石田の純ちゃんを笑えません^^; 完結編




さて、前回の続きです。もう少しお付き合い下さいませ^^;

MRI検査を終えて、近くのカフェでこぶた2号と遅いお昼を食べたところまで
をお話ししましたが。


このときに、さんざっぱら体に悪い食生活をしているクセに検査のための少量
の造影剤を、
「体内に悪いものを入れたくない」
と言って、かたくなに拒んだ石田純一を話題にして、笑っていた私。


まあでも、たしかに、あの造影剤というものは不気味なものでありまして。

私は以前、CT検査でも造影剤検査を受けさせられたことがあるのですが。

このときは、点滴で入れたんですよね

具合が悪くなったら押すようにと持たされたブザーを握りしめて、その点滴を
受けたのですが。

「体が熱くなると思いますが、それは正常な反応ですから」
って事前に言われてなければ、すぐに泡を食ってブザーを押したと思われる
ほどの異常な体の熱さでありました(~_~;)

たとえて言うなら、全身を電子レンジでチンした感じかなあ。

もちろん、あちちっ!っていうほどのものじゃないですが、つま先から指の先
まで、きっちり熱くなった感じ。

これまで経験したことのない何とも異質な感覚で、ホント気持ち悪かったです



でも今回のMRIの造影剤は、注射。

だから、あっというまだったし、べつに何の違和感もなかったのですが。

その注射の前に、腸の動きをよくするだとかの注射をするというので、何で
そんなものを?って思いつつも
「はあ」
と答えると、
「心臓疾患は、ないですか?あと、緑内障もないですよね?」
と念を押されました。

緑内障については、この検査の予約を取ったときに、医師もほんのちらっと
だけ口にしていましたが、そのときはそんなに重要じゃないような口ぶり
だったんですよね。

なのに、今から検査をするという段になってから念を押されたので、ちょっと
あれっと思いました(~_~;)


私たちの年代は、緑内障や加齢黄斑変性症など、眼病に罹る人が飛躍的に
増える年代ですよね。

私も、2年ほど前に眼圧を測ってもらったところ高い数値が出て、その後
測り直して何もなかったという、なんともグレーな結果が出たことがあったし。

目を酷使するせいか最近では妙にチカチカして見えにくいときがあったりして、
目にはいささか不安を抱えておりますが

そんな世代の人間に、たった今、絶対に間違いなく緑内障じゃないよな、
なんて言われたって、
「はい、絶対に間違いなく大丈夫です」
って言えるものかどうか(爆)

だったら、この検査の前に眼科へ行って緑内障検査を受けとくように勧めて
くれればいいものを(笑)


そんなことを、ハンバーグサンドイッチを食べながらこぶた2号に言ったら、
「よったん世代になると、みんなそんなふうになるんやな。患者さんは病気で
不安感が強くなっとるからいちいち細かいんやと思ってたけどさ」
などと、笑いながら言われました。

うん。

たしかに言ってることは細かいし、多少オカシイよね(笑)

そりゃわかってるけど・・・でも、若いときとは違ってちょっとのことで体調が
狂いがちで、何度か『要精密検査』なんて言われたりすると、やっぱ不安に
なるもんなのさ。

そう言ったら、
「うん。わかるけどさ。でもよったんは わりにのんびりしとるから、そんなこと
無いんやと思ってたからさ」
と笑うこぶた2号。


「あ、それとやね。MRI検査の途中で、『さあ今から造影剤を入れますからね』
言うて、注射器を持ってきよったんやけどさ。チクッと針を刺してから後、緊張
してたんやけど5秒ほどしてもなんともないから安心してたらさあ、『それじゃ
今からお薬を入れていきますので、気分が悪くなったら言って下さい』やて。
なんや今からかいッ!この5秒、何しとったんや!って思ったし」

ふんふん、と、もうあからさまに聞き流し体制に入っているこぶた2号(-"-)

「『今から薬を入れる』って言うたら、緊張してそれだけで具合が悪くなりそう
やん。だったら針を刺してそのまま注入して、『はい、針ぬきますね。気分は
悪くないですか?』ってやった方がよくない?」
と言ったところ。

「だからね。こういうウルサイおばさんは、黙って入れたら入れたで『もう入れ
たの?事前に言ってほしかったわ』とかなんとか言いよるねん。結局どっちに
しても文句がでるんや」
と、こぶた2号。

あーそーですか

まーったく。若いってことは残酷なものですね。

徐々に弱っていく中高年のキモチなど、わかりもしないんだから。


そんなことを思いつつも、まあ思ったことをすべて口にしたのでスッキリした
気分でサンドイッチを食べ終え、おいしいアイスコーヒーを飲んで店をあとに
したのでありました(^O^)


その後、このあと晩ごはんの支度をするのはメンドイということで、ここの
すぐ近くのスーパーに入って、お弁当やらお惣菜をあれこれ楽しく物色した
のでありますが。

このスーパー、わが家の近くにはないスーパーで、しかも他の店より安くて
品ぞろえがいいんですよね。

お弁当や寿司なども、ホントにたくさん種類があるし・・・こぶた2号と、
あーでもないこーでもないと、選んでいたら。


なんか、ちょっとお腹がグルグルしてきたような気配がしたんですよね。

それと同時に、喉元に少しこみあげるような感じもあり、さっきおいしく食べた
サンドイッチを思い出しただけで、気分が悪くなるような感じも。

こ、これは・・・アカン


こぶた2号に体調悪化を告げ、急いで買い物を終えたあと、電車に乗る前に
駅のトイレに駆け込んだのですが。

ふだんは便秘気味の私が、お腹をこわしておりました。

たぶん、優秀な私の腸が、異物である造影剤を排出する気満々になったの
でしょう^^;

これで腸の気も済んで、持ち直したかに思えたのですが。

その後、電車の中で、何ともいえない気分の悪さに悩まされはじめた私


実は、こぶた2号はこのあと別行動予定で、アトピーの薬をもらいに皮膚科へ
行くはずだったのですが。

私の様子がだんだん悪くなるので、急きょ一緒に帰宅することに。


その後も、だんだんだんだん気分の悪さが増してきて、歩く足取りも我ながら
おぼつかなくなり、目がチラチラして視界も狭くなってきました。

喉が渇いてひりつき、奥の方からは薬臭い匂いが上がってきている気が
するし、指先はしびれて冷たくなってくるし。

電車を降りた後、歩きながら、このまま倒れてしまうんじゃないかとヒヤヒヤ
しましたが。

なんとか歩いて、もういちどトイレに入ったのでした。


そしたら、ちょっと体がラクになった気がして、しばらく息を整えてから個室
から出たところ。

こぶた2号が、
「うわッ!よったん、大丈夫?!」
と大声を上げたので、洗面所の鏡を見たら、見たこともないほど真っ白けで
血の気の失せた、幽霊みたいな私の顔が映っておりました


カバンをこぶた2号に持ってもらい、這う這うの体で帰宅した私。

その後はしばらく、死んでおりました(笑)


昔っから丈夫で、朝礼などでも倒れたりしたことのない私ですが。

こんなことはホント、初めてのことでびっくりしました。


これが続くようなら、造影剤の副作用ということで受診した方がいいと
こぶた2号も言ってましたが。

夜にはすっかり持ち直し、買ってきたお弁当もたいらげることができたので
ありました(笑)


・・・って。

あれ?こう書くと、全然たいしたことじゃなかったような(爆)

いやいや。

ホント、大変だったんですよ。マジで死ぬかと思いましたもん(~_~;)



ということで。


最後に、わが家のベランダに仕掛けられていたセミ爆弾です

画像


ベランダの掃除をしようと植木鉢を動かしたところ、いきなりジジジジジ!って
飛び出てきて、思いっきりぶち当たられました

ホントもう心臓に悪いったら




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年07月18日 23:55
笑い話かと読み進んでいたのですが、結構まじな話で、ぼくら団塊世代になるとこういう話って身につまされること夥しい。ぼくも胆石が落ちて、手術するまでがそんな感じでした。不倫文化の純ちゃん、笑えません、笑えません。でも、キーブーさん、何でもなくてよかったですね。
ひまわり
2014年07月19日 01:01
わあ大変でしたね。
内視鏡検査も麻酔のときにキーブーさん
と同じこと聞かれました。
私も眼には不安があるので定期的に
通ってますが…
造影剤、要注意ですね。
大事に至らなくてよかったです。
セミ爆弾もどこから飛んでくるか
予期できないから要注意ですね!

2014年07月19日 08:08
お嬢さんがそばに居てくれてよかったですね。造影剤って身近な存在で 体にとって異物だってこと ついつい忘れちゃっていました。症状が一過性のものでよかったですね。

蝉爆弾 我が家でもそろそろ出撃準備中のようです。ネコさんたちって 生まれたての か弱い蝉さんが大好きなんですよ、梅雨が明けると毎朝 瀕死のゼミ爆弾をプレゼントしてくれます。
2014年07月19日 10:30
>見たこともないほど真っ白けで
このまま、美白になるならいいのにね
何て言っている場合じゃないわね
造影剤の注射大きくないですか
ものすごい量でしょ
私は、まったく平気
バリウム飲むのよりいいわ
体は、暖かくなりますね
2014年07月19日 15:53
あきさんもこれまで、同様の検査を何度も経験しています。あきさんは現在、緑内障で眼科医院から点眼液を処方されて毎日寝る前に点眼しています。
あきさんは検査のときに、緑内障のことを聞かれるので、「治療中ですよ」と答えます。すると看護師さんは筋肉弛緩剤か何かの注射をやめてくれます。
あきさんは検査のあとで気分が悪くなったことがありません。
大体の検査は、食事抜きで行ないますので、検査中は「終ったら何を食べようか・・・」なんて考えています。(この辺、キープーさんに似ているかな?)
あきさんは、こう見えても大腸がんで腸を20センチ短くしてもらいました(人工肛門にはしなくてよかった!!)。
あきさんは大腸がん手術の半年後に肝臓がんの手術を受け、肝臓の右側の70%ほどを胆嚢と一緒に切除されました。
あきさんの経験は今から25年前のことです。
ですからもうあきさんは、人生の余白の部分で生きているようなものです。
あきさんのお腹から胸にかけてはテテヨコ斜めに縫い目が走っています。
鏡を見ると、手術後のあきさんはサイボーグみたいだと思います。
嘘だと思ったら食べてみてください。いや、役所浩司に聞いてみて下さい。
キーブー
2014年07月19日 21:18
ごろーさん、こんばんは
胆石ですか。あれは痛いそうですね(~_~;)
私も、50の坂を越えたとたん、まるで体質が変わってしまったかのようにいろいろと不調が出てきてます。まあこれも、更年期を越えると治るのかもしれませんが。
ありがとうございます。はい、とりあえずは造影剤の副作用がキツくなくてよかったです。この程度なら、軽い方なんだろうなあ
キーブー
2014年07月19日 21:22
ひまわりさん、こんばんは
あら!麻酔のときにも緑内障の有無を訊かれましたか。私は胃カメラのときに麻酔をしましたが、そのときは全然訊かれなかったです。。。
造影剤もそうだけど、体に負担のかかる検査をしたあとは、ウロウロしないでさっさと帰宅すべきですよね^^;
セミ爆弾・・・ウォーキングのときも被害を受けたし、今年に入ってすでに2回、ぶち当たられてます。なんなんだろなあ、まったく
キーブー
2014年07月19日 21:27
丸みさん、こんばんは
はい、ひとりだったらキツかったと思います。こぶた2号がお休みでホントよかった~(~_~;)
あら!ネコちゃんたちは、弱ってきたセミだけではなく生まれたてのも襲いますか~^^;
まあそうだろうなあ。生まれたては無防備ですもんね。でも長く土の中にいて、やっと羽化したと思ったとたんに・・・ちょっとかわいそうな気もしますね^^;
んで、そのプレゼント、ありがたく頂戴しなきゃダメなんですよね。ひ~~~
キーブー
2014年07月19日 21:31
もうヘトヘトさん、こんばんは
ホントもう真っ白けでした。あんな顔色、見たことないってくらい
美白になるには、肌に艶がなきゃダメだってことが今回よくわかりましたよ(笑)
やつれた肌で白いのは、単に不気味なだけです(爆)
注射器は、見てません。見たら具合が悪くなりそうだったから(誤爆)
ヘトヘトさんは平気でいらっしゃるんですね。私は、これまでが検査に縁が無かったせいか、慣れるまで時間がかかりそうです。。。
キーブー
2014年07月19日 21:36
あきさん、こんばんは
大腸ガンと肝臓ガンを、乗り越えてこられましたか。すごいですね
検査後に何を食べるか考えてウキウキするのは、私と一緒ですね(笑)
私はまだ、体にメスは入ってませんが・・・これから年を取るにつれ、病気に罹る確率も高くなりますもんね。覚悟をしつつも楽天的に、のびのび生きていきたいなあ、などと思ったりしておりますが。
そうは言っても、ガン告知など受けたらきっとうろたえるんだろうなあ。考えただけで怖いです。
2014年07月20日 14:46
ほぉぉ~~!
でもこれは天罰でなくってきっと誰にでも起こる副作用だよ
酷くならんで良かった^^
出先での急な不調って冷や汗ものだよね~
2014年07月20日 16:41
ーーーーーダイジョウブ?---かなー!
キーブー
2014年07月20日 18:06
まるおおさん、こんにちは
うん。何か悪いものを食べたりした後に起こる、わりにありふれた症状なのかもしれないね^^;
でも私はこれまで、あんまり「具合が悪い」ってことがなかったんだよね。なのでホントに驚いちゃって。やっぱ年々、弱って来てるんだなあ(~_~;)
キーブー
2014年07月20日 18:08
seiziさん、こんにちは
はい、夜にはもうすっかり元通りでありました^^;
でもホント、びっくりしましたよ。外で倒れちゃう人って、あんなに苦しい目に遭ってるんだなあって思ったりしました。見かけたらすぐに助けてあげなくちゃ、って(笑)
2014年07月21日 00:20
Bonsoir
私は注射で入れる造影剤で検査(CT)を何度か。
肝臓の検査です。
血管の中を造影剤が走る走る!
身体が熱くなります。
近々かな?
キーブー
2014年07月21日 16:41
春夏冬さん、こんにちは
あら、注射の造影剤でも体が熱くなりましたか。あれはホント、びっくりしますよね^^;
冷え性の人など、気持ちがいいって言う人もたまにいるんだとか。どんだけ冷えとんねん!って思いますよね(^O^)
んで、近々ですか。
もう慣れておられるみたいですね。そこはかとなく貫録のようなものを感じました(笑)
2014年07月21日 20:50
大変でしたね。
検査は大事ですが、いろいろありますよね…

