映画『ホビット 決戦のゆくえ』を観た!



さて、今年最後の映画鑑賞となりました

有終の美を飾った作品は。。。

ピーター・ジャクソン監督 『ホビット 決戦のゆくえ』


画像


この作品、前回があまりに面白かったため、続編が出たら必ずや観にいこう
と心に決めておりましたが

やっぱり、足を運んだ甲斐がありました~(*^_^*)


前作は、人間たちが住む町に竜のスマウグが災いをなさんとて夜空を
飛び立ったところで終わっておりましたが。

今回は、きっちりとそのシーンから始まっておりました。

まるで、CM明けですぐに続きを見ているみたいでしたよ(笑)
画像

あんなバケモノみたいな大きな竜に襲われては人間の街など ひとたまりも
あるまいに、いったいどうなるんだろうと冒頭からハラハラさせられましたが。

案に相違して、かの竜はけっこうあっさり退治されておりました(笑)


問題は、そのあと。


この物語は、指輪が人の心を操って思いもかけない災いを招き寄せると
いうエピソードが芯になっておりますが。

人の心をくらますのは、指輪だけではなかったのですね。


ドワーフの王、トーリン・オーケンシールドは、今回 悲願の王国奪回を果たす
のでありますが。

その彼が、なんと財宝の山に心を奪われてしまうのですね。

あれだけ聡明で、しっかりした人だったというのに。

恐るべし、金の力でありますね(~_~;)


王国を取り戻すのに尽力してくれた盟友のホビットのビルボの諫言ですら、
もう彼の耳には届かなくなっておりました。
画像
私も心のなかで、
「トーリン!あーたはそんな人じゃないはず。目を覚まして、トーリン!」
と必死に声掛けをしておりましたが(笑)

ま、さすがにドワーフの王ですからね。

目がくらんだまま終わったりはしませんでした


あと、私が会いたかったのは、レゴラス。

いちばん上の写真の、ブロンドの男性でありますね


めっぽう強くて、かの恐ろしきバケモノ集団、サイロンを向こうに回して一歩も
退かぬ武者ぶりにほれぼれ

闘う姿も、あいかわらず優雅でありました(*^_^*)


そして、そのレゴラスに大切に守られている、うらやましいこのヒト。


画像



タウリエルでありますね。

今回は、彼女も心に深い痛手を負うこととなります。


全編通じて闘いのシーンが多かったですが。

そういうのがあまり好きでない私でも、全然退屈なんぞしませんでした。

それどころか、あっという間に終わっちゃった感じ。

いろいろあったけれど、ラストはほのぼのとして終わりました。

でも。

原作を読んでない私としては、本当に思いがけない人が死んでしまって、
とてもショックを受けました。

まさか、あの人と あの人が。。。

ショックと感動で思い切り心を揺さぶられつつ、映画館をあとにした私。



まさかこの夜、西宮市の救急指定病院を捜してタクシーを飛ばすことになる
とは、このときはまだ知る由もなかったのでありますね。

ま・・・大した話じゃないですけどね(爆)

まーったく、こぶた2号のヤツ!って話です(笑)


長くなるので、この話は次回に^^;






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年12月28日 00:05
>まーったく、こぶた2号のヤツ!って話です(笑
何が、起こったの
食べ過ぎ
ひまわり
2014年12月28日 09:43
めちゃめちゃ面白かったですよね!
原作を読んでいてもあまりに壮大過ぎて
混乱することがあります。
タウリエルは出て来ないんですけどね。
ー愛、勇気、感動をもらいますー
「旅の仲間」からは10年以上経って
いるんですよね。
「追補編」で
アラゴルンが出て来ないかと
ちょっと期待しましたが60年前の
話なので無理でした。ー
これで終わりかと思うと切ないですが
またDVDを観るしかありませんね。

2号ちゃん大丈夫かなぁ…



2014年12月28日 17:32
ど どうした!!!
キーブー
2014年12月29日 22:06
もうヘトヘトさん、こんばんは
食べ過ぎ、ではないですね(^O^)
次の記事にすでに顛末を書いたし、そこにもコメントを頂いているので、何が起こったかはもうおわかりですよね
まったくもう、イブの夜に右往左往させられました。家に帰りついたのが夜の10時ですからね(笑)
キーブー
2014年12月29日 22:13
ひまわりさん、こんばんは
はいもう、めちゃめちゃ面白かったです(^O^)
財宝を前にして揉めていたドワーフとエルフだけど、いざサウロンの軍団が攻めてきたら、サッとドワーフが盾で壁を築き、おおっと思っていたら、そこから鮮やかにエルフ軍が飛び出てきたのにはホント興奮しました
あの無慈悲な感じのエルフの王も、きっと過去にはつらい喪失体験があったんでしょうね。タウリエルの嘆き悲しむさまも、とてもかわいそうでした。
そう、これで終わりなんですねえ。。。
私は、原作を読むことに決めました。保存版で家に置きたいので、図書館で借りないで買ってこようと思ってます。
こぶた2号は大丈夫です。ご心配をおかけしました^^;
キーブー
2014年12月29日 22:15
seiziさん、こんばんは
こぶた2号は・・・イブの晩だというのに、ツイてないことでありました。そんで私も、そのとばっちりを受けて右往左往させられましたですよ^^;

この記事へのトラックバック