映画『ホビット 竜に奪われた王国』を観た!




昨日の14日は、TOHOシネマズデイということで、すべての映画が千円に
なる日でありました。

ということで、観てきた作品はこれ


ピーター・ジャクソン監督 『ホビット 竜に奪われた王国』



あらすじは。

魔法使いガンダルフやトーリン・オーケンシールド率いる13人のドワーフと
ともに、かつてのドワーフの王国エレボールを取り戻すため、邪悪な竜
スマウグの棲む竜の山をめざして冒険を続けるホビット族の青年ビルボ・
バギンズ。
その行く手には、凶暴なオークや巨大な蜘蛛が次々と立ちはだかり。。。


画像



映画も、しばらく観ないともう映画館へ足を運ぶことがおっくうになってきたり
するもんですよね^^;

こないだ、ブロ友のひまわりさんがコメントで この作品を観てきたと書かれて
いたので、んじゃあ久しぶりにちょっくら観てくるか、と思ったのでありますが(^^ゞ


これ、3部作の2作目だそうで、初作を観ていない私は、そもそもなぜ
ホビットのビルボがドワーフのためにこんな危険な目に遭っているのかすら
よくわかっていないのですが(笑)

まあそのへん、こまかいことは観てるうちにおいおいわかるだろうと気楽に
構えていたものの。

観終わった今も、そのいきさつは不明のまま(笑)

でもまあ、みんなでドワーフの王国を取り戻すんだ!って意気込みだけは
すごくよく伝わってきましたよ(爆)


このお話は、あの『ロード・オブ・ザ・リング』よりも数十年前のお話になるのだ
そうで、焦点になっていたあの指輪も、現在の持ち主ビルボを助けているのか
籠絡しているのかわからない感じで、独特の存在感を醸し出しておりました。

相変わらずな危険物ぶりというか取扱 要注意というか・・かかわりたくない
指輪でありますね(~_~;)

でも、それより何より。

オーランド・ブルーム演じるエルフのレゴラスが、さらに精悍さを増して登場
あそばされ、私の目はもう彼にクギ付け

その姿は、後光がさして見えるほどに眩しく輝いておられました(*^_^*)

画像


そのレゴラスとおなじエルフのタウリエルという女性、エルフには似合わない
燃えるような赤毛が異彩を放って、生き生きとしていましたが。

画像


このタウリエル、原作小説では存在していなくて、今回の作品で作られた
キャラクターのようですね。

王やレゴラスよりは一段階級が下のエルフだけれど、その戦闘能力を買われ
て王に目を掛けられているらしいのだけど、その出自にはなんだか謎が
ありそうな雰囲気。

ひょっとしたら、ドワーフなどの他民族の女性と王の間に生まれたハーフ
なのかなあなんて想像したり・・・だってほら、あの赤毛だし。

レゴラスも、なんだか彼女が気になって仕方ないみたいだし、ドワーフの青年
に至ってはすっかり彼女のトリコになっている様子。

いいなあ!うらやましーい!


観ているうちに、私もタウリエルみたいになりたーい!という願望が溢れて
きました(笑)

でも。
私は驚異的な運動オンチだしなあ

タウリエルみたく、舞のような動きでどんどん敵を倒すなんてこと、逆立ち
したってできそうもないし・・・ってか、逆立ち、小学生の時にすごく練習したけど
とうとうできなかったっけ。
ついでに、鉄棒の逆上がりもできないし


でも。

エルフの王が、ほんの気まぐれで蒙古系の種族の女性との間にもうけた
女の子、ってキャラならどうだろ??(爆)

その種族は、戦いを嫌う平和主義だったため、あえなく滅亡。

その血を引くのが、唯一残された私だけ、という設定。


それだと、運動神経が皆無なことも恥にはならないだろうし、レゴラスにも
守ってもらえるかも♪


・・・なんぞという、自分に都合のいい新キャラ設定に忙殺されていたため、
伝説の邪竜スマウグの声を聞いたときに印象的な声だなあと思ってはいた
ものの、かのベネディクト・カンバーバッチの声であることにはまーったく
気づかなかったのでした。

いやあ、不覚でしたね(~_~;)


ラスト近く、邪竜スマウグとビルボが、虚々実々の駆け引きをしながら
すっとぼけた感じの会話を交わすシーンがけっこう長い時間あったの
ですが。

あれってよく考えたら、イギリスBBCのドラマ『SHERLOCK (シャーロック)』
の、シャーロックとワトスンの会話とダブってすごく興味深かったはずなのに。

ふー。

もういっぺん、観に行くかな?(爆)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2014年03月16日 01:18
>観終わった今も、そのいきさつは不明のまま(笑)

コメントの方が映画より面白そう
ひまわり
2014年03月16日 02:26
ご紹介ありがとうございます ♪
(^^)/
前作(ホビットの冒険)はビルボの
勇気を買われてドワーフの王国を
取り戻すべく半ば無理やりに旅に
出るのですがめちゃめちゃおもしろ
いのでよかったらDVDオススメです。
ロード…の60年前の物語で永遠の命を
授かったレゴラスは大活躍でしたね。
その美しさには目を奪われます!
年末には続きが公開されるのでぜひ!

