死後の世界はあるのか?!




かねてから読みたいと思っていたこの本、図書館で予約して取り寄せて
いただきました


エベン・アレグサンダー著 『プルーフ・オブ・ヘブン』


以前 テレビでも紹介されたことがあるので、ご存じの方も多いかと思いますが。

現役の脳神経外科医の臨死体験ということで、大きな話題になりましたよね。



著者のエベンは、ハーバード・メディカル・スクールに在籍する脳神経外科医
で、臨床医としてはもちろん、研究者としてもトップクラスの人であり、
その世界では名の知れた有名人なのですね。


そんな彼も、手がけた患者やその家族から、臨死体験をはじめとする、
いわゆる不思議体験の話を聞くことはあったものの、多くの医師と同じく、
死に瀕した脳がもたらす夢のたぐいだと考え、聞き流していたのですが。

54歳のある日、それまで風邪くらいしかひいたことのなかった彼が、いきなり
髄膜炎に冒され、危篤状態になるのですね。


前日まで 何の異常もなく元気だったのに、ある朝、急に耐え難い頭痛を
感じて目覚め、すぐにけいれんを伴う昏睡状態に陥ってしまったのですが。

このとき、彼の髄膜からは大腸菌が発見されています。


これって、幼い子や、あるいは脳の手術を受けたばかりの人などには見うけ
られることがあるものの。

成人で、しかも手術を受けていないにもかかわらず発症することは非常に
まれであり、また、発症して数日意識が戻らない場合は、90パーセント以上
の致死率となり、運よく恢復しても植物状態になることは免れず、もとどおり
の状態に恢復した例はただの1例もないのだそう。

それなのに。

なんと彼は1週間以上 意識不明状態にありながら、意識を回復しただけでは
なく、発症前の健康な状態に戻っているのですね。


これだけでも驚きなのですが、それだけではなく。

彼は、死後の世界を見てきたと発表し、世界を驚かせたのでありますね。


そもそも、科学者というものは、この手の話には かかわるのも嫌がる人が
多いですよね。

かのエリザベス・キューブラー・ロスにしても、あれだけの功績を残しながら
も、晩年は 「オカルトに足をとられた」 などと言われ、不遇だったし。


信じざるを得ないような体験を見聞きしても、科学者たちは周りから白い目で
見られキャリアを失うのを恐れて、口をつぐむ傾向にありますが。


この人は、勇気を持って自身の体験を発表したのですね



彼は、一流の脳神経外科医として、自身の体験をも ちゃんと検証しておられ
ます。

よくいわれるように、死に瀕した脳が大量に放出するエンドルフィンによって、
夢や幻覚を見たのではないかということが、まず考えられることなのですが。


でもこのとき、彼の脳は言語など高次機能をつかさどる新皮質の部分が
ほとんどやられて機能していない状態で、機能していたのは呼吸などを
つかさどる原始的な部分だけだったとのこと。

ならば、この状態で、現実味のある色彩豊かな幻覚を見るなどということは
理論的には不可能であると考えられるのですね。

ほかにも、科学者らしくあれやこれや検証を述べておられましたが。

ま、難しいことは私のような門外漢にはさっぱりわからなかったものの、
とりあえず、トップクラスの脳神経外科医が検証して、あの体験は幻覚などで
はありえない、という結論に至った、ということだけはわかりました(笑)



それと、彼がこの体験が夢でなく真実であると感じたのでは、いわゆる
『お迎え』 に来てくれた人が、見知らぬ女性であったこと。


意識不明だったとき、彼は目覚めると闇の中にいて、近くには恐ろしげな
生きものの気配や声などがきこえ、自分は何者なのか、どうしてこんなところ
にいるのかといったことすらわからない、アイデンティティを失った状態にあり、
ただミミズの目をもってして、周囲を見ていたのだそう。

ただ、こんなところに居てはいけない、と思ったときに、天井に裂け目ができ、
そこから眩いほどの光が落ちてきて、彼は上へ上へと吸い上げられるように
登って行ったのだそうですが。

