談集』という本を紹介しようと
思っていたのですが。

前フリのつもりで書いたテレビの幽霊話が、例によって思いのほか長くなって
しまったので、また今度とさせていただきます(自爆)


夜の本コワ、楽しみですね







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ひまわり
2013年08月18日 13:56
職場で出たことあるようです。わたしは
チラと気配を感じただけでしたが…
目を合わせてはいけないらしいです。
そしてネガティブになってはいけない
ことも。恐い話をしている場所にも
寄ってくるそうで…
家にまつわる霊の話はよく耳にしますね。
考えてみれば東京大空襲で死体の山が
埋まってるんだから東京の何処に住んで
も変わらないと息子はいいます。
確かに…。
桔平さんの番組でマダニと寄生虫
の話は観ました。
きのう夏祭りでしたが草深い広場に
は行けませんでしたよ^^;
キーブー
2013年08月18日 15:49
ひまわりさん、こんにちは
うわあ、職場で出ましたか~~
昔、お気楽主婦だったときに近くのスーパーでパートをしていたのですが、そこも出る噂があり、受付カウンターで座っていたら、“見える”人から「そこはあまり近づかない方がいいよ」なんて言われたことがあります。気にしてなかったのだけど、その後 私は短期間ですが入院する羽目になりました。元気だけが取り柄だったのに^^;
あとで聞いたら、その席はいつも幼い男の子の霊が座っていたんだそう。だったら早めに言ってくれー
マダニ、話題になってますよね。
私もニュースで見てから、あまり草が生い茂ってるところへは行けなくなりました。
2013年08月18日 15:57
なにもこっちから 怖い目に会いにいかなくてもいいと思うんだけどーーー 単純 そう思います
2013年08月18日 18:18
映画『シャイニング』の元ネタのような話ですね~
幽霊は残留心念エネルギーだという話がありますけどね。
2013年08月19日 00:46
幽霊とゴキブリ
どっちが恐いだろうか
私は、霊感マイナスだけど、ヘトヘト家は霊感すごいです
金縛りは、あれは霊
私も、幽霊と言うか体験はあるわね。
あれは、おじぃちゃんが来たのだと思う。
どんなにドアを閉めてもパタンとドアが開く。
鍵を掛けてもダメ
私は、眠かったけど、父親が一人で見に行けず私を起こして一緒にドアを閉めに行った。
それでも、また開くから
開けっ放しにして置いたらいいのにね
ぶひ
2013年08月19日 07:19
お久しぶりです
ちょっと忙しくお邪魔できなくてすみませんでしたm(__)m
最近平和ですが、気のせいだと思って流してる事多々あります・・特に夜中
ホラー系の番組は、気にはなるので音だけ聞いてる私です
キーブー
2013年08月19日 16:02
seiziさん、こんにちは
そうですよね~。肝試しだとか言って、わざわざ廃墟になんぞ行かなくてもいいのに、って思いますよね。
でも、これがテレビ番組となったら・・・観ずにはいられないのですね(^O^)
キーブー
2013年08月19日 16:05
ねこのひげさん、こんにちは
『シャイニング』の怖くない版みたいな話ですよね(^O^)
そうですね、カタツムリがうっすら這った跡を残すように、何らかの残留エネルギーが残るのかもしれませんね。それだと、オカルトではなく、ちゃんと科学的に説明がつくのかも。
キーブー
2013年08月19日 16:10
もうヘトヘトさん、こんにちは
幽霊とゴキブリ!
難問ですね。うーん、うーん・・・ゴキブリはパシッと叩けばそれで終わりだけど、幽霊はそれ以上死なないから対処法がないですもんね。ゴキブリの方がまだマシかも。僅差ですが(笑)
金縛りはちゃんと説明のつく現象のようです。それでも怖いですけどね^^;

