この犬たちは、狼よりも勇敢ですね(*^_^*)




さっき、テレビのニュースで観たのですが。

クマに立ち向かって、主人を助けた犬が2頭おりました。

どちらも柴犬で、名はショコラとめご


ショコラは一家の旦那さんを助け、めごは5歳の男の子を助けたのだそう。

いやあ、なんとも心温まるできごとでありますね



このニュースで思い出したのが、こないだ読了した『史記』の最終巻。

北の最果て、誰も生きて冬を越したことがないという土地に配流されて
しまった蘇武(そぶ)が、かの地で野生の狼を1匹、手なずけたのですね。


後ろ足を怪我して動けなくなっていたまだ若い狼を、ふとした気まぐれで
食料にせずに手当をして助けてやったことが縁で、心を通わせるように
なるのですが。

“徹(テツ)”と名付けられたその狼は、野生の狼だっただけにとても獰猛
なのですが、蘇武をリーダーと認めてからはその助けとなり、力を合わせて
生きていくことになります。


さて、その徹(テツ)ですが。

剽悍な男たちが数人の群れで襲ってきても、また、狼の大群が襲って
きても、蘇武と一緒に一歩も引かず勇敢に戦うのですが。

灰色熊が襲ってきたときだけは、いっさい立ち向かわずに怖気づいて逃げて
しまうという場面がありました(笑)

蘇武はただひとり、必死で戦い、すごい力でふっとばされたりしながらも
なんとかクマを仕留めるのですが。

すべて終わってからテツはすまなそうな顔をして現れ、それを見た蘇武が、
「おまえ、俺を見捨てて逃げたろう」
と笑いながら言うと、さらに身をちぢこませておりましたが(^O^)


その後も、どんなときも蘇武に従っていたテツですが、クマが出てきたとき
だけはやっぱり逃げておりました(笑)


そんな、野生の狼でも怖気づくクマなのに。

この柴犬たちはホントに命知らずというか、情が厚いというか


まあでも、冷静に考えてみれば、野生ではなくて飼い犬だから立ち向かった
のだとも言えそう。

たぶんこれまで、クマなんぞ見たこともなかったでしょうし。

その怖さを本当には知らなかったんでしょうね。


その点、テツなどは狼の群れの一員だったときに、何度かクマに襲われて
仲間を目の前で喰われる経験もしていたでしょうし。

その怖さは骨の髄までしみていて、到底勝てる相手ではないとわかって
いたのでしょうね。


『史記』は、登場人物も多いし、それがまた孫の代まで描かれていたりするし、
それぞれが ひとかどの人物でありますから、内容も重厚で堅い感じですが。

この、蘇武とテツのふれあいのところだけは少し雰囲気が違っていて、とても
面白かったんですよね


その後、蘇武のもとに幼なじみの李陵(りりょう)が年に一度訪れるように
なり、テツとも顔を合わせるのですが。

後から群れに入って来た(と、テツは思っている)李陵よりも自分の方が順位
が上だと思っているテツは、うっかり李陵が先に食事をしようとしたりすると
唸って怒りを表現したりして、それを見た蘇武が、
「テツには、客人という意識は無いようなのだ。すまんな、李陵」
と笑って、先にテツに肉を投げてやる場面も、笑いを誘われました。


年にいちどだけやってくる李陵が、蘇武の小屋の近くまで来ると、どこからか
テツが現れるのですが。

李陵に対して、ずっと唸り声をあげているのですね。

それを見た李陵が馬を降りて、
「これはテツ殿。こんなところまで見廻りとは、ご苦労」
と声を掛けると、あとは黙って蘇武の小屋まで先導する場面もありました(^O^)


「さっきはテツ殿に『長いあいだ、おまえはいったいどこをうろついていた』と
叱られた」
などと、李陵が蘇武に報告する場面も、面白かったです。



そんなことを思い出しつつ、ニュースを観ていた私ですが。

『めご』という名前にも、ふと思い出したことがあったんですよね。

めごとは、東北の方の方言で、かわいいというのを めごい と言うらしくて、
そこからとったようなのですが。


そういえば、伊達政宗の正室も、めご姫という名前でしたね。

そんでまた、大河ドラマではこのめご姫を桜田淳子が演じてたっけ。


・・・って。

このままいろいろ思い出していくと長くなりそうなので、このへんで^^;


