宇宙は怖い!



前記事で、私は昔からSFが苦手だった、という話をちょこっと
しましたね。

なぜそうなったかというと、あれはたぶん小学生の頃。

鉄腕アトムのマンガを読んでいたときのこと。


私は幼いころから手塚治の『リボンの騎士』が大好きで、それも
あってアトムも読むようになったのだけど。

どんなお話だったか 今となってはよく覚えていないのですが、
アトムがふたりのおじさんを月に置き去りにしてたんですよね


そのおじさんたちは悪いヤツらだったので、当然の報いということ
だったのだけど。

真っ暗な宇宙に置き去りにされたおじさんたちは、飛び去って行く
アトムに向かって、泣きながら許しを乞うておりました


これから この人たちはいったいどうやって生きていくんだろうって
思ったら、マジで息苦しいような気持ちになってしまって

それまで感じたことのない恐怖を感じたんですよね(~_~;)

そのときの恐ろしさは、いまもありありと思い出します。



それだけじゃなくて、あともう一冊、原因となったであろう本が
あるのですが。


これは、だいぶ大きくなってから読んだ短編で、作者もタイトルも
覚えてはいないのだけど。

不老不死の女性が主人公でありました。


彼女ひとりが どうしてそんなふうなのか、いろいろと検査を
してもわからないまま、時はどんどん過ぎて行って。

家族を全員見送り、歴代の恋人たちも見送って、彼女はもうすっかり
生きていくことに倦み疲れてしまうのですね。


そんなとき、ある国家プロジェクトが立ち上がり、宇宙船でかなり遠く
まで行く必要ができたのだけど。

危険な任務ということで なかなか乗組員のなり手が無いなか、彼女は
自らその任務を引き受けるのですね。


その後。


案の定というか、船は大きな隕石にぶつかったか何かして大破し、
制御不能に

無線も壊れてしまい、地球と連絡をとるすべもなくなってしまうのですね。


真っ暗で広大な宇宙に漂う宇宙船。

中では、たったひとり生き残ってしまった彼女と、ロボットが1体。

とりあえずは無線を修理しようとしているのですが。

それも必死でやっている、というのでもなく・・たぶん直すことはできない
だろうなあ、まあそれでもいいわ、みたいな、なげやりでもないのだけど、
達観したみたいな感じの彼女。

機械をいじっているその眼前に、あるものが漂ってくるのですが。


無重力状態の船の中は、壊れた部品やら残骸やらがたくさん漂っている
のだけど。

そのとき漂ってきたのは、なんと同僚の顔の上半分

死んでしまった他の乗組員のバラバラになった遺骸が漂っているのですね。


そこを読んで、思わず「ひっ」となった私ですが

彼女はといえば、慌てず騒がず、その遺骸の一部をそっと優しく手で
押しのけ、黙々と無線の修理を続けておりました。


そんな彼女の圧倒的な孤独に打ちのめされてしまった私。

読み終わった日は一日その気分が抜けなくて、なんだか滅入ってしまった
んですよね。


それ以来、SFはあまり読まなくなってしまいました。


それなのに、この年になってから『幼年期の終わり』を、SFとは知らずに
手にして、ハマっちゃったのでありますね(笑)


今後はSFもたくさん読んでいきたいと思っております



最後に。

こないだ、こぶた1号と一緒に西宮ガーデンズに行ったのですが。

そこの屋上に、きれいなコスモスが咲いておりました(*^_^*)


2019コスモス.jpg


いつまでも暑いなあと言っているうちに秋も深まり、今日はもう立冬で
ありますね。

ホント、1年経つのが早いこと^^;


ある意味、宇宙よりもこっちの方が怖いかも(笑)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

ごろー。
2019年11月09日 11:27
そのコスモスですが、そのおばあさんの宇宙船で宇宙をさまよっていたのですが、いつの時か地球に帰って来ていて、それが西宮に咲いたものなんです。

はい、その宇宙船の名前「コスモス」。

怖いですね。

おばあさんはどうなっていたか?

どうなったんでしょうね。それでは、さよなら、さよなら。
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年11月09日 12:16
なんすか その 恐ろしいSF
ぶるっチャッタ(^_-)

でも ちびらナイもんねぇ。・・・

って なんのこっちゃ
  ♪( ´θ`)ノ
2019年11月10日 06:31
普段は 考えないからいいけど ふと考えると 月日の経つのが あたし こわい!いまは ホント こわい
2019年11月10日 18:12
そういった、昔の怖い思いをしたものが残ってたん
ですね。 確かに考えると怖い。
自分に置き換えると、もっと怖い(>_<)
昔のアニメ、結構残酷なストーリーのものがあった
ような・・・

私もSFを読むのは控えよう。
っちゅうか、私は あんまり本を読まないし(;^_^A
問題外ですね。
まだこもよ
2019年11月11日 04:56
「船が飛ぶわけが無い!」と言って 兄が「宇宙戦艦ヤマト」を見せてくれませんでした!(昔はテレビが1台しかないから 父か兄の選択したのしか見れませんでした!)
へるぞう
2019年11月11日 06:09
おはようございます。
この前知り合いと話をしていた時に、リボンの騎士のサファイアが何故王位に就けないのかという話をしました。ヨーロッパではゲルマン一部族の法であった「サリカ法」の影響がずっと残っていたのですね。女子は土地を相続することが出来ないので、王国を継ぐことも無理ということになります。マリー・アントワネットの母、マリア・テレジアの時もそうで、彼女ではなく夫のフランツが神聖ローマ皇帝になることをサリカ法を盾に反対されて、オーストリア継承戦争までおきました。その人はマリア・テレジアが王位に就いたと錯覚していたようですが、それは違うと指摘しておきました。まあ、SFには関係ありませんでしたね(;'∀')。
キーブー
2019年11月11日 23:32
ごろー。さん、こんばんは。
このお話に出てくる女性は不老不死なので、永久
に若いままなんですよ。なので おばあさんには
ならないんですよね。
そう、期せずしてコスモス(笑)
指摘されるまで気づきませんでした(^O^)



キーブー
2019年11月11日 23:36
└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん、こんばんは。

>なんすか その 恐ろしいSF
ぶるっチャッタ(^_-)

私も、読んだときは震え上がりましたよ(笑)
でも、ぜんぜんグロっぽい感じはなくて、ただ
物憂げな雰囲気が印象的だったんですよね。
不老不死。
これほど怖ろしい罰もないなあ。いったいこの人、
何やらかしたんだろ(~_~;)

キーブー
2019年11月11日 23:38
seizi05さん、こんばんは。
月日の経つのは、ホント怖いくらい早いですよね。
年々早くなるような^^;
キーブー
2019年11月11日 23:42
りーにんさん、こんばんは。
そうなんですよね。もし自分だったら・・って考えた
とき、恐怖は倍増します(笑)
宇宙の法則とか、宇宙人の料簡とか、ちっぽけな
人類には はかり知れないですもんね。理解不能^^;
だから なおさら怖いんでしょうね。
幽霊も怖いけど、あれはまだ恨みつらみとか何とか、
理解不能ではないもんなあ(笑)

キーブー
2019年11月11日 23:44
まだこもよさん、こんばんは。

>「船が飛ぶわけが無い!」

そもそも、宇宙へ乗り出していくのに 船形である必要
はなかったりしますもんね(笑)
飛行機形のほうが理に叶っているような気がしますが、
どうでしょうね。

キーブー
2019年11月11日 23:48
へるぞうさん、こんばんは。
そう、サファイア姫でしたね。
ふだんは男装なのだけど、たまにドレス姿で出てくると
それもまた かわいくて(^O^)

私も、マリア・テレジアは女王だと思ってました。
違うんですね。
でも聡明で行動力もあって、女王並みのはたらきを
されたと思います。マリー・アントワネットのお母さん
ですよね。

らん太郎。
2019年11月12日 01:12
暗い空から星に呼ばれたように
宇宙を駆けるそれが
なんで宇宙船なんだろう
しかも乗組員って言うんだろう
子供ながらにずっと思ってました

昔あった実写の“キャプテンウルトラ”
怖かったなぁ
2019年11月12日 13:26
こんにちは♪
>アトムがふたりのおじさんを月に置き去りにしてたんですよね
知らなかった!
残酷だな。。。
>死んでしまった他の乗組員のバラバラになった遺骸が漂っている
恐ろしい!
アトム、読まなくてもいい。
恐るべし!キーブーさん。
参った!
キーブー
2019年11月13日 22:24
らん太郎。さん、こんばんは。

>なんで宇宙船なんだろう
>しかも乗組員って言うんだろう

ホントですよね。なんで「船」なのか。
私も子どもの頃、ずっと疑問に思ってました。
キャプテンウルトラ、私はあまり覚えてないん
ですよね。あとでググってみようっと。

キーブー
2019年11月13日 22:28
もうヘトヘトさん、こんばんは。
そのおじさんたち、悪人だったから当然の報いでは
あるんですけどね。悲しくて怖ろしい場面でした。

衝突のショックで 船じたいもかなり破壊されて、
当然のごとく 中にいた人間たちも無事ではいられ
なかったわけだけど。
そんな状態でも、彼女は死ねなかったのですね。
その後は 永遠に宇宙を漂うことになったのかなあ。
想像するだに怖ろしいことですね(~_~;)