平安絵巻さながらの光景に、目を奪われました。



即位の儀式も ひと通り終わって、天皇皇后両陛下も、まずは
ホッとされているのではないかと思います。

ほんとうに、お疲れさまでございました。


とはいえ、饗宴(きょうえん)の儀もこの1回だけではすまないよう
だし、まだまだ気は抜けないでしょうけど^^;


それにしても、皇后陛下がお召しになられていたあの十二単。

ほんとうに、目を奪われました(*^_^*)

雅子皇后の十二単.jpg


皇后さまのお印であるハマナスの柄が描かれた十二単。

色味も斬新で爽やかで、これをデザインした人はどんな人
なんだろうな、って思ったくらい


皇后さまは お顔立ちがくっきりされているから、本来はもっと
ハッキリした濃い色味のものの方がお似合いだと思うのだけど。

でもこれは、とてもよく似合っておられましたよね(*^_^*)



譲位が決まってからというもの、皇后さまの不安と心労はいかばかり
だったかと思います。

当日は分刻みのスケジュールになるし、世界各国から来賓もおみえ
になるし。

それが、いざとなると、とてもみごとに乗り切っておられましたね。

本当によかったなあと、関係ない身でありながら 私もホッとした
ことでありました(笑)



ご立派でお美しい皇后さまのお姿をテレビで拝見しながら、思い出した
ことがあったのですが。

歴史小説をたくさん上梓している永井路子という作家がいるのだけど。

彼女が、どうして日本史上の女性の嫉妬が激しく陰湿なものになって
しまったのかということについて、考察をしていた一文がありました。

それによると、昔の女性は努力では どうにもならないことで評価され、
またそれによって運命が決まってしまっていたからではないか、と
いうことだったんですよね。


まず、美醜。

これも、現代ならメイクである程度カバーできますけど。
昔はそうもいかなかったでしょうし。


あと、生まれ。

どの家に生まれるかによって、運命は大きく変わりますよね。

たとえば、天皇のもとへ入内するにしても、女御として入るのと更衣と
して入るのとではえらい違いだし。

それは何で決まるのかといえば、実家の家格と実力ですもんね。


そして最後、これが大事なのだけど。

跡継ぎとなる男の子を生むかどうか。

もうこれなんて天の配剤であって、どうにもならないことですもんね。



皇后さまが長らく苦しまれたのも、この努力ではどうにもならない、
ということではなかったかと思ったんですよね。

これまでの人生、きっと人一倍の努力をされてハーバード大学、そして
外務省入省と、目標をひとつずつクリアされ、颯爽と歩んでこられたのに。

いざ皇室へ入ってみると、努力ではどうにも切り開けない壁に囲まれて
しまったんだろうなあ。


それでもなお、投げ出さず努力しておられたんでしょうね。

夫君の陛下はじめ、まわりの人々の支えもあったのでしょう。

それがこの即位の日、みごとに花開いたかんじでありました。


これからが、皇后さまの本領発揮でありますね。


無理をなさらず、頑張っていただきたいと思ったことでありました。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年10月26日 08:30
煌びやか・・・
まさに あの姿を表現するんだろうなぁ・・
と 魅入っておりました。

同世代がというか 
僭越ながら同級生が陛下って
なんとも不思議な心持ち
だねぇ。
2019年10月27日 06:38
日本という国は いい 素敵 感動
2019年10月28日 12:15
こんにちは♪
16Kgでしたか?
体力もいるわね!
皇室に嫁ぐのやめようかな?
16Kgは無理。
普段、Tシャツだから
今日は、ドレーナー
普通が一番♪
キーブー
2019年10月28日 23:47
└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん、こんばんは。
そっか、高忠さんは陛下と同い年でしたよね。
ほんとうに、煌びやかなお姿だったし、儀式の
すべてが そんな感じでしたよね。
煌びやかなのに静かで雅やかで。
誇らしい気持ちになりました(*^_^*)


キーブー
2019年10月28日 23:49
seizi05さん、こんばんは。

>日本という国は いい 素敵 感動

ほんとほんと!(^O^)
この国に生まれてよかったなあと思ったことで
ありました(*^_^*)

キーブー
2019年10月28日 23:51
もうヘトヘトさん、こんばんは。
そう、10キロの米の袋かつぐよりも重いんだなあ、
って、びっくりしましたよ(笑)
皇室に嫁ぐのは、いろんな意味で大変そうですね。
私もやめときます(^O^)

2019年10月29日 11:03
確かに昔は、どうしようもない事が多かったでしょうな。
特に女性は、今みたいに男女平等っていうのも無いし。

TVを観ていて、「もしも私が天皇陛下だったら」って
思う事がたまにあります。
ブログ書いたり、コメントするのも制約があるやろし、
あのスポーツメーカーに出会えなかったかも知れないとか。
まして、りーにんポーズってやったり、やらしたりする事も
無かったやろなって。
やっぱ私は、今の生活が良いって思う事にしています(;^_^A
2019年10月29日 19:11
皇后さまには心配しましたが、むしろ饗応の宴では楽し気にも見えました。世界中のVIPと直接語れることは、ストレスよりは力を与えているのかも知れません。新しい天皇が世界中から理解され尊敬されるためにも、会話が直接できることは大きいですね。宮内庁のお役人はハラハラするでしょうが(^^;;
キーブー
2019年10月31日 16:45
りーにんさん、こんにちは。
そうですよね。男尊女卑なうえに美醜など、努力では
どうにもならないことで人生が大きく左右されるんです
から。

天皇陛下でなくとも、皇室の一員であることは大変
なことでしょうね。
ブログを書くなんて、ぜったい無理だと思います(笑)
そう考えると、悠仁さまのお相手探しは難航するで
しょうね。わざわざ娘を苦労しに行かせるようなもの
だし。
ホント、今の生活が一番かも。
とはいえ・・もうちょっとだけセレブでもよかった
かなあ、私の場合は(^O^)

キーブー
2019年10月31日 17:05
サヤ侍さん、こんにちは。
そう、イキイキされてましたよね。
とてものびのびとされているように見えましたが、
宮内庁のお役人は、そのことを必ずしも好ましくは
見てないかもしれませんね。
そのへんの軋轢も、長い心身不調の原因のひとつ
なのかも。

今後は、愛子さまや悠仁さまの成長も楽しみです
よね(^O^)