神秘のベールが開くかと思っていたのですが(笑)




退院して1週間以上が経ち、ようやく落ち着いてきましたが。

帰宅して、何が一番驚いたって、家の草花という草花がほとんどみんな
ぐったり元気が無かったこと^^;


入院前に、何度もこぶた2号には水やりをお願いしていたのだけど。

「そう?ぐったりしてる?・・・そうかな。あんまり気が付かんかったけど」
なんて言ったし(~_~;)

こぶた1号に至っては、植木の生死についてはまーったく興味のない様子


急いでたっぷり水をやった結果、ほぼみんな息を吹き返しましたが、手遅れ
が1名。

ずっと前から欲しかったのだけどなかなか店頭で見かけることがなかったの
をやっと見つけて手に入れていた白いランタナ、このヒトだけは助けることが
できませんでした


枯れてしまった苗をじっと見つめている私に、
「そんなん、また買えばよろし」
と言い放ったこぶた2号

まあ、しょうがないですよね。

こぶたたちも、それぞれ仕事しながらの家事と私の付添いだったわけだし。

そりゃ植木までは手が回らないよなあとも思ったのでありました。




さて。
ここで、話はがらっと変わりますが。

前記事で言っていた、入院前にひとつだけ楽しみにしていたことについて、
書きたいと思います。


30代のときに、一度だけ全身麻酔を受けたことがあると書きましたが。

そのときに、とても不思議な体験をしていたんですよね。


夢を見ていたのだと思いますが、自分がものすごく巨大な鳥になっていて、
羽ばたくごとに、ぶわさっ、ぶわさっ。

ものすごい風がまき起こるほどの、怪鳥になっておりました(笑)


それがなぜか、井戸の中のような場所に落ちていて、はるか上に空が見え、
下は何も見えない真っ暗闇の奈落。

周囲の壁はゆるやかに上に向かって漏斗上に伸びており、その壁に何か
小さいものがたくさん付いていたのですが。

よく見ると、それは観客席。

どうやら、スタジアムのような場所らしかったのですが。


座席がそのように小さくしか見えないというところからも、そのときの私の
巨大さがわかろうというものですが(笑)

そんなふうに巨大なだけではなく、自分の中には忘れていた計り知れない
大きな力があると確信しているのに、どうやってもその空間から脱出する
ことができなかったんですよね。


多分大きなスタジアムなのでしょうが、自分にとっては狭苦しいその空間を、
壁に沿って飛び回りながら、疲れてくると壁につかまってひととき羽を休め、
その態勢がまた苦しくなると壁に沿って飛ぶ、ということを繰り返すうち。

ああ、自分はいつか力尽きて落ちてしまうんだろうなあ。

こんなに大きくて、力もあるというのに。

頭上の、小さな青い空を見上げながらそんな無念な思いでいるうちに、気が
つけば病室に戻っていたのですが。


あのときの、夢というにはあまりにリアルで実感のある不思議な感じが忘れ
られずにいた私。


その後、やはり全身麻酔でオペを受けてきた同僚がいたので訊いてみた
ところ、彼女も経験のないリアルな夢を見ていたのだとか。

彼女の場合は、巨大な(そこだけ同じ 笑)イモムシになっていて、地中深く
を這いずっていたのだそうで、息苦しいうえに体に掛かる重さが半端なくて、
必死で前に進みつつも、なんでこんなことになってしまったのだろうと、泣き
たい思いだったんだとか。



以前、読んだことのあるカルロス・カスタネダの『ドンファンの教え』でも、
あるいはニール・ドナルド・ウォルシュなども、変性意識に入るためにある種
の薬草を摂取していましたが。

今回は、そんな危険なことをしなくても、それに似たようなことが体験できる
わけだし。

・・・って、麻酔医のもとで施される麻酔と、未開の地での怪しげな薬草ハイ
を一緒くたにしてはいけませんね(笑)

まあそんな、自分でもアホくさ、と思うようなことを考えていたわけで
ありますが^^;


結論から言うと、夢はまーーったく見ませんでした。

まるでテレビの電源を切るように、すとんと無意識に陥ってからは、病室で
覚醒するまでの間は、存在すらしていなかったかのような“無”の状態で
ありました。


もし、死がこういうものなら、とても簡単で恐れることはないのだなあと
思ったり。


でも、もしも、覚醒したときに病室ではなくてお花畑だったりしたら、驚く
だろうなあ(笑)

お花畑ならいいけど、なぜか血の池に浸かってたり、針山を登ってたりしたら
もうたいへん(爆)


ま、それはともかく^^;


最後に、その30代のときの後日談ですが。


テレビで、外国の戦闘機ショーで事故があったというニュースを観ていたとき。

航空専門家の人が、なぜその戦闘機が墜落したかを説明するのを、家事を
しながら聞くともなく聞いていたのですが。


要するに、機体が地面と直角になったというか、まっすぐ上を向いてしまい、
失速したことが墜落の原因だというようなことを話していたのでありますね。

それを聞いたとき、ハッと思い至りました。

そう。
飛行物体は、ロケットでもないかぎり真上には上がれないものだ。

私はそれを、怪鳥になったあのとき、身を持って知っていたので
ありますね(誤爆)

なんとか真上の空に向かって上がろうとしたのだけど、それは、たとえば腕の
関節を反対に曲げるような、イキモノとしてムリ!っていうような感覚だった
のを思い出したんですよね。


そのとき、本当に不思議なことだなあとしみじみ思ったのですが。

あれはいったい何だったんだろうなあ。


今回は その謎も解けるかもしれないと、ちょっと楽しみにしていたんです
よね(笑)


うーん。
残念なような、ホッとしたような、複雑な気持ちでありました(^O^)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年10月04日 19:34
私は53歳と、54歳の時の2度、多きな手術を受けましたが、2度とも夢を見るなどといったことはなかったですね(微笑)。
そもそも夢を見る状態というのは、睡眠の度合いが浅いときでしょう。
全身麻酔でこん睡状態のときは夢を見ないというのが、あきさんの説です(微笑)。
キープーさんが夢を見たときの麻酔は、きっと浅かったからではないかな???
ひまわり
2014年10月04日 20:58
ランタナ残念でしたね。
キーブーさんの身代わりだったのかも。
白や紫はなかなか見ないですよね。

私は20代の時の麻酔で川を
流される
夢をみました。






2014年10月04日 21:41
あ~…、ぼくは同じように病院に入院中、水やりなどほとんどしないのにある観葉植物だけがやけに気にかかりました。そして、退院して来たら案の定、その植物が枯れました。なんか身代わりになってくれたようで妙な気持がしました。
2014年10月04日 23:09
こんばんわ
なんとなくですけども・・・
井戸のような場所に落ちて
真上に光が見えているために
そこに行こうとするけども・・・
自分ひとリの力では なかなか上がれない
仮に 人の力を借りかたくはないって性格なら
周りの壁に掴まりたくないし~みたいなne
第三者的に自分を見ることができた
なんて・・・ne (笑)
あくまでも 空想です 

ameneko
2014年10月04日 23:51
>羽ばたくごとに、ぶわさっ、ぶわさっ
そのころは、痩せていたのね

全身麻酔って不思議なのね
まだ、経験がない
2014年10月05日 10:00
全身麻酔は体験ありませんが 歯医者さんの痛み止めの笑気麻酔っていう軽い麻酔でも 同じように ふわふわ飛ぶような感覚になります(昭和の頃の笑気麻酔体験なので 今はもっと笑気麻酔が進歩していて 感じないかもしれませんが)