それにしても、やっぱり犬はいいなあ。

また、犬を飼いたくなりました(^O^)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年06月28日 22:47
私も先ほど車の中で
このニュースを見ました。

我が子を虐待する親がいるなか
このワンちゃんたちの情の深さに
感動してしまいました。
2014年06月29日 07:19
要介護の母が一日中聞いているラジオで毎日史記のだジオドラマを放送しているので 世界史に詳しくない私でも 史記の世界はちょっぴりわかります。

熊に立ち向かったワンちゃんたち 立派ですね。我が家の近所では 春先になると「出没注意」の警報が 防災無線から流れてくるような地域なので こんな勇敢なワンコさんが一家に一組は欲しいなぁ・・・
2014年06月29日 08:36
ヒトが見習わなきゃいけない情の深さ
素晴らしいなぁ

と、思わず傍らにいる
我が家の駄犬を見つめてしまう


昼寝してます…
2014年06月29日 08:41
クマに立ち向かう勇敢なワンちゃん…

ただただ驚いてしまいますし、本当に立派です。
このような凄味が、今この時期でも続々出てもらいたいですね。
2014年06月29日 14:08
私から見たら、まだまだうら若いキープーさんに「史記」のエピソードを教わるということは・・・・やっぱりキープーさんは只の「本好き」ではなくて、正統派の「読書家」ですね(微笑)。
史記の狼のエピソードは、まさに狼の習性をよく捉えていると思います。
狼とか犬は上下の関係を明確に心得て生きていますからね。
「めご」ともう一匹、「ショコラ」で思い出しませんか。皇太子の雅子妃が、結婚前に飼っていた犬が「ショコラ」でした。
当時は「ショコラ」という名前の犬が随分増えましたよ。
キーブー
2014年06月29日 19:02
小枝さん、こんばんは
ホントですね。我が子を虐待したり、あまつさえ放置して餓死させたりする人間もいるのに。
家族がたいへんだと思って、助けてくれたんですよね。考えただけで胸が熱くなります
私も、あんな犬を飼いたいなあ(*^_^*)
キーブー
2014年06月29日 19:08
丸みさん、こんばんは
お母さまが要介護ですか。それは大変ですね。
ラジオをよく聴かれているのですね。ラジオドラマで「史記」をやっているんですか。知らなかったなあ。そういえばラジオを聴かなくなって長いです。学生のころはよく聴いたもんですが(^^ゞ
丸みさんのところも、クマが出没するのですね。それは怖いですね
そういえば、飼い主の子どもを助けたネコちゃんの話もありましたよね。あれはクマじゃなくて野良犬からでしたが・・・あのネコちゃんも勇敢でありました(*^_^*)
キーブー
2014年06月29日 19:14
ひばり組らん太郎。さん、こんばんは
あら、らんちゃんが駄犬だなんて^^;
らんちゃんはお姫様ですからね。むしろ、クマが襲ってきたら助けてあげなければなりません(笑)
らん太郎さんちは、屈強な若者が3人もいますから(この際、らん太郎さんも若者として数えました 笑)、その3人で、ケメ子さんやお母さま、らんちゃんを守らなければ。頑張ってください!(^O^)
キーブー
2014年06月29日 19:18
竜バンライターさん、こんばんは
この柴犬たちはどちらも、普段はとっても臆病なんだそうですよ(^O^)
それなのに、家族のピンチだというので無我夢中で立ち向かったのでしょうね。かわいいワンちゃんたちですね
家族がたいへんなときに助けてくれる犬って、いったいどれくらいいるもんなんでしょうね。
昔、テレビで実験をやってましたが、ほとんどの犬が我関せずだったような気が。。。(笑)
キーブー
2014年06月29日 19:24
あきさん、こんばんは
うら若い! そんなの、ホント久しぶりに言われましたよ。やっぱ嬉しいですね(*^_^*)
私は、「正統派の読書家」ではなく、ただ手当たり次第に読んでるだけの「バキューム読書家」であります^^;
そうですね。犬や狼にとっては家族は「群れ」で、その位置づけはきちんとなされていますもんね。
最終的に、テツは李陵を自分より上の位置づけにすることを認めるのですが・・・そのあたりの話は、ホント涙なしでは読めませんでした。
ああ!そういえば「ショコラ」でしたね、雅子さまのご実家の犬は
たしか、黒い洋犬でしたね。なので、御所で柴犬を飼われ始めたとき、本当はショコラみたいな洋犬がいいのに我慢されたのかなあ、なんてちょっと思ったりしておりました^^;
2014年06月29日 23:35
勇敢ですよね
私なら、我先に逃げていたかも
北朝鮮に、毅然とした交渉ができるだろうか
日本の政治家と官僚。。。
2014年06月29日 23:41
うちのは…

無理…
キーブー
2014年06月30日 16:05
もうヘトヘトさん、こんにちは
勇敢ですよね~。ホント、柴犬の面目躍如といったところですね(*^_^*)
私が犬なら・・・もちろん いの一番に逃げてたと思います(笑)命あってのモノダネとも言いますし(誤爆)
北朝鮮は、またミサイルを撃ってきましたね。ホントにわけのわからない国ですが(~_~;)
交渉場所も中国とは・・・
キーブー
2014年06月30日 16:08
まるおおさん、こんにちは
そんな・・・俺様だって、いざってときには・・・頑張って吠えたりするんじゃないかな。ひと声くらいは(笑)
でも、ショコラもめごも、普段はとっても臆病だったそうだし。
俺様も、意外や意外で、ものすごーくカッコよく立ち向かうかもしれないよ(*^_^*)
2014年07月01日 11:25
いやー、おもしろかった。読後感実にさわやかです。ぼくも犬派でして、「セブ」という名の柴犬を飼っておりました。死んだ後の家族のロス感がひどくって、次がなかなか飼えないでいます。
キーブー
2014年07月01日 17:02
ごろーさん、こんにちは
楽しんでいただけたようで、とっても嬉しいです(*^_^*)
ごろーさんも柴犬を飼っておられたのですね。
私も、子どもの頃に実家で柴犬を飼っていたことがあるんですよ
子犬のときに「春山女 号(しゅんざんめ ごう」という大仰な名前つきでもらわれてきました(笑)
もっとかわいい名前を付けたかったので母にそう言ったのですが「カドが立つからダメ。名前なんぞ何だってええやろ」などと言われ、仕方なく「シュン」と呼ぶことに(爆)
めごやショコラとは似ても似つかない駄犬でしたが、家族への忠誠心があつくて、いい番犬でありました。
2014年07月03日 17:18
こんにちワンワン(笑)
柴犬がクマに立ち向かうってのはたまに耳にするのよね。縄文時代から人間と狩りを共にして来ている犬種だからかな?狩りしてればそりゃぁクマにも遭遇するわい(^^;)身体は小さめだけど勇敢なのよね(^^)
私が犬と一緒の時にクマに遭遇したら、犬を庇ってクマと闘いそうだよ(笑)犬が闘ってたら一緒になって闘って絆を深めたり...とか。
犬欠乏症の為か、柴犬みたいに尻尾がクルンとなってる犬のお尻をウハウハ見たり空想の犬を愛でてる『エアーわんこ』なる行動をとったりと、すっかり犬に関してはド変態になってます....。
キーブー
2014年07月04日 23:10
miyoさん、こんばんワンコ
柴犬、小さくてかわいいけど、ホントきりりとしてて いい犬種だよね。私も大好き♪
うん。一方的に犬に助けてもらうわけにはいかないよね
私もたぶん一緒に闘うだろな。んで、深まる絆(笑)
ウォーキングのときなど、お散歩中の犬をついつい じっと見ちゃうんですよね。そんで心の中で話しかけたり(笑)
そんなとき、わりに振り向くよね、犬って(^O^)
やっぱ通じるんだなあ、って感動します。miyoさんも、おためしあれ
2014年07月05日 13:59
歴史の苦手な私ですが
動物が登場すると読めそうです。笑
でも、徹君主人をおいて逃げるとは…。
一般的な流れだと一緒に戦い、主人の
窮地を救いそうですけどね。笑
我家の2柴、何かあったら助けてくれる
かな~。汗
きっと、父の事は助けるな。笑
キーブー
2014年07月05日 21:31
まさちよさん、こんばんは
テツは、どんな敵がやってきても決してひるむことなく蘇武と一緒に闘うのですが、クマだけは別だったようです(笑)
蘇武もそれを理解して、笑っていましたね(*^_^*)

あら、桜ちゃんと楓ちゃんならきっと、クマに立ち向かってくれますよ
ふたりのみごとな連携プレーが見られるかも♪
んで、あらら、お父さまのことは絶対助けるんですね。そんなに懐いてるんだ~(^O^)

この記事へのトラックバック