SFに開眼!(@_@)



図書館で、またまた面白い本に出会いました。

アーサー・C・クラーク著 『幼年期の終わり』


まずはじめに、なぜ私が あまりSFを読まないのかという
理由を書いたのですが。

子どもの頃の体験に端を発するその話が長くなったので、今回は
それだけを記事にしようと思っていたのだけど。

何故か、その記事がそっくり、消えてしまったんですよね

検索をかけてみたのだけど、ぜんぜん見つからないし。

ふー(~_~;)

ほぼ書き終って、あとは清書するだけになっていたのに


などというグチを冒頭から綴ってみてもしかたありませんね^^;

SFを読まない理由については、また今度書くことににします。。。

・・って、そんなたいした話じゃないですしね(笑)



ということで。

気を取り直して、本の紹介に移りたいと思います^^;


第一部 地球とオーヴァーロードたち

第二部 黄金期

第三部 最後の世代


上記の、三部作となっています。


世界中のおもな都市の上空に たくさんの宇宙船が現れる、という
ところから始まるこのお話。

始まり方としては、かなりベタな感じでありますね(笑)

人類は、この宇宙人たちのことを「オーヴァーロード」と呼ぶ
ようになります。


オーヴァーロードたちは、自分たちの持つテクノロジーを惜しむ
ことなく人類に教えてくれたり、また、世界平和にも手を貸して
くれたりするんですよね。

南アフリカのとある国が頑として人種差別をやめなかったときは、
その地域から太陽を消す、などということまでやってのけます。

この示威行動は30分だけだったのだけど、効果はじゅうぶんで、
その国の政府は自滅することになったり。


それやこれやの結果、世界は平和になり、生産はおもにロボットが
するようになったので人間は労働をせずとも暮らしていけるように
なるんですよね。

生活に必要な物資はタダで配給されたり、贅沢品などもタダ同然の
値段で売られたり。

余暇が増えたため、人々は成人してからも大学へ入りなおして学ん
だり、世界に複数持つ家を拠点に旅行して廻ったりなど、ゆとりの
ある生活ができるようになります。

こう聞くと、良いことづくめなのでありますが。


よっぽど人類が好きなのかな、なんて・・そんなわけはないな、と
思った私。

こんなふうに好意的なオーヴァーロードたちですが、彼らはなぜか
一切、人前に姿を見せないのでありますね。

人類との連絡は国連事務総長ひとりを相手に宇宙船の中で行われ、
そのときもスピーカー越しに話しをするんですよね。

そのため、オーヴァーロードに懐疑的な人たちが自由連盟なる組織を
立ち上げて、地球からオーヴァーロードを追い出そうとしたりします。


この組織の人たちの主張のひとつに、オーヴァーロードたちは人類を
飼いならそうとしている、そしてその後には人類を奴隷にするに違い
ない、というものがあったのだけど。

さすがにそれはないよな、と思った私。

だって・・壊れやすい人間を使うよりは労働用ロボットを使った方が
面倒がなくていいんじゃないかな。

それを言うなら、人間の肉は宇宙でも指折りのおいしさだから食用に
しようとしているんだ、という方がまだしも現実味(笑)がある
くらいで。


まあ、何かの実験をしているんだろうな、と思ったんですよね。

人類に対して友好的なのも、科学者がシャーレの中のアメーバに対して
抱くくらいの愛情というか・・実験の障害になるようなものはすべて
排除して大切に扱うというか、そんなくらいの気持ちなんだろうな、と。

これは、ある意味当たっていたのでありますが。

私の推理で当たっていたのはこのことと人類を奴隷にしようとしている
わけではない、という2点のみ。

その後の展開は想像の外で、本当に驚かされたし、途中からは本を置く
のも惜しくなるくらいのめりこんで読んでおりました

これが書かれたのは、なんと1952年。

私が生まれるはるか前なんですよね。

そんな昔に、これだけの構想ができるなんて


とはいえ、そんな昔に書かれたものなので、設定に古いところも多々
あったりはするんですよね。

たとえば、各家庭に届く新聞がファックスだったり(笑)

