真夏の妄想。




毎日毎日、災害級の暑さが続いておりますね

台風も あちこちからやってきて日本列島を取り囲んだりしてたし、
その間にもまた 地震が起きたり。

あげくの果てには 浅間山噴火って


大丈夫なのか、日本は


そんな中でも、日々の暮らしは滞りなく廻さなくてはなりませんからね。

日よけ対策をして、水や飴をカバンにしのばせて 買い物に出かけるわけ
ですが。



今日も今日とて、頭上から降り注ぐセミの声に耳を聾されつつ、ガシガシと
自転車を漕いでいた私。

スーパーまでの道には、私が 『心臓破りの坂』 と呼んでいる けっこうな勾配
の上り坂もあったりします^^;


まるでトライアスロンのような (おおげさ?) ことをしていて 体は大忙し
でも、心はヒマというか(笑)

そんなときに、妄想が始まるのでありますね。


今日の妄想は、タイムスリップして戦国時代へ飛ばされてしまった私が、
たったひとりの生き残りの村娘を連れてともに逃げている、という
設定(笑)

この子は普段からロクなものを食べてないうえに、数日前から村が攻撃
されていたとあって今現在、腹ペコ状態。

ともすれば へたりこみそうになるのを励ましつつ、ふたりで逃げているの
だけど。

この暑さの中、
「も、もうダメです。。。どうか私を置いて逃げて下さい」
とうとう倒れ込んでしまった村娘。

さて困った

早く逃げないと、凶暴な追手たちが追いついて来ちゃうし


そこで私は、カバンから飴を取り出し、
「これは、神々の食物である。神々は これ一粒で三日三晩、天空を飛び続ける
のぢゃ」
そう言って、こないだドラッグストアで買った飴 (濃ーいみかん という商品名)
をおごそかに渡すのでありますね。

「極楽浄土の食べものなれば、人間の体には少々過ぎるかもしれぬ。かまえて、
噛むでないぞ。ゆるゆると舐めてとかすのぢゃ」

「神々の食べもの・・ああっ、なんという甘さ、おいしさでありましょう!」

そこで彼女は元気を取り戻し (プラシーボ効果ですね笑)、ふたたび走り
出すのだけど。


いくらプラシーボ効果とはいっても そこはただの飴玉ですから、しばらく
すると やっぱりまたへたりこんでしまうわけだけど。

そのときは、さっき買ったばかりのバナナがありますからね。

「これもまた、神々の食物である。これ1本で 神々は三日三晩、以下同文」

そんなハッタリをかますと、彼女はまた、
「ああっ! これはまた なんとおいしい! このようなもの、食べたことが
ありません!」
狂喜しながらバナナをむさぼるのでありますね

そんで、バナナはアスリートも食べるものだし、飴玉とはちがって今度は
ソコソコ体力も回復し、私たちは無事、追手から逃れることができたので
ありました(笑)


え?
そのあと どうなった、って??

そんなの、わかりません(笑)

なにせ この暑さの中、私本体は自転車を漕いでいるわけですから

そんでもう自宅に着いちゃったので、このお話はこれで終わり!(^O^)


っていうか。

もともと鈍足で持久力も無い、体育は いつも2だった私が 戦国時代の村娘と、
いくら彼女が腹ペコとはいえ 一緒に走るほどの運動能力があるのか、という
根本的な疑問点に気がついたのは、帰宅してシャワーを浴びて ホッとひと息
ついてからのことでありました。

ほんと。

絶対、彼女の方が早いに決まってるな^^;

そんな そもそもの設定ミスも、この暑さのせいでありますね(笑)



最後に。

虹.jpg


サッとひと雨あったあとに出た虹。


妄想とはいえ、今度はもうちょっと ちゃんとした設定でね、ドンマイ!

そう言って、励ましてくれているような気がした私でありました(^O^)







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2019年08月09日 22:39
本当、毎日色んな所で揺れてますね。
噴火もありますね。
自然災害からは、中々逃げられませんから、少しでも
被害が少ないようにしないとね。

ほぉっ、『心臓破りの坂』っすか。
キーブーさんの太ももも、橋本聖子さんのようなん
でしょうね(^'^)
そんでもって、妄想って。
なかなか楽しいじゃあ~りませんか(^'^)
語尾が仙人みたいに「のぢゃ」っていうのも面白い。
こんな感じで本でも出版してみます。
きっと売れますに(^'^)

虹って、画像になると目視したのより薄くなって
しまいますが、くっくり写ってますね。
なんかいいコト、ありそうや(^'^)
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年08月10日 13:47
赤橙黄緑青藍紫・・・
昔 デザインのアイデアがワカズ
追い込まれて そっかぁ こういうときは虹だと!
以来数年 わたしは 虹の架け橋というコンセプトの橋を
何本 粗製・・・したことでしょう。
あれから 結構な時が過ぎましたが
いまだに 虹の七色は ソランジテ言えちゃいますから

人間 追い込まれると
運動神経でも反射神経でもない
生きるんだという絶対的な能力が
発揮されるものでは無いのかと
 思われる今日この頃でーす!!

