♪Love me , please love me~♪



ほんっとにいつまでも暑いですよね

この殺人的な暑さのなか、ぴゅう太くんのご機嫌を取り結びつつ、記事を
書いております(^^ゞ


でもまあ、そうは言っても8月もあと10日あまり。

学生さんにとっては、まっさらでワクワクしていた夏休みも、はや手ずれのした
色褪せたものとなり、今となっては残りの宿題と新学期が憂鬱という頃ですね(笑)

でもそれもみーんな歩いてきた道のりだからね、頑張って宿題を終わらせる
んだよ、とおばさんは道で見かけるくたびれた顔の小学生なんぞに心のなか
でエールを送る毎日です(^^ゞ



さて。

一週間ほど前のこと、いつものとおり寝る前のひととき、冬ソナのヨン様と
ユジンの雪景色のなかの清らかな動画を見ていたのですが(笑)

初めて開けてみた動画で、ふたりのほほえましいシーンのBGMに使われて
いた曲が、例のラブソングの王道とも言える曲で、
♪Love me  please love me~♪で始まり、このあと高音の裏声に
なる洋楽でした。


この曲名と歌手名は知らないまでも、私も今まで何度も聴いた覚えのある曲
だったので、ハミングなどしつつ機嫌よく動画を見ておりました。

その動画のコメントのところに、「主人からの携帯の着メロはこれです」なんて
のを見つけ、ほほえましく思って読んでいたら。

ん?

なんと歌手名ミッシェル・ポルナレフと書かれていてびっくり。




私が彼の曲を初めて聴いたのは中学に入ったばかりのころで、偶然ラジオで
かかった『Holidays』という曲。

新曲でもなかったので曲名も歌手名もわからないまま、ただもうその繊細な
メロディーにびっくりして、釘づけになりました。

当時私が聴いていた、ベイシティローラーズやカーペンターズ、ビートルズとは
また違う透明感がありましたね。


そのときDJがミッシェル・ポルナレフだと言っていたのだけがわかったので、
あとはレコード店に行って、出だしの歌詞からしてこの曲だろうと『Holidays』
を買って帰り、すりきれるほど聴いた覚えがあります。

買ってみて、実は詞がフランス語であったことにも気が付きました(^^ゞ



その彼が、なんとこのポピュラーなラブソングを歌っていたなんて!

あの中1のころからウン十年生きてまいりましたが、まーったく知りません
でした


んで、この『Love me  please love me』(邦題:愛の願い)を今回初めて
じっくりと聴いてみたのですが。

裏声のあとの歌詞は、やっぱりフランス語だったのですね。

それさえ気づかなかったという間抜けぶり(^^ゞ


いやあ、ホント。

この年になっても、新発見と言うのはあるもんですねえ(自爆)

あまりにもベタなラブソングだと思っていたのですが、歌っているのがミッシェル・
ポルナレフだと思って聴くと、やっぱりさすがにいい曲だなあと思ったり(笑)


ここに、ユーチューブから引っ張ってきて『Love me  please love me』と
『Holidays』を貼り付けようと思ったのですが。

やり方がいまいちわからないのもあるんですが、いまちょっとぴゅう太に不穏な
感じがあるので、刺激しないことにしました(爆)

一昨日も動画の再生でかーなりゴネておられたし


興味のある方はユーチューブで検索されてみてくださいませ

どちらの曲も“ミッシェル・ポルナレフ”で検索したらすぐに出てきますので。

というより、どちらの曲もすでに皆さんご存じなんでしょうね。

有名な曲だし。


・・・ってか、今頃何言ってんのアンタ、って言われちゃいそうだなあ(自爆)




画像



上は、昨日の夕暮れどき。

一日中ピーカンだったので、夕焼けもさぞやと思って散歩に出たものの。

思ったほどきれいでもなかったなあ


でもなんだか、夏の終わりの寂しさが感じられますよね(^^ゞ









"♪Love me , please love me~♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント