まほろ市に、引っ越したい!(^O^)




連日、地獄の釜のフタが開いたような酷暑ですが、皆さま無事でいらっしゃる
でしょうか^^;

・・・などと言ってはみたものの、実はヒト様のことよりも、まずは自分の頭の
ハエを追うことでせいいっぱいのわたくし(笑)


どうやら、腹腔鏡での簡単なものとはいえオペは避けられそうもないので、
今のうち、頑張って朝晩歩いて体力作りに励んでいるところです(泣)



さて。

そんな辛気くさい話よりも。

ずっと読もうと思っていたのに何故か手が出なかった本を、やっと読了
いたしました


三浦しをん著 『まほろ駅前 多田便利軒』


図書館で、お勧め本の棚のところにポンと置かれていたのを見つけ、ちょうど
いいとばかりに借りて帰りました。

読み始めるともう、想像以上の面白さで、なんでもっと早く読まなかったのか
後悔したくらい。

・・・っていうか、これは図書館本ではなくて、新品の文庫本で読むべきだった
なあ

このシリーズ、文庫で買い直そうと思っております。保存版ですね(笑)



あらすじは と言うと。

主人公の多田という男が、生まれ育った まほろ市内で便利屋を開いている
のですが。

この男、妙に屈折していて人を寄せ付けない感じなのですね。

そんな男のところに、ある日ふとしたことで再会した高校時代の同級生が
転がり込むのですが。

行天(ぎょうてん)という珍しい苗字のこの男もやはり変り者で、ふたりは同級生
とはいっても高校時代はほとんどしゃべったことすらなかったのですが。

どうやら行くところがない様子の行天を多田は仕方なく受け入れ、ふたりで
力を合わせて働きはじめます。



このふたり、変り者どうしとはいえ、その性格はまったく違っています。

多田は、行天に比べると常識派といってもいいくらいなもので(あくまで行天
との比較においてですが 笑)、そこそこ話は通じる感じですが(笑)

問題は、行天。

このヒトは、まったくもういったい何がなんだか(笑)、何をどう考えているのか
さっぱりわからないヒトなのですが(爆)

ぶっ飛んでて、その言動がとにかくオモシロイ(^O^)


そして、そんなふたりの会話が、読んでて声を出して笑ってしまうくらいの
面白さなのですね


だからといって、笑えることばかりではなく。

いい年をした男ふたりが、便利屋などという不安定な仕事をしている時点で
すでに背景にいろいろと暗いものがあるのだろうなと想像はつきますが。

これまでの人生で、ふたりは心にたくさん傷を受けてきているのですね。

それが、便利屋をやっていくなかで、顧客やお互いの心のふれあいで、
少しずつ癒されていく様子が、心にしみました。


なかでも、小学生の男の子の塾の送り迎えを依頼されたときのお話が、
とても印象的だったんですよね。

自分にまるで無関心な両親に、寂しさをつのらせた由良というその男の子は、
ふとしたはずみで横道にそれていこうとするのですが、多田と行天は、機転
を利かせて、なんとか由良を救い出すことに成功します。

そして多田は、由良を諭すのですが。

「人生でやり直せることなんかほとんどない。いくら期待しても、おまえの親が、
おまえの思っている形で愛してくれることはないだろう」

多田の言葉を聞いて、力を落とす由良。

そんな由良に、多田はさらにこんな言葉を掛けます。

「だけど、まだだれかを愛するチャンスはある。与えられなかったものを、今度
はちゃんと望んだ形で、おまえは新しくだれかに与えることができるんだ。
そのチャンスは残されてる。
生きていれば、いつまでだって。それを、忘れないでくれ」


いやあ、いい言葉ですね(*^_^*)

実は、私も、もうずっとこれと同じことを思って生きてきているのですが(笑)


うちの親も、由良の親とはまたタイプがまるきり違ってはいるものの、自分の
ことだけで手いっぱいという点はまったく同じだったんですよね(笑)

なので、私は高校生の頃くらいからは、多田が言ったようなことをずっと
思って、心に希望を持って生きておりました。

つまり、自分で家庭を持ったら、母がやってくれなくて悲しかったことは絶対
にやるようにしようと。


子どもが生まれたら、手を掛けてかわいがって育てよう。

子どもだけを置いて夜中まで、あるいは一晩中家を空けて、不安な思いを
させたりなんぞ絶対にしないでおこう。

幼稚園に通うようになったら、おいしくてかわいいお弁当を持たせてやろうetc.。


要するに、子ども時代を心から安心して、楽しく過ごせるようにして
やりたかったんですよね。



まあでも結果的には私も離婚して、一時期は子どもを食べさせるだけで必死
だったので、それどころじゃなかったわけで^^;