北海道 半袖では 寒いでーす
  Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
seizi05
2019年08月11日 06:39
残暑お見舞い申し上げます
2019年08月11日 15:30
こんにちは♪
素晴らしい!
虹!
最近、虹を見ていない。
虹を見るには、雨が。。。
雨が降って涼しくなるならいいけど
蒸し暑くなるだけなのよな。。。
キーブー
2019年08月11日 23:49
りーにんさん、こんばんは。
地震に台風に、灼熱地獄。
おまけに、近隣諸国との摩擦。
どちらを向いても つらいことになっちゃってますね、
日本は(~_~;)

心臓破りの坂を 連日 自転車で上がっているにも
かかわらず、痩せもしなければ 筋肉がつくわけでも
ない・・不思議なことであります^^;
こんなくっきりした虹を見たら、何かイイコト
ありそうですよね(^O^)


キーブー
2019年08月12日 00:02
└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん、こんばんは。
そういえば、夏休みの宿題の絵のアイディアが
湧かなかったとき、虹っぽい感じの 色のグラデー
ションをモチーフにした絵を描いたことがありま
したっけ。
人間、追い込まれると それなりになんとかしちゃう
もんなんですね(笑)

北海道、気温が低いですよね。うらやましい。
こちら関西は、今日は38度とか言ってましたよ。
そんでもって、たしかに いつもより格段に暑かった
です。
朝からもう、吹く風がドライヤーの温風そのもの
でしたから。マジでもう、死にそう(~_~;)


キーブー
2019年08月12日 00:05
seizi05さん、こんばんは。
そう、残暑のはずなんですよね、時期的には。
でもこの暑さは、まだまだ夏本番って感じ。
いったい いつまで真夏なんだろう。。。(~_~;)

キーブー
2019年08月12日 00:08
もうヘトヘトさん、こんばんは。
そう、虹を見るには まず雨が降らないとダメです
よね。
でも、適度な雨っていうのが 最近では無いですよね。
降るとなったらスコールみたいな降り方をするし。
こちらでは最近、午後からは 連日 黒雲が出て遠雷が
聞こえてたりしますが、いっこうに雨は降らない
です(~_~;)



2019年08月13日 21:04
キーブーさんはいいなあー、こういう自分の世界に入っていけるんですね 私はいつも追いまくられて余裕がない。あー古文書予習しなくちゃ~!、あー図書館の本早く読まなくちゃ~!、あー水門の草取りをしなけりゃ~!、あー今日こそは4時半に起きて14km歩かなけりゃ~!、あー畑の草取りしなけりゃ~!・・・、あー床下の補強しなけりゃ~・・・・。だめだこりゃ、キーブーさんこういうメルヘンに入るコツを教えてくだされ
らん太郎。
2019年08月15日 12:30
その後の村娘がどうなったか
とっても気になるんですけど^^

モグモグタイムは各界においてとっても大事な時間
自分もバナナはよく持ち歩きます。
キーブー
2019年08月15日 13:19
サヤ侍さん、こんにちは。
メルヘン・・ではないかもしれないけど(笑)
頭の中がヒマになったときは、けっこう こんな
ことして遊んでます(^O^)
料理してるときなど、自分の中で作った物語の
世界があるので、その話を進めつつ作業したり。
たいして面白くないルーティン作業をしている
ときでも退屈しなくていいですよ(笑)
ウォーキングや草取りのときでも 楽しめるんじゃ
ないかなあ(^O^)



キーブー
2019年08月15日 13:23
らん太郎。さん、こんにちは。
その後の村娘・・さあ、どうなったんでしょうね(笑)
この話は単発ものなので (笑)、帰宅した時点で
終わりになりました(^O^)

最近は気象も荒れてるし、思わぬところで急に
足止めを食ったりしますよね。
飴や水は つねに持ち歩いたほうがよさそう。
バナナがあれば万全ですね。

ごろー。
2019年08月15日 23:06
キーブーさんが妄想の旅から帰って来て、居間で冷房の涼しい風に当たりながらついうとうとしたその時、表のドアを激しく叩くものがおります。
「はい、はい、どなたでしょう?いま開けますからそんなに叩かないでください」
そう言って、ドアを開けると、そこには村娘の追手と思しき数人の男たち。
それぞれ手には鎌や松明を握っております。

「おまえさん、おきぬをかどわかして逃げたおばば殿ではあるまいな?」
「おばば殿?わたしをおばばと…!!!」
たちまちにして目の色を覆った憤怒の色に、男たちはおびえ、「人違いのようだ」と言い残して去って行きます。

その騒動が終わって、居間に帰るとそこには村娘がいるではありませんか!
どうやら、タイムスリップした際に、一緒について来たらしい。

※ここでタイムスリップが出てきた時点でアウトですね。
ぼくには妄想小説は書けそうにない。失礼しました。
キーブー
2019年08月19日 21:42
ごろー。さん、こんばんは。
村娘の名前は 「おきぬ」 だったんですね(^O^)
そんで、家まで付いて来ちゃったと(笑)
たしかに、おばばなんて言われた日にゃ、私は
鬼の形相になりますね(^O^)
それにしても、居間にいる おきぬちゃん。
どうしたもんでしょうね(笑)


ごろー。
2019年08月22日 09:07
>おきぬちゃん

子ブタ3号となって、この家で幸せに暮らしましたとさ。

こんな感じでいいんじゃないでしょうか?

もうこの夏は、2号さんにくっついて病院で忙しくしているみたいですよ。
なんせ、このおきぬちゃん、怪談話とか全く通じないみたいですので、重宝されているとか。(笑)
キーブー
2019年08月23日 23:26
ごろー。さん、こんばんは。
こここぶた3号!?(@_@)
もうこのうえ こぶたは要りませぬよ(笑)
ふたりで じゅうぶん。ってか、手いっぱい
でございます(^O^)

おきぬちゃん、怪談話は通じないでしょうね。
ご本人がそれっぽいし(笑)
ってか、この時代に居座ってしまったら、私が
あげた不思議な食物が フツーの飴玉とバナナである
ことがバレちゃいますね^^;