僭越ながら このキーブー、伏してお願い申し上げます<(_ _)>




少し前の話になりますが。

エボラがいよいよ日本に上陸か、といわれてましたね

きっと風邪かなんかだろうとは思いつつも、ちょっとハラハラしてニュースを
見ておりましたが。

結局、検査の結果は陰性とのことで、本当によかったです^^;


まあ今回はそれで済んだけれども。


各国を飛び回った挙句に陽性反応が出たりしたら、大変なことになるところ
でしたよね(~_~;)

政府の言う『水際作戦』、まったくもってこれが要だろうと思います。



そんなところへ、驚くようなオバマ大統領の声明が飛び込んできました。

エボラ治療に携わる医師が帰国した場合に自宅に閉じ込めておくのは人権
侵害にあたるので、廃止するとのこと。

これを聞いて、本当に驚きました。



医師の言い分を聞くと、たしかにうなずける点もあります。

いわく、疲れてやっと帰国したのに、衆人環視のなか空港職員に大声で詰問
された、云々。

犯罪者のような扱いで、驚き憤りを覚えた、といわれてましたね。

たしかに、それは言語道断だと私も思います。


でも。

実際に医療従事者への感染が後を絶たないうえ、こないだは感染した
医師によってニューヨークが大騒ぎになったところだし。


これって、政府のやり方も医師の言い分も、ちょっとおかしいと思うんですよね。


『自宅軟禁』なんて言葉がでてきてますが、これは明らかに横暴。

それに、自宅になんぞ閉じ込めたところで、感染が確認されたら自宅周辺は
また大騒ぎになるんだし。


できれば、病院の特別室のようなところに決まった期間、入院していただく
のが一番いいと思うのだけど。

もちろん病人ではないのだから、食事はケータリングサービスの利用など
きめ細かく対応し、アフリカでの疲労を癒して頂けるようにすべきだし。

医師を拘束するわけだから、その分の日当もきちんとお支払いすべきだと
思います。


そのうえで、医師にもこれは仕事の一環だという意識を持っていただきたい
んですよね。

あるアメリカ人看護師はインタビューで、
「私は医療従事者なのだから、自分が健康かどうかくらいわかってます。
大変な仕事をして帰宅したのだから、休暇を楽しむ権利もあります」
とか言って、サイクリングに出掛けようとしてましたが。

だーかーら、何の異常もなくて帰国した医師への感染も、もうすでに起きて
いるのですよ


エボラ自体、まだまだ分からないことが多すぎて、医師だからといって
油断はできない状況だと思います。

人のために命を賭けてお仕事をしておられる方なら、人のために無用な
リスクは避けるべだというのもおわかりのはず。


・・・な~んて、小・中・高と、理科の成績は3だった私なんぞが、優秀な医師
に説教するのもおかしな話ではありますね(自爆)

でも、ホント。

仕事の疲れを癒していただきつつ、ほんのしばらくだけ経過観察をしては
もらえないかと、切に願う次第です。



そんで、オバマ大統領ですが。

なんつうか・・・のんびりしてるなあというのが素直な感想でした。

ニューヨークの騒ぎは、つい先日のことなのに(~_~;)

しかも、患者とじかに接してる医師を野放しにするわりには、患者とは接点の
ない帰国軍人たちは拘束するとか、理屈に合わないことを言い出すし。

オバマ大統領は、医師の側にたってその業績をたたえ慰撫しつつも、今回
はできる限り説得に回るべきじゃないのかなあ。


インタビューで、あるアメリカ人が、
「我が国は、世界の一等国だと思ってたのに。そうじゃなかったの?!」
なんて言ってましたが。

一等国かどうかは知らないけど、世界の中心であることはたしか。

その国が、感染を水際で止められなかったというだけでも大変なことだと
思ってもらわないと。

アメリカが汚染されたら、すぐに世界中に感染は広がるだろうし。


WHOの言うとおり、今が肝心。

選挙のこととか、ヨソゴトを考えずに、しっかりエボラ撲滅に向けて頑張って
いただきたいなと思う次第です。



さて。

小・中・高と、理科の点が3だったおばちゃんが(しつこいな)、思いつくままに
言いたいことを言いましたが^^;


実際にこの問題に取り組んでおられる各種機関、医療従事者の方には、
心から敬意を表させていただきます。

私も・・・生まれ変わったらきっと、人のために役に立つ人間になろうかと
思ってます・・・今生じゃもうムリみたいだから(自爆)



