映画『インフェルノ』 と、世界の終わり?!




一昨日の月曜日、久しぶりに映画を観に行ってきました

ロン・ハワード監督 『インフェルノ』


画像



あれ、月曜日? 水曜レディースデーじゃないの?と思った そこのあなた。

はい。

ケチな私が 映画を高い料金で観るわけはなく、『auマンデイ』 という割引
制度を使ったために、月曜日でも水曜日と同じく1100円で観られたので
ありますね。

これを使うに当たっては、先月購入したばかりのスマホが 役に立ちました

スマホ、やっぱり買ってよかったです(^O^)



この作品は、『ダ・ヴィンチ・コード』 『天使と悪魔』 に続き、トム・ハンクス
大学教授の ロバート・ラングドンに扮したシリーズの第3弾。

前作品2つも観ておりますが、これらが とても面白かったんですよね。

なので、続編である今回も 必ず映画館で観ようと思って、体調をととのえて
おりました

無事、ラングドン教授にお逢いできて、とても嬉しかったです(^O^)



さて、冒頭、いきなり病室で目覚める教授ですが。

満身創痍といったありさまで医療機器に繋がれ、頭も混乱して幻覚を
見ながら もがいている教授

何が何だかわからない状態で、混乱しておられましたが。

いきなり この状況を見せられた 私たち観客も、教授とおなじく混乱する
ばかり(笑)


そうこうするうち、やっと意識を取り戻して 担当の女医からの説明を聞いて
いるところに、いきなりまた銃撃が

そばにいた女医とともに からくも逃げる教授ですが。

そこから、逃亡しながら謎を解き明かしていきます。

今回は、観客も教授とともに、手探りで推理していく展開となっておりました。



物語の核としては、生物学者のゾブリストという男が 人類の人口爆発問題
を解決するため、病原菌をばらまいて一気に人口を半分にしようという
とんでもない計画を立て、それを教授が阻止しようと奮闘する、というところ
ですが。

その計画というのが、詩人ダンテの叙事詩 「神曲」 の 「地獄篇」 に
なぞらえて 立てられているのですね。


なんというか、ひとりよがりの ただのテロリストのくせに、そういうとこ妙に
教養を ひけらかしている感じで、徹頭徹尾好かないヤツだなと思った私

こういう人って、いったい誰の目線で生きてるんでしょうね。神目線?


そんで、ありがちなことに、人口を半分にすべき、という その淘汰される半分に
自分は入ってない、と(~_~;)

そこまで信念があるのなら、『先ず隗より始めよ』 で、自分が真っ先に命を
差し出せばよいのに。


優秀な自分が死ぬのは人類にとって損失だ、なんて思っちゃってるんで
しょうね、この手のヒトって(~_~;)


ま、それはさておき。


助けてくれた女医とともに逃亡するラングドン教授を追うのは、地元警察は
もちろんのこと、かのWHO、民間の何やら怪しげな組織などと大人数で、
なんだか大モテの感のある教授ですが(笑)

いったい誰が味方で 誰が敵なのか

そのへんも、おおいに見どころでありました。


あと、枝葉になりますが。

私の印象に残ったのは、冒頭の病室のシーンで、意識を取り戻した教授に、
「誰か連絡する人は?」
と担当医が訊くのですが、
「誰もいない」
と、きっぱりした口調で答えていたところ。

なおも、家族とか知人とかは? と尋ねる医師に、
「私は独身だ。連絡すべき人はいない」
と答えていたラングドン教授。

でも、ラストでは、大切な人と 確かな信頼で結ばれていたことが わかるん
ですよね。

長いこと会っていない人でも、心がちゃんと繋がっていたのですね(*^_^*)



これを見たとき、人生において、心から信頼できる人がいるということは
なんて素晴らしいことだろうと思ったんですよね。

これって、実は とても稀有なことではないのかなあ。

いくら家族や友人に取り囲まれていたところで、本当のところで信頼できな
ければ、独りでいるよりむしろ孤独でしょうしね。


それもこれも、ラングドン教授の人柄と、これまでの生き方の たまもの
なんでしょうね。

好きだなあ、ラングドン教授(*^_^*)



と、ここまで書いたところで、なんとトランプ大統領誕生の一報が

ま、まじですか(@_@)


ホワイ、アメリカンピーポー!!

・・・って思ったら、テレビで すでに同じことを言ってた人が いました(笑)


え・・・私、まさか幻覚を見てる??


いやはや、いやはや。

ちょっともう、ラングドン教授についての考えが まとまらなくなりましたよ(爆)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年11月09日 22:09
今日インフルの予防接種してきた私、
「インフェルノ」を「インフル」と
読む(^_^;)
最近、映画館に行ってないけど、迫力の
ある大きな画面で観るのもいいですよね。
映画を観て、色んな事を考えさせられる
事もありますもんね。

米国、どうなってしまうんでしょうね。
予想を反して、なかなかやるやんならば
いいんやけど、あぁやっぱりってなるのが
怖い。日本も何かしら影響あるし・・・

2016年11月09日 22:13
この映画激しく悩んでいるんですよ、行くか行かないか。ロン・ハワードはとってもとっても好きな監督ですが、シリアス演じるトム・ハンクスはあまり好きではなく。。。。
キーブー様のレヴューで行こうかなぁ?にちょっと傾きつつありますw

