しあわせ食堂



今日も関西地方は朝から灼熱地獄

こんな日は家にいるに限りますが。

とはいえ、もう何か月も美容室に行かずに放りっぱなしのアタマはいろんな
意味ですごいことになっていて、仕方なく今日、行ってきました


「どれくらいのあいだ、カットされてないんですか」
とのイケメン美容師さんの問いに、
「えっと・・・」
指折り数えてみるも、すぐには答えられない私に、
「とりあえず、かなり前ということですね」
と笑顔で返してくれたものの、ちょっとあきれ顔の、エグザイルのマキダイ似の
美容師さん

でも彼は顔だけがウリではなかったようで、カットの腕もよかったし、カラー
リングの色合いも注文通りに仕上げてくれました。

退屈な待ち時間も、なぜかカラスと金魚の話で盛り上げてくれたし(笑)

ここ、けっこうヒットですね。

たぶん、次もここで決まりかも




さて。

こないだ図書館で見つけて、楽しく読了したのがこの本

武内ヒロクニ 毎日新聞夕刊編集部   「しあわせ食堂」


これは、毎日新聞の夕刊に掲載されていたコラムが本になったもので、有名人
たちの思い出の食べ物にまつわるエッセイに、画家の武内ヒロクニさんの挿絵
がついているのですが。

この挿絵がとにかくすごいんですよね

まさにアートとしか言いようがなくて、本の前書きには、
「新聞挿絵で、こんなにお行儀の悪い挿絵はかつて存在しなかったと思う。
しかも、この行儀の悪い絵をメインと対等に、しかもカラーで扱ったのは英断で
快挙であった」
と書かれているんですよね(笑)


この武内ヒロクニさんの生い立ちについて、少し紹介しますと。

1937年生まれ。
両親の離婚、母の再婚、離婚、また再婚という複雑な家庭に育つ。
本人も結婚歴3回。

なかなかの波乱万丈ぶりですね(~_~;)

 

「冷や奴」やら「きんぴら」やら「オムライス」などというテーマが決まると、必ず
画伯は奥さんに料理を作らせ、一日二日はそれを睨んで終わるのだそうです。

そして、やっと出来上がった挿絵も、ひと目見ただけでは何が描かれてあるの
かわからないことが多いし、千宗室さんの「涙の茶会のお菓子」の羊羹のとき
には、羊羹が立ちあがった絵が送られてきたのを見て、編集部が騒然とした
とか(笑)

冷やし中華のときは、料理が「冷やし中華号」という船に乗せられて出航して
いたし、いやはや異端で無頼と呼ばれる画家の面目躍如といった感じなの
ですね(^^ゞ


それにさらに花を添えているのは、挿絵の下に付けられた奥さんの短い文章。

その挿絵を仕上げるまでの夫の四苦八苦やら、とばっちりを受けた妻である
自分の思いなどが綴られていて、これがまたおもしろいのですね。

例えば、前述した「冷やし中華」、ジャズピアニストの山下洋輔さんの思い出
の味なのですが、このときの文章はこんな感じです。


冷やし中華は暴れだした! そのうえ船に乗って移動を始めた。

きゅうりとハムを刻み、錦糸卵を作って、アクセントにナルトと紅生姜で麺を
飾りスープをかけ、すごくポピュラーな冷やし中華を作りました。
でもヒロクニさんの頭にあるのは麺だ。
せっかく楽しげに飾った冷やし中華は掘り返されてしまい、ヒロクニさんも「老人
力」という未知の力が出たのかジワーと描きはじめ、途中からスピードアップ。
出来上がると汗だくだ。
こんなに汗をかいて描く人っているのかしらん?



もうひとつ紹介。

鎌田實さんのリクエストの「もやしいため」のときは。


踊るもやし?

ヒロクニさんはこの絵を描くときはすっかり拒食症になっていた。
ただでさえ細い体がさらに細く、点滴を打ちながら描いた。
味覚に集中し過ぎたせいか舌がおかしくなって何を食べても苦いのです。
病院は入院が必要と言ったが「出来ない!」と逆上。
そんなわけで仕事台を床に置き直して腹ばいになって描いていた。
その様子は、ヘナヘナしていて“もやし”に合わせての擬態かと思ったくらい
です。



挿絵が挿絵にとどまらず、それに添えられた妻の文章も生き生きとしていて、
ほんとうはメインのはずの「有名人の思い出の食べ物にまつわるエッセイ」
なぞどこかへ吹っ飛んでいきそうなくらいのイキオイだし(笑)

この本、いろんな楽しみ方ができる、内容の濃い一冊ですね。

まさに大人も楽しめる絵本と言えるのではないでしょうか。


挿絵をそのままここに載せられないのがとても残念です(^^ゞ




しあわせ食堂
光人社
武内 ヒロクニ

ユーザレビュー:
読んでいて懐かしさに ...
大切なものが見えてく ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by しあわせ食堂 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル











"しあわせ食堂" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント