次へ行くのは、お片付けが済んでから。




少し前に、子どもの父と呼べるのは血のつながった父親か戸籍上の父親か、
という裁判があったというので話題になっていましたね。

私も、すぐにはどちらとは言えないと思ったし・・・街の声も、意見は ほぼ
まっぷたつに割れておりました。

当事者の子どもの年齢によっては、本人がどちらを父親として見ているのか
ということも考慮しなきゃいけないでしょうし。


でもまあ、一番最初に思ったのは、いったい何でこんなことに?ってこと

ちょっと考えれば、こんなことになるのはわかりそうなものだし、その気に
なれば避けられたことでもあったでしょうに。


子どもの立場に立って、子どもの利益を一番に考えてほしい、という
コメントが母親側から出ていましたが。

はい。ふたりのお父さんとともに、お母さん本人にももっと前にそれを考えて
ほしかったなと思いました。


まあ、夫婦の間にはお互いにしかわからない事情もあるし、赤の他人が
何もわからないのにあれこれ言うのはどうかと思いますが。

でも、あちこちとっちらかした状態で感情の赴くままに生きていれば、早晩
こんなややこしいことになるのは わかりきったことですよね。

しかも、自分だけならそれもまた人生ですが、子どもを含めて、巻き込む人が
多すぎるし。


岐路に立ったときは、まず手近からひとつひとつ、もつれた糸を解きほぐす
ようにして解決していくことが大事なのではないかと私は思うんですよね。

次に行きたければ、まずここを片付けてから。



そんなことを考えながら読んでいたのが、北方謙三『血涙』


宋の国のある武人が、遼の国と戦ったときに瀕死の重傷を負い、敵軍に
助けられるのですが。

動けるようになったときは、これまでの記憶をすべて失っていたのですね。


遼は敵国ではあるけれど、実の父のように尊敬できる将軍もいるし、太后の
娘とも縁ができたしで、今後は遼の軍人として生きていこうと腹をくくる主人公。

また、そう決めたのちの彼の人生は、とんとん拍子に開けていくのですが。。。


ここまで読んだときに、そりゃどう考えても危ういだろう、と思った私

助けられた状況から、きっと自分は宋の国ではたいした立場の人間では
なかったのだろうと主人公は考えているのですが。

それはわかりませんからね

案外、国の要となるような家柄の出で、しかも妻子がいたりしたら どうする
つもりなんだろ、と心配しながら読んでいたのですが。


遼の将軍として宋の軍と戦っているときに、突然 雷が落ちたように自分の
出自を思い出してしまう主人公

それがまた、危惧したとおり、なかなかの家の息子であったわけですね。


元の自分か はたまた記憶喪失後の自分か、どちらの人生を選ぶべきか
苦悩する主人公。

タイトル通り、血の涙を流すわけですね。


これ以上書くと未読の方に悪いので、これくらいにしときますが(笑)

主人公の骨太な生き方もあっぱれなら、それを支える周りの人たちも見事
でありました。

読後感は爽やかで、スッキリしたものでしたよ(*^_^*)



生きかたには、その人の人柄が出ますよね。


私なんかも、出たとこ勝負の、決して人に誇れるような生き方ではありません
でしたが。

でもま、せいいっぱい生きては来ましたし(笑)

結局はそれでいいのかもしれませんね(^O^)



最後に。

生きていくにはエネルギーがいるということで。。。

画像



とある牛肉専門店で食べた『焼肉弁当』

数量限定で、開店からすぐにメニューから消えてしまう逸品なんですよね。

牛一頭をまるまる買って、どうたらこうたらというのが売りの このお店

・・・どうたらこうたら、って、具体的にどういうことよ、って自分でも思いましたが(笑)


そんで、このボリュームで、お値段は税抜き950円

お肉は、決してこのお値段では味わえないと思われるおいしさでありました(*^_^*)


これを食べたのは、もうだいぶ前なのだけど。

まだこのメニュー、やってるかなあ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年07月23日 07:07
Ciao
女の子のいる女性と結婚直前までいきましたが、別れちゃいました。今でも友人です。
その女性の妹は2度結婚していて最初の子(長女)は、ちょっと可哀そうな状態でした。現在は結婚して、子供が2人、ご主人と料理屋を経営しています。ローカル番組でも紹介されていました(チョーさんの釣り情報)
2014年07月23日 08:10
「親子」ってけっこう難しいね。
私は実質的な親子関係が一番って思うけど
血が見えなくなる事で起こる不都合もありそうだし~~