でもそういうところも、なんともレトロな雰囲気を醸し出していて、
内容の未来感とあいまって、不思議な魅力がありました。


この作品、SF好きな人なら何を今さら、ってくらいの有名な作品らしい
のだけど。

私は今回初めて読んで、その読みごたえに大満足でありました(*^_^*)


作者のクラークは、映画化された『2001年宇宙の旅』の作者としても有名
ですが。

これも、一度ちゃんと読んでみようと思っております。


また、その後上梓された『2010年宇宙の旅』『2061年宇宙の旅』『3001年
終局への旅』も、合わせて読んでみたいし。


いやあ、それにしても・・人類の未来は暗いな(笑)

あと、異質であるということは、すごく怖いことだとも思ったし。

ってか、宇宙はやっぱり、怖い!^^;






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ひまわり
2019年11月02日 15:20
"2001年宇宙の旅”は鮮烈でしたよね。
といっても原作ではなく鬼才キューブリックによって
映画化されたものですが。
難解?でありながらその不思議な雰囲気に引き込まれて
魅入ってしまいました。
宇宙ものはあまり得意じゃないんですがこの小説は愉しめ
そうですね。

                  


2019年11月02日 17:44
あれれ、消えてしまった記事はどこへ・・・?
私も一度経験あり、諦めて再度新規でやろうとしたら、
保存されていない記事がありますって出てきて、そこで
復活させた事があります(^'^)

SFの本も、キーブーさんが書くと、どれも面白そうに
感じます。 本を紹介する職があればいいのに(^'^)
半世紀も前の本、この時代の作家は予知能力を持って
いるのかも知れませんね。
広い宇宙、ホントどうなっているんでしょうね。
解明させるのは、これからまだず~っと先なんでしょうね。
キーブー
2019年11月03日 00:18
ひまわりさん、こんばんは。

>"2001年宇宙の旅”は鮮烈でしたよね。

それが、私は この作品をちゃんと観てないんですよね。
人間関係が最悪な職場で足かけ9年働いたのだけど、
ちょうどその時期に当たっていて、心身ともにまったく
余裕がなくて^^;
なので、これは原作から入ろうと思っています。

この映画はキューブリックとの共同作品ということに
なっていますが、クラークによると、彼のアイディア
は、かの監督によってほとんどボツにされてしまった
のだとか(笑)

私も宇宙物は得意じゃなくて・・その理由を まずは
書こうと思ったのだけど、それがそっくり消えて
しまったんですよね。
まあ、次にでも記事にしようかな(笑)

キーブー
2019年11月03日 00:29
りーにんさん、こんばんは。

>私も一度経験あり、諦めて再度新規でやろうとしたら、
保存されていない記事がありますって出てきて、そこで
復活させた事があります(^'^)

今、ためしに「記事を書く」というところを開けて
みたのだけど。
そうしたらなんと「保存中の記事があります」と出た
ので、やれ嬉しやと開けてみたところ・・なんと更新
したばかりの記事とまったく同じ文章で(@_@)
なんだかなあ・・やっぱりどこかおかしくなってますね。

>本を紹介する職があればいいのに(^'^)

