「今日、カレーとシチューどっちがいい?」



さて、いつものとおり本屋をぶらついていたところ。

ひそかにずっと心待ちにしていた本が出ているのを見つけました(*^_^*)


銀色夏生 著  「今日、カレーとシチューどっちがいい?」

毎年、1年に2度ほど出ているエッセイ、つれづれノートの18冊目です



内容的には前回の続きという感じで、いつ人生のパートナーに会えるのかな、
とか、いい恋愛をしたい、などというようなことが多く書かれていましたね。

今のところはまだ、出会ってない様子でしたが(^^ゞ


ひとつ気になったのは、宮崎の銀色さんの実家近くにひとりで残されている
小5のさくちゃんのこと。

前回のつれづれノートによると、銀色さんの離婚で、一家は東京から宮崎に
移り住んで家も建てていたのだけれど、銀色さんとしてはやっぱり東京がいい
ということで、強引にまた東京に出てきたのですね。

姉のかんちゃんは外交的な性格なのですぐに新しい環境に馴染んだけれど、
弟のさくちゃんはどちらかというと内向的な性格のためか馴染めず、友だち
関係でもめ事もあって、しかたなくさくちゃんだけ宮崎に帰ることになったの
ですね。

近くにいる銀色さんのお兄さん、さくちゃんにとってはおじさんに当たる せっせ
にいろいろと面倒をみてもらったりしつつ、お母さんである銀色さんも頻繁に
東京と宮崎を往復して、ふたりの子どものフォローをしていたのですが。

さくちゃんとせっせのあいだに感情の行き違いがあり、せっせがもうさくちゃん
の面倒を見られなくなってしまったのですね。


家の中に放置されていたお酒の残りを、せっせがさくちゃんと友だちが飲んだ
のではないかと疑い、親の目のない自宅で酒やタバコをやっているのでは
ないかと一方的に思い込んで、友だちの目の前でさくちゃんを怒鳴って叱って
しまったのが発端のようなのですが。

さくちゃんというのは繊細な、どちらかというとおとなしめの子どもで、これまで
つれづれノートの読者であるというだけの繋がりしかない私から見ても、さく
ちゃんが酒やタバコを親に隠れてやるなどということは荒唐無稽としか
言いようがないな、と思うのだけど。

じっさい、お酒は銀色さんのお客さんが来たときに出したもので、さくちゃん
とは何の関係もなかったし、ましてやタバコなどは影も形もなかったのに。

お酒を見つけたときにまず母親である銀色さんに訊けばよかったものを、母親
に知らせたらおおごとになると思ったからじかにさくちゃんを叱った、とせっせは
銀色さんに説明したようですが。

傷つきやすいさくちゃんはそれきりせっせを受け付けなくなってしまったの
ですね。

せっせという人も、ずっと独身で家のこまごましたことや親の介護などをしなが
ら生きてきた人で、妹の銀色さんも言うとおり、少し思い込みの激しい変わり者
なのですね。

繊細で責任感が人一倍ある人だから、さくちゃんをきちんとみなければ、と
いうので頭がいっぱいだったのでしょうね。

銀色さんも、せっせの好意に甘えすぎてしまった、と言っていましたが。

たしかに、そういう面もあったでしょうね。

 
それで、しかたなく急場のときにはさくちゃんの実父にあたる、イカちん に
宮崎まで行ってもらったりしているのですが。

このイカちんも東京の人なのに、急に言われてすぐ宮崎にとんでくれるという
のもすごいことだと思いますが、宮崎で、まだ小5の息子がひとり暮らしをして
いるのを見て、驚いて、かつての妻である銀色さんに電話で、
「さくをひとりで放置しているの?」
と問いただし、それについて銀色さんはあとで娘のかんちゃんに、
「イカちんのネガティブな言い方で気持ちをダウンさせられた。何も分かって
ないくせに」
などとこぼすのですが。


うーん。

銀色さん的にはそうだろうけど。

世間一般としては、イカちんのような考え方をしてしまうのでは、と思い
ましたね。

イカちんも、離婚のときは過去のつれづれノートで不本意な書かれ方をして、
ずいぶん銀色さんに抗議もしたようですが。


銀色さんのそばにいるということは、良くも悪くもたいへんなことなのだなあ、と
これまでのつれづれノートを読んできた読者としては思いますね。


あと、銀色さんとよくメール交換をしている 虫くん という人がいるのだけど。

けっこう頻繁にメールのやりとりをしているようで、それも、銀色さんからのもの
は内容も手厳しかったりエキセントリックだったり、虫くんがなにげなく使った
言葉に対して延々のダメだしだったりするみたいなんですよね(^^ゞ

これをまた虫くんがちゃんと丁寧に受け答えをしているのを見て、虫くんって
銀色さんのファンなのかな、それにしてもよくずっとこういうめんどくさいことに
付き合ってるよなあ、と思いつつ、ひょっとして編集者なのかな、だったら銀色
さんとはうまくやっていかなくちゃいけないだろうし、たいへんだなと思っていた
ら、やっぱり編集者だったみたいですね。


まあ仕事がらみということだけでこういう付き合いをしているわけではもちろん
ないだろうし、銀色さんの人間的な魅力にも惹かれてのことだろうとは思うけど、
それにしてもなあ、とちょっと後味の悪い感じをふたりのやり取りからは受けて
しまいました。


前の記事にも書いたことですが、人生に対する思いや、日常のふとした瞬間に
感じることなど、共感できることが多くて、それでいままでつれづれノートも全巻
家に揃えて読んできたのですが。

家族、それも子どもに対する現実的な対応とかは、正直私としては首をかしげ
る部分が多いですね。

でもそれらの行動もすべて銀色さんらしいし、彼女なりの正直な気持ちで動い
ているのはよくわかる感じなんですけどね。


抽象的な部分では共感できるのに、現実的な行動はあれっ?と思ってしまう
というか。


でも、個性的に育っていくふたりの子どもたちと、銀色さんの破天荒な行動に
目が離せない感じで、つれづれノートが出るのをいつも心待ちにしている私
です。



それにしても。

銀色さんが宮崎に帰っている間、かんちゃんはお母さんに無断で友だちを家に
泊めていたのがバレて、銀色さんもさすがにそれはショックだったようですが。

さくちゃんもこれから中学生になり、男の子としてはますます難しい時期に突入
するわけで。


うーん。

包容力のある銀色さんのこと、問題が起きてもうまく処理していくのだろうけれど。


心配性な凡人の私としては、大丈夫なんだろうかと正直、思ってしまいますね。。。




今日、カレーとシチューどっちがいい? つれづれノート (18) (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
銀色 夏生

ユーザレビュー:
自分の世界観が・・・ ...
なんとなく新刊が出る ...
意味があってのイタさ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る










"「今日、カレーとシチューどっちがいい?」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント