恐ろしい災害でありました(~_~;)




こないだの水害は、本当に酷かったですね。

栃木・茨城の翌日には宮城まで。

被害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。



そしてその翌日には、東京で震度5弱の地震。

台風は早くから どんどこどんどこ、やって来てるし。


まったくもって、日本はどうなっているのか。

そして、これからどうなっていくのか。

なんだか暗い展望しか思い浮かばないのだけど。。。




さて。

そんな暗い気持ちとはうらはらに、関西地方は秋の晴天であります。

画像



雲ももうすっかり、秋のうろこ雲ですね。

今はこんなに穏やかに晴れているけど・・・あの北関東の大水害は 決して
対岸の火事ではないですからね。

ここ西宮にも、武庫川(むこがわ)をはじめとして、いくつかの川が流れて
いるし。

武庫川に関しては、まず川幅が大きいうえ、遊歩道も広くて、サッカーコート
がいくつもあるほどだし・・・堤防はさらにそこから高く築いてあるので 少々の
雨ならゼッタイ大丈夫、なんて思い込んでいたけれど。

今回 氾濫した川のつくりを見てみると、けっこう似たような感じだったんです
よね

そんでもって、やっぱり住人は堤防が切れるとか、川が氾濫するとかは
まったく予想してなかったというし。


いやはや、恐ろしいことでありますね。

世の中に『ゼッタイ』なんて無いんだなあと今更のように思ったことで
ありました(~_~;)


それもですが。


今回考えさせられたのは、報道のあり方について。

すぐにヘリを飛ばして、各地の惨状を映し出しておりましたが。


救助ヘリからレスキュー隊員が降りてきて救助するところを つぶさに報道
していたのはいいとして。

ひとり、電柱にしがみついて数時間頑張っていた男性がおられましたよね。

その人を救助する際、救助ヘリは風圧で電柱を倒してしまったり男性に余分
な負担を掛けたりしないようにと、空中で何度も旋回していましたが。

その様子を、各局のテレビが申し合わせたように生中継しておりました。

ということは。

あの現場に、救助ヘリ以外にも数台のヘリがいたということですよね。

救助ヘリが近づいただけですごい風圧が起きていたのに、さらにそこに
よけいなヘリが数台。

邪魔にならなかったのかなあ(~_~;)


報道を見てると、画面が一気に寄ったり、そうかと思えば一気に離れて
俯瞰してみたりを繰り返していたので、それはたぶん そのまんまヘリが
動いていたわけではなくてカメラのズーム機能なんだろうから、きっとヘリ
は一定の、かなりの高度を保ってはいたのでしょうけれど。

それにしたって。

混乱している災害現場で、何かの拍子にヘリ同士が接触、なんてことにも
なりかねぬかと

報道ヘリの高度とか、動きとか、ちゃんと規制があるのかなあ。

そういうの、きっちりしておかないと今に事故になりそうで、観てて恐かった
です。

それでなくてもあのヒトたち、『いい絵』を撮るために必死で、まわりが見えて
なさそうだし。。。


ま、それはそれとして。


災害のたびに思うことだけど、レスキューの人たちや自衛隊員たちの
献身ぶりには、本当に頭が下がります。

すごい人たちですよね。

彼らの活躍ぶりを見るたび、とてもありがたい思いでいっぱいになります。

そして、日本に生まれてきて本当に良かった、って思うのでありますね(*^_^*)


・・・って。

その日本ですけど。

まあ日本だけじゃなくて地球規模ではあるけれど。

この気候の荒々しさ、これからもますます酷くなるんでしょうね。

いったい いつまで、こういうことが続くのか。。。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年09月14日 01:23
自衛隊のありがたさを感じる機会は
これまでの人生においてここ最近が頻繁ですよね
災害に向き合うスタンスが変わってきたということですね