白いランタナさんに また出会えると良いですね。
キーブー
2014年10月05日 15:54
あきさん、こんにちは
そうなんですよ。麻酔時に夢や幻覚を見るというのは、麻酔から覚めかけてるときなんだそうです。今回、この話を書くにあたって ちらっと調べてみたら、そんなことでとても驚きました。
手術中に麻酔が覚めるって・・・そんじょそこらの怪談よりも怖いですよね。そんな目に遭わなくてホントよかったなあと思いました^^;
キーブー
2014年10月05日 15:58
ひまわりさん、こんにちは
身代わり。それ、私も一瞬思ったんですよね。遠藤周作が、生死の境をさまよったときに、飼っていたオウムだか九官鳥だかが身代わりのように死んでしまった、って書いてるのを読んだことがあります。
川を流される夢ですか~
それって、どんな感じだったのかなあ。怖かったのか、それとも気分よく流れてたのか(笑)
キーブー
2014年10月05日 15:59
ごろーさん、こんにちは
あら、ごろーさんも似たような経験をされたのですね。
身代わりって、やっぱあるのかなあ。
それにしても、白いランタナ。見つけたときは小躍りして買ってきたのだけど・・・また見つかるかなあ
キーブー
2014年10月05日 16:03
アメネコさん、こんにちは
夢の解釈ですね。なるほど~
なんか、そのときは本当の自分を思い出した、って気持ちがすごく強くて、目が覚めてからもその気持ちが心の中いっぱいに残ってました(笑)
私って、いざとなると怪鳥に姿を変えて飛び回る能力があるのかも(爆)
あ、でも・・・狭い穴に落ちないようにしないとダメですね(^O^)
キーブー
2014年10月05日 16:06
もうヘトヘトさん、こんにちは
巨大な怪鳥なので、太ってるとか痩せてるとかの境地を越えておりました。もう体重のことで悩まなくていい種類の生きものでありますね(笑)
ヘトヘトさんはまだ、全身麻酔をされたことがないのですか。もし機会がありましたら、この話を頭の隅っこに入れといていただいて、興味深い夢を見られたらぜひブログ種にしてくださいね(^O^)
キーブー
2014年10月05日 16:09
丸みさん、こんにちは
ああ!そういえば、私もむかーしむかし(昭和の頃 笑)、歯医者で受けた麻酔でフワフワした気分になったことがあったっけ。
でも、あれより数段深い麻酔で、お腹を切られててもまーったく痛くないですからね。ってか、切られたことすら気づかないし(笑)
白いランタナ。。。また会うときがあるのかなあ
koko
2014年10月06日 00:39
羽が生えている自分を見たのは、たまたま全身麻酔の時だった…だけかもしれませんよ。
私は、時折見ます。
地面に着きそうなくらい大きな羽で、バッサバッサと飛ぶ自分を。
それがまた飛ぶのが下手なんですよね~(^◇^;)
森の中に落ちていっては、枝をバキボキ折ってしまって、あ~あってな感じです。(あ~あは夢から覚めてから思うんですが)
砂漠に飛んで行き、ラクダを連れた少年の脇をザザーッと通り過ぎる時、彼は大きな目でじーっと私を目で追っていました。
他にもまだありますが、どれもリアルなんです。
不思議なんですが、衝撃は感じるんですが、痛みや暑さ(熱)寒さ(冷)恐怖や焦りなど感じないんですよ。

白いランタナ…身代わりになるべく、キーブーさんのもとへやって来たのかもしれませんよ(*^_^*)
あ、ウチには今、鉢植えといったら、やたら成長しまくってる金の生る木しかないんですが、どう見ても身代わりになってくれそうもありません(T . T)
手術ってことなったら…(^◇^;)
キーブー
2014年10月06日 20:29
kokoさん、こんばんは
そういえば、飛ぶ夢はときどき見ますが、羽が生えて鳥になって飛ぶ夢はこのときが初めてでした。
麻酔の力を借りなくても、こんなリアルな夢を見られるなんて、楽しいだろうなあ。うらやましいです
ああ!金の成る木は、なかなか枯れませんよね。しかも、葉っぱ一枚からでもどんどん増えるし(^O^)
・・・って言いつつ、うちではマグカップに挿した金の成る木を1度だけ枯らしてます。なので、kokoさんちでも、いざ手術となったら身代わりになってくれるかもしれませんよ(笑)
2014年10月06日 21:51
持ち主?の体が弱ると、そこの植物たちがその人にエネルギーを上げて枯れてしまうのだと聞いたことありますよ。
いい子だったのだと思います。

いいなぁ、羽があって空飛ぶ夢。
空飛ぶときは泳ぐようにして空飛ぶ夢しか見たことないです。
その後鳥になった夢ってごらんになったことあるんでしょうか?
キーブー
2014年10月07日 18:59
ミルテさん、こんばんは
植物って、優しいのですね
白いランタナちゃん・・・まだ買ってきてそんなに日数は経ってないのですが、そこまで私を慕ってくれていたとは(笑)
考えてみれば、私も空を飛ぶ夢は何度か見てますが、鳥になって羽を使って飛ぶ夢はそのときが初めてでした。ものすごく不思議な感覚でしたよ。
その後は、こういう夢は見たことないです。もう一度、今回の麻酔時に続きを見られたらいいのに、って思ってたんですけどね^^;

この記事へのトラックバック