アメリカ大統領、メディアが騒いでますね。ヒラリーよりはいいかなぁ、というのがわたしの感想。トランプは信用ならんけど民主党より共和党でしょう、日本の利益を考えるならば。ブッシュのときもそうでしたが、トップがお馬鹿ちゃんでも(失礼)党がカバーしてくれるのではないかと思うことにしています。
2016年11月09日 23:33
>いきなり病室で目覚める教授ですが。
私の仕事仲間ですが、まったく同じ
酔って帰って駅の階段から落ちて救急車
目が覚めたら病院のベッド
歯も折れてしばらく呑めない
>好きだなあ、ラングドン教授(*^_^*)
追う人も沢山いて人気があるわね

トランプ大統領、アメリカの株価今のところ
これからどうなるのか。。。
こういう人が大統領になれるアメリカ
わからん。。。
ひまわり
2016年11月10日 20:07
2作目を観てないんですよね。
きょうは気晴らしに
「ジェイソンボーン」観てきました。
このシリーズはハズレがないですね。

まさか!のトランプでしたね。
この先どうなることか。


2016年11月11日 19:22
新作の宣伝のためにテレビ放映された2作品をガッチリ録画しました。まだゆっくり観る時間が無くて、、、楽しみに置いておきます。
( ̄~ ̄|||)せやけど、いつ観れるやら(涙)
キーブー
2016年11月11日 23:28
りーにんさん、こんばんは
おっ、さっそく接種してこられましたか
私は、以前に一度だけインフルの予防接種をしたことがあるのですが。
そのときの副作用がひどくて、それ以来懲りてしまって受けてないです。体質が合わなかったんでしょうかねえ。それとも たまたま、そのときに体力が落ちていたのか^^;

アメリカは、もう終わりですね(爆)
政治家って、必ずしも優秀な人格者でなければならないとは思いませんが・・・でも、アメリカの大統領ですからね。まあ、周りでガッチリ固めて補佐するだろうから、最悪お飾りにしちゃうか・・・でも、飾りにするにはあまりにグロいし(笑)
キーブー
2016年11月11日 23:35
ミルテさん、こんばんは
この作品は、観といて 損はないかと(笑)
まあでも、すごいアクションが あるわけでもないし・・DVDでも いいのかな(笑) でも どっちにしても、ミルテさんには ぜひ観ていただきたいなあ

そうなんですよね。じつは クリントンだと日本は かなり難しい舵取りを せまられるところだったと私も思います。でも、トランプは・・・世界的なダメージだとすら思っちゃうんですよね。
はい、トップは おバカさんでもOKだと私も思います。でもそれも、ちゃんと周りの意見を受け入れる素直さというか、芯が まっすぐな人でないと。
彼はどうなんでしょうね。差別主義者だし、どうにも信用できない感じがして しょうがないんですよね。。(~_~;)
キーブー
2016年11月11日 23:41
もうヘトヘトさん、こんばんは
ひゃー、リアルに こんな体験をされた方がいましたか^^;
ラングドン教授も、頭に切り傷があったり、着ていた服も血で汚れていたりで、悲惨な ありさまでした。しかも彼、アメリカにいたのに目覚めたのは なんとフィレンツェの病院^^;

トランプ ショック、すごかったですねえ。あれだけ他国の株価を下げる人って、いないでしょう(笑)
ホントどうなることか・・すぐに とんでもないことをやらかして 引きずりおろされるかもしれませんね。そのほうが被害が少なくていいかもしれないけど^^;
キーブー
2016年11月11日 23:47
ひまわりさん、こんばんは
ボーンシリーズは もうテッパンですよね
こないだ BSで放送されたのを録画して観ましたけど、もう何度も観ているにもかかわらず、ぜんっぜん退屈しなかったです(笑)

はい、まさかのトランプ(~_~;)
これが もっと小国の大統領ならいいけど (フィリピンとか そうですよね 笑)、アメリカは マズイですよね
あのヒトが核のボタンを持つなんて、想像するだけで背筋が寒くなります(~_~;)
キーブー
2016年11月11日 23:50
うきさん、こんばんは
あら! 前作2作品を録画されましたか。いいなあ~
ホントもう、退屈しませんから。面白いですよ(^O^)
時間の取れるときに、お茶とおやつを用意して、ゆっくりご覧になってくださいね(*^_^*)
2016年11月18日 05:00
あ~これ観たんだぁ(*ΦωΦ)私はこの数カ月、仕事上の関係でまーったく映画館に足を運べてまてん(´-`)何とかようやくDVDを観れてるぐらい...。このジャンルは『アタイ負けないよ!』だから押さえておきたかったんだけどね‥。あぁ‥背権に負けた気がする‥
2016年11月18日 05:03
あら?投稿確認で知ったけど、『背権に』って何だろねぇ?『世間に』と書いたつもりが(笑)
キーブー
2016年11月18日 23:16
miyoさん、こんばんは
お久しぶり! 今日は、コメを残してくれたんですね。嬉しいなあ(*^_^*)

うん、このジャンルは miyoさんも好きそうだもんね
んで、『背権』、ハイケンって私は 読んだのだけど・・・またmiyoさん 難しい言葉を知ってるなあ、どういう意味だろ、あとで調べてみなきゃ、って思ったのだけど。
そっか、『世間』 ね(^O^)

んで私は、近いうちに 「デスノート」 も行くつもり。相変わらず、ジャンルの広い わたくし・・・ってか、節操が無いだけ?!(爆)

この記事へのトラックバック