うちの親も、私の知らないところで、それこそ育ってくる過程でもいろいろと
あったんでしょうね。

それでも、出来る範囲でせいいっぱいのことをしてくれたんだなと、今となって
は思ったりもします。

誰でも、悟りを開いて免許皆伝になったうえで親になってるわけでは
ありませんからね。


親も人間で、心身に悩みや重荷を抱えつつの子育てだったんでしょうし。


などということを、あらためて考えたりもしたのでした。



さて、この作品。

すでに、『まほろ駅前番外地』『まほろ駅前狂想曲』と、続編が出ておりまして。


そのうちの『まほろ駅前番外地』は、次に図書館へ行ったときに折よく見かけた
ので、借りて、これも実は読了しております

初作に出てきた脇役たちがまた出てきて、その人生や生活の深い部分に
スポットがあてられていて、彼らがさらに多田や行天と親しみを増していく
さまが、とても楽しく心温まりました(*^_^*)

小学生の由良を悪の道に引き込もうとしたチンピラのリーダーのという
男でさえ、その以外にも几帳面で律儀な性格がユーモラスに描かれていて、
それもまた面白かったです。


これ、未読の方はぜひ、読んでみて下さいませ。

まほろの世界に、きっと心を奪われることでしょう(^O^)




まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
文藝春秋
三浦 しをん

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年07月27日 23:24
>腹腔鏡での簡単なものとはいえオペは
内視鏡は、簡単だったけど
お大事にね
病院、空調完備で涼しくていいわよ。
痛くないと良いわね

>三浦しをん著 『まほろ駅前 多田便利軒』
面白くて笑えるのがいいわね
2014年07月28日 10:20
>腹腔鏡での簡単なものとはいえオペは避けられそうもないので
・・・・エッ、そうだったんだ!!ちょっと驚きました!!でも、大丈夫だよ・・・・。
あきさんの時代は、まだ腹腔鏡を使ってのオペが一般化していなかったので、お腹を上から下まで真っ二つに切り裂かれてのオペでした。
2回目は別の臓器で、真横から右斜め方向に思いっきり切り裂かれたけどね。
勿論、全身麻酔でしたよ。2度目のときなど、術後は10日以上ICUで過ごしました。
今は局部麻酔で済むでしょうし、オペの跡も殆ど残らないと思うね。医療分野の進歩はすごいものがあると思います。でもまあ、しっかり頑張りや!!

キープーさんの解説は、毎回面白くて、楽しませてもらってます。あまり面白いので、貴女の解説を読んだだけで、本物を呼んでしまったような気持ちになりますよ。
これはまたこれで、困った性分ではありますが・・・。
こういう本を書ける人って、心が広くて、おあだやかな性格の人なんだろうな・・・と思います。
あきさんとは正反対なので、すぐに尊敬してしまいます。
2014年07月28日 16:14
キーブーさん、オペすることになったんですかっ!
私も婦人科系で腹腔鏡手術しましたが、術後、ガタッと体力が落ちました。
術後、1週間もしないうちに退院させられたんですが、なかなか体力が戻らず、仕事復帰するまでにかなりかかりました。
今のうち、頑張って、体力つけておいてくださいね。
「まほろ駅前」シリーズ、私も大好きです。
「狂想曲」はまだ読んでなくて、今、図書館で順番待ちです。楽しみ♪
ひまわり
2014年07月28日 21:54
今晩わ。
まほろ市在住のひまわりです(笑
キーブーさんもついにまほろワールドに
ハマってしまいましたか!
私も読んでいるうちにどんどん引き込まれ
とりわけ行天に魅了され
しばらくは余韻に浸っておりました。ーー
「まほろ駅前狂騒曲」がまた泣けます。
もう読まれたかもしれませんが。ぜひ!

私も痛みがなくなってきました。
キーブーさんはずっと若いのできっと
回復も早いですよ。ファイト!





