怪談は楽し(^O^)





夏というと怪談でありますね


私は昔から怖がりのクセに怪談好きで、この時期はその手のテレビ番組は
逃さず楽しみに観ているのですが


ここ数年は、いつ見ても似たような話で、つまらなくなってきたなあと思って
いたところ。

去年あたりから、なんだか妙に過激な映像が紹介されるようになって
きましたよね。

ホームビデオを回していたら偶然に撮れてしまった、というコンセプトのもの
で、幽霊の姿がはっきり映っているのですが。

これもまあ何というか・・・マユツバでありますね


だいたいが、何でこのシチュエーションでホームビデオなんか回してるんだ、
っていうような、胡散臭いものが多いし。

どう見たって、作った感満載で、興ざめなんですよね(~_~;)


でも。

こないだ観た怪奇特集の番組は、わりと面白かったです。

ホームビデオの映像じゃなくて、怪奇体験を再現ドラマにしたものだったの
ですが。


アメリカの話で、バツイチになったばかりの中年女性が、心機一転、古い家を
買って、娘と新生活を始めようとするのですが。

その家がいわくつきの家で、いろいろと怪奇現象に悩まされるという、まあ
ありきたりな話ではあったのですが。


私の琴線に触れたのは、主人公の女性がバツイチで頑張っているという
ところと、ノースリーブになったときの、驚くほどの二の腕の太さ(笑)

二の腕って、ホント知らないうちに肥大してて、自分でもこの夏にびっくりした
ばかり(笑)

共通点の多い主人公のエイミーに、ひとかたならぬシンパシーを感じて
しまったんですよね(^O^)


・・・って。

バツイチで腕が太いというのは、もちろんこのお話ではどーでもいい些末事
でありまして^^;

本題に入りますと。


エイミーは、なけなしのお金をはたいて築96年だかの古い家を買うのですが。

リフォームは、節約のためか自分でやっておられました(笑)

力のありそうな太い腕をフルに使って、ガシガシと壁紙剥がしをやっていた
ところ。

無人であるはずの家の中からドンドンと壁を叩く音がしはじめ、その音は
もうあちこちで鳴りだして、しかもよく聴いてみると、どうやら壁の中から鳴って
いるのですね。

彼女は、恐怖のあまり思わず家から飛び出してしまったのですが。

それを皮切りに、次々と打ち続く怪奇現象。

耐え切れなくなったエイミーは、友人のデイブに頼んで、一緒に暮らし始める
のですが。

友人、ねえ。。。

一緒に暮らすというのだから、ただの友人ではないんでしょうけど。

このデイブ、縦・横ともに大きくてスキンヘッド。

なんだか いかついし、大丈夫?と一瞬心配になった私ですが

彼は元刑事であるというナレーションが入り、だったら大丈夫どころか、
頼りになるなと安心していたところ。

なんとこのデイブ、一緒に暮らし始めてすぐに、打ち続く怪奇現象に恐れを
なして出て行ってしまったのだそう

まーったく

ガタイのわりに、頼りにならんヤツでありますね(-"-)


オトコなんて、結局のところこんなもんさ。。。などと思いつつ観ていたら、
こぶた2号が、
「ってかさあ。この人の娘っていうのが全然出てこんよなあ。こんだけ変な
ことばっかり起こってたら怖かったやろうに」
と言ったんですよね。


そういや、娘のことがまったく出てきておりませんね。

いったいどうやってこんなホラーな家で暮らしていたんだろうと話していたら。


エイミーの家には、怪奇現象の調査団なるものが入っておりました。

いろんなハイテク機械を持って入り、電磁波なんぞを計測しておりましたが。

異常な数値が示された、などと、ありがちな説明がなされておりました。


そして、最後に、エイミーの決意が語られていたのですが。

「ここは私の家です。なので、最後まで諦めずに闘うつもりです。そして、娘と
一緒に暮らしたいです。このままでは危険すぎて、とても子どもを連れては
こられませんから」