そこで迎えてくれて、その後、別世界を見るときにも いつもそばに いてくれた
その女性に、まったく見覚えが無かったのだそう。


この体験が、よくある夢のたぐいであるならば、お迎えも、よくあるように先に
亡くなっている家族であるはずですよね。

実際、彼は、すでに亡くなっている父を心から慕って尊敬しており、この種
の体験をするなら、きっと父が姿を現すはずだと思っていたのですね。



じつは、彼は赤ちゃんの頃にアレグザンダー家に養子に迎えられており、
両親は養父母なのですね。

姉と彼だけが養子で、下の妹ふたりは実子。

でも両親は子どもたちを分けへだてせずにかわいがって育てており、養子で
あることも、上のふたりには幼いころから話して聞かせていたとのこと。

「おまえは、選ばれてこの家に来たのだよ」

そんなふうに言い聞かされていたエベンは、養子であることに引け目など
感じずに のびのび育ち、のちには父の後を継いで、父と同じ脳神経外科医
になっているのですね。


そんなふうに幸せに過ごしてきたこともあって、実の家族のことを調べてみよう
などとは一度も思わなかったそうですが。

息子が、学校の課題で家系について調べており、父が養子であることを
知っている彼は、父の実の家族について調べてみたい、と言い出したのだ
そう。

そこでエベンは、はるか昔に養子縁組を取り計らってくれたコーディネーター
と連絡をとるのですね。


エベンが養父母から教えられていたのは、実の両親はまだ16歳と17歳の
高校生カップルで、子どもを育てていくのは不可能だった、ということだけ。

なので、なんとはなしに、きっと両親は別れて暮らしているのだとばかり思って
いたのですが。


両親はその後 無事に結婚を果たし、3人の子宝にも恵まれている、という
思いがけない事実を知らされます。

ならば、自分だけが家族から離された、ということになりますよね。


衝撃を受けつつも、そういうことなら会ってみたい、と申し出た彼に返ってきた
返事は、
「少し前に、娘 (エベンには妹にあたりますね) を亡くしたばかりで心の整理が
ついていないので、今は無理だ」
というものでありました。


そんなことがあって、自分でも意外に思うほど心理的に動揺してしまっていた
のだそうですが。

危篤になり、臨死体験をしたのは、ちょうどこのころだったのですね。

そして、この臨死体験のあいだじゅう、彼は言い表すことのできないほどの
深い愛情に包まれているのを感じて、感動するのですね。



その後、もとどおりに恢復したエベンは、もういちど養子縁組のコーディネー
ターと連絡をとり、実の家族との再会を果たすのですが。

そのときに、会うことなく亡くなった妹のベッツィの写真を見て、臨死体験の
ときに迎えに来てくれた女性であることに気づき、驚愕するのですね。




この本を読んで、私がいちばん印象に残ったのは、危篤状態の彼が体験した
不思議な世界のことだけではなく。

54歳にもなった、世界的に有名な脳神経外科医のエベンですらも、実の両親
に愛されていないと思い込んだ瞬間に感じた絶望が、ただごとでないほど
深刻で、心理的に危機的状況にまで陥った、ということ。


養父母にあれだけ愛されて育てられ、父は亡くなったものの母は健在で、
きょうだい仲も夫婦仲も申し分ないというのに。


そして、実の両親と会ったときに、まだ赤ちゃんだった彼を手放すことをふたり
がどれほど悲しく思って苦しんだかを聞かされ、今に至るまでずっと彼のこと
を忘れたことはなかった、ずっと愛していたと聞かされたときに、エベンが
深くなぐさめられた、というのも印象的でありました。

それだけ、人間にとって愛されるということは大切なことなのだなあと
あらためて思ったことでありました。



この本は、いわゆるキワモノ系では まったくなくて、ひとりの人間の魂の再生
という観点からも読みごたえがありました。

人生は短く、あっという間に過ぎてしまうものでありますが。

それだからこそ、まわりの人間、せめて家族にだけは、ちゃんと愛情を示して
生きていきたいなあと思いました。


それと。

死というものが、いわゆる常識人たちの言うとおりに、ただテレビのスイッチを
切るようなもので、そこで終わり、ただの無だというのならラクでいいのですが。


もし、死んだ後にも世界があるのなら、今から心構えをしておこうとも思った
次第です(笑)



プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界
早川書房
エベン アレグザンダー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プルーフ・オブ・ヘヴン--脳神経外科医が見た死後の世界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 50

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年07月20日 22:35
ぼく、キーブーさんのあとを追っかけて、読んでます。
これも、一週間後くらいには読み終えているはずです。
こういう話、すっごく興味あります。
シャーリー・マクレーンから立花隆まで読み漁ったことがあります。
今度、読んでみますね。
2016年07月20日 23:35
>死んだ後にも世界があるのなら
絶対あるわね
閻魔様が、きちんと仕事していないような気がする
事業仕訳で、閻魔庁の大人事異動しなければ
>今から心構えをしておこうとも思った
死後の世界も、裏金が必要かな
ひまわり
2016年07月21日 08:49
私の知り合いにも臨死体験した人がいます。
ただ死後の世界は「無」のような気がします。
血の池地獄や業火に焼かれるというのは
悪いことをしたらこうなるという
戒めであり教えであるような気がします。
「デスノート」の観過ぎでしょうか…
あきさん
2016年07月21日 15:53
なるほどね・・・・キープーさんがこの本からどれだけ強い感銘を受けたかが、貴女の文章からも伝わってきますよ。
臨死体験・・・日本では立花隆氏が、研究していますね。体験や実験例をあるめるためにアメリカの専門家や専門機関を訪ね歩いたりしましたから・・・・小説家だった故・遠藤周作さんも、晩年このテーマを深く追いかけていましたよ。
物事を深く考えることが出来る人は、このテーマを避けて通れなくなってしまうのでしょうね。
キープーさんも、1号さんや2号さんが独立した後で、体験できるかもしれませんよ。
そしたら是非、体験談を本に書いて下さいね。
2016年07月21日 17:06
54歳、54歳って
あと20年
死にたくないよ~(゜o゜)\(-_-)
2016年07月21日 22:13
この世で修業、あの世でも修行があるん
ですかね。
死後の世界を最初に恐怖に思ったのは
小学生の頃だったカナ?
こういう体験談を聞けると少し安心できる
ものがあります。
最後の愛に関する所、離ればなれでいても
血は繋がっているんですもんね。
妹さんも気にしてくれていたんでしょうな。
愛情を持った気持ちでいれば、必ず愛情は
返ってきますもんね。
死後の世界、広い宇宙等々、まだまだ分から
ない事が沢山ありますね。
キーブー
2016年07月21日 22:25
ごろーさん、こんばんは
ごろーさんも興味がおありなのですね。嬉しいです

>シャーリー・マクレーンから立花隆まで

はい。私も、このふたりの著書は読みましたよ♪
もう既読でおられるかもしれませんが・・東大医学部の救急の医師である矢作直樹氏の著書も、とても興味深いですよ。『人は死なない』など、数冊ありますが、どれもご本人の体験や患者さんたちのエピソードなど具体的でしたし。
ただ、立花隆氏は、著書の中で矢作氏のことを名指しで批判しておられましたけど。。。
キーブー
2016年07月21日 22:30
もうヘトヘトさん、こんばんは
ぶはは~
ヘトヘトさんらしいですね。こりゃ、閻魔様も たいへんだ(^O^)