2014年03月16日 09:39
な 名前がーーー 宙を飛ぶーーー あたまに ハイらなーイーー ど どうしよう!?
2014年03月16日 10:27
>映画も、しばらく観ないともう映画館へ足を運ぶことがおっくうになってきたりするもんですよね^^;

いまのあきさんが、まさにその状態で・・・・新聞や雑誌の広告や評判を見たり聞いたりして、『観に行こうかな・・」なんて思うけど、なかなか足が映画館の方へ向かわない・・・。
「ちいさいおうち」を観に行きたいと思っているだけど・・・。

2014年03月16日 14:59
CMを見て気になっていたのですが、なるほど、面白そうですね。
ただ、私も同じく1作目を見てないので、3作目が上映されるときに、1、2作目をチェックして行くとします。
その時は、「ロードオブ~」も見ていった方が良いですかね。
キーブー
2014年03月16日 22:08
もうヘトヘトさん、こんばんは
ビルボ、最後のほうでドワーフの王国に伝わる石をたったひとりで取りに行かされたりしてます。邪竜がそこでとぐろを巻いているというのに(笑)
ドワーフのための石ならドワーフの誰かが取りに行けばいい話なのに、なんでホビットのビルボが行かなきゃいけないのか、その疑問は最後まで解けることはありませんでした(爆)
キーブー
2014年03月16日 22:14
ひまわりさん、こんばんは
今年に入ってから観に行った映画はまだたったの1本。この作品も初作を観逃していたこともあり、どうしようかなあと考えていたところに、ひまわりさんが観てこられたというのを聞いて、俄然行く気になったんですよね(^O^)
そうですね。こうなると、初作を観ないではすまされませんね(笑)レンタルしてこようかなあ
「ロード・・・」でさえ映画館では観てないし、地上波で観てはいるもののイマイチしっかりとした記憶になってないし。これもついでにレンタルしてくるかな(笑)
レゴラス、美しいですよね。あのスノッブぶりも魅力です(*^_^*)
キーブー
2014年03月16日 22:15
seiziさん、こんばんは
名前なんぞは、観てるうちになんとなく把握できますって。大丈夫(^O^)
ファンタジーがお好きなseiziさんには、ぜひ観ていただきたいんだけどなあ♪
キーブー
2014年03月16日 22:21
あきさん、こんばんは
一度めんどくさくなると、もうスクリーンで観なくてもいいか、なんて思っちゃいますよね^^;
でも、今はいろんな値引きサービスもあるし・・・映画だけじゃなくて、帰りには奥さまと一緒にどこかおいしいところで食事をされてみても楽しいかと。ショッピングとかでもいいでしょうし(^O^)
「ちいさいおうち」、私もポスターでしか見てないですが、古き良き日本の雰囲気がありますよね。終了にならないうちに、映画館に足を運ばれてみてはいかがでしょうか(*^_^*)
キーブー
2014年03月16日 22:25
あずきねこさん、こんばんは
そうですね。最後の作品を観る前に前作2つをチェックしておくのがいいでしょうね。「ロード・・・」も、できれば観ておかれた方がいいと思います。私ももう一度、しっかり本腰を入れて観てみなければ(笑)
レゴラスがすごくいいですよ~♪
戦闘時の動きが優雅で的確で・・・レンタルどころか、こりゃDVD保存版を購入すべきかも(^O^)
2014年03月16日 22:27
ストーリーを見るとかなり面白そうな話ですね。

とはいえ、私も1作目自体観ていないですがこの映画に出ているタウリエルという謎の女性
運動性能や機敏性を使って相手を倒すとまでいかなくても運動音痴だけは何とかしたいのは私も同じです。

余談ですが、逆上がりは出来ますよ…
最近は自信あるかないかわからないけど
キーブー
2014年03月17日 18:48
竜バンライターさん、こんにちは
竜バンライターさんも運動オンチでいらっしゃいましたか~(^O^)
あら・・・逆上がりはできるんですね。それじゃ私よりはずいぶんマシだ^^;

私は、水泳なら自信があるんですよ。早くはないけど、長く泳ぎ続けられます。バタフライなんて、自分で言うのもなんだけどけっこううまいんですよ~
miyo
2014年03月18日 01:06
良いな、良いなー。前作観てるし、全作品劇場で観るんだ!小さい人等の川下り観るんだ!と楽しみにしているんだけど、まだ観れてない(T_T)先日、レディースデーで行こうとしたら時間帯が中途半端のばかりなんだもん。夜の開始時間は終わるの遅すぎで終電間に合わないし。酷くない(ToT)?スケジュール変更で行きやすくなるのを狙ってます。出来れば2Dが良いな~。疲れ目だから(爆)
キーブー
2014年03月18日 22:43
miyoさん、こんばんは
miyoさんは前作を観ておられるのですね。それはぜひ続きを観たいですよね。私も3作目、絶対に観に行くつもり
小さい人たちの川下り、なかなか力強かったよ(^O^)
小さいから、酒樽にちゃんと おさまるしね(笑)
ああ・・・スケジュールは、なかなか時間が合わなかったりするよね。こっちでも もう、朝早くか晩遅くかの2回しかやってないし。
うん。私も2Dで観ました。めまい、最近はおさまってるけどまたぶり返したらイヤだしね^^;
2014年03月20日 15:34
色んな種族が混ざり合って、キーブーさんが存在している設定は面白いですよね映画は、その中の誰かに感情移入して観ることがありますね。自分に近いキャラか、逆に自分と程遠くて憧れるキャラか、どちらかだと思います。想像力(妄想力?)を持った者勝ちですね~今後は、その赤毛のエルフをキーブーさんだと思ってあげるぬえ~
キーブー
2014年03月20日 19:27
ぬえさん、こんばんは
台所に立っているときなど、心は時空を超え、遥か遠くに飛んでいたりします(笑)
そうですね。タウリエルは私とは正反対かな。自分が思ったとおりに行動するところだけは一緒で(^O^)
妄想力があると、人生楽しいですよね。退屈ということがあまりないし。過ぎるとそれはそれで大変でしょうが(笑)
今後は、私のことはタウリエルと呼んでぬえ~(^◇^)

この記事へのトラックバック