それがね、あるんですよ。そういう仕事(笑)
雑誌に、読んで面白かった本を紹介するという
コーナーがあって、投稿してみたら何度か載ったり
はしたのだけど・・まあそこまでですね^^;
なかなかプロになるのは難しそうです(笑)
2019年11月03日 07:27
宇宙のランデブー!
へるぞう
2019年11月03日 14:44
こんにちは。
昨日からレジギガスイベントで右往左往しております。レジギガスに対面するのはどうやら明日になりそうです。
2001年宇宙の旅といえば、やはりクラシック音楽の存在を挙げねばなりますまい。人類の祖先が骨を手にした時の「ツァラトストラかく語りき」宇宙ステーションにおける「美しい青きドナウ」と、音楽が映画を非常に盛り上げています。モノリスのところでリゲティの「レクイエム」も使われているそうですが、現代音楽にはちょっと疎いもので、全然知りませんでした(^^ゞ。
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年11月04日 14:42
現在 星を継ぐもの シリーズを
読んでおります
機会ございました
お勧めでーす!!
2019年11月05日 11:19
こんにちは♪
3連休なので、図書館で借りた本を読む予定です。
今回は、時代小説。
本を開いたら、爆睡しそうだけど。。。
キーブー
2019年11月05日 23:14
seizi05さん、こんばんは。

>宇宙のランデブー!

いいですねえ(*^_^*)
・・って言いたいところだけど。
宇宙って、やっぱり怖い!^^;


キーブー
2019年11月05日 23:19
へるぞうさん、こんばんは。

>昨日からレジギガスイベントで右往左往しております。

有料パス、買われたんですね。
私は、今回は見送ることにしました。
体がついていかないこともあるけど、ポケコイン
で買えないってところが、ちょっとなんだかなあ
って思ったので(笑)
ところで、コバルオンはもうゲットされましたか?
私は今日2戦やって全勝でした!(^O^)

あの映画は、音楽が印象的だったですもんね。
私は映画館では観てなくて、テレビでも全編通して
観てはいないのだけど、それでも印象に残って
います。

キーブー
2019年11月05日 23:21
└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん、こんばんは。

>現在 星を継ぐものシリーズを読んでおります

あとでググってみますね(^O^)
図書館で予約せねば♪
シリーズものって、長く楽しめるからいいですよね。


キーブー
2019年11月05日 23:23
もうヘトヘトさん、こんばんは。
3連休ですか。珍しいですね。
時代小説。どんなのを読まれるのかな?
面白かったらまた紹介してくださいね。

そう、読書って、睡眠導入剤よりも不眠に
よく効きますよね(笑)
へるぞう
2019年11月06日 06:07
おはようございます。
>ところで、コバルオンはもうゲットされましたか?
初日の昨日、四戦して三匹ゲットしました。最初にいきなり逃げられましたが、ダークライのような横移動がないので、距離感を掴めばエクセレントは出やすいように思いました。
それから実装初日と最終日には、高個体値が出やすいと云われています。昨日は最高がFFDの96%でした。お互いに100%目指して頑張りましょう。
ごろー。
2019年11月06日 10:05
いや、キーブーさんはその道のプロになればいいかと思います。

絶対上手ですって。

ぼく、よくそういう記事を読んで読む本を探しているんですが、キーブーさんの文章が一番そそられるもの。
今まで、何度、だまされたか…!!!(笑)

プロを目指しましょう。絶対、おすすめです。
キーブー
2019年11月07日 18:33
へるぞうさん、こんばんは。
あら、もう3匹も(@_@)
そう、たしかにエクセレントは出やすいのだけど。
私は、金ズリ+エクセレントで何度か逃げられました。
それでダメならどうすりゃいいのか(笑)
個体値のわかるアプリ?を私は持っていないので、
リーダーの評価のみで見ています。
昨日のレイドアワー、ちょっと頑張ってみたのだけど。
寒かったせいか、今日は一日寝込むことに^^;


キーブー
2019年11月07日 18:36
ごろー。さん、こんばんは。

>いや、キーブーさんはその道のプロになればいいかと
思います。

ありがとうございます(*^_^*)
そうなれたら嬉しいですが、まあそんなに簡単な道
でもなさそうで(笑)
んで、あら!今まで何度か騙しちゃってましたか、
それはそれは(^O^)
そこまでお褒めいただいたからには、また腕によりを
かけてごろーさんを騙しますわよ(^O^)