食べものであそぶ。




図書館で偶然見つけたこの2冊。

どちらも食生活を楽しんでいて、いいなあと思ったんですよね


『飛田和緒の ひとりごはん日記』 飛田和緒 

『ばかごはん』 べつやくれい


ひとりごはん日記のほうは、朝、家族を送り出したあとの著者のお昼ごはん
を写真入りで紹介しているのですが。

編集者から“嘘のない、ホントのところのお昼ごはん”をと言われてできた本
というだけあって、飾り気のないリアルな感じ。


ありあわせの野菜をちょっとだけ入れたインスタントラーメンとか、家族に
作ったお弁当の残りをごはんにのっけただけの丼飯とか。

そーそー、こんなふうにして食べるよね、なんて共感を覚えながら読んで
おりました

それでも、できる範囲で栄養バランスを考えたり、ひとりだからってザツな
ごはんにしたくないという著者の心配りが見えるところがいいんですよね。


自分ひとりだけの家でのお昼ごはんだから、手抜きをしようと思えば
どこまでも堕ちてしまいますが(笑)

肩ひじ張らず、さりとて心がどんよりしてしまうような自堕落なことにならない
よう自分を戒めているふうが見えました。

これって、本当に大切なことだと私も思います。

自分なりにシャキッと背筋をのばして 心にハリを持って日々を過ごして
行かないと、同じことの繰り返しの毎日に足をとられてしまうと思うんです
よね。

ゆるくでいいから ある程度ルールを決めて、そのなかで楽しんで生きること。

お昼ごはんひとつにも、そんな矜持がきちんと見えておりました。



さて。

もう1冊のほうですが。


『ばかごはん』というタイトルと、それにふさわしい(?)楽しいイラストの表紙
に惹かれて手に取ったこの本。

いい意味で、まさに“食べもので遊んでいる”1冊でありました


まずは、餃子ですが。

食用の色とりどりの絵の具を駆使して、なんとウミウシを作っていたんです
よね(^O^)


ウミウシ、ご存知ですか?

海にいるナマコの一種ですが。


ちょっとググって、実物の画像を拾ってきました(^O^)

画像


画像


画像


このほかにも、いろんな柄のカラフルな種類がいるのですが。


白い餃子に、こんなふうにペイントしたあと、焼いてしまうと焦げてせっかくの
色がわからなくなってしまうので、蒸して仕上げてありました。

その出来あがりが また秀逸で、とても口に入れる勇気がでないくらい(笑)


本当は、ウミウシをググって来るんじゃなくて その餃子の出来あがり写真を
ここへ転載したいくらいだったのですが。

それができないのが、ホント残念。

実際に上の写真のウミウシが弁当箱に入ってるくらいのイキオイで
ありました(^◇^)


この技法、こぶたたちがまだ小さい頃に知ってたら、絶対にお弁当に活用
してただろうになあ

餃子をもうちょっと長細くして緑色に塗って、かわいいアゲハの幼虫にしたり
とか(^O^)

平べったくして、赤と黒でペイントしてテントウムシにするとか(^O^)

ああ、夢は広がる~~


ペイントといえば、昔こぶたたちの遠足のときに持たせたミカンに、マジック
で顔を描いてやったことがあるのですが。

それを見た友だちには大ウケだったようですが、こぶた2号には、もうしないで
くれと念を押されてしまったのでしたが(笑)


それにしても。

この餃子のペイント、やってみたくなりました。

みなさんも、いかがですか?(^◇^)



飛田和緒のひとりごはん日記 (講談社のお料理BOOK)
講談社
飛田 和緒

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 飛田和緒のひとりごはん日記 (講談社のお料理BOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ばかごはん
アスペクト
べつやくれい

