キャンペーン期間中。




今日もまた図書館へ行った私ですが、読み終わった本を返しただけで
珍しく何も借りずに手ぶらで出てきたのでありますね。

なぜかというと。


これなのですね

画像



よく行くジュンク堂のキャンペーンで、このピンクのレシートの合計金額に
よって景品が当たるというもの。

昨日はこぶた2号が雑誌を買ってきて、あと少しでその金額に到達すると
いうので、今回は図書館で借りるのを辞めて、本を買ってきたのでありますね


ということで。
買ったのは、この4冊♪


   『おんなの窓3』 伊藤理佐

   『薄妃の恋』   仁木英之

   『胡蝶の失くし物』 仁木英之

   『先生の隠しごと』 仁木英之



伊藤理佐は もうテッパンでありますね

いやあ、夫の吉田戦車さんはホント、果報者(笑)

かなりの年下でかわいいだけでなく、こんなにオモロイ嫁が見つかって
ホントよかったですね(^O^)



あと、仁木英之の3冊は、『僕僕先生(ぼくぼくせんせい)』のシリーズ。

これは図書館で見つけて読んだのですが。

初作の『僕僕先生』と、同じシリーズの『さびしい女神』を先に読んじゃった
んですよね。

この『さびしい女神』は何番目の作品にあたるのか よくわからないけれど、
どうやら『薄妃の恋』よりはずいぶん前らしくて、全然知らない登場人物が
大きな顔して当たり前のように出てきたのには ちょっと困惑(笑)


なので。

今回のキャンペーンをいい機会に、きちんとシリーズを読んでしまおうと思った
わけなのですね。



これら4冊を手に取り、レジに向かったのですが。

レジのお兄ちゃん、まだ新米さんらしくてカバーを掛ける手元もおぼつかない
ような感じだったのに、さすがに書店員さんだけあるなあと思ったのが、
「この3冊は、タイトルはこれでお間違えないですね?」
って聞いてきたこと。

シリーズ本なのに、初作も抜けてるし順番もおかしいからだと思うけど、
ちゃんとそういうの、把握されてるんですね


ちなみに、この僕僕先生のシリーズ。

僕僕先生というのは、主人公 王弁(おう べん) の師で、仙人なのですが。

この先生、ふだんはサラサラの髪をなびかせた少女の格好をしているのです
が、どうも実年齢はとんでもないコトになってるようだし(笑)、たま~に仙人然
とした白髭のおじいさんに姿を変えたりもしています。


この僕僕先生と王弁が、旅の途中でいろんな事件や不思議の数々に
出くわしていくというのが大筋なのですが。

王弁は、少女の姿をした僕僕先生に恋をしており、先生のほうもどうやら
王弁を憎からず思っている様子。

でも、僕僕先生はいったい何百年(あるいは何千年?)生きているのか
わからないほど神に近い、不思議な力を備えた仙人。

この人の真実の姿も、可憐な少女なのか おじいさんの方なのかわからない
ですからね(笑)

飽き飽きするほど長く生きたらしい僕僕先生と、まだ若く瑞々しい心を持った
王弁のやり取りが、ほのぼのしててユーモラスで面白いんですよね。


とりあえず、売り場の棚にあったシリーズで未読なのがこの3冊だったの
ですが。

ひょっとすると、抜けてるものがあるかもしれませんね。

まあそのへんも、読んでいくうちにおいおい見当をつけて、きっちりシリーズ
完読といきたいと思います(*^_^*)



さて、最後に。

道ばたに咲いていたコスモスで締めたいと思います。

画像



葉っぱはもうかなり枯れ枯れで、コスモスもそろそろ終わりですね。


画像



画像



それにしても。

こんな道ばたで、たいした栄養もなさそうなところに生えているし、そのせいか
葉っぱもほぼ枯れているというのに花は咲いてるんですねえ。

うちのコスモスなんて、ちゃんと肥料もやって葉っぱは瑞々しく青いままなのに、
いっこうに花が咲きません。

謎だ。。。


・・・って、ここまで書いたところでいったん止めて、前記事のお返事コメント
を入れたのですが。

そこで、あずきねこさんのコメントを読んでるうち、思い出しました。

うちにあるのは、コスモスじゃなかったです


ピンクのマーガレットだったのを思い出しました(汗)
・・・なんでまた、途中からコスモスだなんて思い込んじゃったものか


謎だ。。。私のアタマが(自爆)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2014年11月08日 21:30
うはは ほんとだ!マーガレットだねぇ~~
ジュンク堂のキャンペーン乗らなきゃ!と思ったらもう終わりだぁ~~ 惜しかった~~!

私は戦車自身のリアル子育て漫画の「マンガ親」愛読してて そこに出てくる伊藤笑えてる~~
たまに伊藤の方も読んでみようかな~~
2014年11月09日 08:05
風に揺らぐコスモス だいすき
2014年11月09日 09:58
コスモスは荒地に咲く花なので、あまり肥料などをやらない方がいいですよ。
やりすぎると、葉っぱばかりが茂って花が咲きません。
花をつけるのは繁殖のためですからね。
マーガレットだとどうなのかな?
主に温室栽培されるそうなので、暖かくないと咲かないのかもしれません。
2014年11月09日 10:02
伊藤理佐さん
仁木英之さん
どちらも、読んだことがない
>ピンクのマーガレットだったのを思い出しました

大丈夫ですか
2014年11月09日 10:15
わたしも 伊藤理佐さんのファンです。週刊文春の最後のページに掲載されている おんなの窓 毎週楽しみに見ています。
本屋さんの店員さん プロの気遣い出来ていますね。
2014年11月09日 16:18
キャンペーン期間となると、ついつい景品がお目当てになってしまう事は言うまでもないぐらいでしょうね。
私も便乗してしまう事は結構多いです。

ちなみに、コスモスは荒れ地などに咲く花で従来種ではなく外来種であるんです。(大府市の地域広報番組「スマイルおおぶ」で初めて知りました

コスモスとマーガレット
似ているようで似つかないさまは、誰もが錯覚しそうですね。
2014年11月09日 17:25
キープーさん お久しぶりでした。
ところで>伊藤理佐は もうテッパンでありますね
・・・の「テッパン」の意味がわかりません。そこでつっかえてしまって、先に進めなかった!!
後期高齢者の面度を見るのは大変かと思いますが、今はやりの言葉の意味を教えてくださいな。
キーブー
2014年11月09日 21:15
まるおおさん、こんばんは
そう。キャンペーン、今日までなんだよね。うちは多分、トートバッグと手ぬぐい1本がゲットできそう。どんなんか、また紹介するね
「マンガ親」かあ。面白そう。探してみなきゃ♪
吉田戦車は、図書館で以前エッセイを見かけて手に取ってみたのだけど、なんかとっつきにくい感じがして棚に戻しちゃったんだよね(笑)
奥さんの方、すっごい面白いよ。機会があったらぜひ読んでみて!(*^_^*)
キーブー
2014年11月09日 21:17
seiziさん、こんばんは
秋風に揺れるコスモス。絵になりますよね(*^_^*)
子どもの頃、近所にコスモスが群生してる空き地があったんですよね。その頃のことを思い出したりしてます
キーブー
2014年11月09日 21:20
ねこのひげさん、こんばんは
ああ~・・・そういえば、コスモスって空き地などでも元気に咲いてたりしますよね。
マーガレットは、以前うちにあったのが数年間けっこうよく咲いてくれてたので(結局、夏に枯らしてしまったのですが)、今回もそのつもりでいたら、全然咲かないんですよね、これが^^;
肥料は液肥なので、窒素などがかたよってるわけでもなさそうだし・・・ホント謎です
キーブー
2014年11月09日 22:31
もうヘトヘトさん、こんばんは
伊藤理佐さんは、週刊文春の最後のほうのページにイラストと文を載せてます。面白いですよ(^O^)
ほんとにねえ。コスモスなんて買ったことないのに、何でうちにあると思い込んでたものか(笑)
大丈夫かどうか・・・どうでしょうね? 私にもわかりません(自爆)
キーブー
2014年11月09日 22:35
丸みさん、こんばんは
週刊文春のイラストと文章、面白いですよね♪
今回読んだ「おんなの窓」は、それが本になったものです。まとめて読むとまた面白いですよ。あやうく夜中に爆笑しそうになりました。
「オットの人」こと吉田戦車さんとの絡みが、いい味出してます(^O^)
キーブー
2014年11月09日 22:39