セミの季節ですね。
先代猫はよく部屋までゲットしてきていましたが、後輩猫はどうかなぁ。
キーブー
2014年07月22日 18:02
H&Nさん、こんにちは
そして、いらっしゃいませ(*^_^*)
この1年余り、いろいろと検査ばかり受けさせられております^^;
そろそろ慣れるかなあと思いつつ・・・なかなか慣れませんね。できれば受けたくないです

猫ちゃんは、セミには興味津々ですよね(^O^)
仕留めた獲物をプレゼントしてくれるのって、彼らからしたらすごい好意なんだそうですね。決して叱っちゃいけない、って何かの本で読んだことがあります
2014年07月29日 13:31
驚きました!こんな事があったのですね。
その後、大丈夫ですか?
造影剤、怖い…

病院って(こぶた2号さんごめんなさい)
毎日毎日患者さん相手で、たぶん同じ事を
何度も説明していると思うのです。
医者や看護婦さんにとっては当たり前でも、
病院にめったに行く事のない私にとっては
知らないことばかり…。ちゃんと説明して
もらわないと…と思います。
まあ、その前に疑問があったら何でも
質問すると言う事なのでしょうね。
セミ、実家の果樹園を歩くと四方八方から
ぶつかって来ます。痛い痛い。加えて
冷たい…。オシッコもあっちこっちから
かけられます
キーブー
2014年07月29日 17:41
まさちよさん、こんにちは
はい。半径1㎞という狭い範囲内ではありながら、いろいろと怒涛の日々を過ごしておりました(^O^)
質問・・・ホントにしたい質問は「これってホントのホントにしなきゃいけないもんですか?」ですけど・・・答えはもうわかってますしね(爆)
セミのオシッコは、私はまだかけられたことがないです
でも、ベランダのすぐ外の木にはセミがいっぱいで、朝から飛び回ってるし、すごい声で鳴いてるし
あの木、もう切ってもらってもいいんだけどな(爆)

この記事へのトラックバック