>死後の世界も、裏金が必要かな

いやいや~。
裏金なんぞで どうにかなるような簡単なことでは なさそうですね(笑)
よく言うじゃありませんか、「金はいくら貯めても、あの世に持っては行けない」って(^O^)
この世は、金次第だったりして汚いこと このうえないですが、あの世は清廉というか、やったこと次第なので公平なのではないかと私は勝手に思っております
キーブー
2016年07月21日 22:36
ひまわりさん、こんばんは
あら! 身近に体験された方が おられるのですね。どんな体験だったのか、ぜひお聞きしたいです
そうですね。
血の池地獄や針山地獄などは、戒めであり教えでしょうね。子どものころからこういうのをしっかり教え込んでおくと、悪いこともしないだろうし(笑)
死後は「無」ですか。なるほど。
私も、そうかもなとは思ってますが・・っていうより、そうであったら簡単でスッキリして いいなと思ってますが。
たぶん、そうは問屋が卸さないかと(笑)
死後も、きっといろいろやることがあるんじゃないかな。まずは、生きていた頃の検証と反省から始まって(笑)
キーブー
2016年07月21日 22:44
あきさん、こんばんは
はい、ものすごく感銘を受けたというか、心を揺さぶられました。それも、不思議体験のところだけでなく、エベンの魂の旅というか、再生の物語に深く感動を覚えたんですよね。
この体験がただの夢であったのか、はたまた本当に死後の世界を垣間見たのか・・・それは誰にも まだわかりませんが、そんなことは ある意味 どうでもいいというか、この体験によってエベンの心が救われ、世界が一変したという部分が要であると思った次第です。
遠藤周作さんは、若い頃からこの手の話に興味を持たれてましたよね。三浦朱門さんと熱海の宿で体験した幽霊話なども有名ですが
そう・・人は、やっぱり未知の世界に心惹かれるものですよね。
死んだらどうなるか。この宇宙はどんな構造になっているのか。暗黒物質とは つまるところ何なのかetc。。。
体験して生還したら、ぜひそれを文章にしたいとは思ってますが。
帰ってこれるかどうか わかりませんもんね。行ったっきりになるかも(爆)
キーブー
2016年07月21日 22:48
らん太郎。さん、こんばんは
はい、54歳ですってよ(~_~;)
私も正直、そこに かなりの衝撃を受けました(笑)
しかも彼、けっこうなスポーツマンでもあり、過去に風邪以外の病気は したことがなかったのだとか。
・・・ホント、人って、明日はどうなるか わからないものなのですね。うそ寒くなる思いがしましたが^^;
でも、ま。
けいれんが起きて肉体は苦しんでても、彼にはそのときの苦しみの記憶が無いのだとか。
死に際って、見た目ほど苦しまないものなのかも。
・・・って、だからいいじゃん、って話にはならないですよね(爆)
キーブー
2016年07月21日 22:56
りーにんさん、こんばんは
1に修行、2に修行??(笑)
死んだら どうなるんだろうって、子どもの頃から考えたりしましたよね。そんで私は 閻魔様のお祭りで、生前ウソつきだった人がヤットコのようなもので舌を抜かれている絵を見て震え上がり、ウソをつくのだけは やめようと思ったりしてました(笑)
たいていの人の体験談にあるのが、大きな愛情を感じたとか、安心感に包まれていた、というものですよね。あまりネガティブな体験は無い感じ。でも、まれに、かなりオソロシイ体験をした人もいるのだそうですが^^;

血の繋がりってすごいなあと思ったのが、エベンは趣味でグライダーやスカイダイビングをしていたのですが。
彼の実父は、なんとパイロットだったのだそう。叔父も航空関係だったし。
DNAというのも、すごいもんですよね。ごまかしが効かない感じ(笑)

2016年07月21日 23:26
またキーブーさまったら涎もので面白そうな本を!
ええ、わたしもシャーリー・マクレーン読みましたよ、好きなんですものw
立花隆は知りませんでした、はい、日本人の本はあんまり知らなくて。。。
図書館行って予約するの待てないかも!本買っちゃいそうな勢いです。
面白そうな本、教えていただきありがとうございます!

そして血のつながりってどこまでも付きまとうのですね。
いいのか、悪いのか、じっくり読んでみたいと思います。
ひまわり
2016年07月22日 00:59
知人の体験は死にかけてた時に
幽体離脱し眼科に家族を見降ろしていた
というよく聞く体験だったそうですよ。
明るい光のことも憶えているらしい。
それが幻覚や夢でないとしたら
死後の世界はあるということが証明
されたわけですよね…
今世の罪は来世で償うものと何処かで
思っていたのですがその前に地獄まで
あるなんて嫌ですよね。
私は輪廻転生を考えてしまうんです。
前世はロシア人だったとか言われて
じゃ来世は?と考えるともういいや
って感じです^^;

