“指輪”のささやきに耳を貸してはいけませんね。




前回の記事に、映画『ホビット 竜に奪われた王国』の感想を書きましたが。

あのお話は、J・R・R・トールキンによって書かれた『ホビットの冒険』が原作
になっており、長編小説『指輪物語』の前日譚。

その『指輪物語』を映画化した作品である『ロード・オブ・ザ・リング』は、
つとに有名な作品でありますね。


昨日、晩ごはんを作りながら頭の中ではその物語世界をあちこち彷徨って、
かの指輪を巡る悲しいまでに醜い争いのことなどを考えていたのですが。


そのとき ふと、思ったんですよね。

万能細胞をめぐる一連の騒動を起こした人たちの動きって、まるであの指輪
を求める者たちのようだなと。


山中教授がIPS細胞でノーベル賞を受賞されてから、その周辺では同じような
栄光を望む人たちによっていくつか騒ぎが持ち上がり、その中でも今回の
STAP細胞の件などは、国の内外を問わず複数の科学者たちをも巻き込んで
とんでもないことになってしまっておりますが。


あの人たちはたぶん子どもの頃から科学が大好きで得意だったんだろうし、
また、その得意分野で力を発揮できる仕事に就くことができた当初は きっと
喜びに満ちあふれ、人類の発展に寄与したいという純粋な志をお持ちだったと
思うのだけど。

研究の時間が容赦なく区切られ、限られた資金で焦りながら研究している
ところへほかの人が成果を出して脚光を浴びているのを見て、彼らの心の中
の何かが狂ってしまったのか。

その心の隙へ、『栄誉』と言う名の“指輪”が、あの独特の禍々しい小さな声
で語りかけてくるのですね。

いわく。

早く発表しなきゃ誰かに先を越されてしまう。

これまでの努力と苦労をドブに捨てることになってもいいのか。

今ここで未完成部分を適当にとりつくろって発表してしまえば、世紀の発見と
なるだろう、云々。



その声に急き立てられ、あちこちに見える綻びをなんとかごまかして
世に出し、栄誉の指輪を指に嵌めてしまう。


おそろしいことだなあと思いました。

人間って、本当に弱いものなのだなあとも思ったし。

自分が同じ立場に立った場合、同じことをしないと言えるかどうか。


私なら、と考えてみたのですが。

まずは、やらないだろうなと思ったんですよね。

人から見れば敗残者であろうとも、自分の良心にそむくようなことをしたく
ないし・・・・そんなことをして、もしそれがバレなくてもその後の長い人生、
やましさを抱えたまま生きていくことができるか?

きっとそれは無理だし・・・そんなことをしたら心を病んでしまうと思うし。

結論はそう出たのだけど。


でも、でも。

実際に、世界があっと驚くような成果をつかんだと思ったときは、
わからないですよね。

だって、そんな経験したことないのだから。


そうは言っても。

人生、敗けるときはちゃんとそれを受け入れなきゃいけないんだろうなあ。

データを揃え、論文を推敲するうちに先を越されてしまったなら、それは
仕方のないことで、それも実力のうち。

それが悔しいからと言ってデタラメなことをしてしまったら、それまで地道に
積み上げてきたものまで泥にまみれてしまうのに。


・・・などと、素人考えながら、そんなことを思った私です。



それにしても。

道を誤った人に対して、声高に糾弾できる人って、なんと強いのだろう。

もちろん、今後のためにも事実を明るみに出して非を問うべきは非を問い、
責任の所在を明らかにする必要はあるでしょうが。

関係のない人たちまでがマスコミに登場してあれやこれやキツイことを
言っているのを見ていると、心が冷えてくる甘ちゃんは私だけなのかなあ



・・・などと考えつつ、作った晩ごはんがこれ(^^ゞ

画像



ミート&トマトソースのパスタ(笑)

トマトの水煮缶を一缶使い、生のトマトも入っております


箸休めは、季節感のただようこの一品。

画像


菜の花のおひたしです


『ロード・オブ・ザ・リング』の物語世界にひたっていたわりに、そのカケラも
ない献立ではありますね^^;





