日曜洋画劇場「007/カジノロワイヤル」を観た!


あらすじ: 英国諜報部MI6のスパイである‘00’の地位に昇格したジェームズ・
ボンド(ダニエル・クレイグ)は、最初のミッションとして国際テロ組織のネット
ワークを絶つ任務を課される。
テロ組織の資金源であるル・シッフルと接触を命じられたボンドは、モンテネグ
ロのカジノでル・シッフルと高額の掛け金のポーカー対決を開始する。



画像




この作品を観るのは今回初めて。
これを観ずして、この後の作品「007/慰めの報酬」を映画館で観ちゃったん
ですよね

「007/慰めの報酬」が、初めて愛した女性を亡くして絶望に沈むボンド、という
ふれこみで、実際あの浮かれボンドがいつもに似合わずストイックで暗かったの
で(笑)、その初めての本気の恋愛と、お相手というのに興味津々だったのですが。

とりあえず、最初のアクションシーンで画面にくぎ付け
逃げる敵の男もすごい身体能力で、ビルの工事現場に紛れ込み、資材をぶら
さげたクレーンを凄い高さを苦にもせずによじ登り、そこからまた目を見張るよ
うな跳躍で鉄骨に飛び移り逃げ回るのだけど、ダニエル・クレイグのボンドが
またちゃんとそれについていくんですよね

まあそのへんはスタントなんだかよくわかりませんが、それにしても凄いタフな
ボンド
思えばロジャー・ムーアのボンドなど、貴公子然としていてよかったのだけど、
寄る年波には勝てず、回を重ねるごとに動きが鈍くしんどそうに見えて観てる
方がつらかったりしたのだけど(笑)

ダニエル・クレイグがいくつか知らないけど、動きはシャープだし何度か見せて
くれた裸体も引き締まったみごとなもので、今までになかった新たなボンドが
見られたという感じ

エヴァ・グリーン演じるボンドガールとの恋愛も、いつものマンガみたいな露骨
なお遊びとは違って、ふたりの繊細な心の触れ合いが描かれていてとても
よかったし。
いつもは何があってもおふざけモードで余裕しゃくしゃくのボンドが、国庫から
出した大金を任されての賭けで、敵のル・シッフルに負けかけたときに垣間見せ
た自制心を失いかけた様子など、人間ボンドの魅力が随所で見られましたね(*^_^*)

そうはいっても、私としてはやっぱりボンドはショーン・コネリーが一番かなと
思ったりもするし、ピアース・ブロスナンのボンドもなかなかに好きだったりも
するのだけど。
でも、「007/カジノロワイヤル」、「007/慰めの報酬」と観てみると、ダニエル・
クレイグのボンドも今後が楽しみだなあと思いましたね(*^_^*)

あと、いつも凄いなあと思うのは、ボンドの上司のМの底知れない感じ。
見かけは普通のおばさんで、まあちょっと眼光は鋭いかなとは思いますが(笑)、
スタイルも年齢なみのもっさりとした印象なのに、いざ仕事となるとサッチャー
女史も真っ青なその鉄の女ぶりがこわーい

自宅ではお似合いのおっさんと仲良く夫婦で暮らしているのだけど、その暮らし
のなかにも仕事はおかまいなく追いかけてくるのですね。
夜中、ダブルベッドで並んで寝てるとこにも電話はかかってくるし、洗面所など
はハンズフリーでダイレクトにオフィスと通話ができるようになっていて、化粧を
ごしごしと拭き取りながら矢継ぎ早に指令を出したり。
いや~、いつ見ても凄い女性。
彼女の私生活、子どもや孫はいるのかとか、とても興味があります。
スピンオフ作品「М」とかできないかなあ(爆)


感想としては、いつもの「007」と少し雰囲気の違う面白い作品で、とても
楽しめました♪
ボンドも人の子なんだな、とちょっとかわいらしく思ったし
次の作品がとても楽しみです。

それにしてもこの作品、ここまでアクションシーンが凄いとは知らなかったなあ。
劇場で観なかったことが返す返すも悔やまれます(笑)






"日曜洋画劇場「007/カジノロワイヤル」を観た!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント