映画『イントゥ・ザ・ストーム』を観た!




昨日の水曜レディースデー、観てきた映画はこれ


スティーブン・クォーレ 監督 『イントゥ・ザ・ストーム』

画像



今月のなかば過ぎに入院・手術が予定されている身としては、観たい作品は
さっさと観とかないといけませんしね(^O^)

この作品は、公開されて日にちも経っているため上映時間も午後だけに
なっていたので、急いで観てきました^^;


こういう作品って、ストーリーよりもまずその竜巻のスケールの大きさに
期待がかかりますよね

でも、えてして、登場人物の抱える問題だの人間関係だのを説明するのに
時間をとられ、かんじんの竜巻は最後のほうにちょっと暴れまわって終わる、
なんていうことになりがちなのでありますが(笑)


この作品は、冒頭からすごい勢いでいきなり竜巻が現れ、4人の被害者を
出しておりました

その竜巻も、驚くべき破壊力だったのですが。


それはただの序章に過ぎず、後半に出てくる竜巻はもうそんなレベルじゃない
うえに、さらに複数同時に巻き起こったものが合体して、直径3200メートル、
秒速135メートルの超巨大竜巻となるのですね


画像


その巨大竜巻は、人や家はもちろんのこと、車、それも装甲車までも軽々と
持ち上げ、さらには空港にとめてある飛行機すら飲みこんでしまいます。


すべてが終わったあとには、見渡すかぎり爆撃でも受けたかのような惨状が
広がっておりました。



それらの映像があまりにも迫力があって、実録ものと言ってもいいほどの
すごさだったため、正直、登場人物たちの動静など二の次・三の次だった
のですが(笑)

ま、一応ストーリーを説明しておきますと(^O^)


主人公の男子高校生は、父親と弟の3人暮らしで、父親は彼の通っている
高校の教頭をしています。


教頭先生なんていうと、チビでハゲの冴えないおっさんを思い浮かべて
しまいますが(全国の教頭先生、ごめんなさい。あなたのことじゃないです。
あくまで、私の脳内教頭先生です 笑)

このお父さんは、長身でイケメン。

田舎町の教頭というよりは、NYのエグゼクティブといったほうがぴったり
くるなあと思ったほど。

なのに、二人の息子はちょっとオタクっぽくて地味

兄の方は少しシャイで不器用な感じで、弟はおっちょこちょい。

そんな3人ですが、父親は仕事に忙殺されていて あまり息子たちにかまって
やれないようで、父と子の間には微妙な溝ができてしまっています。


そんななか、卒業式がとりおこなわれていた学校を、竜巻が襲うのですね


画像


最初の竜巻もそら恐ろしいほどのもので、生徒たちは間一髪で被害を
免れるのですが。

それで安心していたところにまた竜巻が次々と発生し、それが合体して
巨大竜巻となって、再び学校に牙をむくのでありますね。


父親は、そばにいた下の息子や生徒たちを誘導して、彼らを竜巻から
守るのですが。

上の息子が、卒業式をバックレて女生徒の課題作成の方に付き合って
廃工場にいるのをそのときはじめて知り、彼を助けに向かいます。

途中、竜巻を研究して撮影するチームと合流するのですが。


さて。

息子は無事に助けられるのか。

というより、彼ら全員、助かるのか。


後半はもう、次から次にハラハラしどおしで、ずっと心臓がドキドキして
おりました^^;


でもこれ、決して絵空事じゃないですよね。

日本ではあまり聞かなかった竜巻が、ここ数年あちこちで起こっているし。

国土が広大で、開けた土地が多いアメリカなどは、実際にこんなことが
起きても全然不思議じゃない感じ。

怖いですね。

こういう災害には、いくら備えをしても家ごと吹き飛ばされちゃうんじゃ
しようがないし。

せめて、家族とはいつもなるべく本音で話をして、楽しく仲良く、後悔しない
ように過ごせたらなあと思った次第です。



最後に。

これは、余計な事かもしれないのですが。

ラスト近く、竜巻が去ったあとの瓦礫のなかに小さなアメリカ国旗が建てられ
ているのがちらっと映ったんですよね。

それには、ちょっとあれっと思いました。


まあ、国民みんなで力を合わせて復興していこうという思いを単純に
表わしただけだと思いますが。

でも・・・こういう場合は、国籍だの人種だのを乗り越えて考えるもんじゃない
のかなあ。

少なくとも、この映画が日本で作られてたら、最後に日の丸を出すなんてこと、
誰も考えない気がするのだけど。。。


こんなことが気になったのは私だけなのかなあ^^;







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年09月05日 08:11
何年か前なら アメリカ産の郷風雨や竜巻パニック映画は よそのお国の出来事だって感じていたけど 近年の日本の気候から視て 他人事ではなくなっちゃいましたね。(カッコイイ教頭先生と国旗は日本ではありえないけど)
自然災害は完全に防御することは難しいけど せめて家族の間の連絡は災害中も災害後もちゃんと取れるようにしておきたいと思っています