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年03月18日 23:55
>ミート&トマトソースのパスタ(笑)
良かった
内臓かと思った
私が学生の時、○○法の実験結果がどうしても違う。
これは、何らかの条件によって結果が異なる。
世紀の大発見か
ノーベル賞だ
助教授(確か教授じゃなかったような)に、頑張りましょといったら、帰ってくれと言われた
実験が雑なだけだった
2014年03月19日 08:00
今は怪しいって言われている某細胞ですが もしかしたら何十年後かに あの論文を元にした新たな細胞が研究開発されて あのお嬢さんが先駆者としてたたえられる日が来ることを願っています。
捏造音楽家の件でも感じましたが なにか誤りを犯した人に対して 徹底的に叩きのめす風潮があるのは 嫌なものですね 
捏造はいけないことだけど ちょっと叩きすぎの気がします 
2014年03月19日 10:53
キープーさん 来ましたね。
きっとキープーさんもSTAP細胞を巡る騒動について、自分なりの意見を書いてくれるだろう・・・と、期待しておりました。以心伝心ですね。
今朝の新聞に載った週刊新潮と文春の広告には、「小保方さんの悪行をばくろする」と言う感じの見出しが躍っていましたよ。
マスコミはけなすのが得意ですからね。弱った小鳥をさらに追い詰めようとしているように見えます。
人類にとって大事なことは、STAP細胞が実在するかどうか、ということでしょうから、小保方さんには是非ともトコトン研究を続けてもらいたいと思いますよね。
単なるイリュージョンにすぎなかったのかどうか。
小保方さんへの、本当の評価はその時に決まると思います。
ひまわり
2014年03月19日 14:16
再実験すれば露呈することは明らか
なのに…俄かに信じられないですよね。
今は真相を見据えるしかないのでしょう
が…
小保方さんの立場は難しいですよね…

指輪物語は歴史を遡るとあまりに壮大で
地図と照らし合わせたり登場人物を確認
したりしながら前日譚~追補編まで全巻
読了しましたが映画を観るにあたっては
失敗したかなあ感があります。要は
ストーリーは知らずとも単純に
楽しめればいいんですよね^^;
ファンタジーなんで。



キーブー
2014年03月19日 19:35
もうヘトヘトさん、こんばんは
赤い部分が内臓に見えましたか~^^;
あれは、トマト。上の白いブツブツは粉チーズです。
以前読んだ、筑波大学の教授のエッセイにも、世紀の発見は実験の失敗から生まれることが多いって書いてありましたよ、そういえば
その雑な実験って・・・何か不純物が混じってしまったとか?でもそんな偶然から大発見は生まれるってあったんだけどなあ。その助教授、アタマ固いですね(誤爆)
キーブー
2014年03月19日 19:42
丸みさん、こんばんは
そうですねえ。論文はたしかにコピペかもしれないし、写真もてっとり早く切り貼りしたりしてたけど、それで細胞の存在自体が否定されるものでもないですもんね。
できれば彼女が自分でそれを証明できるといいのだけど・・・科学界もそこまで甘くはないだろうし。。。
マスコミはもう、ツッコむとなったら容赦なしですもんね。あれはどうかと私も思います。
あ、でも、Sゴウチさんの件はカンペキ自業自得かと。あのヒト、まーったく反省してないし。あの件で、障がい者手帳の発行が慎重になったりしたら、本当に障がいを持つ人たちが迷惑ですよね
キーブー
2014年03月19日 21:09
あきさん、こんばんは
この件については、あきさんがもう記事にされてましたよね
そのコメントで私の考えは述べてしまったので、もう記事にはしないつもりでいたのだけど・・・晩ごはんを作りながら『指輪物語』の世界にひたっていたときにいろいろと思いついたことがあったので、性懲りもなくまた書かせていただきました^^;
これでもう彼女の未来は閉ざされてしまったのなら、あまりに悲惨だとは思いますが。
でも、周りの信頼を裏切ってしまったことが事実であるとするなら、これはやっぱり見過ごすことはできないし、何より手を貸してくれた教授の経歴にも泥を塗ってしまうことになって・・・これはもうかばいようがないですね。
STAP細胞が実在するという照明をすることが、汚名挽回の唯一の手段だと思いますが、そのためには迷惑を掛けた人たちにきちんと謝罪し、説明する必要があると思います。
せっかく優秀な人なのに・・・なんとか騒動にけりをつけて、まき直ししてほしいですね。
キーブー
2014年03月19日 21:15
ひまわりさん、こんばんは
そうですね。再起を願うなら、このままでは無理でしょうね。マスコミは通さないにしても、関係者の前に一度ちゃんと出て、謝罪と説明をすることが必要だと思います。じゃないと、誰も貴重な時間を割いてまで信用できない研究に手を貸してはくれないだろうし。
あら!私が理想だと思ってた観方を、ひまわりさんはされていたのですね。私は映画のあまりの面白さに、先に原作を読んでおかなかったことを悔やんだのでありますが(^^ゞ
そっか・・・あまり周到にかまえず、気楽に楽しんだ方がいいんですね。なるほど。自分だけの物語世界ができちゃうと、どうしても映像とは齟齬が生まれてしまうでしょうしね。
2014年03月20日 21:20
画期的なものも、結果が拙速だと今までの成果は元も子もなし…