キーブー
2014年07月28日 22:45
もうヘトヘトさん、こんばんは
腹腔鏡だと、さすがに即日帰宅というわけにはいかないようです
空調完備。そうですね。あと、上げ膳、据え膳だし(^O^)
これで、痛みさえなきゃ、何ということもないのですが(笑)
とりあえず、読みたい本を持って入院かな。まあでも、そんなに何日も入院させてはもらえないよ、ってこぶた2号が言ってましたけど^^;
キーブー
2014年07月28日 22:52
あきさん、こんばんは
そうですね。腹腔鏡なんて、ここ最近のことですもんね。開腹手術は予後がたいへんだったでしょうね(~_~;)
>しっかり頑張りや!!
はい。ありがとうございます(T_T)
頑張るといってもまな板の鯉なので、ただ寝てるだけですが・・・まあでも頑張ります(爆)
解説、お褒めいただき、とっても嬉しいです(^O^)
著者の三浦しをん氏ですが、こういう物語世界を持つ人だし、きっと心は広いと思いますが。
おだやかかどうかは・・・エッセイを読む限りでは、どうもそうでもないかも、って思ったりもします(笑)
お母さんとよくケンカされてるようですしね(笑)
弟さんとのやりとりなどは、ヘタな漫才よりも面白いですけど
キーブー
2014年07月28日 22:58
あずきねこさん、こんばんは
はい、そうなんですよ。オペは避けられそうもないです
こぶた2号にも、腹腔鏡とはいえ、あとはしんどいよ、って言われてます。まあでも、ゆっくり養生して、大威張りで怠けて治しますが(笑)
あら!あずきねこさんもこのシリーズのファンでいらっしゃいましたか~
面白いですよね。んで、私も「狂想曲」は未読です。これはもう文庫で買って読んで、保存しておくつもりです。
この人のエッセイはたぶんもう網羅してしまったので、未読の小説を読んでいこうと思ってます。楽しみ~~♪
キーブー
2014年07月28日 23:05
ひまわりさん、こんばんは
近く、まほろ市へ引っ越し予定のキーブーです(笑)
ホントもう、すっかりまほろワールドに取り込まれてしまいました。行天、ユニークだけど影がある感じがなんともいえずいいですよね
私は、わりに星くんも嫌いじゃないです。ちょっとコワイですけどね^^;
「狂騒曲」は泣けるんですか~。それはちょっと・・・心構えして読まなきゃですね^^;

痛みがなくなってきましたか。よかったですね(*^_^*)
私は、これからだ。。。シクシク
でも・・・上げ膳据え膳で、好きなだけ寝て本を読んでられるなあ(爆)
2014年07月29日 14:00
腹腔鏡手術、たった今TVで市村正親氏が
受けると言う話題でした。
手術ですか、こぶた2号さんがいるから
大丈夫だと思いますが、以前の記事でも
思ったのですが、何でも疑問に思った事
は聞いて下さいね!ガンバです
2014年07月29日 20:37
手術、どうぞ軽く済みますように。
体力つけて乗り切ってくださいね。
念送ります!
がんばってね♪

まほろば・・・わたしも読んでみたくなりました。
まずは図書館で探してみます。
2014年07月29日 20:57
うん 体力付けて臨む乗って肝心だね
上げ膳据え膳でしっかり休んでね^^
2014年07月29日 23:55
 こんばんわ
キーブーさん しっかりne
自分に置き換えれば 今の精神は理解できるyo
でも逃げることはできないしne
なら前向きに・・・です

ameneko
キーブー
2014年07月30日 17:22
まさちよさん、こんにちは
お忙しいなか、連投コメントありがとうございます(*^_^*)
市村正親さん、早期の胃がんで腹腔鏡手術を受けるらしいですね。
まだお子さんもふたりとも小さいし・・・みんないろいろと大変。頑張っているのですね^^;
昔から丈夫で病気の心配をほとんどしたことのない私は、ここ2年ほどの体調の変化になかなかついていけずにおりますが・・・年齢を考えれば、ちっとも珍しいことではないんですよね。。。
まだ手術の日時などは決まってませんが、まあ頑張ってきますね。ありがとうございます
キーブー
2014年07月30日 17:25
ミルテさん、こんにちは
おおっ、ミルテさんが念を送って下さいますか。心強いですね。ありがとうございます
そう、大和は国のまほろば、のまほろ市です。町田市がモデルらしいんですけどね。
大笑いしつつ、ほっこりして、感動。とても好きな物語世界です。きっとミルテさんもお気に召すかと♪
キーブー
2014年07月30日 17:29
まるおおさん、こんにちは
そう、こういうのって体力勝負だもんね。とりあえず今のところはどっこもまーったく痛くないので(爆)、頑張って歩いておこうと思ってるんだけどね
うん。上げ膳、据え膳。それだけが唯一心惹かれるところだよね(笑)
頑張ってきますわ。ありがと(*^_^*)
・・・って、まだまだ日時も決まってないんだけど^^;
キーブー
2014年07月30日 17:32
アメネコさん、こんにちは
>でも逃げることはできないしne
そうなんですよね。お腹が痛いわけでもないし・・・このまんまもう1年様子みてりゃいいじゃん、って思わないわけでもないけど、それはダメってはっきり言われちゃったし(~_~;)
はい。前向きに、うけなきゃいけない手術はちゃんと受けて、明るく楽しい老後へ備えようと思ってます。ありがとうございます(^O^)

この記事へのトラックバック