入院・手術 無事に終えられルことを祈っています
2014年09月05日 16:31
竜巻を材料にした映画って、迫力満点だったでしょう。
今はCGの技術が長足の進歩を遂げているので、映像はリアルだったでしょうね。
こうしたCG技術の最先端にいる人が日本人だという話を知っていますか。
名前を忘れたけど、ハリウッドに凄い日本人CGアーティストがいるんですよね。キープーさんの方が詳しいかな??もしそうだったらごめんね。
ところでXデーは中旬すぎですか。あきさんの例もあるし、絶対に大丈夫だからね。それに麻酔するから、痛くも痒くもないんだよ。嘘だと思ったら2号さんに聞いて下さい。
キーブー
2014年09月05日 18:01
丸みさん、こんにちは
そうなんですよ。これまでは、トルネードやハリケーンの映画って、しょせん大国アメリカのことだと思って観てられたんですけどね。今はもう、世界中どこで起こってもおかしくない感じです(~_~;)
そういえばホント、カッコイイ教頭先生って見たこと無いような(笑)
この教頭先生は、とてもカッコよかったです。妻とは離婚して、彼が息子ふたりを育ててるという設定でしたが・・・こんな素敵で、いざというときに有能で勇気があって、ハートの熱い男性と、なんでまた離婚なんぞしたんでしょうねえ^^;
はい。腹腔鏡の簡単な手術なので、頑張ってきますね(笑)
ありがとうございます(*^_^*)

キーブー
2014年09月05日 18:07
あきさん、こんにちは
私は、こういうパニック映画って大好きなのですが(笑)、はい、期待どおりの迫力満点な作品でありました
ハリウッドに、そんなすごい日本人がいるのですね。私は、自分の興味のあること以外はまーったく疎いたちなので、全然知りませんでした。同じ日本人がハリウッドで活躍してるなんて、嬉しい限りですよね(*^_^*)
全身麻酔は、20年ほど前に一度だけ経験があります。たしかに、あっという間に終わってましたね^^;
こぶた2号によると「麻酔してるときは人工呼吸器が入ってるから、抜くときに苦しいかもよ。吐く人もおるしね。術後はすぐに歩かされると思うわ。痛いやろけどね」とのことでした。もうちょっとオブラートに包んで説明してほしいもんだと思いました。。。(~_~;)
2014年09月06日 01:01
>昨日の水曜レディースデー
年齢制限がなくて良いわね
竜巻、日本でも猛威を振るって来ましたね
都会にいたら竜巻の被害はないと思うけど恐ろしい。
藤田スケールが、日本で使われるようになったとは
2014年09月06日 12:41
手術 泣かないで 突破 乞う!
ひまわり
2014年09月06日 12:57
向こうの映画はスケールが違いますね。
愛国心も強いですよね。
手術前というのはプレッシャーかかる
と思いますが成功をお祈りしています。
私もいろいろ検査等ありますがお互い
頑張っていきましょう!
キーブー
2014年09月06日 22:21
もうヘトヘトさん、こんばんは
水曜レディースデー、年齢制限のない良い制度でありますね(^O^)
そうですね。都会は、地方よりは竜巻をはじめとする自然災害の被害を被ることは少ないとは思いますが・・・それも最近では怪しいですよね。絶対に安全、ってところはないと思います(~_~;)
藤田スケール、今ググってみました。なるほどです
キーブー
2014年09月06日 22:24
seiziさん、こんばんは
泣いても、よしよししてくれる人がいませんからね(T_T)
はい。まあ腹腔鏡だし・・・どうということもないでしょう(笑)頑張ってきますね。ありがとうございます(*^_^*)
キーブー
2014年09月06日 22:29
ひまわりさん、こんばんは
アメリカ人は、自然災害に遭って生きるか死ぬかってときにも愛国心なのですね^^;
まあ、良い悪いという問題でもないでしょうけど・・・日本人とはメンタルがまるっきし違うのだなあと思った次第です。
手術とはいえ腹腔鏡で、1週間ほどで退院できるのですが・・・それでもまあ、あまりいい気分ではないですよね(笑)
ひまわりさんも検査ですか。入院が必要だったりするのかな?検査も辛気くさくてうんざりですよね。結果が出るまでがイヤだし。
はい。お互いに頑張りましょうね。ひまわりさんも頑張っておられると思うと、力が湧いてきそうです(*^_^*)
2014年09月12日 11:03
手術の為にウォーキングをはじめたと
言っておられましたね。
今月半ばですか、もう入院されたのでしょうか?
頑張って下さい
応援しております。
この映画、映画館で見たら迫力ありそうですね
キーブー
2014年09月13日 22:05
まさちよさん、こんばんは
ウォーキングを始めた頃は、まだ手術になるなんて夢にも思ってなかったんですよ^^;
体重もMAXになってたし、まあ健康維持ということではじめたんですけどね。術前の、いい体力作りとなりました(笑)
応援、ありがとうございます。入院は来週なかばです。もう少しですね
はい。大スクリーンで観る竜巻は、ものすごい迫力でしたよ♪ 機会があったら、ぜひご覧になってみて下さいませ

この記事へのトラックバック