竜バンライターさん、こんばんは
コスモスって、外来種だったんですか。幼いころから見慣れた花だったので、とても意外でした
コスモスとマーガレット。葉っぱはけっこう似てるんですよね。だから間違えたのかなあ^^;
でも・・・コスモスの苗って、うちじゃ1回も買ったことないんですけどね(自爆)
キーブー
2014年11月09日 22:44
あきさん、こんばんは
お久しぶりです(*^_^*)
「テッパン」の意味ですか~(^^ゞ
私も、きちんとわかって使ってるわけじゃないんですけど・・・自分のなかで揺るぎがないというか、これを持って来たら間違いない、ってくらいの意味合いじゃないかと。
博識のあきさんがご存じない言葉なのだから、大したものじゃないことは確か。なので、適当に飛ばして先に進んでいただいてOKかと思われます(笑)
2014年11月10日 10:05
コスモスがメキシコ原産で、キク科の植物だということはあきさんの年代の人には、ほぼ常識になっております。テッパンという意味・・・硬いということか・・・今は面白い使い方をするんですね・・・。
ちなみにメキシコ経由で入ってきたものはトウガラシが有名です。江戸期のことですね・・・もしかすると、アンデスが原産のジャガイモもメキシコ経由かな・・・・・
ひまわり
2014年11月10日 10:40
コスモス、マーガレット似てますしね。
キーブーさんとこのランタナも
元気ですよね。
うちの紫のは花が少なく元気がありません。
どんな手入れされてますか?
キーブー
2014年11月10日 22:26
あきさん、こんばんは
そうですね。よく考えたらあたりまえに外来種に決まってますよね。名前もあっち系なんだし(笑)
そう、鉄板が堅いところから来た言い回しなんでしょうね。最初に使った人はなかなかのセンスの持ち主かもしれませんね
キーブー
2014年11月10日 22:31
ひまわりさん、こんばんは
そうなんですよ。葉っぱもよく似てるし・・・なので、私のアタマの中でごっちゃになっちゃってたみたいです^^;
うちのランタナも、株の大きさのわりに花は少ないんですよ。空き地に自生してたりするものの方が元気だったりしますよね(笑)
手入れ・・・どうなんでしょうね。結局は液肥などを定期的に施すくらいしか手が無いのかなあ(~_~;)
2014年11月12日 21:33
コスモス素敵🎶
今年はまだコスモス見てないことに気がつきました。
風情があっていいですね。

その本屋さん、すごいですね。
たまたま好きな作家さんだったのかも知りませんが
プロとはこうありたいものですね。
キーブー
2014年11月13日 17:45
ミルテさん、こんにちは
コスモス、群生してるともっといいんですけどね。色の濃淡が見たいなあ
本が好きだから本屋さんに勤めてるんでしょうかね。そういう仕事の仕方って、本人も客もシアワセになりますよね(*^_^*)
最近、本屋男子なんて言うそうですね。そういえば、清潔な感じのイケメンさんが多いような。。。
2014年11月13日 22:07
なるほど。マーガレットなら納得です。
花が咲くのは、初春から初夏のはず。
楽しみですね~♪

伊藤さんと言えば、雑誌「オレンジページ」の巻末の「おかあさんの扉」が大好きで、それが読みたくて、毎号図書館で借りてるくらい。
他の作品について知らなかったので、「おんなの窓」も借りてみま~す。
キーブー
2014年11月14日 21:20
あずきねこさん、こんばんは
そう、あずきねこさんのコメントで思い出したんですよね。コスモスなんて、わが家にはなかったと(爆)
いまのうち葉っぱを茂らせておいたら、初春にはたくさん花が咲くかなあ♪
「おかあさんの扉」って、オレンジページで連載されてたんですね。今度見てみようっと
「おんなの窓」、けっこうきわどい感じで面白いです。夜中にあやうく爆笑しそうになりました(^O^)

この記事へのトラックバック