ということで。

最後に、癒されるスイーツを載せて終わりにしたいと思います


画像



こぶた2号作の、ホットケーキ


いやいや、おばちゃん。今は『パンケーキ』って言うんだよ、って思った、
そこのアナタ。

これは、ホットケーキミックスを使って、しかも普段あまりキッチンに立たない
こぶた2号が焼いたものなので、ホットケーキで充分なのでありますよ(笑)


あのヒトは、バターもメープルシロップも嫌いなので、トッピングはチョコ。

せっかく五芒星を描いたのに、溶けてきてますね(笑)


見かけはナンだけど、お味はおいしゅうございました(*^_^*)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2014年11月01日 22:44
こんばんはぁ。

未知の感染症は、水際で防ぎパンデミック(大流行)させないことが一番大事。にも拘らずアメリカではそれに関心がないのかなぁと感じるほどです。

医療従事者なのだから、自分が健康かどうかくらいわかってますといいつつも自分が医者の不養生の状況下では「何の意味もない」のではと思うのですが…

そこらへんの感受性の違いには、首を傾げてしまいそうです。
2014年11月02日 00:41
>病院の特別室のようなところに決まった期間
>入院していただく
こういう時、宮内庁病院を使うと良いのにね
食事は、5つ星レストランでもなんでもいいじゃない。
それにしても、エボラ出血熱恐ろし過ぎ
2014年11月02日 07:22
アメリカは資格を持っている人には 尊敬の念というか すっそくリスペクトするお国柄だから 医療従事の資格を持っている人たちの意見には 弱いんだと思うけど 医療従事者なら 感染のリスクをわきまえているはずだから エボラ感染の危険期間は 自重するべきだと思うんだけど・・・感染の危険性のある時期でも ボーリングやサイクリングに行っちゃうんですよね。

日本の水際作戦も今のところ うまくいっているけど 我が家のような田舎町でも 海外から来る方や 海外渡航する方がたくさんいるので 対岸の火事ではないです。
ひまわり
2014年11月02日 12:42
キーブーさんに同感です。
かれらは英雄かもしれませんが
危険レベルの感染症に携わった医療従事者
としてもう少し自覚をもって行動して欲しい
ものですよね。
人権侵害などと議論してる場合じゃない
ような気がします。

(Wコメントの削除すみませんでした。)
キーブー
2014年11月02日 17:54
竜バンライターさん、こんにちは
アメリカ、それも世界の中心といっていいニューヨークで感染がひろまったら、それこそ世界中がパンデミックにみまわれますよね。オバマさん、その自覚が欠けてるなあと私も思いました。
経過観察の必要な期間に、ボウリングやらサイクリングやら・・・医療従事者の行動とも思えませんよね。体液でうつるっていってるのに、汗かくんじゃないよ、って正直思ったし。。。

キーブー
2014年11月02日 17:57
もうヘトヘトさん、こんにちは
宮内庁病院では、いざ感染が確認されたときに役に立たないですよね。なので、この場合はやっぱりエボラに対応できる病院の方がいいのかも。
食事その他、ホント、5つ星でもいいし、できるだけ対応して、アフリカでの疲れを癒していただけたらと思いますよね。
エボラ出血熱、本当に最強の怖さですよね。ちっとは研究も進んでるんだろうか。。。
キーブー
2014年11月02日 18:02
丸みさん、こんにちは
自宅軟禁に抵抗するだけならまだわかるけれど、ボウリングにサイクリングとなるとちょっと・・・医療の知識云々というより常識の範囲内のことじゃないかと思ってみたり(~_~;)
感染した人が飛行機でポンと外国の片田舎へでも飛んじゃえば、そこでもう感染が広がっちゃいますもんね。水際作戦、要の要だと思います。
オバマさん・・・今は選挙のことが一番なのかなあ。マジで人類の存亡がかかってるといっても言い過ぎじゃないと思うんだけど
キーブー
2014年11月02日 18:06
ひまわりさん、こんにちは
人類の危機だと言われてるのに、人権問題どころじゃないですよね。なんかもう、次元が違うなあと思ってしまいます(~_~;)
実際に治療に携わってたら、エボラの怖さも一番よくおわかりのはずなのに・・・ヘンに慣れちゃってるのかなあ。理解に苦しみますよね。