責任所在を明らかにするのはやむないけど、逆に寄ってたかって吊し上げて糾弾しようというその手法にも首を傾げますね。

念密な検証を積み重ねて、きちんとした説明責任を果たして信頼回復そして研究再開に漕ぎつければなんて思うほどです。
キーブー
2014年03月21日 16:49
>画期的なものも、結果が拙速だと今までの成果は元も子もなし…
本当に、おっしゃるとおりだと思います。STAP細胞が本物だとしたら、なんと愚かな、もったいないことをしたのかと。すべてが泥にまみれてしまいましたよね。
真相解明でなく、ただ糾弾してつるし上げるだけなら時間の無駄だと私も思います。
まずはSTAP細胞の真偽を見極めることでしょうが・・・こんなことになってしまっては、手を貸してくれる第三者もなかなかいないでしょうね。いったいどうするつもりなのか。。。
ひまわり
2014年03月21日 17:04
普通は本が先なんですけどね。
今回のホビットを観て思ったのは
ストーリーや結末を知っちゃうと
これからどうなるんだろう!
みたいな興奮と感動が半減するというか…
ミステリだと最初から犯人が解っちゃう
ような…感じで。
うまく説明できなくてすみません。
私はレゴラスの父君のスランドゥイル
の顔に見惚れました。
親子でなんとまあ美形なんだろう!

2014年03月21日 18:32
なにが ほんとなのか よくわからなくなってしまった 今日 このごろです
2014年03月21日 21:47
キーブーさんに同感です。
STAP細胞についてのインタビューで、IPS細胞の山中教授の言葉ニュアンスが印象的でした。
『もし、本当ならすごい発見ですね』と。
マスコミも割烹着を着た理系女とか、面白おかしく報道し、それを疑いもしない(出来ない?)人たちが、あーだこーだと反応する。平和な国民だなぁと思ったりします。
偏屈ものの私は、マスコミなどを疑ってかかる癖がありますので(笑)……なぁんだ、またか!と思っただけでした。
キーブー
2014年03月21日 22:43
ひまわりさん、こんばんは
再びのお越し、大歓迎です(^O^)
ああ~、なるほど。そっかあ・・・原作を読んでない私の場合、たしかに、あの続きはいったいどうなるんだろうっていう期待が大きいです。
原作を読んでるってことは、要するにネタバレしてる状態ですよね(笑)
レゴラスのお父さん、美形でしたね~
しかも、親子で同じ髪型で(^O^)
でもあのお父さん、王さまだから仕方ないとはいえ、ちょっとスノッブで嫌味な感じがしないでもなかったです。レゴラスもそのあたりは似てる感じかなあ。まあでもレゴラスの場合は若いだけあってそれがまた魅力だけど(*^_^*)
とはいえ、あのヒトも年齢は1000歳を超えてるんですよね、たしか(笑)
キーブー
2014年03月21日 22:45
seiziさん、こんばんは
たしかに。昨今では、どれだけ教養があって立派なお仕事をしてる人でも、とんでもないウソつきだったりしますもんね。世も末だなあ。。。
キーブー
2014年03月21日 22:52
ジンさん、こんばんは
山中さんは、以前IPS芸人と揶揄された某氏の騒動のときも、落ち着いたコメントを出されてましたよね。地に足を付けて地道に誠実にお仕事されてるだけあって、他人の成功や失墜などではまったく揺らがない感じですね。
割烹着もピンクの研究室も、発表直前に作られたヤラセだという話までありますよね。にわかには信じられない話ですが・・・もし本当ならもう何をかいわんや。理研っていったい何なんだ、って思ってしまいます。
・・・って、そう思うこと自体、マスコミに踊らされてるのかもしれないなあ^^;

この記事へのトラックバック