面白かったーー!(^◇^)




図書館で、超ド級に面白い本と出くわしました

これ、近年読んだ中では、ベスト1かも


長浦京 著 『赤刃』


2012年1月に発行されているこの本。

巻末の著者の紹介には、この作品で小説現代長編新人賞を受賞し、現在は
そば店勤務のかたわら執筆活動を続けている、とありました。

これだけの小説が書けるのに、まだ専業小説家じゃないなんて

でも、この人は絶対に近いうちに 押しも押されもせぬ小説家になると思い
ます、ってか、今ごろはもうそうなってると思います(^^ゞ



ということで。

まずは、あらすじから。


ときは三代将軍、家光の御世。

江戸の町では辻斬りが頻発するようになり、数百人にも達する被害者が
出ます。

被害は次第に武家にも及び、白昼 大名屋敷に押し入って、大名の子弟を
拉致する凶悪事件が複数件おきるまでに事態は切迫。

松平伊豆守は『掃討使』と呼ばれる精鋭部隊を結成して事態の収拾に
あたりますが、その掃討使も殲滅させられてしまいます。

打つ手のなくなった伊豆守は ある男の存在を思い出し、彼を新たに
掃討使に任命するのですが。

さて、彼は無事に使命を果たせるのか?




冒頭、隅田川の河原で身を寄せ合って眠っていた「おんぼろ」と呼ばれる
物乞いたちが、数人の若い武士に面白半分に切り殺されるところから
物語は始まります。

この武士たち、まだ幼な顔が残っているような若さなのですが。

名を上げるために夜っぴて今評判の辻斬りを探し回ったものの、空振りに
終わったため、血気を押さえきれずにこんなことをしているのですね。


腕もまだ未熟なため、不必要に「おんぼろ」たちを苦しめながら次々と惨殺
していくあいだも、高笑いをしている武士たち。

そこへ件の辻斬りが現れ、たったひとりであっというまに武士たちを
切り伏せてしまいます。

辻斬りの足元に這い寄り、彼を拝んで涙ながらに礼を言う「おんぼろ」たち
ですが。

辻斬りはこともなげにそんな彼らをも切り捨て、ひとり残った「おんぼろ」に、
このありさまと恐怖を皆に伝えよ、と命じるや、彼の目を切り潰して消える
のですね。


いやあもう、この冒頭シーンからしびれました(笑)

この辻斬りは複数いるのですが、彼らには善悪や情などまるで通じず、
まるで怪物のよう。

松平伊豆守が任命した掃討使は、選り抜きにもかかわらず9人はあっけなく
殺され、ひとりは行方不明、ひとりは瀕死の重傷を負わされ、なんとか恢復
したものの、不自由が残る身となるのですね。


公儀とて手をこまねいているだけではなく、辻斬りの身元もなんとか特定
し、その履歴も調べ上げてはいます。

それらを書きつけた帳面のタイトルがなんと『凶人帳』。

それほどに、犯人たちは異常な人物なのですね。


主犯格の男は、3兄弟ともに、父親から過酷な教育を受けています。

小者から成り上がった武士である父親は、子どもには強い武士になって
欲しいと願うあまり虐待まがいの鍛え方をしたあげく金で買ってきた町人を
ひと月に1回、切り殺させるのですね。

耐えかねた長男が殺人を断ってその町人を逃がそうとするのですが、
それを見た父親は長男とその町人を切り殺し、弟たちへの見せしめと
します。

上の弟は、のちに父親をいくさの どさくさの中で殺し、その後も常軌を逸した
殺人を繰り返した挙句に捕まるのですが。

慈悲深い老僧が自分の寺で引き取ろうと言ってくれたため切腹をまぬがれ、
その後 その寺で修行をして内省のときを過ごし、一緒に暮らす僧たちとも
打ち解けて話すようになります。

二十年近くをそうやって穏やかに過ごしたある日、突然、恩師をはじめ僧たち
を皆殺しにして、寺を逐電するのですね。

この男が、今回の辻斬りの主犯になるのですが。

一番下の弟は、これまでの忌まわしい人生を忘れ去るため山にただひとり
こもって獣のように暮らしていて、今回、兄についての聞き取りのため 探し
出されたところ、言葉すら忘れかけていて、もはや人とも呼べないような
ありさまだったのですが。

