いやな世の中だ。。。




今日もまた、関西地方は昼間は半袖でもいいくらいの陽気でした

これだから、衣替えをする意欲も鈍ってしまうんですよね

こぶた2号の礼服のすそ上げも早くしてやらないといけないし、そのほかにも
やらなきゃならないことが山積しているというのに、どれも片付かないまま、
秋だけが少しずつ深まっていく今日このごろ。。。



さて。
なまけ者の泣き言はこのくらいにして(^^ゞ

最近見たテレビの映像で、とても違和感を感じたものがふたつありました。



まず、中国の女児ひき逃げ事件の映像。

ご存じの方もたくさんおられると思うので、わざわざ説明するまでもないとは
思いますが。

監視カメラに偶然、2歳の女児がひき逃げされるところが映っていたもの。

それだけでも充分ショッキングな映像でしたが。

もっと凄いのはそこからで、道端に倒れている女児を誰も助けようとしなかった
んですよね。

みんな気が付いていながら、知らんぷりで通り過ぎちゃって。

中には、子どもの手を引いたお母さんもいましたが、わざわざ倒れている子ども
から距離を置いて道を通って行きました。

日本ではまったく考えられないことで、ほんとうに驚きました。


そこで思い出したのが、尖閣諸島での中国漁船衝突事件のこと。

あの国の政府の、話の通じなさには驚くと同時に呆れもしたものでしたが。

政府だけではなく末端の国民までもがこの有様なら、そりゃ話なんぞ通じる
わけはないよなあ、とあらためて思ったり。


でもそう思いながらも、中国が社会主義国であることも忘れてはならない要因
でもあるなあと。

最近私は、「グラーグ57」およびその続編の「エージェント6」という小説を
読んでいるのですが。

これは、旧ソ連が舞台になっている小説です。

これを読んでいるだけでも、社会主義および共産主義国の国民の受ける脅威
というのは、自由主義国に暮らす我々の想像の及ばないほどに苛烈なもので
あるというのがよくわかるんですよね。

秘密警察やら密告やらが横行する社会では、変なことに関わってしまったが
最後、どんなたいへんなことに巻き込まれるか知れたものではないのですね。

中国もきっと、同じような国情なのだろうし。


そんななかで、じゃあ自分は良心を失わずに行動できるかと問われれば、
正直、自信はないです。

自分ひとりならまだしも、子どもなど守る家族があればなおさらですよね。

でも、それでも自分なら、目の前で血を流して倒れている幼児に背を向けて
立ち去ることもできないとも思うし。。。

その場になってみないとわかりませんけどね。



あと、もうひとつ、違和感を覚えたのはカダフィの映像。

彼の死については、まだまだ謎の部分があり、これから究明されるのを待つ
ばかりですが。

功罪ともにあったとはいえ、自国のトップだった人物に対して、国民からの
あれだけの暴力と、死体になってさえも見られる扱いのひどさとその尊厳の
無さ。

あまつさえ、列に並んで死体を眺め、写真に収めたりとか。


日本でも、政権の座から下ろされた徳川慶喜や、近代では第2次大戦後の
昭和天皇などの例がありますが。

どちらも、あんなひどい扱いはせず、最後まで尊厳を失わなかったというのに。

とはいえ、どちらもカダフィのように逃げ隠れせず、潔く身を処したのでは
ありますが。


まあでも、日本でも、織田信長が本能寺で討たれたときに国元から出ていた
徳川家康が、帰国するまでに野武士の攻撃を受けたりしてかなり危なかったし、
実際にあの混乱のさなかに殺されていてもおかしくはなかったのですが。

想像するに、あの時代の雰囲気がかろうじて今のリビアに近いのかなあ、
などとも思ってみたり。

お国柄の違いと言われれば、それまでなんですけどね。


見るに耐えなくて、テレビにこれらの映像が出てくるたびに目をそむけて
おります(~_~;)



それにしても。

アメリカは、政敵を屠るのにもう裁判なんぞというまどろっこしいことはやらない
と決めたのか

もちろん空爆はNATO軍のやったことだし、今回はアメリカはほとんど関わって
いないと言われてもいますが。

ほんとかなあ。

世界の勢力地図を塗り替えるような軍事行動に対して、アメリカが無関係だ
なんてことがありえるのか。


この一報を受けたときのクリントン国務長官の様子も映し出されていましたが。

携帯端末のようなものを渡されて、それを見た第一声が
「ワァ~~オ」。

そりゃ英語は日本語に比べて感情を表す語彙が少ないのかもしれないし、
決して浮ついた もの言いではなかったものの。

でも、「ワァ~~オ」って。。。


長くなったわりに、うまくまとめられなくてすみません 


最近、テレビなどで目にする映像やニュースで、違和感を感じることが
多くなった私。

私が歳を取ったのか、はたまた世界が狂ってきているのか、あるいは両方か。。。


画像



はむたん師匠のお考えは??

・・・って、きゅうりを食べるのに忙しそうですね(~_~;)







"いやな世の中だ。。。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント