皮膚は「心」を持っていた!



興味深い本を、図書館で見つけました


山口創 著 『皮膚は「心」を持っていた!』


少し前に、DNAは魂を持っているのか? という本を読みましたが(^O^)

今回は、なんと皮膚が心を持っているとのこと(笑)

驚きですよね。なんだかワクワクしてくるし


その一部分を抜粋しますと。


生理学では皮膚は「第二の脳」といわれることもある。

それは全身のなかで、皮膚と脳はもともと同じ部分にあったものが、途中から
分かれるようにしてつくられるためである。

そのため皮膚自身が電気を帯びていて、触れたものの形状を把握する能力まで
持っていることがわかってきた。

触れたものを脳で解析する以前に、皮膚自身が把握しているのである。

さらには、皮膚にある細胞の一部は、脳と同じようにさまざまなホルモンを
つくり出していることもわかっている。

皮膚は露出した脳である。

しかも皮膚は、脳とくらべて、その突出した面積の広さから、多くの感覚を
感知して、大量の情報を処理している器官である。




下着の色は暖色系がいい、っていうのも よくききますよね。

皮膚が色を感知していて 寒色系だと体が冷えてしまうから、というのが
その理由ですが。

健康下着として、真っ赤な下着も売られていたりしますよね。

実際、格闘技などでも、赤色のユニフォームのほうが勝率が高いのだそう。


そういうのって、テレビの健康番組などでもよく目にしていましたが。

なんかマユツバというか、トンデモ科学系なのかな、なんて思っちゃって
ました^^;

そうではなくて、ちゃんと理に叶っていたのでありますね。


なので、夏になるとカーテンやベッドカバーなどのファブリックを青にして
目に涼しくしたり、冬になると赤やオレンジを使って暖かく感じるようにする
というのも、たんに気のせいばかりでなく、ちゃんと効果のあることだったの
ですね。



あと、皮膚に触れることでストレスが軽減する、とも書かれておりました。

これも納得ですよね。

つらいときや悲しいときに、家族や友人にハグしてもらったり、背中を
さすってもらうことは、大きな慰めになりますもんね。


で、これは、触れてもらっている側だけではなくて、触れる側にも同じような
効果があるのだそう。


そういえば、うちのこぶた2号は 立ち仕事のせいか足がだるくなりやすいので、
私が たまにさすってやるのだけど。

そんなことをしていると、こちらまで心が穏やかに落ち着くような気がしてた
んですよね。


よく、“情けは人のためならず” といいますが(笑)

あれと同じことで、人のためと思ってやっていることが じつは自分のため
にもなっている、という・・・ちょっと違うかな?(笑)



話を元に戻しますと^^;


人に触れるだけではなくて、自分の前腕をなでるだけでも 自律神経のはたらき
が整ったりもするのだそう。

人って、無意識に 自分のからだの悪いところを撫でさすったりしているもの
ですが。


私もここ最近、手首のあたりが痛むことが多いのだけど、ふと気づくと自分で
そのあたりを さすさすしてたりしますね(笑)

そんでまあ、そんなことをしても 痛みがたちどころになくなるわけでもない
のだけど^^;

でも、なんだか気持ちが慰められるというか、気がまぎれる感じがしていたのも
確か。

これも根拠のあることだったんですね。


ほかにも、いろいろと驚かされるような話がありました。

興味のある方は、ぜひ読んでみて下さいませ。




最後に。

スタバの、次の新作だそうです

スタバの新作.jpg


ピーチのフラペチーノ。

また発売されてはおりません。

それが 何でここにあるのかというと・・じつはこれは試食品なので
ありますね(^O^)


後ろにある からっぽの容器が、私が注文したカフェラテ。

それとくらべると、容器が格段に小さいのがわかると思います。

店員さんが、店内のお客さんに配りまわっておられました。


クリームもたっぷりだし、フラペチーノのなかには桃の果肉がたくさん
入っていたし、とても爽やかで おいしかったです


フラペチーノって、冷たすぎるうえに 量も多い気がして、私は あまり
注文しないのだけど。

このサイズで売ってくれたらいいのになあ、って思ったことでありました。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年07月16日 09:37
わが頭皮へ告ぐ
マジメニさするから
元気いっぱい さするから
細くてもいいから
黒い毛を 生やしてオクレ

 ? お願いする場所じゃなかった?!

♪( ´θ`)ノしつれ~い
2019年07月16日 12:02
おはようございます♪
肌が合うと言うのは、本当だったのか!
>生理学では皮膚は「第二の脳」
お天気なら、真っ赤なパンツ買に行きたいけど
東京は、今日も雨。
うんざりです。
手首に、赤いカバーがいいのかな?
パンツはダメよ!
キーブー
2019年07月16日 17:50
└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん、こんばんは。
ほんとにねえ、いっつも思うのだけど、これだけ科学が進んで 医療も進んできてるというのに、髪の毛を はやすことすらできないんですね。ある意味、不思議^^;

男性は、最終的にはもう坊主にしちゃったらいいけれど。
女性は悲惨です(~_~;)
私も、最近 分け目の幅が広くなってきて、戦々恐々。。。


キーブー
2019年07月16日 17:59
もうヘトヘトさん、こんばんは。

>肌が合うと言うのは、本当だったのか!

ヘトヘトさん、スルドイですね(^O^)
皮膚って、思ったより すごいはたらきをしているようです。
東京は、連日 梅雨寒みたいですね。風邪ひきさんが多いとか。ヘトヘトさんは大丈夫ですか?
んで、なるほど!
手首に赤いサポーターかあ。
ってか、私の場合、青がいいのかな。炎症が起きてるもんで、それをおさめる色がいいんですよね。

らん太郎。
2019年07月17日 09:14
なんだって、なんだって~
赤いユニフォームは
勝率が高いだと~(^q^)
キーブー
2019年07月18日 00:07
らん太郎。さん、こんばんは。
はい、どうもそうらしいですよ(^O^)
でも、スケートの真央ちゃんは、赤い衣装のときより青い衣装のときの方が成績がいいんだそう。
・・ま、たまたまだって話もありますけど(笑)
2019年07月19日 11:51
皮膚は心を持っていた!っていう表現は、インパクトありますね。タイトルみたら、ムム?眉唾モノって、私も思ってしまいましたが、キーブーさんのご説明で納得いたしました。
そういえば、「お手当て」と言いますね。患部を手で触ることで癒されるというのは、子供が怪我をした時、喘息発作を起こした時など、私自身が心を落ち着かせるためにも行なっていたのだと思い起こします。
人間の本能が、実は理にかなったことをしていたということかな〜。

それにしても、キーブーさんの読書傾向は、あらゆる方向にアンテナを張っていて知識欲の多さには驚きます。私なんて、娯楽物しか読んでいませんものな〜。
2019年07月20日 17:41
へぇ~、皮膚ってそうやったんや。
本を読まなくても、キーブーさんちで簡単に
知識が入ってくるで、やっぱここはいいですね(^'^)
子供が小さい頃、まとわりついてきたり、寝るとき
なんかも身体に触れてきていたのは、安心できる
状態にあったって事だったんすね。
夏なんかは、暑いって親の方が嫌がってたけど、
嫌がってたらアカンのやったんや(^_^;)

色の話も、よく聞きますね。
私やらん太郎。さんは年中青色でOKです(^'^)

ピーチのフラペチーノ、えらいストローが太いっt
思ったら、そういう事やったんや。
確かに少し食べたいときなんか、このサイズが
あったら買うかも。
大きいのが流行ってた時もありますが、ミニサイズが
もっと流行ってもええかも。

キーブー
2019年07月20日 22:49
yu_mamaさん、こんばんは。
そうですね。「手当て」 というのも、こういうことから来てるのかもしれませんね。
あと、悲しんでいる人に寄りそうときなども 背中に手を当てたりさすったりしますよね。
本能的にやっていたことが、じつはちゃんと科学的にも理にかなっていたのですね。

私は知識欲が旺盛というよりは、好奇心が強いだけだと思います(笑)
人間のからだもそうだけど、心というか精神のありようも面白いですよね。犯罪のプロファイリングについても読みましたけど、すごく興味深かったです。


キーブー
2019年07月20日 22:57
りーにんさん、こんばんは。
そう、皮膚と脳とは もともと同じ部分からできてるんですよね。だから皮膚じたいにも いろいろな能力があるんですね。
赤が からだにもいいというのは よくいわれてますよね。
ユニフォームに赤が使われてるほうが勝率がいい、というのは初耳でしたけど。
ドラゴンズは青ですもんね(^O^)
そんで私も、ポケモンは青チームなんですよ(笑)

フラペチーノ、ぜひ このサイズを作ってほしいです。
氷なのに、量が多すぎるんですよね(~_~;)

2019年07月21日 02:59
私はこういう話が大好きなのよ。
社会の中では、個人って、まぁ、私のような庶民の場合、ほんとにちっぽけな取るに足らない存在のように感じてしまいます。
でも、こういう、人の可能性、秘められたる能力、人って、実はすごいぞ、って話には飛びつきます。実際、見方を変えれば、すごいぞって思ってるので、誰か、実証してくれるとうれしい。
seizi05
2019年07月21日 07:16
うん あたしも こんなもんでいいなー スタバさん
キーブー
2019年07月22日 17:15
毎日ばらいろさん、こんにちは。
人って、海や山に行くと ホントちっぽけな存在だなあ
って感じたりしますけど。
でも、そのひとりひとりが完結した存在というか、
宇宙のミクロ版なんですよね。
これって、すごいことだと思います。
実際、人間のからだって よくできていますもんね。
設計図なしに よくまあこれだけのものができた
もんだと思います(笑)
キーブー
2019年07月22日 17:17
seizi05さん、こんばんは
ですよね(^O^)
コーヒーなどは カップのサイズが選べたりも
しますけど。
このフラペチーノって、トールサイズのみだし。
そのへん、考えていただけると嬉しいなあ。
2019年07月25日 13:51
相変わらずキーブーさんは勉強家ですね 去年だったかNHKでタモリさんと山中?教授でやっていた「人体の驚異」?だったかな・・・・、人体の各器官はすごい会話をしながら生きているんですね。特に腸は第2の脳というほどの働きをしていましたね。当然皮膚だって心を持っているんでしょうね。
ただ、私は皮膚と聞くと吹き出してしまうフレーズがあり困っています。
皮膚に高い皮膚クリームを塗り美肌を追い求めるのは、校門にクリームを塗っているようなものだ。皮膚をきれいにするのは食べるものに注意し、運動し、ストレスをためないのが一番なのだ!っという医者?が思い出されて困ります
キーブー
2019年07月25日 14:58
サヤ侍さん、こんにちは。
NHKのその番組、録画してたのを忘れてました(@_@)
思い出させてくださって ありがとうございます(笑)
そう、人体の各機関は いろんなホルモンやら物質やら
を出したり受け取ったりして会話しつつ、健康を維持
してるって話でしたよね。あれは面白かったなあ(^O^)

高いクリームや美容液って、私も一切使ってないです。
お金がないからというのが一番の理由ではありますが
(笑)、おっしゃるように食べ物や運動、ストレスの
管理のほうが よほど大切だと思っているから。
ストレスを溜めないことは 特に大事ですよね。