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ばかごはん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年02月27日 00:25
>この餃子のペイント、やってみたくなりました
完成したら写真乗せてね
ウミウシは、関東の海にもいます
毒があるか何かで触らない様に言われたけど
キーブー
2015年02月28日 14:03
もうヘトヘトさん、こんにちは
ウミウシって、関東の海にもいるんですね
南方にいるのかとばっかり思ってました。
毒がありますか~^^;
このド派手な色からすれば、不思議はないですね。うっかり踏まないようにしないと(笑)
このウミウシそっくりの餃子がお弁当箱に入ってるトコを想像したら・・・すっごい楽しいですよね(^O^)
2015年03月01日 00:10
餃子のペイント出来たらアップをお願いしますね♪
期待して待ってます。
それにしても…画像見たら色が派手~。
お弁当に入れた時のこぶたちゃん達の反応を見てみたい。
2015年03月01日 15:56
やっぱ 餃子は餃子が いいなー
キーブー
2015年03月01日 17:38
のっぽさん、こんにちは
餃子のペイント・・・考えてみると、ずいぶんと めんどくさそうではありますね(笑)いつか気力が湧き出たらぜひやってみたいと思います(^O^)
実物のウミウシ、すごい色味ですよね^^;
この本のなかのウミウシは、もっと原色使いの派手なのがあったんですよ。それが蒸し器のなかで湯気をあげておりました(笑)
2015年03月01日 17:40
seiziさん、こんにちは
あら、seiziさんには不評でしたか~(^O^)
まあ、ウミウシはちょっと・・・ですよね。テントウムシならOKだったのかな?(笑)
2015年03月01日 18:45
今は色粉もトーン違いとか色々あるんでハマりそうだね~~♪
私も久々に色粉で異様な色に炊きあげたごはんアートしたくなった~~
2015年03月02日 01:11
こんばんは。
流石にウミウシの餃子はちょっとです。
てんとう虫なら良いかも。
確かに一人のお昼ご飯は手抜きしますが
ちょっとした心づもりで美味しくて気持ち
もシャキットなるんですね。
タコのウインナーに海苔で鉢巻してお弁当
子どもの小さい時に作った思い出が蘇りま
した。思えばあの時が楽しい時だったかも。
2015年03月02日 17:18
  こんばんわ。

 ウミウシのようなカラフルな蒸し餃子ができれば、
楽しさ倍増ですね。
いただけば、視覚的には美味しいかも・・・。
キーブー
2015年03月02日 22:55
まるおおさん、こんばんは
昔は食紅くらいだったけど、今はホントいろんな色があるよね
そういえば、まるおおさんのブログで青いごはんとか見た覚えがあるわ~(^O^)
ネットで、青いホットケーキを焼いてる人もいたし。たまにそういうのも面白いよね(*^_^*)
キーブー
2015年03月02日 22:59
839さん、こんばんは
ウミウシ餃子、あまり評判がよくないですね(笑)
幼虫も、たぶん人気でないだろうなあ。ってか虫系はダメですよね(^O^)
ひとりのお昼ごはんは どうしても残りものの整理になりがちだけど、それはいいとしてもザツに食べちゃうんじゃなくて、ごはんの上に盛り付けるにしてもキレイにのっけて薬味などもちょっと付けると気分が違いますよね。
ウインナーといえばタコ。お弁当には必ず入ってたもんです。カニもかわいいですよね
キーブー
2015年03月02日 23:02
アメフラシ2899さん、こんばんは
はい。食物にはあるまじきカラフルさが楽しいですよね(^O^)
視覚的にはもちろんのこと、ちゃんとした手作り餃子ですから、お味も保証付き。思い切って口に入れれば、想像以上においしいことうけあいです(笑)

2015年03月03日 14:52
いやー、そうかなぁー。こんなのがお弁当に入っていたらギョッとして、食欲は一挙に失われますよ。
ぼくは、かんべんだなぁ。ミカンに顔は、確かにめっちゃ恥ずかしい想いをしそうですが、まだこっちの方がいいな。
キーブー
2015年03月03日 21:58
ごろーさん、こんばんは
そうですね。まあ食欲は失せるでしょうね。だけど、すごく面白いと思うんだけどなあ(^O^)
こぶたたちが小さい頃は、今ほどキャラ弁がもてはやされてなかったですしね。私のセンスは、20年ほど早すぎたのかも(誤爆)

この記事へのトラックバック