なんだ、娘は、よそに預けっぱなしやったんかいな

それやのに、デイブなんぞと暮らしていたのだねと、ちょっと呆れてしまった私。

今、あーたにとって一番大事なのは、娘をちゃんと手元に引き取って一緒に
暮らすことじゃないのかね。

幽霊退治なんぞは、二の次、三の次でしょうに。


そう思ったものの。

それでも、エイミーのガッツには、感心しました。

恐怖体験というのも生半可なものではなく、幽霊のあからさまな悪意が
感じられる凶暴なものだったのに。

それとがっぷりヨツに組んで、闘おうとは


いやはや。

強い女性もいるものですね^^;



ということで。

昨日と今日も、面白そうな怪奇特集があったので、録画しておきました。

近いうちに、家族で楽しく観ようと思っております。

楽しみだなあ(*^_^*)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年08月14日 22:53
ぼくは怪談は寄席くらいでしか楽しみません。本当の怪奇現象は怖くてたまりません。ガタイがでかいからと言ってもねぇ、怖いもんは怖い。
キーブー
2014年08月15日 19:20
ごろーさん、こんばんは
ごろーさんは、本当の怪奇現象の体験者ですもんね。あの刀の話、とても怖かったです
そうですね。ガタイがよくたって怖いものは怖いでしょうが(笑)
でもねえ。このデイブ、元刑事なんだし・・・あんなコワモテのくせに、すぐに尻尾を巻いて退散とは
それに比べて、エイミーの闘志はスゴイです。やっぱ、女性の方がいざとなると強いですね(^O^)
2014年08月16日 02:22
何を感心しているのかと思ったら
>ノースリーブになったときの、驚くほどの二の腕の太さ

私の母親の家系は、霊感が強いです。
心霊写真も
でも、私は、霊感マイナスです
近くにいても、気が付かない
お酒や食べ物ならすぐ気が付くけど
2014年08月16日 07:42
イギリスでは幽霊がでる家は家賃が高いそうです。
幽霊やお化けと一緒に暮らしたがる人が多いそうで…・
(*^▽^*)
ひまわり
2014年08月16日 12:53
たまに気配を感じることはありますよ。
でも恐い感じではないんですよね。
身内なのかなって思ったりして。
実はここの建物でもひと昔不幸があった
らしいです。
人の思いは残りますから気にはなります。
キーブー
2014年08月16日 16:12
もうヘトヘトさん、こんにちは
このエイミー、腕の太さがもうハンパじゃなかったんですよ。女子プロレスラーにまじっても多分、遜色ないくらいだと思われます(^O^)
うちの母方も、遠い親戚に“視える”人がいたようで、花壇に植えていたピンクのバラがよくないと言われたのですぐに抜いたのだけど、結局その人の言う通りのことが起きた、とか何とか、母が昔言ってましたっけ
ヘトヘトさんくらいバイタリティーのある人だと、霊なんてもう近づけないのかも
キーブー
2014年08月16日 16:15
ねこのひげさん、こんにちは
イギリスは、その手のお話が多いですもんね。そんでイギリスの幽霊は上品だという妙なイメージもあるし(笑)
でも、そういう物件に、わざわざ高いお金を払ってまで住みたいと思う人の気が知れませんね(~_~;)
私は、相場よりもかなり安くすると言われてもイヤです。そういうものには近づきたくないですね
キーブー
2014年08月16日 16:21
ひまわりさん、こんにちは
気配ですか~~(~_~;)
私は・・・あれ?って思うことはあっても、無視します。気づかないふりで(笑)
身内ならいいけど、禍々しいものに近づかれるのは嫌ですもんね。自分なりにまっすぐ、ほがらかに生きていればそんなものも寄り付かないだろうと思ってはいますが。
でももしこんな家に入っちゃったら、私はすぐに出るでしょうね。エイミーみたいに闘おうなんて絶対思わないです(~_~;)
2014年08月16日 18:32
怪談は楽しーーくありません ゼッタイです
キーブー
2014年08月17日 20:31
seiziさん、こんばんは
seiziさんは怪談は苦手だっておっしゃってましたもんね
ひとりで見るのは怖いけど、モナリザさんとならきっと楽しいですよ♪
2014年08月18日 20:38
この手の番組を見ると、お風呂に入れなくなるんで、極力見ないようにしています。
下向いて髪洗った後、パッと顔あげて鏡見たら、知らない人の顔が…キャーッ!
な~んて想像しちゃったりします。