キーブー
2016年07月22日 23:37
ミルテさん、こんばんは
ミルテさんもシャーリー・マクレーンを読んだことがおありなのですね
『アウト・オン・ア・リム』でしたっけ。あれも興味深い本でしたよね。彼女は親日家だったので、娘に『サチ』って名付けた、というエピソードも書かれてましたが。
のちに、その娘さんであるサチ・パーカーさんが『西の魔女が死んだ』って映画に出ておられましたね。

DNAや遺伝については、東大の新入生が受ける講義が本になったのがあって、そこで読んだのがすんごく面白かったです。難しいところもあって、数回読み返してやっと意味がわかったりもしましたけど(笑)
キーブー
2016年07月22日 23:52
ひまわりさん、こんばんは
さっそくお返事下さって、ありがとうございます(*^_^*)
手術を受けた人が、全身麻酔で眠ってるはずなのに後になって手術中の医師の会話とか室内にいた人数やその他、細かいことを言い当てる場合がある、というのはエベンも書いてました。ただ、そのときは不思議だとは思ったものの深く考えなかったのだそうです。
その方、きっと人生観が変わったでしょうね。じっくりお話してみたいなあ。
人間の最終目標は、その輪廻転生の輪から はずれて自由になることである、というのを読んだことがあります。それができたら、その人の魂は高い次元に行くのだとか何だとか。証拠が無いのでホントかどうかわかりませんけど(笑)
私も、できれば次は生まれ変わりたくはないかなあ。ま、条件設定が良いのなら考えますけど(^O^)
2016年07月23日 20:16
♪ こんばんわ
遅ればせながら・・・29日の深夜
0:30分くらいから (AM594)
NHKラジオ「ラジオ深夜便」の1コーナー
3回目「お迎え現象」のことやりますyo
神奈川県のとある病院の女性医師が出演し
NHKならではの真面目な検証してます
1回目:2回目と聴いたけど 泣けてしまったです
恐いというか「おぉ~」って感じで
2000人を看取った医師ならではの
経験豊富な「お迎え現象」の話は必見です
bokuは実際に不思議現象を猫から学んでたので
見えない世界ですけども
あるのだと分かってます・・・
別に霊能力とかないけどne (笑) ☆
キーブー
2016年07月23日 20:55
アメネコさん、こんばんは
あらまあ!ラジオでそんな番組が?!
耳寄り情報、ありがとうございます。29日、忘れないようにしなきゃφ(..)メモメモ
でも、深夜なのですね^^;
ちょっと怖そう・・・高校生のときに、深夜放送で たまたまタイタニック号の生還者の語る番組を聴いてしまったことがあって、「・・あれはもう、地獄絵図のようでした・・・あちこちで悲鳴が・・・」なんていう話を陰々滅滅とした声でやられて、震え上がりましたよ(笑)
深夜のラジオって、独特の雰囲気がありますもんね。
29日、楽しみです(^O^)
2016年07月24日 14:17
「死後の世界」存在があるのか無いのか、生きてる人間には判別出来ないからこそ、人はおそれて様々な思いを巡らせるのでしょう。でもこの難題をどのように捉えようと、それは結局のところその人次第なんですよね。死を見つめ考える時、人の心の脆い部分が魂の救済を求めるのは自然なことで、これらの書物や多くの思想が、絶望や悲しみから再生するための足掛かりとなり、そこからどう生きるかへ繋がっていくことこそが大切なわけですから。「葬式」にせよ「死後の世界」にせよ、それらは死者のためというより、死者を思いながら生きていく人間のために必要なのでしょうね。
キーブー
2016年07月24日 23:04
うきさん、こんばんは
本当にもう、おっしゃるとおりで、「死後の世界」があるのか無いのかだけじゃなくて、どっちに考えるにしろ、その人が生きていくうえでの足掛かりになるような考え方をすればいいのだと私も思ったことでありました。
はい。葬式も、死者のためにするのではなく、残されて生きていかなきゃならない人のために するものですよね。
なので、式の規模やら式次第やら、遠い親戚などの外野がウルサイことを言ったりしますが、あれは筋違いも はなはだしいと思ったり。
○×方式というか、正解か そうじゃないかだけで いろんなことを判断する人って、そしてそれを人に押し付ける人って、ホントいろんな意味で迷惑な困ったさんでありますね(笑)

この記事へのトラックバック