コメントが二重に入るのはホントよくあることなので、どうぞお気遣いなく
2014年11月02日 21:59
う~~ん リスクのある状態なのに休暇を楽しむ権利~~~
いや~~ 権利はあるけど
自分、感染拡大を防ぐ役割だったらどうする?
だよな~~~

そんなんで2号ちゃんホットケーキ…
個人的にはガンガンシロップ&バター欲しいけど
おばちゃん2号ちゃんめんこいから癒される~~♪
2014年11月03日 10:28
キープーさん お久しぶりでした。私もブログを再開しましたので、またご訪問をお待ちしています。
さて・・・・私はオバマさんの見解に賛同するほうですね。おそらく、見解の違いはそれぞれの立場や境遇によって違いが出るのでしょう。
詳しく書くと、また長くなるのでやめておきますが、この問題、立場が変わると見解もガラッと変わるということでしょうね。
2014年11月03日 18:30
あたし ホットケーキ 大好きだから よろこんで たべますよ これ!
キーブー
2014年11月03日 18:48
まるおおさん、こんばんは
うん。なんてったって、身の危険を顧みずに現地に飛んで患者を看てた人たちだし・・・尊敬&感謝の気持ちがまず一番ではあるのだけど・・・でもねえ。やっぱ危ないよねえ^^;
こぶた2号もいちおう医療従事者なのだけど、このヒトは「申し訳ないけど、アタシは命を賭けてまでアフリカへはよう飛ばんよ」と言いつつ、家でホットケーキを焼いておられました^^;
私も、バター&メープルシロップで食べたい派なんだけどね(^O^)

キーブー
2014年11月03日 18:52
あきさん、こんばんは
お帰りなさい。お待ちしておりましたです(^O^)
んで、あら。あきさんはオバマさん支持派でしたか~^^;
そうですね。現地で医療活動をしてきた医師や看護師、それを迎える一般市民。それぞれの立場で、意見は違ってくるでしょうね。
でもエボラはまだよくわかっていないウィルスだし・・・リスクは避けるにこしたことはないと私は思ってしまいます。医師や看護師にも実際に感染しちゃってますし。。。
キーブー
2014年11月03日 18:53
seiziさん、こんばんは
あら、seiziさんはホットケーキが大好きでしたか~(*^_^*)
カステラもお好きでしたよね。私も、カステラ大好き♪
どっちも、食べると幸せな気分になりますよね
2014年11月04日 01:48
なんだか、勘違いしているというか・・・はき違えているというか・・・最近、こんな人が多い気がしますね。
自分自ら、病院の隔離病棟に入て一定期間ジッとしているのが本当だと思いますがね。
自転車で近所を散歩なんて言語道断であります。
もし、空気感染するように変異していたら・・・
アメリカ全滅・・・世界の終ですがね。
キーブー
2014年11月04日 23:01
ねこのひげさん、こんばんは
そうなんですよね。これは緊急を要する世界レベルの問題であり、のんびりしたことを言ってる場合じゃないと思います。
このままずるずると感染が局所的にでも続くようであれば、ウィルスの変異もじゅうぶん考えられますもんね。空気感染をするようになったらもう、そのときは打つ手がないでしょうね。。。
2014年11月07日 19:39
わたしも、あのサイクリングに出かけた看護師のニュースを見て、「はぁ?せめて潜伏期間中は家に居ようよ。」と思いました。
でも、アメリカではどうも個人の権利の方が強いようで、「私の方がおかしいの?」って色々考えてたトコです。
似たような意見の方が多いようで、良かったです。ほっ
今日のニュースで、また日本でもエボラ熱の可能性のある人が出たようですが、とにかくこういう方は出歩かないで欲しいです。
キーブー
2014年11月08日 17:23
あずきねこさん、こんにちは
サイクリングに行く楽しみを心の支えに、仕事をしておられたのかもしれませんが(笑)
それにしたって・・・1ヵ月もガマンしろとか言ってるんじゃないんだから。コドモか、ってちょっと思っちゃいました(~_~;)
オバマさんは、どうやら選挙のことが頭にあったようで、医師にそっぽを向かれたら大変だと思ったんじゃないかなあ。でもそんなブレブレの姿勢じゃ大敗だよ、なんて思ってたら案の定でしたね。
そんで今回の感染疑いの人は、そこらの診療所に勝手に行って、しかも渡航歴の話は一切しなかったとのこと。もうねえ・・・ちゃんと自覚してほしいです。なんなんでしょうねえ(~_~;)

この記事へのトラックバック