映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海』を観た!




昨日の水曜レディースデー、観てきた映画はこれ


トール・フロイデンタール監督 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
                                        魔の海』



画像



あらすじは。

神々の父であり、その邪悪さのために封印された王であるクロノスの復活を
阻止するため、パーシーは魔の海に隠された黄金の毛皮を探しに行くことに。

そんなパーシーの前に、弟を名乗る目がひとつだけのサイクロプスが現れ、
ともに魔物たちがはびこる魔の大海原バミューダトライアングルへと冒険の
旅に出る。



画像



突然ですが。

絶対に観ようと決めて楽しみにしていた『ウルヴァリン:SAMURAI』
見逃してしまったのですよ

話題作だったし、てっきり長いこと公開しているものと思って油断していた
ところ、あっという間に打ち切りになってしまいました。

ということで。

最近、面白い映画もないし・・・まあこれでも観ておこうかな、って。

・・・じゃなくて、と(笑)

この作品、初作を映画館で観ているのですが、とても面白かったんですよね。

なので、期待をして観に行きました(^^ゞ



冒頭、デミゴッド(神と人間との間に生まれた者)の若者たちばかりを集めた
訓練所のようなところから、物語は始まります。

前回、自分の父がポセイドンであることに驚き、その事実をなかなか受け入れ
られずに戸惑っていたパーシーですが。

今回はもうそこに迷いはなく、ほかの同じような境遇の若者たちと一緒に、
日々訓練に励んでおられます


そこにいる先生のひとりは、酒を飲もうとするとすべて水に変わってしまうと
いう呪いをゼウスにかけられており、もう長いことそんなふうなのに、それでも
果敢に試してみては絶望している様子が笑えました(^O^)

そして、もうひとりは下半身が馬のケンタウロス先生。

歩くたびにパッカパッカいうのは仕方ないとしても(笑)、上半身は背広を
着てネクタイを締めているのに、下半身は馬(^^ゞ

ズボンを穿くったって馬用のものなんかあるわけないし・・・上半身のお堅い
ファッションに引き比べ、下半身は丸裸の馬のまんまで、無防備なこと
このうえなし。

・・・って。

そんな些末なことに気を取られてる人なんていないよ、って自分で自分に
言いきかせたものの。

箸が転んでもおかしい年頃の子がたくさん集まってて、だーれもこれを
面白がらないなんて、って不審に思ったり。

私ならきっと、この先生が来るたびに笑いをこらえきれなくて困るだろうし、
友だちと肘で突っつきあって、
「ほら、来たよ。上半身正装で、下半身スッポンポン先生が」
なんて言って、面白がるでしょうに(^◇^)


あと、気になったのが、パーシーたちが追い求める魔法の毛皮。

字幕では「羊毛」となっていて、彼らはそれを「フリース」と発音しておられ
ました。

フリース!
ユニクロお得意の、あれか?(誤爆)


彼らが満身創痍となりながらも、悲壮な顔で「フリース!フリース!」と
言っているのを見て、ちょっと笑っちゃった私。

でも、映画館の中のだーれもそんなことでは笑ってなかったですけどね^^;


結論としては。

面白かったし、退屈しなかったし、いい作品でありました。

今後、テレビ放映になったらたぶん観るだろうし。

でも。

せめて30年前に出会っていたら、きっともっと楽しく観れたんじゃないかな(笑)

っていうか、これはたぶん私自身に問題があるんだろうな^^;


でも、ホント。

大人も子どもも楽しめる、いい作品だと思います。

まだの方は、ぜひ観に行かれてみて下さい。

公開されているうちに(笑)