まぁ… 
お腹すくから私もお昼は肉にしよう。。。
2014年07月23日 08:16
男女間のモラルとか倫理感とかは 科学技術に追いつけないようですね。
つい最近 芸能人カップルでもそういう問題が起きていました。今は科学技術が進んで うやむやで済ませたほうがいいことも はっきり結果が出ちゃう世の中になっちゃって あちこちでこういう問題が起きているんでしょうね。
2014年07月23日 10:12
血脈って、難しい問題を引き起こすことがあるよね。
まるで話は違うけど、アルカイダを創設した、例のオサマ・ビン・ラディンはサウジアラビアの石油王の息子(長男)で、アメリカに留学していた。
両親はテキサスの石油利権で財をなしたブッシュ家とも親交があり、深い付き合いをしていた。
ニューヨークの貿易センタービルに航空機を激突させたグループの首謀者はオサマ・ビン・・ラディン。
さあ驚いたのはオサマの両親や親族達だった。当時はみんなアメリカで暮らしていたから。
彼等一族は、ブッシュに頼んで特別機を用意してもらい、一目散にサウジアラビアへ逃げ帰った。
一族を載せた飛行機が飛び去った直後に、ブッシュ大統領(息子の方)は全米の上空を飛行禁止区域に指定した。
ラディンの両親にしてみたら、可愛がって育てた長男が、とんでもないことをしてくれたものだ・・・と言うことになりますね。
形はちょっと違うけど、今の朝ドラの「蓮子」の出自も
血族と言う面で面白いですね。
考えてみれば、大正天皇も明治天皇の側室が産んだ子供さんでした。正妻の昭憲皇太后にはお子さんが生まれなかったから、皇室の血統を守るためには止むを得なかった・・・・世の中は見方を変えれば面白い・・・。
2014年07月23日 18:09
ちょっと、視点は違うのですが、佐藤愛子さんの「血脈」も面白かったですよ。キーブーさんの書評は、実に上手ですよね。確実に読みたくなる。今度、図書館で借りてきます。
キーブー
2014年07月23日 21:21
春夏冬さん、こんばんは
おおっ ♪春夏冬さんにも、そんな紆余曲折があったのですね。
人生、手堅くいくのもいいけど、気持ちのままに動くのもいいのかも。その方が開けていく可能性もありますよね。
そんで結局、おさまるところにおさまって、いい感じになってたりするんですよね(*^_^*)
キーブー
2014年07月23日 21:26
まるおおさん、こんばんは
うん。血縁だけがすべてではないと私も思うんだよね。一緒に過ごした年月って、何物にも替えがたかったりするし。
でも、父親って、母と子ほど密着する感じでもないような気がするし・・・結局のところ、血がものをいったりすることも多そう。
そんで男の子は特に、自分のルーツにこだわったりするし・・・それが見えないと精神的に安定しなかったりする場合もあるらしいよね。私はそんなん、どーでもいいというか、みんなおんなじ人間、おんなじドングリじゃん、って思うけどね(笑)
キーブー
2014年07月23日 21:30
丸みさん、こんばんは
そうですね。大きな見地から見たら(笑)、誰の子だって育てて行けば自分の子なんだし・・・知らなきゃ知らないで済むことだったんですよね^^;
でも、そういうことする女性って・・・夫も子どもも愛人も、あと、お互いの実家も巻き込んで、どエライ騒ぎにしてしまうんですよね。コワイなあ、って思います。カンベンしてくれ、ってカンジでしょうね(~_~;)

キーブー
2014年07月23日 21:40
あきさん、こんばんは
ビン・ラディンの家は富豪だったとは聞いてましたが・・・ブッシュ家とも親しかったんですか。それは初耳です。
そうですね。何不自由なく、先進国で教育も受けさせてリベラルに育てたのに、なんでまたあんなガチガチで偏狭な考えに染まったものか、って思ったでしょうね(~_~;)
子どもは、特に頭のいい子は、曲がりだすとミョーな方向へ突っ走っちゃったりするもんですよね、オウムに入っちゃった東大生のように。。。

天皇家もそうだけど、徳川幕府の歴代将軍も、正室腹は家光ただひとりですよね。あ、家康もたぶんそうですね。でもあとはみな、側室の生んだ子だし。
側室制度がなければ、男子相続で何代も家を継ぐのは、なかなか難しいのかもしれませんね。
キーブー
2014年07月23日 21:46
ごろーさん、こんばんは
佐藤愛子さんの「血脈」、読もうと思いつつまだ読んでないです^^;
エッセイで、家族のこともたくさん書かれてますもんね。お父さんもお兄さんたちも、すごい変わった人たちで(笑)
この「血涙」も、とても読み応えのある本でしたよ。
ラスト、主人公の長男が、父親の生家を訪ねる場面はとても感動しました。こうやって次代へ継ぐために、みんな生きて死ぬのだなと思って・・・いいラストでした(*^_^*)
2014年07月24日 02:59
>出たとこ勝負の
私もです
>血のつながった父親か戸籍上の父親か
子供が、一番の被害者ですよね。。。
>牛肉専門店で食べた『焼肉弁当』
焼き肉も良いわね
今度、焼き肉に行こう
キーブー
2014年07月24日 12:52
もうヘトヘトさん、こんにちは
女が男に頼らずに生きて行こうと思ったら、ある程度 度胸を決めて、出たとこ勝負で切り抜けていかなきゃなりませんよね(笑)
そう、この場合は、子どもが一番の被害者ですよね。あと、自分の子と信じて育ててきた父親と・・・いろんな人の心を傷つけてますね(~_~;)
焼肉、おいしいですよね(*^_^*)
焼き鳥もいいけど、焼肉も最高♪
ビールにも、よく合いますよ
ぶひ
2014年07月24日 19:49
こんばんは
どちらが本当の親か・・難しい問題ですよね
私自身、複雑な環境で育ったのですが、両親が離婚する際、父の戸籍に入ったまま、母が子の親権を持った、子供は姓が変わらないので、母も新戸籍を取り その後再婚したので、今の父とは戸籍も血縁もまったくの他人なんです・・ちょっとややこしいんですが・・
ぐれた時期もありましたが、私には2人も父が居て、幸せだって思えるようになりました(^^)v

暑さで参ってます・・食欲が・・
キーブー
2014年07月25日 17:53
ぶひさん、こんにちは
>私には2人も父が居て、幸せだって思えるようになりました(^^)v
素晴らしいですね。ふたりのお父さまもお母さまも、ぶひさんの幸せをとても大切に思って育ててこられたのでしょうね(*^_^*)
暑さでまいってますか。大丈夫ですか?
・・・って、こちら関西も昨日今日と続けて高温注意報が発令されるほどに気温が上がってます。今日はなんと36度もあったとか
春ごろには、今年は冷夏だなんて言ってた人もいたのに・・・今からこれじゃ、8,9月はどうなるんでしょうねえ(~_~;)

この記事へのトラックバック