こぶた2号奮戦記。



少し前のこと。

こぶた2号が、1週間、職場の別の部署の応援に出張っておりました


なんでも その部署は離職率が高くて、上の人と、入ったばかりの下の人だけ
残って、まんなかあたりの年齢の人が ごっそり辞めてしまったのだとか


そんなヤヤコシイところへは 誰も行きたくはないのだけど、師長さん繋がりで
ヘルプ要請が入ったらしく、どうしても誰か行かなくてはいけなくなったのだ
そう。


とはいえ、同僚たちは 赤ちゃんや子どもしか看たことのない人ばかりで、
その部署は大人の病棟なので みんな行くのを渋って、誰も手をあげなかった
のだとか。


しかたなく、大人の病棟の看護経験がある こぶた2号と、もうひとりの先輩が
行くことに^^;



行ってみたら やっぱり人手が足りていない状態で、そのせいで説明も満足にして
もらえなくて、手助けするのも ひと苦労だったとか(~_~;)


頼まれたことが ひととおりすんだので報告へ行くと、
「○○はやってくれました? △△は?」
ねぎらいの言葉よりも先に、矢継ぎ早の質問


「それは さっき言われなかったし、明日でもできると思って、とりあえず今日
やらなきゃいけないことを優先してやりました」

そう答えたら、
「うちの部署では、○○も△△も、もう前日にやっちゃうんです。当日は時間が
ないから」
なんて、早口で言われたり。



「それならそうと、最初から言っといてくれたらええやん? 丸投げせんとさ。
あとで聞いたら二度手間になるやん


帰宅するなりそんな話をして、ゲンナリしていたこぶた2号さん^^;


それだけではなく、1年生や2年生が 上の人に報告したり質問したりしたとき
に、答え方が どうにもキツイ感じで、傍で聞いていてもハラハラするくらい
だったとか。


「まあ、あたしらも入ったばっかの頃は おんなじようなこと言われたけどさ。
だからって、自分が教える立場になったら そんなことするかって言ったら、
せえへんよな。そんなんやから、人がいなくなるんやわ。そんで忙しくなって、
自分で自分の首しめてるようなもんやのに、なんでわからへんのやろ」


こんな感じで、最初の2日間くらいは、グチがとまりませんでしたが^^;

その後は、だんだん患者さんとも慣れて、会話を楽しむ余裕もできてきた
ようで。


認知症のおばあちゃんも担当したのですが、最初、少し話しただけでは認知症だ
とはわからないくらい しっかりされていたのだそうですが。


「あなた、見慣れないお顔ね。先生?」

「いいえ、看護師です。べつの部署から応援に来たんですよ」

「あらそう。ご苦労さまですね、先生」

「・・・・」


こんな感じで、ずっとこぶた2号のことを 先生 と呼んでいたのだとか(笑)



手足をお湯で洗い流すケアをしていたときも、いいかげんに洗われるくらい
イヤなことはないだろうと常々思っていた こぶた2号は、ゆっくりと丁寧に
洗い、すすぎも きちんとして、気持ちの悪いところのないように気をつかった
のだそうですが。


「もう、先生に こんな丁寧に洗っていただいて。もうもう私、バチが当たる!」

ケアが終わったあとに そんなことを言って、とても喜んで下さったのだ
とか(*^_^*)


それだけではなくて、

「こんど、先生が年を取ってケアを受けるときは、私がやりますから。
心を込めて、私が ちゃんと洗いますからね」

そうも言って下さったのだそう(笑)


「え? どゆこと? 時間列、おかしくない? って思ったけどさ(笑) とりあえず
『ありがとうございます』言うといた」


そう言って 笑っていたこぶた2号さん(^O^)



あと、外国人の牧師さんも入院されていたのだそうですが。

「あなたは、とてもきれいな目をしているね。イキイキしてる。ここの看護師
さんの中では 一番イキイキしてるよ」

優しそうな笑顔で、そう言って下さったのだそうですが。


「あたしさあ、いつもは 『顔が疲れてる』 とか 『目、死んでますよ』 とか、
よう言われんねん。やのに ここでは一番イキイキしてるって・・ここの人
たち、どんだけ死んだ目しとんねん、って思ったよ」


そんなこんなで、面白いこともありながらも なかなかに しんどい1週間
だったようですが(笑)



最後の日。


仕事が すべて終了して、師長さんに ご挨拶して自分の部署に帰ろうとした
ところ。

師長さんが、
「みんな! こぶた2号さんが帰られるわよ!」

すると、そこにいた全員が立ち上がって、口々にお礼の言葉をかけて下さった
のだそう(*^_^*)


終わりよければ すべてよしですね(^O^)


部署に帰ると、そこでも みんなが
「お帰り! ご苦労さま!」
ねぎらってくれたのだとか(*^_^*)




今日は同僚たちが 『お疲れさん会』 を開いてくれるというので出かけて
おります


いろいろと至らないところのある こぶた2号ですが、皆さん良くして下さって、
親の私も とても嬉しく、ありがたい気持ちでいっぱいになりました(*^_^*)



それは よかったのだけど。


師長さんによると、向こうの師長さんも とても喜んでくださって、また折りが
あったらあの人たちを寄こしてほしい、っておっしゃっているのだそうで^^;


それを聞いた こぶた2号は、
「すごーく勉強になりますから、私たちだけでは もったいないです。
ほかの人たちにも ぜひ体験してほしいです」
と言っといたのだとか(笑)


「なんで あたしらばっかり行かんならんねん。みんな順番に行けばいい!」

帰宅してから、そんなことを言ってましたが^^;


「でもさ。うちの部署、ほんまに良い人ばっかりなんやっていうのが
ようわかったわ」

そうも言っておりました。



こんなこぶた2号ですが。

これからも、よろしくお願いいたします(^O^)




最後に。

おいしいと評判のこれを 飲んできました♪


タリーズno.jpg


写真が少しピンボケになっちゃいましたが^^;

タリーズのチョコリスタです。


一緒に行ったのは、こぶた1号さん。

ショートとトールで注文しましたが。

はい。

もちろん、大きい方が こぶた1号さんのです(^O^)









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年07月11日 23:42
いいお話ですね。
親としては、感慨深いですね。ステキな娘さんです。
ほんとに困った上司には泣かされますよね。て、言い出したら、キリないので止めておきますが。
こぶた2号様、やりがいのあるお仕事、がんばってください!

└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年07月13日 10:39
すごーく勉強になりますから、私たちだけでは もったいないです。
ほかの人たちにも ぜひ体験してほしいです
素晴らしい!
この対応!!おとなのナイスお返事
こういうことをいえるようになるには
よほど しっかりした母親に
育ててもらったんだろう・・・

きっと その母は よき老後を
過ごせることでしょう!!

 。。。と マジ 思った次第

追伸)まじ タイシタモンダ!!
素晴らしい 
キーブー
2019年07月13日 17:21
毎日ばらいろさん、こんにちは。
いいお話というか、まあ、文句たらたらでやっとこさ1週間が過ぎた、って感じでしたが(笑)
看護の現場は忙しすぎて、たださえ殺伐としがちですもんね。
きっとひとりひとりは良い人なんでしょうけど・・仕事も廻ってなくて、イライラしてたんでしょうね^^;

励ましのお言葉、ありがとうございます。
こぶた2号に伝えておきますね(*^_^*)
キーブー
2019年07月13日 17:24
└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん、こんにちは。

>この対応!!おとなのナイスお返事

いえいえ、とてもとても、そんなんじゃありません(笑)
また行かされたら たまらないから、自分たちだけじゃなくて みんな順番で行って下さいよ、っていう ただそれだけのことかと(笑)

よき老後。だと嬉しいのですが^^;
ってか私、そんなに長生きできないと思います。だってほら、○○薄命とか言いますし~~(^O^)
seizi05
2019年07月14日 06:20
こぶた2号 ホレちゃったよ あたし
2019年07月14日 16:32
辞めていく理由が分かる様な職場ですね。
今回の様な緊急事態でのhelpなのに、ねぎらいの
言葉もないって・・・
でもでも、2号先生ええ経験しましたやん。
今の職場はこんな事ないみたいですが、今回の事を
教訓にしていけそうですね。
痴呆の方の話、周りで聞いている分には、またかぁ
で済みそうですが、現場ではね。
病院や老人ホームで色んな事件もあり、分からない
でもないのですが、手を出しちゃダメっすね。

チョコリスタ、私も大きい方下さい!(^'^)
2019年07月14日 17:07
素晴らしいです。こぶた2号先生!!利用者に感謝されるって、素晴らしいことですよ。やはり伝わるのですよね、誠心誠意お世話をしていることが。

大人のお返事も上手だこと。私なんて、年齢重ねていてもストレートにしかモノが言えないから、あちこちで摩擦を起こしておりますが、こぶた2号先生のやんわりしたお断りの仕方は、勉強になります。メモっとこ。
こういうお嬢様を育てたキーブーさん、ご立派です。女三人のユーモアもあり、いたわり合いもありの生活の様子を垣間見ておりますから、納得です。
誇らしいお嬢様をお持ちで羨まし〜い限りです。
キーブー
2019年07月14日 22:39
seiziさん、こんばんは。
ありがとうございます。
会員№1、認定させていただきます(^O^)
キーブー
2019年07月14日 22:46
りーにんさん、こんばんは。
人が居つかない職場というのは、結局のところ 人間関係に問題有りってケースが多いような気がします。
仕事がキツイだけなら、ある程度の人の入れ替わりがあっても、こんなことにはならないんじゃないかなあ。
こぶた2号も、今の部署の良さを再認識できて、いい経験だったと思います。

痴呆の方であっても、言葉を交わしながらの仕事というのは やはりそれなりに面白いというか、やりがいがあるものだということを言ってましたね。
普段が、赤ちゃんばかりで会話をするということがないので、今回は新鮮だったみたいです。
キーブー
2019年07月14日 23:00
yu_mamaさん、こんばんは。
お褒めいただき、ありがとうございます(*^_^*)
こぶた2号がよく言っていたのが、自分が年を取ってケアを受ける立場になったときに、いい加減な洗浄とかされたら すごくイヤだから、自分がされてイヤなことは 人にしない、ということでした。
これって、ごく当たり前なことなのだけど・・やはり日常的な業務になると、流れ作業みたいなことになりがちなのかもしれませんね。こぶた2号は 今回 1週間だけのヘルプだったので無理なくできたのかもしれません。

育てたというと聞こえはいいけれど (笑)・・正直、私は 離婚してからほぼ10年間はフルタイムで働いていて 心身ともに消耗していたので、躾らしい躾も できておりません^^;
誇らしいお嬢様といえば、yu-mamaさんのお嬢様ではないでしょうか。
お母さんをさりげなく労わる様子がとても優しくて、いいお嬢様だなあと思っておりました。

ひまわり
2019年07月15日 09:05
2号ちゃんナイスです。
チョコリスタほんとおいしいですよね。
キーブー
2019年07月16日 00:42
ひまわりさん、こんばんは。
こぶた2号は、でこぼこしながらも なんとかうまく
やっているようです(笑)
チョコリスタ、あまりきれいに撮れなかったけれど^^;
チョコが濃厚で、おいしいですよね(*^_^*)

らん太郎。
2019年07月16日 01:56
人が見てようが見てまいが
まじめにコツコツ
均質された仕事をしてれば割を食うことはあるけど
自分のためになりますね

ボケたらヨロシクね。(^^)v
2019年07月16日 11:56
おはようございます♪
嬉しかったのね~♪
>「こんど、先生が年を取ってケアを受けるときは、
>私がやりますから。
>心を込めて、私が ちゃんと洗いますからね」
私も、よろしくお願いいたします(笑)
私も似た経験がある。
とほほ。。。
キーブー
2019年07月16日 17:46
らん太郎。さん、こんばんは。
仕事に近道はないですもんね。
まじめにコツコツ。これがいちばんいいと私も思います。

>ボケたらヨロシクね。(^^)v

らん太郎さんくらい活動的だと、ボケることは たぶんないかと。
私みたいな家虫がいちばん危ない。。。

キーブー
2019年07月16日 17:54
もうヘトヘトさん、こんばんは。
患者さんにそう言ってもらえて、こぶた2号も とても嬉しかったと思います。
とはいえ、自分の部署に帰ってきてみると、やっぱり赤ちゃんは おむつも小さくて替えるのも簡単だし かわいいしで、自分には こっちが向いてるなあって思った、って言ってましたけどね(笑)


2019年07月22日 11:17
こぶた2号さんはキーブーさんそっくりそのままですね。いやなことも断らない、いや断れない。嫌なことでも一生懸命手抜きをせず頑張る。読んでいて涙が出ました。いまどきこんな良い娘さんがいるんだねえ。倅の嫁にほしいなあ 
まだら惚けのおばちゃん言うことがかわいいですね、惚けていても心は美しく優しい年寄りになりたいものです
キーブー
2019年07月22日 17:26
サヤ侍さん、こんにちは。

>こぶた2号さんはキーブーさんそっくりそのまま
ですね。

っていうか、わが娘ながら、私よりは こぶた2号
のほうが数段 根性があると思います(笑)
たぶん、職場で培ったものなんでしょうね。
育てていただいた先輩方にはホント感謝です。

痴呆になっても、こんなふうに良い人になると
いいのだけど。
地金が出る、っていいますもんね(笑)
私なんか、かなり乱暴者になるかも^^;
自分でも怖い。。。