大雨の降り方に対する我々の考え方も
変えて行かなきゃいけないですね
昔はゲリラ豪雨なんて言葉はなかったし…
2015年09月14日 01:32
>レスキューの人たちや自衛隊員たちの
全国から消防など来ていましたね。
マスコミは、ヘリもだけどレポーターも
この時とばかり、しつこいくらいの話方
ボートでも漕いで助けに行くならわかるけど
役に立たないなら来るな
と、思ってしまう。
2015年09月14日 09:33
西宮のキープーさんも、北海道のAさんも、沖縄のBさんも・・・日本中の皆さんが、あの映像を見ていたのでしょうね・・・・。そしてそれぞれの感想を持った。
あきさんはこう思いましたよ。
「なぜ、危険な上に一人ずつしか吊り上げられないヘリでなく、エンジン付きのゴムボートを出さないのだろうか・・・ってね。
水流が激しくて、ボートでは無理だったのかなあ???
取材ヘリと救助ヘリの高度には大きな差がとってあるので、取材ヘリが救助の邪魔にはならないと思いますよ。
キーブー
2015年09月15日 23:05
らん太郎。さん、こんばんは
災害のたびに、自衛隊って、あるいはレスキュー隊ってホントすごいなあ、って感嘆してますよね
気候が、これまでとは くらべものにならないほど荒れてきているので、いろいろと対策が必要だと思います。
まずは、各地の河川の堤防の強度と高さの調査をしないといけないですよね。
余った予算を、漫然と道路を掘り返して使い切ってる場合じゃないと思います。そのお金をかき集めて、早急に堤防を補強してほしいです。
キーブー
2015年09月15日 23:08
もうヘトヘトさん、こんばんは

>役に立たないなら来るな
私も同じことを思いました。
たしかに報道も必要だけど・・緊急の救助のさなかにあんまりウロウロしてほしくないなあ、なんて(~_~;)
被災者へも、しつこくまとわりついてる感じもあったし。
もし自分が被災したときに、あんなにされたらイヤだろうなあ。家族の安否が知れない人もいたというのに。。。
キーブー
2015年09月15日 23:15
あきさん、こんばんは
そう、日本じゅうの人が、固唾を飲んであの場面を見つめていたと思います。
エンジン付きのものでも、ボートはあまりに流れが早すぎてダメだったんでしょうね。救助のあいだ止めておくのも難しかったんじゃないかなあ。子どもやお年寄りがもし乗り損ねたりして水に落ちたらたいへんだし。
取材ヘリの高度については、ちゃんと取り決めがあるのかなあ、って心配になったんですよね。
だって、暗黙の了解くらいだと、あのヒトたちは番組を盛り上げたり いい記事を書いたりするためなら危険な真似もしかねないし。。。
ひまわり
2015年09月16日 15:54
行方不明者が全員無事でよかったですよね。
うちの近くにも境川があるので気になります。
今度やや小高い雑木林の広い公園を平地にする
らしいのですが道路を拡張するためにあえて
災害が起きやすい土地開発って何なんだろうと
疑問に思います。
毎年のように災害が起きていますが
自然淘汰なんでしょうかね。
キーブー
2015年09月16日 17:58
ひまわりさん、こんばんは
行方不明者が全員無事と聞いて、よかったなあと思うと同時にちょっとびっくりもしました。だってこういう場合、数日行方不明ということはかなり絶望的な状況であることが多いですから。
そんでそれも、各部署の連絡の不行き届きだったらしいですよね。連日、自衛隊が泥に浸かって捜索しているというのに、情報を伝えるのはあとでいいって思ったっていうのがちょっとわからないし(~_~;)
阿蘇山も噴火してたし、ホント日本はたいへん。
これからはまた本格的な台風シーズンですしね。怖ろしいことですね(~_~;)
2015年09月25日 10:40
私がよく言う言葉に「世の中には絶対なんて事は無い!」と…。昔…親戚の家の前にある 普段はほとんど水が流れてないような川が氾濫した事があって…その時に「川は怖いなぁ~」と思いましたよ。
キーブー
2015年09月25日 18:50
まだこもよさん、こんばんは
そうですよね。『ほとんど水が流れて無いような川』といえば、ある歌手が、やっぱりいつもは足首くらいの水位しかない川のほとりに家を建てたのだけど・・大雨のときに氾濫して、家や家具が流されてしまった、って話もありましたね。
川はホント怖いです。どんなに小さな小川も、大雨のときはすごい流れになっちゃいますもんね。。。

この記事へのトラックバック