お父さまがヘトヘトさんを頼ったの、すごくよくわかります。私でも、近くにヘトヘトさんがいたら絶対起こして一緒に行ってもらうし(笑)
カギを掛けてもダメでしたか~
だったらもう・・・ヘトヘトさんに一緒に寝てもらう以外ないですね(^◇^)
キーブー
2013年08月19日 16:13
ぶひさん、こんにちは
はい、お久しぶりです
最近は平和な日々なのですね。よかったですね♪
んで、ぶひさんも「気のせい」で流すタイプですか~(笑)
私もそうです。あんなの、必死で究明したって仕方ないですもんね。見なかったふり、気づかなかったふりで通しましょう(爆)
2013年08月19日 21:49
その番組は見逃しましたが、そんな怖い思いをしてまで、なぜ住み続けるんでしょうね?幽霊が逃げるのを阻害するのかな? ☆キリスト教徒は、幽霊屋敷でも気にしないで住む人が多いです。神に守られてるから幽霊に遭ったり呪われたりしないと思っているんです!(^^)!でも見えたら嫌ですよね~!私も遭いやすいので、心霊スポットなんて行かないです。
キーブー
2013年08月20日 16:28
ぬえさん、こんにちは
ほんとにねえ。さっさと引越せばいいものを、って思いますが。
まあ、賃貸ならともかく、買っちゃったのならちょっとキビシイかもしれませんね。それでも私なら引越すけどなあ^^;
死者は生者に手出しはできぬ、などと言いますが。
見えただけで大ダメージですからね。ゴキブリと同じで(笑)
私も、わざわざ心霊スポットに出掛けたりはしないです。危うきには近寄らず。。。
2013年08月21日 11:53
実は…のっぽの今の職場もどうも怪しいようなんですね。
パートさんが話していたのを横で聞いていたんだけど、あまり真剣に聞くと怖いので、途中で聞くのを辞めました。
そう言えば独身時代に勤めていた会社もそういう話が結構あったんですよね。

感じるのも見るのも経験はありませんが、金縛りは経験あるのっぽ。
疲れているからかかるという説もありますが、おなかの上に乗られている感触があった時と体をゆすられるような感じがあった時は恐怖でした…。

あとひとりではホラーものは観ないようにしています。
前にブログで紹介した本も夜はひとりの時は読めませんでした…(汗)
キーブー
2013年08月21日 23:24
のっぽさん、こんばんは
あらら、のっぽさんの職場も出ますか~~
金縛り、最近はないですが、私もけっこう何度も怖い思いをしました。あれは脳科学でちゃんと説明がつくのだそうですが・・・それでも怖いですもんね。
私も体を揺さぶられたりする感覚があったり、耳に、ラジオのチューニングをするときの雑音のようなものが大きな音で聞こえたりとか、ありましたね~
あと、部屋の中では聞こえるはずのない音がずーっと聞こえてたりとか(笑)
私も、ひとりの夜はホラーにはかかわらないようにしてます(^O^)
2013年08月24日 16:46
よくあるホラー映画のストーリーだよね(爆)私は霊に関して肯定も否定もしないけど、いわゆる霊体験という話には、まず疑いでなく現実的に考えてから、どうなのかな?と思う様にしているんだけど、こういう話はやっぱり現実的に考えるよりも前に「いや、それって霊だから!!」という結果になっちゃうね(爆)とは言っても、思春期の頃には人並み程度に不思議体験なんぞ経験あるとはいえ、今は霊感なんてものはマイナスな感じだから、例えば私が件の子供部屋で寝たとして双子と遭遇出来るかしら。まぁその前に霊感マイナスでも怖がりだから「絶対にそんな部屋では寝ない!!」と泣き叫ぶけどさ(笑)
キーブー
2013年08月24日 23:20
miyoさん、こんばんは
うん、ストーリーとしてはホントよくある感じ(笑)
そんでも実際に体験したらけっこう怖いと思うよ。なんせ双子だし。怖さも2倍?(^O^)
幽霊がいるのかいないのかは本当のところわからないんだけど・・・でも家族が苦しんでるのなら無下に否定しないで、まず苦しいのを解決しようという姿勢が欲しいとこだなと私は思ったんだけどね。このお父さんは頭っから否定してたよ。ホント石頭(笑)
どうだろねえ・・・みんな双子を見たのに、自分だけ朝まで熟睡というのもちょっと寂しいかな(誤爆)
うん。私もまずそんな部屋では寝ないな
たぶん“視る”能力は皆無だろうけど、それでも近寄らないに越したことはないもんね(^◇^)

この記事へのトラックバック