 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年11月14日 23:36
>水曜レディースデー
年齢制限がなくて良いわね
>酒を飲もうとするとすべて水に変わってしまうと
それは困る
>下半身は丸裸の馬のまんまで、無防備なこと
監督にお手紙書いたら
2013年11月15日 09:21
わははユニクロやらすっぽんぽんが入り乱れ楽しそうだね~~♪
そういや「はたらけケンタウロス!」って漫画で働くケンタウロスの苦労とかが描かれてて楽しいよ~~
2013年11月15日 09:39
あらすじを読んだら『アルゴ探検隊の大冒険』に似てるけど、これはケンタウロス先生が出て来るんですね。解説読んで、爆笑してしまいました!!いやあ~!そのケンタウロス先生見ても、誰も笑わなかったんですか?「下半身スッポンポン先生」見たいなあ~!!映画では、それが下ネタのつもりじゃなくて、大真面目なんですね?☆☆☆昔のドラマ『探偵物語』のオープニングで、上半身正装、下半身はズボンはいてない松田優作が可笑しかったけど、上には上があるもんですね~
ひまわり
2013年11月15日 13:35
予告で観て面白そう!と思いました。
前にわたしも「アベンジャーズ」を
見逃しております。
あれはロングランだったのかな?
映画館が近いのでいつでも観れると
思うと返って観なくなりましたね。
観たいと思う映画…少なくなりました。


キーブー
2013年11月15日 22:46
もうヘトヘトさん、こんばんは
そうなんですよ。水曜レディースデーには年齢制限も、伴侶のあるなしも問われないのですね。いい制度です(^O^)
酒が水に変ってしまう呪いは、ゼウスが生きているあいだ限定だそうですが(笑)
ゼウス・・・誰よりも長生きするに決まってますからね。さっさと詫びを入れに行った方がいいような気がします(笑)
下半身が馬でもいいんだけど、それなら上半身も何も着なかったらいいと思うんですよね。あれはホント、私の笑いのツボにはまりましたが・・・だーれもそんなこと気にしてないんですよね。なんで??^^;
キーブー
2013年11月15日 22:50
まるおおさん、こんばんは
ホント楽しい映画で、そんなに頭を使わなくていいし(笑)、まさに娯楽映画の代表ともいうべき作品だよね(爆)
「はたらけケンタウロス!」かあ。探してみようっと♪
ケンタウロスが働くって、農耕馬とかそんな感じ?(^O^)
あのヒト、車幅が広いんで小回りが利かない感じなんだよね^^;
キーブー
2013年11月15日 22:56
ぬえさん、こんばんは
『アルゴ探検隊の大冒険』ですか。私は読んだことないんですが、こんな感じのお話なんですか?
ケンタウロス先生、キバツなうえに動き回るとパッカパッカうるさいですしね(笑)
はい。映画は子どもも射程距離内に入れて作られてる感じなので、下ネタ狙いではないです(^O^)
ただ、ポセイドンとは兄弟の神、ヘルメスがエルメスを使ってるとか、しょーもないダジャレはありましたけどね(^^ゞ
キーブー
2013年11月15日 23:02
ひまわりさん、こんばんは
「アベンジャーズ」、私も見逃してるんですよ~
あれは体調不良のときだったので仕方なかったのですが・・・返す返すも悔やまれてなりません(~_~;)
観たい映画、少なくなりましたよね。
あとは・・・ブルース・ウィリスの「REDリターンズ」くらいかなあ。あ、それと「ウォーキングwithダイナソー」もけっこう面白そうなんですよね。それくらいかなあ。。。
2013年11月16日 17:38
年寄りも 楽しめますかねー 
2013年11月16日 20:06
seiziさん、こんばんは
はい。カリメロが大好きなseiziさんなら、きっと楽しんでいただけると思います(*^_^*)
2013年11月22日 03:19
先日ロバート・デ・ニーロの“MALAVITA”を観に行った時後ろに多国籍の外人さん達が陣取って盛り上がっていましたが,要所要所「アツクナイ?」「ヘンタイ」とか日本語がちらつき,あぁこの映画観に来てよかったとつくづく思いました。
キーブー
2013年11月22日 22:48
まりりんまんしょんさん、こんばんは
多国籍の外人さんたちが、日本語でしゃべってましたか~(^O^)
ロバート・デ・ニーロの“MALAVITA”って、そんな作品なんですか?けっこう面白そうだなとは思ったのですが。
どうしよう。観てみようかな(^^ゞ

この記事へのトラックバック