自分たち兄弟の生い立ちを話したあと、すぐまたすべてを忘れるために
山に戻ってしまうのですね。

この主犯格の男は妻子もいたのですが、それらを公儀に人質にされて、
あげくに公開処刑されても、まったく心を動かしません。

なんというか、もう異形の者としか言えませんね。


似たような者たちで結成された辻斬り集団は、向かうところ敵なしといった
感じで、どんどん凶悪度を増していきます。

そして、民百姓の怒りはその辻斬りにではなく、彼らのなすがままに無力で
無能である公儀、すなわち幕府に向けられていくのですね。


これではならじと、伊豆守が最後の切り札として掃討使に任命したのが
小留間 逸次郎(こるま いつじろう)という男。

旗本の次男ですが、幼いころから武芸に優れ頭もよかった彼は、それを
ねたんだ仲間に真剣での立ち合いをふっかけられて、14歳でその相手を
誤って殺してしまうのですね。


追う方も追われる方も、重い過去を背負っていますが。

この戦いはまさしく死闘。

辻斬りをひとりまたひとりと片付けていく逸次郎も、そのたびに傷を負い、
満身創痍となりますが、残った敵は容赦なく攻撃を仕掛けてくるし。


この作品、ぜひ映画化してほしいです。

私の頭の中ではもう、すでに映像化されてますけどね(^O^)



赤刃
講談社
長浦 京

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 赤刃 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年02月26日 01:03
こういう本をかける精神力というか
創造力というべきなのか
あって話したらとせんな人なのだろうか
不気味だわ
ひまわり
2014年02月26日 09:05
次男は正に羅刹になってしまいましたね。
父親もまた人鬼。
もう止めようがない有様で恐ろしいです。
映画だとキャストは誰をイメージ
しますか?

キーブー
2014年02月26日 21:12
もうヘトヘトさん、こんばんは
読んでいるうちにぐいぐい引き込まれていくような、すごい物語世界でした
想像や妄想で いろんな世界を持っている人はけっこういるでしょうが、それをきちんと文章にできるのは、やっぱり才能というよりほかないですね(*^_^*)
キーブー
2014年02月26日 21:18
ひまわりさん、こんばんは
この辻斬り犯の生い立ち、本当にもの凄くて、絶句してしまいました。その後、二十年ほどを寺で静かに過ごしたのちに突然また修羅の世界に帰ってしまうとは・・・人ってわからないもんですね(~_~;)
キャスト、いろいろ考えたんですよね。年からいうと、思ったよりも登場人物みんなが若いし。逸次郎なんて、20代前半なんですよね。すんごく落ち着いてるんだけど。
辻斬り犯を佐藤浩市、逸次郎を松山ケンイチなんてどうかなあ
他のキャストもいろいろ想像しては楽しんでおります(^O^)
2014年02月26日 21:52
自分で選ばない本なのでとても興味深く読みました。
買うのはちょっとハードル高いので、図書館いってきマース♪
キーブー
2014年02月27日 19:18
ミルテさん、こんばんは
私は最近、時代小説を読むことが多いです。ミルテさんはこの分野、あまりお好きではないのかな?(^^ゞ
ぜひ図書館で借りてみて下さい。絶対、面白いです。保障しますよ(笑)
2014年02月28日 13:27
なんだか凄まじいお話ですね~!辻斬りですか・・・ストーリーとしては面白いかも・・・血を観るのが苦手な私は、残酷なシーンは目を覆いながら韓国史劇を観ています。※『赤刃』の表紙を見て、つい『赤影』と読めてしまいました。
キーブー
2014年02月28日 17:24
ぬえさん、こんばんは
韓国史劇をじっくりと観ておられるぬえさんなら、きっとハマるんじゃないかと思いますよ
残酷なシーン、けっこう多いですが、そこは著者の腕なのか、あまりイヤな感じは受けませんでした。いっそ手加減の無い感じがすがすがしいくらいで(笑)
『赤影』~~
わかります。つい読んじゃいそうですよね(^O^)
これって、主人公の刀が、祖父から譲り受けた深紅の鞘におさまっているからついたタイトルだと思います。
2014年03月03日 13:16
おもしろそーーー、ぼくも図書館に頼んで読みますねーー。つうか、キーブーさんはおすすめ上手のひと?
キーブー
2014年03月03日 18:23
ごろーさん、こんにちは
お褒めいただき、ありがとうございます(*^_^*)
ぜひ、お読みになってみて下さいね。すごく面白くて、あっという間に読了しちゃうと思います。
ごろーさんは舞台に立たれておられるようですが、この作品も舞台化などすると面白いかもなあ、なんて思ったりしてます

この記事へのトラックバック