その割に、「心霊探偵八雲」シリーズは好きで、ずっと読んでるんですけどね。
2014年08月18日 22:12
 こんばんわ
キーブーさん 話が脱線しすぎ~ (笑)
でも面白かったです 
心霊現象はあるとは思いますが
ホント 嘘っぽいのが多いよne

ameneko
2014年08月19日 14:44
子供の頃から怪談は苦手だった!!
次の話題に期待します。今度はあきさんでもコメントできる話題にして下さい!!
キーブー
2014年08月19日 22:47
あずきねこさん、こんばんは
風呂に入って目をつぶって洗髪してるときなど、ホント怖いですよね(^O^)
私も、ひとりのときは極力見ないようにしてます。できるだけ家族と一緒に見てますね(笑)
「心霊探偵八雲」シリーズ、文庫本が本屋で平積みになっているのをよく見かけます。面白そうだなって思っていたのですが、やっぱりですか~
入院中に読んでみようかな、って一瞬思ったものの。
病院で心霊ものは・・・やっぱりやめとこう^^;
キーブー
2014年08月19日 22:50
アメネコさん、こんばんは
でもホント、すんごい腕の太さだったんですよ(笑)
私もけっこうなものですが、あれには全然かなわないなあってくらいの(^O^)
そうなんですよ。最近の心霊番組に使われる映像の、嘘っぽいことといったら
それなのに、ゲストのお笑いたちまでが怖がってみせたりするんですよね。絶対、そんなこと思ってないでしょうに(-"-)
キーブー
2014年08月19日 22:52
あきさん、こんばんは
あきさんも、怪談話は苦手でいらっしゃいますか~
意外に、男性にそういう方が多いんですよね。
はい。お次の記事は、まったく怪談とは関係ないです。よかったらまたお読みになってみて下さいませ(^O^)

2014年08月21日 19:43
外国ものの怪談ですか。
怪談でも、ラブストーリーでも、白人女性は強いなぁ、って思うのですよ。
腕も太いけど、たぶん、体全体つくりが日本人よりしっかりしてるんですよね。
それにしても怖気づいて逃げちゃう男はかっこ悪いなぁ。
キーブー
2014年08月22日 21:50
ミルテさん、こんばんは
白人女性、強いですよね(笑)
おっしゃるとおり、体のつくりからして違う感じ。頑丈というか(^O^)
そうなんですよ。一度引き受けたなら、男ならもうちょっと頑張ってほしいなあと思いました。元刑事なんだし・・・幽霊より、犯罪者の方がきっと数段手ごわいでしょうにね(~_~;)
2014年08月22日 22:55
怪談、こぶたさん方も好きなのですね。
怖い話は無理です。汗
夜トイレに行けなくなります。
この話を読んだだけで、今日の夜トイレ…。
キーブー
2014年08月23日 16:12
まさちよさん、こんにちは
こぶたたちも、少し前くらいまでは私と同じようなテンションで楽しんでおりましたが。
最近では「また~?よう飽きんと観てるなあ」なんて言うようになりました(~_~;)
夜中のトイレは怖いですよね(笑)
こぶた2号が夜勤でいないときなど、たまに枕元のスタンドをつけっぱなしで寝るときがあります。怖くて^_^;
まさちよ
2014年08月23日 16:29
昨日の深夜、クローゼットから
物音がして“ドキッ”としました。
その後は何事も無く。ホッとして
いつの間にか眠っていました。笑
物音“壁の中でないから大丈夫”と
自分に言い聞かせました。汗
キーブー
2014年08月23日 21:44
まさちよさん、こんばんは
あらら
それは、怖い思いをされましたね。壁の中からでなくてよかったけど・・・でも、こないだ観た映像では(ケータイで偶然撮れたとのこと 笑)、クローゼットの中の隙間から、やけに白い子どもが覗いてたんですよ
こぶた2号は、それを観た夜にクローゼットを開けるのがとても怖かったって言ってました(^O^)
まさちよ
2014年08月25日 08:43
ちょっとちょっと、キーブーさん
キーブー
2014年08月25日 17:15
まさちよさん、こんにちは
再度のお越し、大歓迎です(*^_^*)
クローゼットを開ける際は、くれぐれもお気をつけて。間違っても夜中にひとりで開けてはなりませんよ~
でも私は、クローゼットの中の異世界といえば、すぐにナルニアが思い浮かびますけどね(^O^)

この記事へのトラックバック